明蘭〜才女の春 あらすじ52話

「側妻の災難」

盛家で3姉妹が顔を合わせ食事をしている最中、墨蘭が
母の林噙霜 の供養をしたいと盛絋に願い出ると

盛紘が聞き入れるのを見た明蘭はたまらず箸を床に投げ激昂してしまうのでした。

一方、祖母は盛絋と明蘭が、墨蘭の母の位牌を巡り口論をしていると伝えられて、すぐに行きます。

その頃、盛絋は明蘭に手を上げようとしたところに、顧廷燁が迎えに来ます。

顧廷燁は、林氏は人を殺した以上、位牌は玉清観に置けない。族譜からも除名すべきだ。妻は盛家の名声のため兄や姉の名誉のため我慢してきました。人は優しくされたら己もそうせねば…だが皆さんは妻の優しさに甘えて増長している。理不尽でしょう。今後 長楓殿は科挙を受ける。
人殺しの母親がいたら外聞が悪いのでは?と盛絋に忠言します。

それを見た祖母は、明蘭を守ってくれる者がいると安心して、声をかけずに戻ります。

清家からの帰り道、盛絋は明蘭に、普段 冷静なそなたが今日は別人のようだった。優しいそなたも怒りたけるそなたも好きだ。母親への愛は誰よりも深いそなたが母親を守ろうと必死な姿を見て、自分を顧みた…私はもう母に何もしてあげれない…と寂しそうに言います。

お母上の願いはかなったわ…という明蘭に顧廷燁は、そうだな…母への称号を賜った…と言います。

明蘭は、いいえ あなたの無事な成長こそお母上の願いよ…と言います。

顧廷燁は、そのとおり…祖父が望んだのも母の無事だった。そして母が望んだのも私の無事だ…と話します。

明蘭は、母は私におばあ様と住めと言った…私の無事のためよ…長年 私が控えめで慎重だったのも母の願いのため…と打ち明けます。

顧廷燁は、あの日 そなたが揚州の大通りを駆け難産の母親のために医者を探している姿を見た時…私の母もお産で亡くなったことを思い出した…己を見ているかのようだった…と見つめ合います。

明蘭は、だから あの時助けてくれたし、今日も守ってくれたのね…心から感謝してる…と顧廷燁の肩にもたれます。

顧廷燁は、そなたは幼い頃〝母上”とは呼ばなかったなと
聞きます。

明蘭は、母が〝人前では呼ぶな”と…分を超えているとね…
でも私の心の中では やはり母上よ。母からよく出しゃばるな杜言われた…自重しなければ盛家では生きていけないって…と打ち明けます。

顧廷燁は、義母上の位牌は玉清観の正殿に移すと言います。

〝義母上”?と驚く明蘭に顧廷燁は、そなたの尊い母上だ。当然 義母上と呼ぶ。今後は何も恐れるな。好きに呼べばいいと微笑み、明蘭を抱き寄せるのでした。

澄園に戻った2人は、叔母が来ていることを告げられます。

叔母は一年も経つのに明蘭が妊娠しないから女子を見繕ってきたと告げます。

それは秦氏が新たに手下の銭鳳仙(せんほうせん)を 側妻として送りこんできた女で、明蘭は仕方なく受け入れることにします。

顧廷燁は夜更けに明蘭が銭鳳仙の世話をし、ひと晩泊まってみて足りないものがないか言ってちょうだいと、行ってしまいます。

顧廷燁は明蘭が嫉妬せず行ってしまったのを見て不機嫌になります。

顧廷燁は銭鳳仙との初夜は迎えず、朝方部屋を出て行きます。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ52話
(感想)

