「魂の解き放たれるとき」 仁祖が逝去しチャンニョル王妃は大妃となりますが、ヤムジョンを断罪しないポンニム世子に腹を立てて、即位の懿旨を下そうとしないのでした。 一方、ジョジャムは四肢切断の刑に処されます。 そんな中、死を免れたヤムジョンは、言葉巧みに新王妃に取り入り謹慎を解かせます。 ヤムジョンは呪いの品々を用意してポンニム世子が通る道に埋めます。そうすればひと月のうちに体中に毒が回り血を吐いて死ぬと新たな策を巡らせる。 ヤムジョンの企みはすぐに発覚し、王になったポンニムは毒薬を下すことを決意します。 しかし、ヤムジョンが毒を飲もうとする瞬間、大妃が現れ刑に待ったをかけ、 簡単には死なせないわと言います。 ヤムジョンは宮殿から追放されると、民たちに石を投げられ殴り殺されるのでした。 ヒョクとヒョンミョン王女がヤムジョンを石の中から見つけ、泣き叫びます。 終わり (感想) とうとう、ヤムジョンは死んじゃった… 私的には残念なドラマだったかな〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「仁祖の遺言」 ポンニム世子はキム内官に、仁祖を無事に大殿に取り戻させます。 キム内官は様子を伺いに来たキム尚宮に、宮殿に暮らした者は宮殿で死ぬ定めだ!と言って捕らえます。 ヤムジョンは必死に大殿の前で、王様をお守りできるのは私しかいませんと 必死に叫びます。 キム内官がやって来て、ヤムジョンにスンソン君は誰の子だ?お前の母親が死んだ今、真相を知るのはお前だけだ…キム尚宮も知ってるはずだな…と言います。 ヤムジョンは冷宮に閉じ込められます。 そんな中、ジョジャムとその一味も捕らえられます。 一方、チャンニョル王妃は仁祖の元に来ますが、仁祖はスンソン君とヒョミョン王女の姿が見えないと会いたがります。 チャンニョル王妃は、ヤムジョンが王様の毒殺を図ったため、ここに移したと説明します。 仁祖はヤムジョンは余の分身だ…あの女人は余が生み出した、もう一人の余なのだ!と声を振り絞り言います。 冷宮に閉じ込められたヤムジョンに、ヒョクはヒョンミョン王女を連れてきて会わせます。 ヤムジョンはヒョクに3人で逃げようと言いますが、ヒョクは姿を消します。 そんな中、仁祖は危篤に陥りますが最後まで、スンソン君とヒョンミョン王女を呼びポンニム世子に、スンソン君を実の弟として可愛がってやれ。ヤムジョンの命を救ってやれと遺言を残して息を引き取ります。 チャンニョル王妃は、ポンニム世子がヤムジョンの命を救うのが気に入らず、あれは私に対する挑戦だと激怒します。 命を救われたヤムジョンは、次はポンニム世子が死ねばスンソン君が王になれるでしょと新たな策略をするのでした。 つづく (感想) 仁祖はスンソン君が実の子ではないと知っていたのかしら? それにしても、ヤムジョンは恐れを知らない、図々しい女だわ!(◎_◎;) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「孤独な戦い」 ヤムジョンが阿片を吸っていることをキム尚宮は気がつきます。 ヤムジョンは、キム尚宮に、シャジョムの手下なんでしょ?すべてお見通しよ! でも今回だけは私の味方になって、私を王妃にしてと頼みます。 キム尚宮は欲が深すぎますと言い放つと、ヤムジョンは、ジャジョムを王にするのも欲では?と 声を荒げます。 そんな中、ヤムジョンは仁祖に、自分が王妃になればスンソン君を守ってやれます!と迫ります。 先の王妃様の服を着たヤムジョンは、ポンニム世子に弱みを突きつけ、王になりたければ自分を 王妃にしろと脅します 一方、チャンニョル王妃はヤムジョンがパク尚宮に手渡した毒薬を証拠に追い詰めようと 計画します。 ヤムジョンは自分の潔白を証明するため、その薬を飲んで見せるが、死ななかったら 責任をお取りくださいと話します。 薬を飲んだヤムジョンは王妃を嘲笑うのでした… つづく (感想) ヤムジョンは、どんな手を使っても、王妃になりたくて仕方ないのですね〜 でも、仁祖はヤムジョンの悪行を知ってしまったみたいなんだよね〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「渦巻く狂気」 嬪宮は毒を飲みますが、ヤムジョンの仕業で死に切れず苦しみあえぎます。 その頃、大殿では仁祖が嬪宮の賜死の中止を命じ、嫁まで殺すわけにいかないと叫びます。 そんな中、ヤムジョンは嬉しそうに、簡単には死なせないわ!骨の髄まで毒が回り地獄の苦しみを味わってから死んでくれないと、私は満足できないと呟きます。 仁祖はヤムジョンに、キム内官を呼べ!嬪宮の屋敷へ行き刑を止めるように伝えよ! 余がどうかしていたのだと気を失い倒れます。 言葉を失った仁祖は生きる... 続きを読む Read More | Share it now!

