開封府~北宋を包む青い天あらすじ56話 「挙兵」 敵国と通じた王徳は子栄に脅され、仁宗に毒を盛るように言われます。 王徳は周児に自分の罪を打ち明け、陛下に伝えてほしいと子栄に渡された毒を渡します。 周児はすぐに参内し、話したいことがあると告げます。 仁宗は、知ってる…一座を訪れた時... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ56話 「挙兵」 敵国と通じた王徳は子栄に脅され、仁宗に毒を盛るように言われます。 王徳は周児に自分の罪を打ち明け、陛下に伝えてほしいと子栄に渡された毒を渡します。 周児はすぐに参内し、話したいことがあると告げます。 仁宗は、知ってる…一座を訪れた時... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ55話 「裏切り者」 仁宗は周児に会うため一座を訪れ、部屋の前で周児と張子栄の会話を聞いてしまいます。 周児が子栄に、陛下に返すはずの私のことを好きだなんて…陛下に知れたら?と言います。 子栄は、私が恐れるのは... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ54話 「過ぎし日」 范仲淹は西夏の軍師・張元と交渉に挑みます。 その間に宗の兵は辺境軍を救出し全滅を食い止めます。 しかし、企みが露呈した范仲淹は捕らわれてしまいます。 民のために尽力する忠臣を張元は殺せず、范仲淹は解放されて帰国の途に就きます。 一方、宋では、展大侠は展無為に、王延齢の野心のために戦が起こっても?9400人が死んでも?〝義侠とは何か〟と尋ねた私に師兄は〝正義を重んじ民を助けることだ〟と答えた。その時... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ53話 「府尹復活」 展大侠が西夏の女から奪い返した張元の家族を、包拯たちと張子雍たちが取り合いの戦いが始まります。 その隙に包拯は馬車を走らせると展無為が現れ、包拯を馬車から突き落とします。 そこに展大侠が現れ、展無為との戦いとなり、さらに追いついた張子雍一団も、西夏の女も入り乱れての戦いになります。 馬車は川へ転落し張元の家族は死んでしまいます。 川に落ちるも展大侠に助けられ密かに開封府へ戻った包拯は、 仁宋に状況を報告し、王延齢が今回の黒幕である可能性が高いことを伝えます。 仁宋から開封府尹への復職を許された包拯は、再び官服を身にまとい、3日の期限付きで展無為を開封府へと連行し尋問します。 一方、張家を出ることに決めた周児は、参内して仁宋にも子栄にも別れを告げると一座に戻ります。 つづく 開封府~北宋を包む青い天あらすじ53話 (感想) 周児は仁宗よりも子、栄のことが好きになってしまったんじゃ ないかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ52話 「争奪戦」 王朝と馬漢は江湖の侠客である〝四鼠〟と協力して詔を偽装し、大理寺から包拯を救い出します。 仁宗はまたも偽物の詔が賊に利用されたことを激怒し、大理寺卿の 段安を投獄するように命じます。 一方、包拯は賊の女の似顔絵を見て、張徳林の屋敷にいた西夏の踊り子だと分かり、身の潔白を示すため尹若朝の助けを借りて密かに仁宋に謁見します。 大理寺卿である段安を尋問しようとしますが、段安は王延齢の手下に毒を盛られ突然血を吐き死んでしまいます。 信頼している4人の中に裏切り者がいると知って危機感を抱いた仁宋は、包拯に張元の家族を奪還するよう命じます。 その頃、展昭は西夏の女に雇われ、張元の家族を国境まで護送していました。 その後を張子雍が追いかけてきて展昭に、張元の家族が辺境軍9400人の兵の命を救う鍵になると言います。 それを聞いた展昭は、俺がうかつだった…家族を連れ戻すと言います。 つづく 開封府~北宋を包む青い天あらすじ52話 (感想) 危機を募らせた仁宗は包拯が自分にとって1番の味方だと気づいたみたいだね😤 ... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ51話 「新たな仲間」 雨柔は端午の墓で包拯、王朝、馬漢に別れの挨拶をすると旅立ちます。 