華政(ファジョン)あらすじ47話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中

華政(ファジョン)あらすじ47話

仁祖は貞明公主に、鳥銃部隊を使って反乱軍を阻止するしかないと進言
されますが、光海君の配下だった別造庁の人々と貞明公主を信じきれずにいました。

しかし、反乱軍が漢陽まであと1日に迫る中、仁祖は遂に鳥銃部隊を使うと決断を
下しますが、再びジョジャムの言葉に惑わされて、重臣たちも王と共に都を捨てて、
民たちを置いて逃げてしまうのでした。

噂を聞いた民たちは、逃げる気で田畑を売ったらしいと動揺が走ります。

華政(ファジョン)あらすじ47話 後半

都に残された貞明公主とジュウォンは、反乱軍が漢陽に到達する前日、
延期になっていた婚礼を執り行い、晴れて夫婦となるのでした。

イ・グァルは都と王宮を占領します。

貞明公主はイ・グァルに、民の心を得る手助けも重臣たちの説得も全て
言うとおりにする代わりに、反乱軍の半数を国境に戻せという条件を出します。

つづく
(感想)
イ・グァルは貞明公主の条件を飲むかしら?

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です