「嬪宮賜死」 嬪宮は、ヤムジョンの策略と知りつつも、ドルゴン宛ての書状が自分の物だと認めて自分が死ぬ代わりに2人の息子だけは助けるように仁祖に懇願します。 ポンニム世子は死を覚悟した嬪宮に、あれは偽の書状では?真実を告げてください! なぜ死に急ぐのですか?と尋ねます。 嬪宮は、私が生きていれば王様は残った2人の息子を害するでしょうからと答えます。 嬪宮が廃位されると聞いた重臣たちは仁祖に抗議に行こうとします。 この頃、仁祖はジョジャムに、朝廷の重臣を全て呼び集め宮殿から出られないようにしろ! この命令に逆らう重臣どもは、一人残らず嬪宮と同様反逆罪に問うと言います。 それを横で聞いていたヤムジョンは、ほくそ笑むのでした。 そんな中、仁祖は嬪宮を廃して、身分を庶民に落とし、実家に返した後に 毒薬を下すと教旨が下されます。 一方、ジョジャムは謀反を起こそうとしているのでした。 仁祖は、やめよと言っておる!刑の執行を取りやめよ!と叫びます。 その頃、嬪宮は毒薬を口にしますが、苦しみ出し、なかなか死ねないのでした。 つづく (感想) ついに嬪宮は仁祖から毒薬を賜りますが、ヤムジョンが手を回し 毒薬に細工したために、嬪宮は苦しみ出し、なかなか死ねないという 恐ろしいことに…怖くてヤダ〜(; ̄O ̄) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「清への書状」 嬪宮はポンニム世子に、世子様がどのように亡くなったか、世孫がなぜ非命に倒れたのか詳細に記して処断を下してほしいと、清の力を借りてでも、世子様と世孫の恨みを晴らしたいと話します。 一方、ヤムジョンは仁祖に無断で世孫を亡き者にし、仁祖にそのことが伝わらないように仁祖から周囲の人間を遠ざけます。 そして次なる標的のポンニム世子の暗殺を計略します。 その頃、ヤムジョンは嬪宮がドルゴンに宛てた一通の書状を書き直せさせます。 何も知らぬ仁祖は世孫を流刑にしたことを後悔し、キム内官から世孫横死の 事実を知らされて激怒しヤムジョンを呼んで真相を問い詰めます。 ヤムジョンは、嘘泣きをしながら、自分の潔白を述べ、嬪宮がドンゴンに宛てた偽の書状を見せます。 仁祖は正気ではないから、軍を送って清に連れ去れと書かれた書状に腹を立て、嬪宮を反逆罪に問い厳罰を下してやると、捕らえてくるように命じます。 お前が書いたのかという問いに、嬪宮は、はい…これを書いたのは私ですと答えます。 つづく (感想) 嬪宮は、自分が書いたものでない書状を、自分が書いたものだと認めてしまったのは、何か策があってのことかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「王座のヤムジョン」 ヤムジョンは済州島へ向かう世孫たちに刺客を送ります。 そんな中、キム内官から世孫たちを守るように命じられたヒョクが後を追います。 ヤムジョンは、ポンニム世子とチャンニョル王妃付きの内官や女官たちを替えて2人の 動向に目を光らせ宮殿を牛耳るのでした ナム・ヒョクは世孫たちを刺客から守ります。 世孫をドルゴンの養子に望む清からの使節が到着し、仁祖とヤムジョンは謁見します。 ヤムジョンは〝本来なら世孫を世子に冊立すべきだが、世孫が幼く... 続きを読む Read More | Share it now!

