華政(ファジョン)あらすじ43話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中

ジュウォンは土取り係のヨンブたちを、貞明公主の無実を証明するため、
役人のイグァルの屋敷に侵入させ、王の密命を受けたという物証を探させます。

一方、イヌは、ジュウォンたちの怪しい動きに気づき、彼らの狙いが
分かったためヨンブたちを捕らえに行きます。

その頃、牢にいる炊事係りの母娘のオクチュとウンソルは、何があろうと
嘘の自白はしないで2人で最後まで耐え抜いて、貞明公主を裏切らないで
守ろうと決心します。

一方、仁祖は領議政から明日の公主の尋問を延期し事案を慎重に扱うように忠言します。

その忠言に、言葉を慎め!つまり陰謀や罠だと言いたいのか?なぜ領議政は
問い詰めるような言い方を?と腹を立てます。

〝公主を許せ〟と言われた仁祖は軟禁されている貞明公主に、あの母娘を
牢からだし死罪にいたします。処刑の様子をお目にかけましょう。初めから
形式的な尋問に過ぎなかったのですから…と脅します。

貞明公主は拷問に苦しむウンソルとオクチュを助けるために、呪いの件は
自分がしたことだと認めてしまいます。

つづく
(感想)
ウンソルとオクチュは善良な人間なのに…
本当の悪人はヨジョンなのにね( ̄O ̄;)

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です