華政(ファジョン)あらすじ52話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中

華政(ファジョン)あらすじ52話

人目を忍んで王宮から抜け出した世子嬪は貞明公主を訪ね、世子様は危うい立場にいます。
何とか手を引くように説得してくださいと頼みます。

貞明公主は昭顕世子に王様と政敵になるから後金との件から手を引いてはと提案しますが、
世子は父である仁祖を信じる。父親を信じるのは息子の務めですと言って説得に応じないのでした。

一方、会談に臨んだ昭顕世子は、清の将軍に獣の生き血を分け合って飲む盟約式に
出席すれば朝鮮人の捕虜を送還すると約束したと仁祖に伝えます。

仁祖は昭顕世子に、戦を防ぐためにも盟約式に出るべきだと説得され
盟約式に出ることを決意します。

華政(ファジョン)あらすじ52話 後半

しかし、仁祖は別造庁から後金の捕虜が見つかったことや、世子嬪が貞明公主と
密会していたことを聞かされ、世子に疑念を抱くようになります。

仁祖は清との盟約式出る獣の生き血を飲むのを拒否し、朝鮮は再び戦乱の
危機に直面するのでした。

つづく
(感想)
ヨジョンの告げ口で仁祖は公主と世子が繋がってると疑念を抱いたね。
仁祖は心の弱い人なのかも…

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です