「5221回目の三日月」

ヨウルが撃たれてしまいます…
ガンチ…どこにも行かないで…と気を失います。

ガンチは怒りで、神獣になりそうになるのを、こらえながら戦います。

イ・スイシンはガンチに、憎しみや怒りでお前の手を汚すなと
復讐心で人を殺さぬと約束したろと諭します。

グァヌンは、軍法で裁かれると聞くと逃げます。
ヨウルの残された時間は長くないそうだと医者から言われます。

ピョンジュンは、弟子を率いて森にグァヌンを追いつめ、捕まえます。

無形道館に戻ったヨウルは、みんなで食事をしたいと言います。

ガンチはヨウルと、二人の最後の時間を過ごします。
ガンチはヨウルに、結婚してくれる?と聞きます。
私は料理も出来ない…それに私は裁縫も出来ない…泣かないで…

私はガンチの悲しい思い出ではなく、幸せな思い出でいたい…
私はガンチの涙ではなく、笑顔でいたいの…
私を思い出すたびに幸せを感じて…

必ず…また会おう…待ってる。愛してるとガンチは泣きます。
青い狐火が二人を包み込み…二人は口づけをします。

ヨウルは永遠の眠りにつきます。
そしてガンチの時間も止まります。

ガンチは〝九家の書〟を探さず、しばらく神獣として生きて、
共に生きる人に出会うまで待つと言います。

ピョンジュンは、ヨウルが使っていた剣を渡し今後はお前が持て…大切にしろと言います。
ガンチは皆んなに別れの礼をして去っていきます。

チョンジョは、牢にいるグァヌンに酒を持っていきます。
そろそろ腐りきった人生に別れを告げなさい…と酒を注ぎます。
グァヌンは死にます。

ー422年後ー
2013年 ソウル
一人で迎える5221回目の三日月…
一人で迎える422回目の…

ある日、ガンチは一人の女性と出会います…ヨウル…
なぜ私の名を知ってるの?私を知ってるの?

また会えたら…その時は俺が先に見つける。
また会えたらその時は…俺が先に愛する。

私を知ってるの?と聞くヨウルに、どうかな、知ってるような知らないような…
ヨウルの後ろには、三日月がかかる桃の木がありました…

こうして止まっていた俺の時間が、また動き始めた…

 終

(感想)
なんだか、涙が止まりませんでした。。・゜゜・(>_<)・゜゜・。ビエェーン... 人を愛すること、愛し続けること、人を信じ続けることって、 こういうことなのかな。 ガンチやヨウルのように一途に愛することはできないけれど、 少しは見習うようにしたいなぁ~ こんなことを考えさせられたドラマでした!ヽ(=´▽`=)ノ まだ見ていない方はぜひ、第一話だけでも見てね!きっとハマるから♪ 主演のイ・スンギさんやウォルリョン役のチェ・ジニョクさん のインタビュー動画も無料で見れますよ!→ Gyaoで九家の書を見る!

九家の書 ~千年に一度の恋~を見逃した方、U-nextで見ることができますよ!
U-NEXT韓流ドラマ 九家の書 ~千年に一度の恋~
※九家の書 ~千年に一度の恋~はポイントで見れます。最初に500円分のポイントがもらえますので、実質1話無料です。
16日間の無料トライアル期間あり

「大切な人」

別れを告げられたヨウルは、そんなのイヤ!と言います。
ガンチは、ヨウルに「死んでもいいのか、俺のせいで死ぬのはイヤだ!」と怒ります。

ソジョン法師は、旦那様の死を予言した。でも俺は無視した…
腕じゃなく心臓を貫いていたかもしれないと、ヨウルを説得します。

ヨウルは、ガンチの言葉の方が私の心臓を貫いてると必死に言います。

ケガはいつか治るけど死はそうじゃない。もし俺のせいでお前を失ったら
絶対に耐えられない。生きていけない!頼む…とガンチは言います。

グァヌンは、イ・スイシンの殺害を目論み、無形道館の弟子のユンを買収し、
ヨウルを話があると連れ出し誘拐します。

ガンチはヨウルを助けにグァヌンに会いに行きます。アルムとオクマンを
人質にとり、イ・スイシンの首を取って来いと脅します。

ガンチは、ヨウルを守るということは、離れることではなく、
そばにいることだと気づきます。

ヨウルの父は、ヨウルを諦めろ。左水使の命が大事だ。
このような脅しに屈してはならないとガンチに言います。

ガンチは、大切な人も守れないなら人間になっても意味がないと
師匠の言葉に反論すると、コンとテソもガンチと同じ意見だと言います。

3人はヨウルを助けに百年客館に行き、ヨウルを助け出します。

ガンチは泣いているヨウルを、きつく抱きしめます。

一方、イ・スイシンは、グァヌンに会いに行き、人質を解放するように言いますが
銃で狙われているのでした。

そこにガンチたちが現れますが、グァヌンは手下は銃でガンチに狙いを
つけているのでした。

つづく
(感想)

