華政(ファジョン)あらすじ44話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中

ヨンブたちは土取りを装いイ・グァル家に入って証拠を探していにると、
イヌに見つかり訓練都監に連れて行かれます。

それを聞いたジュウォンは訓練都監に乗り込み、イヌに公主様が罪を被ったと伝えます。

ジュウォンはヨンブから、証拠のヨジョンの書簡を渡されます。

一方、仁祖は貞明公主にから謝罪の言葉を聞きますが、お前は まだ
私を見下げていると言います。

そんな中、公主を助けようと領議政たちは仁祖に、呪いの件はでっち上げで
捕盗庁の仕業だから、君主である王様が模範をお示しくださいと直訴します。

さらに捕盗庁の武官が公主の無実を証言すると決意します。

貞明公主は釈放され、オクチュとウンソルも牢から出されます。

貞明公主はジュウォンに、この件は決して許してはなりませんと言います。

ジュウォンは、ですが 奴らも簡単には認めません。罪を逃れようとするでしょうと答えます。

貞明公主は、領議政とチェ・ミョンギルをすぐに呼んでくださいと指示します。

つづく
(感想)
ヨジョンは側室にもなれず、捕盗大将に会っていたことも知れれば
皇宮も追われると分かり動揺してるね( ̄O ̄;)

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です