見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ18話

ソヌは自分が王だと名乗り出ます。

そしてソヌと昌王子はそれぞれ新羅と南扶余を代表して命懸けの剣術対決をすることになります。

しかしその直前、南扶余の臣下に斬りつけられたソヌは、片腕に傷を負った状態で対決の場へ向かいます。

ソヌは不利な状況にもかかわらず、渾身の力を振り絞って昌王子を打ち負かします。

敗北を認めた昌王子は新羅と戦をしないことを誓い、叔明王女と使節団を解放するとソヌに約束しますが民は、この件とは無関係だというのでした。

その夜、ソヌとジディは捕らわれた民とアロを助け出します。

それは昌王子がワザとに逃がし、狩を始めようとしていたのでした。

花郎たちと民が国境近くまで逃げて来ると矢が飛んで来ます。そしてソヌに向けられた矢に気がついたスホはソヌを助けようと矢を受けてしまいます。

そんな中、新羅に残っていた花郎たちとウィファが助けにやって来ます。

昌王子は戻って行きます。

ソヌたちは全員無事に新羅に帰ってきます。

一方、アロの父アンジは疫病が蔓延している村で治療をしていました。

そんな中、ジディはソヌとアロが抱きしめ合い口づけをするのを

目撃してしまい動揺を隠せないのでした。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ18話

(感想)

ソヌが王ならアロと兄妹じゃないことになるから、

あまり仲良くしていると、関係がバレちゃうよね?

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ17話

泥棒と誤解されたアロは、南扶余の兵士に捕らえられ牢に入れられてしまいます。

アロを救い出そうとした花郎たちも投獄されてしまいます。

その頃、フィギョンは只召太后に、花郎の中に王を忍び込ませたそうですね…アンジ殿の息子ソヌが真興(チヌン)だと?ソヌが生きて帰ってきたら 譲位すべきですと進言します。

只召太后は、10年ぶりに現れて アンジの子を王にせよと?理解に苦しみますと答えます。

その頃、昌王子はヨンシルからの書状を受け取り、花郎の中に王がいると情報を得ていました。

叔明王女は婚姻によって事態を解決する気はないかと昌王子の提案をはねつけると、そなたが新羅の王を殺すことも許さないと言い放ちます。

数日後、アロや新羅の民を牢獄から引きずり出した昌王子は、

この中に新羅の王がいるそうだな…誰が王か明らかにし、この件の責任を問うことにしようと告げます。

昌王子は、王が名乗り出なければ彼らの命を奪うと花郎たちを脅迫します。

ジディは激しく葛藤します。そしてアロが殺されそうになって、

名乗り出ようと決心した時、

ソヌが私が王だと名乗り出ます。

王である兄の顔を知らない叔明王女は、あり得ぬ。我が兄ではない…

命がけで名乗り出たのに、なぜ私は違うと思うのだろうか…と考えていました。

その頃、昌王子はソヌに、剣術で私が勝てば王女は帰さぬ。

そして花郎たちは民と共に首を斬って帰すことにしようと提案します。

牢に戻ってきたソヌにパンリュは、本当に王なのか?と尋ねます。

ソヌは、ああ 俺が王だ。ここを出るまでは…と答えます。

パンリュは、では その後は違うと?と聞きます。

ソヌは、出られたら教えてやるよ。死んでしまえば…元も子もない…と昌王子と戦うことにしたと告げます。

一方、新羅では、昌王子が花郎の中に王様がいると知ったから花郎は帰れぬし、和親も結べぬとフィギョンが花郎の長であるウィファに伝えます。

その頃、只召太后は大臣たちを集めますが、ヨンシルは体調が悪いと

でてこないのでした。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ17話

(感想)

このドラマ、私は最初面白くなかったの。でもここに来て、

本当に面白くて、次回が楽しみでドキドキ💓

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ16話

4人の花郎たちは叔明王女を護衛しながら南扶余を目指します。

同行したアロはソヌのつれない態度に傷つき、彼が叔明王女のために使節団に志願したのではないかと疑い涙を流します。

アロは目の前に現れたソヌに、バカなことを聞くけど、ここへ来たのは王女様のため?あなたを見ていると胸が苦しくなる…目の前にいても恋しいのに あなたは何とも思わないの?と聞きます。

ソヌは、俺のせいだ…お前ではなく俺なんだ…自分に腹が立つ。お前に合わせる顔がなかった…と打ち明けます。

アロは、あなたも私のことが恋しかった?と聞きます。

ソヌは、自分が嫌になった…だが それ以上に お前に会いたくて

恋しかったと抱きしめます。

そんな中、花郎の前に盗賊団が現れる。ジディはその正体が貧しい農民だと気づき、剣を抜いたスホを制止して彼らを逃がしてやります。

南扶余への贈り物が全て盗賊に奪われ、スホは新羅に引き返すべきだと言いますが、叔明王女は旅を続けようと決断します。

その日は野宿をしますが、食べ物はアロが調達してきます。

ジディはソヌに、お前の妹は どこでも生き延びる だから惚れたのか…と悪びれることもなく好きだと宣言します。

ソヌは、いい加減にしとけ…と聞き流そうとします。

ジディは、私は真剣だ。お前が羨ましいし 気の毒でもある。あんな妹がいて羨ましく、妹であるのが気の毒だ…と言います。

ソヌは、なぜアロを?と聞きます。

ジディは、私にとって かけがえのない人だ。だから必要なのだ…と答えます。

ソヌは、それで同行したのか?と聞きます。

ジディは、必要だから…と答えます。

ソヌは、だが俺にとってアロはすべてだ。必要だからではない。俺が生きている理由があいつだからだ…と話します。

やがて一行は南扶余の王子・昌に接見します。

昌王子は叔明王女に、国と国がいかに和親を結ぶか知らぬのか?婚姻だ。と告げます。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ16話

(感想)

アロは、2人の男性に慕われていいわね~~❣