華政(ファジョン)あらすじ34話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中

綾陽君が仁穆大妃の誕生日を祝いたいから宴を開くと申し入れがあります。

それを聞いた貞明公主は綾陽君に、宴を開くのはご遠慮いただきたい。
そのような時ではないと話します。

綾陽君は、恐れながら なぜでしょうか?と聞きます。

貞明公主は、民は敗戦に動揺しており、朝鮮は明と後金の板挟みになっている。
それなのに宴など!と怒ります。

綾陽君は、分かってませんね。だからこそ宴を開くのです。公主様は政をご存じない。
民心もです。こんな時だからこそ平常心を保ち 民を安心させるのです。この国に
危機はないとと反論します。

貞明公主は、安心させるのではなく欺くのでは?と私はこの目で戦場を見たわ。
明軍がどれほど無謀で後金軍がどれほど力をつけていたか。なのに
宴で安心させると?それが本当に民のため?と聞きます。

綾陽君は、以前から感じておりましたが、私の本心を誤解してらっしゃいますと睨み合います。

反乱の準備を進めようと綾陽君は宴を開いたため、貞明公主は激怒し、
私は そなたの操り人形にはならぬと宣言したため、重臣たちに動揺が走ります。

一方、光海君は明からも後金からも圧迫され身動きが取れずに苦しんでいるのでした。

そんな中、ジュウォンの消息は分からぬままなのでした。

ゲシと取引したイヌは貞明公主に、王を助ける手立てがあるが選ぶのは公主様だと
意味深に言います。

貞明公主はゲシを訪ね、手を組むが友にはなれぬ。ここへ来る前にイヌ様に会った。
何を話したの?私が王様をお守りできる手立てとは?と聞きます。

ゲシは、王を救う手立てはイヌとの婚礼を挙げることだと告げます。

貞明公主は頑なに拒みますが、光海君が朝廷でも孤立状態であると知り、
気持ちが揺れ始めます。

一方、イヌは、父ジュソンに公主と結婚し、公主の義父となって光海君を操るほうが
綾陽君を王に据えるより安全な策だと提案します。

ジャギョンはジュウォンを助けようとしていました。

つづく
(感想)
貞明公主は光海君のためにイヌと婚礼を上げるのかしら?
ジュウォンは怪我をして瀕死の状態なんだわ〜
ジャギョンが助けようとしているけど、助けられるかしら?

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です