明蘭〜才女の春 あらすじ57話

「油断ならない任務」

韓宰相に潔白を証明してくださいと言われた皇太后は陛下に、私はすっかり老いてしまった…自ら押印したのだから
どうしようもない…なぜこれ以上私を追い詰めようとするの?と聞きます。

陛下は、誰か皇太后様を寝殿へ。大医をおそばに置けと
言います。

斉衡は、陛下 なぜ私の発言を遮るのですか?と聞きます。

韓宰相は斉衡に、皇太后様は押印したことをお認めになったのだ。皇太后様に誓文でも書かせるつもりか!と言います。

皇后側についた斉衡は韓宰相と沈従興(しんしょうきょう)の罷免を訴えますが、結果的に斉衡が陛下から罷免されます。

一方、休んでいた顧廷燁は朝議に向かいます

塩業の不正を正すため巡察を行うという大役を恒王が務めることになり、沈従興(ちんしょうきょう)と盛長柏(せいちょうはく)が同行することになります。

そんな中、沈従興が身内の不祥事で弾劾された上、沈従興の部下・段成氷(だんせいひょう)も妓楼で思いがけない事件に巻きこまれます。

酔った段が妓楼で魚売りの夫人を手込めにしたと聞かされた顧廷燁と沈従興は役所に向かいます。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ57話
(感想)

顧廷燁は、他人の妻の話のように妓女に明蘭のことを相談するの。

顧廷燁が妻のことを愛しているのだと妓女にバレるほど
明蘭が本当に自分を愛しているか自信がないんだよね〜
可愛い💕💕

明蘭は顧廷燁に迷惑をかけないように慎重に、賢妻になるよう努力しているのにね〜🤣🤣

明蘭〜才女の春 あらすじ56話

「巧妙な策略」

陛下の実父の贈位の件で皇太后から罰を受けた顧廷燁は
体を痛め書斎に運ばれます。

明蘭は石頭から、肉も裂けたと聞かされ、胸の刺し傷が治ったばかりなのに…と急いで書斎に向かいます。

傷を見た明蘭は顧廷燁に、2日ほど朝議を休んだほうがいいわと心配します。

顧廷燁は、痛くて死にそうだと甘え、明蘭に世話をしてもらい機嫌が治ります。

朝議では皇太后が皇帝・趙宗全の実父への贈位を認めますが、斉衡がそれに反対します。

贈位を認める令旨に皇太后が署名したものを宰相・韓章(かんしょう)が証拠だと差し出します。

陛下は、皇太后様に感謝します。

陛下と皇太后の2人は合意したのにもかかわらず

斉衡は納得せず、皇太后の所に行き、韓宰相の策にはまったからだと言う言葉を信じてしまうのでした。

斉衡は家に集まっていた臣下たちに、皇太后様は酔わされ押印を強制されましたと告げます。

翌朝の朝堂で斉衡は韓宰相を中傷します。

皇太后を呼び、韓宰相は自分の潔白を証明してほしいと言いますが、皇太后は押印はしたが、何を話せばいいのか分からないと答えるのでした。

韓宰相は皇太后の罠にはまったのでした。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ56話
(感想)

顧廷燁は怪我を理由に朝議を休み、難を逃れたかも❓

やっぱり明蘭の読みはすごいね‼️

明蘭〜才女の春 あらすじ55話

「知りたい本音」

張氏が明蘭を訪ねてきて、身ごもったたの…まだ2ヶ月…
よ。それで夫が鄒氏の元に…と話をします。

明蘭は、お産は危険と隣り合わせだと言うわ。まずは無事に子を産んで他のことは 後で考えましょと相談に乗ります。

同じ頃、顧廷燁は長柏に、明蘭には良心がないと不満を口にします。

長柏は、〝豆をまくも草盛んにして豆苗 稀なり”と言います。

顧廷燁は、〝側妻ばかりを愛するな”と沈に忠告したら
鄒氏が飛んできて文句を言った。それなのに明蘭ときたら
私の叔母から側妻を押し付けられるともろ手を挙げて歓迎したんだぞ!明蘭は賢いのに私が怒っている理由がなぜ分からん?私を憤死させたいのかと言います。

長柏は、いつまで拗ねてるつもりだ。不満があれば明蘭に はっきり言えばいい。明蘭を娶った以上正面切って胸の内をすべて話せと助言します。

顧廷燁は、明蘭には本心を偽ってほしくない…思うままに暮らさせると約束した…と自分を愛してないのではないかと疑心暗鬼になっていました。

長柏は、それは明蘭の望みではなく、お前の考えに過ぎんと呆れます。

いく月か経った ある日、英国公夫人に絶賛され、魏国公の宴にも呼ばれるようになったことを知った秦氏は、目論見が外れ、あらゆる策か失敗したと悔しがります。

一方、盛明蘭に一人の男性として愛されたいと願う顧廷燁は、不満を抱えて書斎で独りで寝るようになります。

そんな中、明蘭が胃が悪く何も食べられなく医者が呼ばれます。

気になる顧廷燁は、どうなったのか石頭に尋ねると、奥様から大事ないと言われて医者は帰ったと伝えられます。

その頃、朝議では皇帝・趙宗全の実父に贈位すべきかどうかで議論が紛糾し、顧廷燁は皇帝の父のぞういも諦めてはならないと韓宰相に言われます。

陛下に朝堂で意見を求められた顧廷燁は、私は早くに母を失い辛酸をなめました。実の親に勝るものはありませんと
言います。

斉衡は、先帝は天下のためなら皇族の中から陛下を選び大業を託しました。陛下は先帝の子となり皇位を継承したのです。養子先の親を〝父母”実家の親を〝親戚”と呼ぶ。これが世の習いです。皇族も逆らえませんと言います。

顧廷燁は、それに反目します。

そして、皇太后は顧廷燁を不届き者として20回打てと
罰を与えるのでした。

 つづく

明蘭〜才女の春 あらすじ55話
(感想)

明蘭はなぜ顧廷燁がすねているのか
分からないのかしら❓
分かってて、そうしているのかしら❓