「世孫の流刑」 ヤムジョンは、世孫を助けてほしいと懇願した嬪宮の兄弟たちを排除し 清の使節団が来る前に世孫と二人の弟も流刑にすべきだと仁祖に迫ります 嬪宮はポンニム世子に、世孫を助けてくれるように嘆願しようと日が暮れるまで待ちますが、 ポンニムはそんな嬪宮を忌避するのでした。 そして遂に、世孫を始め3人の兄弟は済州島に送れと教旨が下されます。 その頃、キム・リュは世孫の流罪を阻むべく立上がりますが、ヤムジョンに脅され 黙って宮殿を去ります。 一方、仁祖はヤムジョンに、宮殿中を連れまわされ行方不明なのでした。 キム内官はポンニムに、今... 続きを読む Read More | Share it now!

「王妃追放」 ヤムジョンは、キム内官の機転で危機を乗り切り、名門の出身でないというだけで 私の産んだ子は王室の厄介者として扱われる!運が悪ければ難癖をつけられ 殺されるのよ!と言います。 キム内官は、我欲が過ぎれば命を落とすこともありますから、それ以上は望むなと ヤムジョンに警告します。 ヤムジョンはヒョンイクにお腹の子を流産させるように命じ、その責任をチャンニョル王妃に 負わせようと策略します。 仁祖は、親子鑑定の事実聞いて激怒し、王妃を廃位し宮殿から追い出すと言い出しますが 王妃は、決して中宮殿をでないと言い張ります。 ポンニム世子は慶徳宮に移すことを進言し、ヤムジョンは籠を使わせず歩いて行かせます。 そんな中、嬪宮にドルゴンから書状が届き、世孫を養子に迎えたいと書かれているのでした。 一方、ヤムジョンはジョジャムに、領議政の座を約束しますからポンニムを殺してください。 私は世孫を始末しますと言います。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「血の交わり」 ヤムジョンは死んだと思っていたヒョクを見て驚愕します。 ポンニム大君はソヒョン世子の死因究明問題を解決し、晴れて世子に冊立されます。 チャンニョル王妃はヤムジョンを救ったのはなぜですか?世子の座を守りたければ 殺すべきでしたと非難します。 ポンニム世子は、一介の側室を気にしすぎです。嬪宮様は息子たちを連れ宮殿を去りました。 王様も心中は複雑です。さらにヤムジョンまで失ったら王様は心の支えをなくしますと答えます。 そんな中、仁祖は阿片中毒で鼻血を流しながら苦しみ気を失います。 それを聞いたパク淑儀が王妃に、スンソン君は赤の他人だとの噂です。血で親子鑑定ができると 提案します 王妃は、仁祖の血を入手し、スンソン君とヤムジョンを呼びますが、すぐに来ない ヤムジョンに激怒します。 そんな中、血を混ぜる器をキム内官は取り替えます。 そして、絶体絶命のヤムジョンはスンソン君と王様の血は水の中で混ざるのを見ると ヤムジョンの高笑いが響き渡ります。 ヤムジョンは、王妃の部屋から出てくると、めまいがして倒れそうだと言って卒倒します。 しかし、それは仮病なのでした。 ヤムジョンはヒョンイクに、お腹の子を殺せと命じます。 ジョジャムはキム尚宮に、王様が阿片中毒だと知らされ、ヤムジョンが勝手な真似をしたら?と 聞かれます。 ジョジャムは、あの子が誰だかわかるか?とソルチュクが育てている娘を見せます。 この頃、キム内官はヤムジョンに、王女とヒョクの血を混ぜてもいいのだと脅しますが ヤムジョンは、動じないのでした。 つづく (感想) ヤムジョン、逆境に強いわ〜 王様を阿片中毒にしてしまうなんて、ヒョンイクも一枚かんでるんだよね(≧∇≦) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「医官の自白書」 ヤムジョンは仁祖を奪われ、2人の子とも引き離されます。 