顧廷燁が盛絋に、明蘭が言いたいことを言ってくれた
私の気持ちも、スッキリしたわ‼️

墨蘭の夫も、墨蘭母娘の悪事に気がついたのかも⁉️

顧廷燁に愛される明蘭は本当に幸せね😍

白華の姫 あらすじ31話

「大逆」

蕭可が将軍府から多数の兵を連れ外出をしたと伝えられた陳王・無郁は身を隠し尾行します。

無郁は蕭可を助けると、将軍府にいる容楽を救いに行きますが出て行った後でした。

その頃、傅筹の書斎で兵力配置図を見つけた容楽は、傅筹が皇太子と結託し、謀反を起こそうとしていると気づきます。

さらに、出征したはずの傅筹が将軍府にいて痕香との会話を盗み聞きした容楽は、こっそり戻るなんて怪しいと思い
早馬で兵力配置図を黎王に届けるように命じます。

容楽は、北臨帝を追いかけ都で不穏な動きがあると説明します。

しかし北臨帝は傅筹を皇太子から引き離し、戦に同行させているから問題ないと言います。

傅筹が将軍府にいたと容楽から聞いた北臨帝は、先ほど会ったばかりだと驚きます。

そして軍営にいる傅筹が偽者だと発覚し偽者の傅筹の正体を暴こうとしますが、北臨帝はすでに薬を盛られており、体が麻痺し力が入らないのでした。

お前は誰だ?と問う北臨帝に傅筹は、符鴛の子だと告げます。

北臨帝は、母親を名で呼ぶ子はいないやはりお前は偽物だ。符鴛に仕えていた太監の林申か!と暴きます。

林申は、よく覚えていたな。だったら知っているはずだ。あんたが符鴛にどんなことをしたか!正体を知られたら
口を塞ぐしかないと薬を口に入れ、虎符を取り上げて出て行きます。

運良く見つからなかった容楽は北臨帝に駆け寄ります。

北臨帝は容楽に、ここで起きたことを無憂に知らせろと手振りで伝えます。

 つづく

白華の姫 あらすじ31話
(感想)

傅筹は本当に符鴛の子なのかしら❓

太監の林申が門主❓

次回が楽しみ😊

明蘭〜才女の春 あらすじ51話

「息子の墓」

曼娘(ばんじょう)は町で〝あの男は娘を奪ったうえ息子まで執着してる”と顧廷燁のことを悪人のように言いふらし哀れを装います。

その頃、朝儀で斉衡(せいこう)が都中で噂になっている顧廷燁を弾劾します。

顧廷燁は斉衡に直談判に行き、お前のやることは明蘭を苦しめると言います。

斉衡は、私は朝廷のために弾劾した。あなたの行いに問題があるからだ。私心で糾弾したわけではないと言い張ります。

その帰り道、石頭から曼娘が墓に向かったと伝えられた顧廷燁は、明蘭と一緒に確かめに行きます。

墓を掘り起こした顧廷燁は息子・書昌(しょしょう)が本当に亡くなっていたことを知り、悲しみなぐ声を上げて泣きます。

そんな顧廷燁を明蘭は何も言わずに肩を抱きしめるのでした。

久しぶりに清家に3姉妹が顔を揃え、食事をしている最中、墨蘭は母・林噙霜 の供養を盛大に行いたいと言います。

明蘭は穏便に阻止しようと父・盛絋に魚料理を取り分けます。

盛絋は明蘭に、私の話に口を挟めるほど偉くなったのかと
嫌味を言います。

墨蘭の夫にも責められた明蘭は、箸を床に投げつけ、ひざまずけとは言ってない!人殺しが殺した相手の前に立つなどあり得ません!と言います。

盛絋は、何だと?人殺し?と問います。

明蘭は、ご存じないの?林噙霜 は母を殺しました。私の目の黒いうちは位牌を玉清観に納めさせない。証人もいます。疑うなら役所へ行きましょう!と言います。

盛絋は、我が家の名声に泥を塗る気か!と激怒します。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ51話
(感想)

盛絋の演技が上手いのか、
本当に盛絋が死ぬほど嫌いなの私😅

林噙霜 をかばうからなのか、明蘭を可愛がらないからなのか とっても嫌いなのよね😤