最後に銃で打たれたのはだれ??。・゜゜・(>_<)・゜゜・。ビエェーン... ガンチ?ヨウル? せっかくヨウルを助けたのに、あまりにムゴイ。。。 次は最終回です!できればハッピーエンドで終わって欲しい。。。

「悲しい願い」

ガンチが人間になるのを一番願っているのはお前だ。言いづらいなら私から話そう。
と父に言われたヨウルは、私から話すからに3日ください。そのあと話しますと
言うのでした。

その3日間であなたを送り出せるだろうか…とヨウルは涙を流します。

翌朝ガンチの横で目覚めたヨウルは、願い事を3つ言ってみてと言います。
ヨウルの決心を知らないガンチは、一つ目は親指を立て〝飯〟手料理。

一方、神獣に戻ったウォルリョンは、ガンチに、母が裏切ったわけではなく、
先に信じられなくなったのは自分だ…裏切られると言う恐怖が私を悪鬼にしたのかも、
これは誰のせいでもなく心の恐怖が私を千年悪鬼にした…

ガンチは、俺は誰を恨めばいいんですか?

ウォルリョンは、恨みや復讐しを抱くな。自然に任せればいい悪業は必ず罰せられる。
人間になりたいのか?ならば恐怖にとらわれれば全てを失う。信頼の対は不信では
なく恐怖だ。ウォルリョンは肩に手を当て悲しそうな顔をします。

ガンチは、最後ですか?きっと会いたくなる…と言って見送ります…

月光庭園で永遠の眠りつくソファの横にウォルリョンも横たわります…
青い狐火が二人を包んでいくのでした…

ガンチはソジョン法師に〝九家の書〟の探し方を聞きます。
100日間の修行が必要だ。生き物は殺すな。人間の頼みは断るな。
神獣の姿は見せるな。修行中は神獣だと人間に知られてはならぬ。
すでに知っている人から去らなければならないと言います。

ガンチは、俺の夢はヨウルとともに老いていくことなんだ!と言うと、
2人が一緒にいたらどちらかが死ぬ運命だとソジョン法師に知らされます。

ガンチはヨウルをまた助ければ良いと言うと、神獣の血で助けれるのは、
1人一回だけだと教えられます。

ソジョン法師は、三日月がかかった桃の木の下で出会った二人は大凶だ。
ヨウルとの縁はお前の意思だけでは変えられないと忠告されます。

ガンチは2つ目の願いは、危険な場所に行かずにここで待っていろと言います。

グァヌンは仲間の逆賊11人全員殺します。

ヨウルが忍者に切られながらも、ガンチたちを助けに向かいます。
暗闇の中でガンチは、ヨウルを敵と間違い、斬ってしまいます。

ガンチは涙を流します…ガンチは自分の血をヨウルの傷につけますが、
ソジョン法師の言った通り、2度は治せないのでした。

幸い、ヨウルの傷は大したことはありませんでしたが、ガンチはと一緒にいれば
どちらかが死ぬ運命なので別れる決心をします。

お前との縁はここまでだと、3つ目の願いをヨウルに告げます。

つづく
(感想)
ソファとウォルリョンの物語が終わりましたね。
切ないラブストーリーでした。泣けました~(T_T)

途中で流れるラブ・ソングを歌っているのは、ウォルリョン(チェ・ジニョク)だって!\(^o^)/
↓ ここに出てました!4曲目の「元気にしていますか」という曲です!試聴できますよ!

九家の書 オリジナル・サウンドトラック

九家の書 ~千年に一度の恋~を見逃した方、U-nextで見ることができますよ!
U-NEXT韓流ドラマ 九家の書 ~千年に一度の恋~
※九家の書 ~千年に一度の恋~はポイントで見れます。最初に500円分のポイントがもらえますので、実質1話無料です。
16日間の無料トライアル期間あり