擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ43話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中


「擇天記(たくてんき)?宿命の美少年」を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!(2019年7月3日 23:59まで配信)
↓ ↓ ↓
U-NEXTで 「擇天記?宿命の美少年」を視聴する!第1話無料です♪

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ43話

「主として母として」

星盤大陣に乱れが出現したと気づいた長生は聖后の元へ向かいます。

聖后は長生に、命星と修行者は見えない道でつながっている。その道が命運だ。そして星盤大陣が万物の命運を握っている。だが私は まだ力が及ばぬと話します。

でも ただの陣では?と聞く長生に聖后は、確かに陣だ…だが侮るでない。あまりに多くの出来事と数え切れぬ命を飲み込んでいる。毎晩 夜が静まると突然 星陣の息吹を感じるのだ…私に呼びかけしきりに訴えている。星陣と一体になるようにと…と話します。

長生は、僕も昨夜 うごめきを感じました…と言います。

聖后は、そなたも?そうだな 星陣のために生まれた子だ。だから呼びかけが聞こえるのだろうと嬉しそうに言います。

長生は、違います。星陣のために生まれてはいません。僕の命はとても弱々しくて苦難ばかりの人生でした。でも一方で素敵な人々と出会えたのです…彼らは僕にとって大切な存在です。僕の命に1つだけ目的があるのなら…それは この世で彼らと出会い再会することですと答えます。

長生はますます星盤大陣の力に支配されるようになった聖后に、大陣から距離を置くよう説得します。

聖后は、つまり私は支配されていると?その昔 魔族に対抗するため
無数の戦士が戦場で命を落とした。だが星盤大陣により多くの貴重な命が救われたのだぞ。この偉大なる星盤大陣こそ国の武器であり守るべき尊き宝とは思わぬのか?と言います。

長生は、ですが星盤大陣はますます残虐になっており歯止めが ききません。星陣の力を継ぐ僕の体が感じるのです。今の星陣は檻の中の猛獣と同じ。血に飢え いつ襲いかかるか長年 星陣を守ってきた聖后様が1番影響を受けているはずと言います。

聖后は、星盤大陣は私に最も近しい友であり何より信頼できる力の源だ!侮辱することは許さぬ!と怒ります。

長生は、これが星陣の威力か…知らぬ間に一国の主を操り支配してしまうとは…と言います。

聖后の苦悩を知った莫雨は、1番大切なのは天下か それとも皇太子か、ご自分は孤高の聖后かそれとも母親なのか本心に従うことを助言します。

一方、唐棠は莫雨に連れられて行った先は刑に服する父親のところでした。

唐棠は密かに父親に面会し、唐家の再建を誓います。

そんな中、秋山君は魔族の姫・南客の元にいました。

その頃、落落は長生との残り少ない時間を共に過ごすために眠る時も何かにつけ長生のそばにいました。

しかし、聖后と大陣のことで頭がいっぱいの長生は、つい落落を突き放してしまいます。

落落は軒轅に、どんなに綺麗な花でも咲くのは一瞬ね…その一瞬が過ぎたら師匠への愛を忘れる…と話します。

軒轅は、姫さま…女神との約束を先生に教えては?と言います。

落落は、心配させるわ…と答えます。

軒轅は、でも時間がありませんと言います。

落落は、でも いいのよ…この一瞬は まだ美しいものと涙をながします。

そんな落落の前に小黒龍の朱砂が現れ、長生に無視されたのか?説教してやる!と行こうとします。

落落は、朱砂を止め、あなたのことが羨ましい…私も魂になって玉佩に入ることができたら いつだって一緒なのに…と泣きます。

つづく

擇天記(たくてんき)宿命の美少年あらすじ43話
(感想)

このドラマを見て思うことは、誰しも生きるために苦痛を味わわなければならないってことかな〜😭😭

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です