王朝と馬漢も包拯に、情に厚く筋の通せる所へ行きますと別れの挨拶をします。 包拯は、それはどこだ?と尋ねます。 王朝と馬漢は、江湖(俠客の世界)です。彼らは同志ですと答えます。 包拯は、私に失望したのだな…と言います。 王朝と馬漢は、卑怯者を殺す方法はあったのに包拯殿は信念を貫いた。汚職官吏など... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ50話 「正義の刃」 張子雍は禁軍を率いて、駙馬府の屋敷に乗り込み陳世美を捕えると 開封府に連れて行き、包拯の前に差し出し、処刑を迫ります。 陳世美は包拯に、私を殺せば陛下がお困りになる。張徳林と王延齢の名簿を解読せねば…と言います。 包拯は、名簿尹殿が読み解いて陛下にお渡ししたと答えます。 陳世美は、張公主は私の子を宿しているのだぞ!と命乞いをします。 張子雍は、陛下に知られる前に殺せ!と迫ります。 陛下の許しがなければ殺せぬと言う包拯に張子雍は、できぬのなら私が殺すと剣を向けます。 包拯は陳世美の前に立ちふさがります。 張子雍は、お前こそが正義漢だと思っていたのに…と腹を立て立ち去ります。 その頃、知らせを聞いた張徳林と王延齢は、陳世美の命を救うよう 仁宗を脅迫していました。 仁宗はそんな命令は出してないと答え、2人が態度を豹変させた理由が改革の担い手が陳世美から范仲淹になるのを恐れたからだと気付きます。 仁宗は自ら開封府に赴き、陳世美の審問をすると決めます。 仁宗は、余が張子雍に駙馬を捕らえよと命じたのだ。包拯の出した供述書を読み確認するために来たと告げます。 陳世美は打ち首を言い渡されます。 しかし、直前になって李太妃と青女が現れ駙馬を殺すなと言います。 包拯は、では職を辞しますと答え、刑場に誰もいれぬな!速やかに 刑を執行せよ!と命じます。 秦香蓮の泣き叫ぶ声が刑場に響き渡ります。 青女は出家します。 包拯は、職を辞して帰郷すると陛下に告げます。 陛下は、報奨もまだだと言うのに何を申すか。開封府尹... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ49話 「生きるか死ぬか」 李太妃が包拯の義姉を訪ねて来ます。 李太妃は義姉に、久しぶりね。恩ある包家に対して挨拶が遅くなってしまったわ。けれど、軽々しく訪れたら〝劉娥のように重臣と結託した〟と噂されると話します。 義姉は、皇族と関わっても... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ47話 「私は訴える」 深手を負った韓琦(かんき)と秦香蓮(しんこうれん)母子は追ってから逃れ、人気のない山道で休みます。 秦香蓮は韓琦に、誰が私たちを狙っているの?と問い詰めます。 韓琦は、分かっているはずだ…なぜ私に言わせる?と聞きます。 秦香蓮は、襲ったのは開封府の捕吏で夫の配下が助けに来たのよと答えます。 韓琦は、いつまで自分を偽る?一生... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ46話 「虻蜂取らず」 いなくなった包勉を捜すため包拯は雨柔に、これからは危険が伴う。 武芸の達人の手を借りたいと言います。 雨柔は、分かった。師匠に頼めってことねと答えます。 包拯は陳世美に揺さぶりをかけ、韓琦の居場所を突き止め用と行動を起こします。 包拯に惑わされた陳世美は、韓琦を始末するため刺客を放ちますが 韓琦と刺客が格闘していると、雨柔に助太刀を頼まれた張子雍や展昭そして雨柔柔が割って入り、乱闘が始まります。 その隙に韓琦は秦香蓮母子を馬車に乗せて逃走、陳世美の刺客も逃げてしまいます。 一方、包拯は陳世美に、先日... 続きを読む Read More | Share it now!

開封府~北宋を包む青い天あらすじ43話 「糟糠の妻」 陳世美は秦香蓮母子と共に馬車に乗り込み宿に行きます。 陳世美は秦香蓮に、あれから3年…最も恐れていた日が来てしまった。私を破滅させる気か?幸い... 続きを読む Read More | Share it now!