麗王別姫〜花散る永遠の愛 あらすじ30話

スポンサーリンク
杏ジェル
dogawwgc2005記事中


↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ30話

「断ち切れた絆」

暗殺計画をきいた李俶は部屋に押し入り珍珠を問い詰めます。

珍珠は李俶に、あなたは黒幕だから…知られたからには容赦しません!と短刀を突きつけます。

李俶は、その結論を出したのはずっと前だろ?ならば回紇から戻る道中で私を殺せたはずだ!こんなもので私を殺せるとでも?君は両親の敵殺せない負い目から捨て鉢に?私をそこまで愛してるのか?と詰め寄ります。

珍珠は、確かに心から愛していました。でも真相が分かって愛は恨みで かき消されました。今のあなたには殺意しか湧きません!と言います。

李俶は、真相?惨事が起こった時 私は遠い回紇にいた。玉の笛は

事前に私が父君に渡していたのだ。当時 楊国忠はなぜか頻繁に沈いえを訪れていた。その理由を知りたくて手を尽くし調べたら麒麟令が狙いだと分かった。だから君を娶ったのだ。計算があったことは認めるが すべては沈家を守りたかったからだと説明します。

珍珠はそれでも信用できずにいました。

一方、李倓は父の皇太子から、慕容林致に離縁状を渡して追い出さなければいずれ陛下から密旨が届き〝縊死させよ〟と命じられると告げられます。

林致の命を助けるために李倓はつらい決断をします。

李倓から離縁状を渡された林致は生きる気力を失い、自害をしようとします。

しかし珍珠が林致の異変を感じ一命を取り留めます。

珍珠は林致に、私のためにも生きてと泣きながら懇願します。

そんな中、李俶は李倓たんが重病で瀕死の状態だと聞かされます。

李俶は林致を訪ね、危篤の李倓を助けてほしいと頼みます。

林致は珍珠に引き止められますが、見殺しにはできないと李倓の元に駆けつけます。

林致の必死の治療と看病で李倓は一命を取り留めます。

意識が戻った李倓は林致に、許してくれ…後悔している…何があろうと別れるべきではなかった…今後は2人で一緒に闘おう…と言います。

林致は、忌まわしい過去は消せない…元には戻れませんと答えます。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ30話

(感想)

林致も李倓も愛し合っているのに…😭😭

だからこそ 林致の忌まわしい過去が許せないんだよね💦

でも、李倓は林致の過去を含めて愛せるんじゃないかしら❓

メル友からスタートしてゴールインした人がいます!
↓↓30代後半からのコミュニティ。女性無料です!↓↓

華の会メール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です