「大国の斜陽」

ヤンはメバクの頭に接触しますが戦いの末、正体がわからぬまま逃げられてしまいします。

ヤンはタファンに、メバクの頭が宮中にいると伝えます。

一方、タファンは いつも薬湯を飲んだ時に限って、記憶が無くなることに気づき、薬湯を飲み気を失ったふりして、コルタが自分を裏切っていたことを知ります。

そんな中、皇太后は新帝擁立に準備を進めます。

コルタは、タファンがヤンに猜疑心を持ち、ヤンを排除するように煽るのでした。

タファンは、コルタの狙いを察して、ヤンを疑うフリをしてコルタの動向を探ります。

タファンはトクマンに、薬湯に入れられてる毒は鴆毒で解毒できないと報告を受けます。

解毒できなくても、毒を飲んでも意識を失わないように薬湯を煎じるように命じ、ヤンにはこのことを知らせてはならぬと口止めします。

タファンは、毒が体の奥深くまで回っていると知り、死ぬ前にヤンとアユルシリダラを脅かす勢力を取り除くことを決意します。

コルタは皇太后に、自分がメバクの頭だと明かし、皇帝と皇后に亀裂が入りました。時期に皇帝は倒れます。皇帝が変わるまで皇太后様が摂政をなされては?と勧めます。

タファンは、タルタルと三公などを罷免し、皇太后に全権を委ねると譲位詔書を書きたいから誰が適任かと皇太后に尋ねます。

皇太后は、新帝にパルラチョフを推すつもりだと話します。

ヤンはトクマンから、タファンの病状が悪いこと、ヤンとアユルシリダラのための行動だと真実を告げられます。

タファンは、皇太后の側近が集まる大明殿で謀反人を罰する胸を読み上げ、タルタルに逆賊を皆殺しするように命じます。

遂に、タファンはコルタを自分で刺し殺すと、泣き叫び、血を吐きます。

一方、皇太后は自ら毒を飲みます。

ヨム・ビョンスらも、民衆から罵声を浴びせられ石を投げられ打たれて死にます。

ヤンは、その様子を見て、彼らもまた守られるべき国のない哀れな高麗の民だと涙を流します。

ヤンは臣下たちに、貢女を妾にすることを厳しく禁じ高麗を元の属国にすることを許さぬと言い渡します。

時は経ち、1368年…
ヤンはタルタルが戦死し、反乱軍が大都に迫っていると報告を受けます。

ヤンは病床のタファンに、戦は勝利したと嘘をつき、私と一緒に馬と北方の草原をかけませんか?と誘います。

タファンは、皇后が行きたいならどこへでも行こう…
耳が痒くてならぬと甘え、ヤンに膝枕をしてもらいます。

ヤンはタファンの耳掃除をします…
タファンは、そなたが恋しい…愛しくてならぬ…と言います。
ヤンは、私も陛下が好きです…心からお慕いを…と答えるとタファンは眠るように息を引き取ります。

〝1368年 大都は明の初代皇帝 朱元璋により征服された。
奇皇后は北方に逃れ、アユルシリダラを皇帝の座につけた〟

奇皇后 あらすじ 最終回(感想)

アユルシリダラは、モンゴル帝国 第16代皇帝だったんだね!
実在の人物なのね〜〜

最初面白かったけど、段々難しくなっちゃって…
歴史もチョット学べたし、まあ良かったのかな。

やっぱり、ハ・ジウォンは、すごい女優だと思うわ。ホントにキレイな女優さん♪
演技も上手だし、特にあんなキレイな肌になりたいわ~って、憧れちゃいます♪^^;

ところで、この前、友人に勧められて衝動買いしちゃいました。♫
と、いっても500円のサプリです。(^O^)

お肌つるつる目指したヒアルロンサンサプリ。

20150429_155447000_iOS-thumbnail2

これが、ちょっとびっくり!(゜o゜;

友人も興奮して話していたんですが、
これを夜飲んで寝ると、明らかに翌朝のハリが違うんです!

