永遠の桃花 あらすじ58話(最終話)

「十里桃花にて」

人間界を旅していた白浅と白真は、偶然 臙脂(えんじ)に出会い、

話をしていると、阿離がやってきます。

阿離は、父上の御墓参りに無妄海へ行くので母上も行きましょうと誘います。

白浅は、無妄海…と遠くを見つめ、阿離と白真と無妄海に向かいます。

そんなある日、夜華が埋葬されている玄晶氷棺の周囲に仙気が立ち始めたと伝えられた天君たちは、もしや死んでいなかったのでは?と

戻ってくるかもしれないと喜びます。

墨淵が呼ばれ、夜華の仙体を取り出し目覚めさせ、3年も待っている白浅を訪ねよと告げます。

復活した夜華は十里桃林の自分の墓で白浅を待っていました。

白浅と夜華は抱きしめ合うのでした。

一方、臙脂(えんじ)は離鏡(りけい)玄女の娘・応児を連れて子蘭を訪ねます。

子蘭は、玄女は確か男児だと言っていたはずだが?と問います。

臙脂(えんじ)はもともと女子だったのよ。義姉上は翼王を継ぐ息子が欲しかったから偽ってたのと真相を話します。

帰ろうとする臙脂を子蘭は引き留め、ここは崑崙虚だ…ニ度と来ないでくれと告げ、見えなくなるまで見送るのでした。

白浅と夜華は十里桃林で再び愛し合うのでした。

永遠の桃花 あらすじ58話(最終話)

(感想)

白浅と夜華が再び愛し合うことができてよかった💕

白鳳九は東華帝君とは人間界では結ばれたけど

青丘と天界では結ばれなかったのが悲しかった😭😭

そして 臙脂(えんじ)と子蘭も結ばれることはなかったし…

ミーユエの時もワクワクしながら見てたけど、

永遠の桃花も すごく幻想的で楽しかった✨✨



永遠の桃花 あらすじ56話

「擎蒼(けいそう)との対決」

東皇鐘を出た擎蒼(けいそう)は十数万年分の仙力を得ようと息子の離鏡(りけい)を殺しにかかります。

擎蒼は、元神である私が己の体に戻れば 東皇鐘を出て 紅連業火で天地を滅ぼせる!と叫び離鏡を殺します。

一方、東皇鐘の中に元神がいないことを知った東華帝君は 白浅を呼ぶように命じます。

司命星君は白浅と夜華に、擎蒼が東皇鐘の封印を破りそうだと伝え

ると、夜華は白浅を動けないようにし、東皇鐘に向かっていきます。

擎蒼と夜華の激しい戦いは夜華が勝ちます。

しかし、擎蒼は己の命と東皇鐘を一体にしていたため擎蒼が死ねば

東皇鐘は紅連業火を放つようにしていたのでした。

夜華は白浅が止めるのも聞かず、東皇鐘の中に飛び込んでいきます。

白浅は落ちてきた夜華を抱きかかえ、死んじゃうの?死んじゃ駄目!と泣きます。

夜華は、墨淵が戻ってきた…一緒になるがいい…墨淵がよくしてくれる…きっと私よりも…これで安心だ…私が今生 愛したのはそなただけだ…私を忘れないでほしい…忘れないでくれ…と一筋の涙を流すと亡くなります。

白浅は、なぜ私を残して逝ったの…と嘆き悲しみ 夜華を抱いて一生 ここにいる気でいました。

そこに墨淵が現れ白浅に、棺を用意し夜華を逝かせようと諭すと

白浅は、7万年…たとえ もっと長くても 私は待ちます…と拒み

墨淵は、もう息がない…待つとしてもこのような所では 夜華もゆっくり休めないと説得します。

白浅は、夜華と約束しまし…孤狸洞に閉じ込めると…日々会えるのは私だけ…と姿を消し孤狸洞に閉じこもります。

そんな中、天族が皇太子である夜華を引き取りに来ますが、白浅は

頑として夜華を渡さないと言いますが

夜華の父は、天族には掟があり、亡骸は無忘海に葬らねばならない。どうか我らに引き取らせてくれと説得します。

つづく

永遠の桃花 あらすじ56話

(感想)

離鏡も夜華も擎蒼(けいそう)を東皇鐘に封印するために

命を落としてしまったね😭😭

優しい離鏡の死を嘆き悲しんでくれる者もいなくて悲しかった💦💦

夜華は両親 、天君、白浅など 嘆き悲しんで亡骸を取り合う姿を

見たいだろうか?静かに白浅と一緒にいたいよね‼️



永遠の桃花 あらすじ55話

「心乱れて」

司命星君は夜華に、大変なことが起きました。白浅上神が洗梧宮に乗り込み素錦様の両目を奪い姿を消し、白鳳九様が来て素錦様が白浅上神を陥れたと激しい口論をしたと伝えます。

夜華は、私の叔父2人と元貞。それと人間界で私の侍女だった人形の素素も呼んでくれと命じます。

天君の前にやってきた夜華は、素錦は人形で私を誘惑しようとしました。掟に従えばいかに罰するべきでしょうかと聞きます。

夜華の父は、仙籍を奪われ 畜生道に落ちると言います。

北海水君は、私は息子の元貞の冤罪を晴らすために参りましたと

元貞に真実を話すように促します。

元貞は、私は本当に潔白です。天君の誕生祝いで天宮へ来た日 素錦が来て〝天君は洗梧宮にいる〟と導かれ仙術で眠らされてしまい目覚めた時には、素錦様が私に辱められたと叫んでいました。私は呆然として座り 素錦様が白綾を梁に掛けた時天君がお越しになりましたと

真実を話します。

帝君は夜華の母親に、天君の孫を陥れた者への罰は?と聞きます。

夜華の母は、仙籍を奪い 畜生道に落とすと答えます。

夜華は、側室たる者が己の夫を侮辱した。これはいかなる罪だ?と聞きます。

東華帝君は、その罪は極めて重い。先の2つの罪を超える。素錦 覚悟しておけと伝えます。

天君は、裁きを続ける必要はない。素錦 そなたには全く失望したぞ!今日すぐに若水へ発つがよい!と命じます。

素錦は、いやです!絶対に行きませんと泣き叫ぶのでした。

一方、青丘に戻ってきた白浅は迷谷に、今日から狐狸洞を閉鎖する。誰も入れないで!と命じます。

夜華は白浅に会いに行きますが、会ってもらえず狐狸洞の外で

待ち続け7日が過ぎようとしていましたが、白浅は夜華に二度と会わないと叫びます。

その頃、離鏡(りけい)は父の擎蒼(けいそう)の元神を呼び起こし

封じようとしていました。

つづく

永遠の桃花 あらすじ55話

(感想)

往生際の悪い素錦にを見て とても悲しくなった😭

悪女だったけど、何か1つだけでもいいところがあっても

よかったよね~😓

人間界から戻った夜華が元気がないのが気になる…💦