私のお腹には王様の子がいるの…私はともかく、この子に何の罪があるの?私と一緒に死ぬのは かわいそうでしょ。だからこの子を産むまでは私を殺さないでと命乞いをします。 一方、王妃は仁祖を取り戻し、ヒョンイクとヤムジョンの罪を明らかにするように迫りますが 仁祖は抵抗します。 それを見ていたポンニム大君は、尋問を買って出ます。 そして、仁祖にヒョンイクとヤムジョンを死罪に処されませ!もしも父上に濡れ衣を着せる言葉を 吐いたら謀反を企てる者に口実を与えますと進言します。 しかし、ポンニム大君はヒョンイクを尋問せず自白書を書かせるのみなのでした。 そんな中、ヤムジョンは仁祖に阿片をお茶に入れるようにキム尚宮に命じます。 ポンニム大君はヤムジョンに、出産後は浄業院で過ごすように命じます。 ヤムジョンは、私に髪を下ろして尼になれと?と聞きます。 ポンニム大君は、約束すれば罪は不問に付しますと言います。 真実の究明とヤムジョンの断罪を望む王妃は尋問をしないポンニム大君を責めますが、 ポンニム大君は、嘘をつきかねないから自白書を書かせたと反論します。 そんな中、ヒョンイクが釈放されます。 仁祖はヤムジョンの命を救ってくれたポンニム大君を世子に冊立します。 仁祖は世孫を廃位する教旨を下します。 一方、ヤムジョンの殿閣の前に立っていた兵はヒョクなのでした。 つづく (感想) 嬪宮は、世孫が廃位されたと聞いて、どういうことか?と聞き お腹を押さえ苦しむのですが、誰だって胃も痛くなるよね〜〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「仁祖奪還」 ナム・ヒョクは、ヤムジョンに裏切られ殺されそうになります。 ヒョクはヤムジョンを暗殺しようと宮殿に侵入し、キム内官に捕らえられるのでした。 ヤムジョンは嬪宮に、私は王妃様でなく嬪宮様の味方です。子を産み... 続きを読む Read More | Share it now!

「血染めの寿衣」 嬪宮は、宮殿脱出直前に世孫を奪われ悲嘆します。 一方、ヤムジョンは仁祖を手中に収め、悪夢から解放されると言って 謎の薬を入れたお茶を飲ませます。 余は酒が飲みたいという仁祖に、ヤムジョンは、王様が突然逝去されたら 私たち母子は一巻の終わりだと言います。 お茶を飲んだ仁祖は、空を飛んでるようだと言って眠ります。 そんな中、ジョジャムはポンニム大君の世子冊立に失敗します。 世孫が王位に就けば、我々は終わりだ!だから我々が先頭に立ち 世子の死因を暴き、毒殺の黒幕が王様だと言えば、奴らも納得する そして、ヤムジョンの産んだスンソン君を王位に就ける!と言います。 一方、嬪宮は隠し持っていた世子の寿衣を御医に渡し毒殺の証拠を 見つけるように命じます。 ジョジャムの提案にヤムジョンは、自分の力で息子を王にします!と 言います。 ジョジャムは机を叩きスンソン君は赤の他人だ!王様に知れたら 無事では済まぬぞ!と言い放ちます。 ヤムジョンは、私を殺したければ…今... 続きを読む Read More | Share it now!

「王の幽閉」 ナム・ヒョクは、ヤムジョンに短刀を突きつけ、娘のヒョミョン王女の姿を 見ると激しく動揺し涙を潤ませ、姿を消します。 王女を寝かしつけると、ヤムジョンは昔、ヒョクと関係を持った場所に 行ってみると、ヒョクが現れ我が子の前で母親を殺せなかったと言います。 ヤムジョンは、刺客に刺され川を流れていくあなたを今でも覚えているわ… だからこそ... 続きを読む Read More | Share it now!