ここで紹介されているものです⇒ ヒアルロン酸サプリ

これを作っている人は薬剤師さんらしいのですが、自分の奥さんのために作ったんですって!
なんてやさしい旦那さんだろ。
誰かさんとは大違い。うらやましい。。。。。

たった500円でこんなに効果が出て、鏡を見るのがちょっと嬉しくなっちゃいました。

ハ・ジウォンさんに近づくよう続けますよ! ガンバリま~す。(^^ゞ

「永の別れ」

タンギセはタファンに、マハはワン・ユとヤンの子だと嘲笑い、タファンは、そんなはずはないと激高し、タンギセを斬ります。

タファンは宮殿の外でソ尚宮に会い、その話が事実であることを確かめると、話が漏れぬようソ尚宮を殺して口を封じるのでした。

タファンはこの事実を知る者はすべて殺す…と呟きます。

一方、皇太后にメバク商談の頭から金塊が届き、新たな皇帝を立て、手を組もうと話します。

そんな中、ワン・ユの高麗王の復位が決まり、ヤンはワン・ユに、二度と私のような哀れな民は出しませんよう…異国に贈った民を見向きもしない母国が不実なものか、元に連れてこられて、ようやく分かった…
強い高麗を築いてほしいと話し涙を流し別れます。

皇后即位式の日、ヤンは万歳を唱える人々の群れの中にワン・ユの姿を見つけて、一筋の涙を流します。

その夜、皇后になったヤンは、夢を見ているようだと言うと、タファンは、私たちにとって最も嬉しい日だと優しく抱き寄せます。

タファンは、眠っているヤンを残し、ヤンを守るためにワン・ユを殺そうと密かに兵を率いて出発します。

そんな中、ヤンは夢の中でマハとワン・ユに出会い、別れを告げられて目が覚めます。

ヤンは不安を覚える中、タルタルからワン・ユの身が危険だと聞いて急いで馬を走らせます。

一方、タファンの兵が現れ取り囲まれたワン・ユは、何故 自分を殺すのか理由を問います。

マハが誰の子が知っている…お前を殺さねばヤンが死ぬのだ!そなたが死ねばヤンは生きられる!と言うタファンの言葉に、ワン・ユは剣を落とします。

ワン・ユは、スンニャン(ヤン)はお前の命を何度も救った…
お前はスンニャンのために何をした?スンニャンが愛おしいと…
ならば私を殺し…と話している途中でタファンがワン・ユを刺すと、ワン・ユは死んでもスンニャンを最後まで守ると言い残し息絶えます。

その夜、ヤンはワン・ユの亡骸を抱きしめ、王様…王様…
私との縁を断ち切り、自由になってください。来世では私のことなどお忘れください…でも私は忘れません!来世でも頂いたご恩をきっとお返しいたしますと泣き崩れるのでした。

ヤンは、タファンがワン・ユを殺したのは自分のためだったと知り、1人ですべてを抱えようとするタファンを抱きしめます。

そんなタファンはコルタの薬湯の中毒になり頭痛が起きるとその薬湯なしでは生きられない体になっていきます。

そして、タファンも時々記憶が消えることに不審を覚えるのでした。

ヤンとパンたちは、面を被ったメバクの頭に、お前は誰だ?と聞くのでした。

つづく

奇皇后 あらすじ 50話(感想)

ワン・ユのヤンに対する深い愛情が、痛いほど分かるわ…
そしてタファンのヤンに対する愛情も…

権力のある者に、愛されてしまったためにヤンは普通の幸せを手にできなかったけど、ワン・ユとヤンは愛情だけでなくお互いを尊重しあっていたんだわ
。・°°・(>_<)・°°・。

「魂の解き放たれるとき」

仁祖が逝去しチャンニョル王妃は大妃となりますが、ヤムジョンを断罪しないポンニム世子に腹を立てて、即位の懿旨を下そうとしないのでした。

一方、ジョジャムは四肢切断の刑に処されます。

そんな中、死を免れたヤムジョンは、言葉巧みに新王妃に取り入り謹慎を解かせます。

ヤムジョンは呪いの品々を用意してポンニム世子が通る道に埋めます。そうすればひと月のうちに体中に毒が回り血を吐いて死ぬと新たな策を巡らせる。

ヤムジョンの企みはすぐに発覚し、王になったポンニムは毒薬を下すことを決意します。

しかし、ヤムジョンが毒を飲もうとする瞬間、大妃が現れ刑に待ったをかけ、
簡単には死なせないわと言います。

ヤムジョンは宮殿から追放されると、民たちに石を投げられ殴り殺されるのでした。

ヒョクとヒョンミョン王女がヤムジョンを石の中から見つけ、泣き叫びます。

終わり
(感想)
とうとう、ヤムジョンは死んじゃった…
私的には残念なドラマだったかな〜