「新しい王」

リンとムソクとサンホンは、生贄として縛られたトハを発見します。

その瞬間龍神イムギの咆哮が聞こえてきます。

サンホンは、トハは我々に任せ龍神イムギを退治に行ってくださいと言います。

トハも、私は大丈夫です。イムギを倒してください!と叫びます。

リンはムソクに、トハを頼む…と言うと、ムソクはリンが
持っていた四寅斬邪剣を引き抜き、ひと思いにリンの腹を刺します。

それを見ていたトハは驚愕します。

その頃、サダムは龍神イムギが蒼天塔に沿って登り始めると、
龍神様が昇天なさるぞ!と狂喜するのでした。

ムソクはトハの縄を切ってやります。

トハは、なぜリンを斬ったのです!と責めます。

ムソクは、命じられたのだ!リンはイムギの本体を滅ぼしに行った!と答えます。

サンホンも現れ、リンの体は守護鬼神が守る!ここを離れるぞ!と
指示します。

リンはムソクに、四寅斬邪剣は邪悪な鬼神を滅ぼす剣だから、
人間を斬っても一時的に魂が抜けるだけだと説明していたのでした。

そんな中、サダムが現れ巫女のトハをよこせと言います。

サンホンとムソクは、リンに逃げるように言います。

一方、リンは宮殿の片隅に横たえられ、守護霊3人衆が見守っていました。

リンの魂は肉体を離れ龍神イムギの中で決死の戦いを繰り広げ
イムギを退治します。

そしてリンは戻ってきて、トハは走って近寄り抱きしめ合います。

サダムは、そんなバカな…龍神様!と天を仰ぎます。

トハは、パク領議政は謀反の罪で島流しになり、スリョンは
奴婢として一緒に行くそうだと聞きます。

そんな中、サダムの手下が千年花を盗み、悪用されたら大変な
ことになると、トハは心配します。

リンはサダムを討ちに行きますが、トハを奪われてしまうのでした。

その頃、トハはサダムに千年花の気を吸い上げすぎると、逆に毒と
なり自分が飲み込まれてしまう…と話します。

リンはムソクと結界を破りトハを助けに行きます。

サダムは己の欲望に打ち勝てず自滅するのでした。

リンは王のキサン君に、御宝を献上します。

キサン君はリンに、鬼神が見えるのか?と聞きます。

リンは、私は鬼神を見ることができますと答えます。

キサン君は、〝鬼神を見る者は王になる〟それはすなわち、
他の者には見えない暗部にも目が届くということだ!リンよ、
そなたこそ王にふさわしい。そなたに譲位すると告げます。

一方、トハは帰る時が来たみたい…と言います。

ランイは、行かないで リンのそばにいてあげて!と頼みます。

トハは、ごめんね…巫女に恋は許されないの。それでもずっと
離れられなかった…即位なさるリンのそばに卑しい巫女がいたら、
迷惑になるものと出て行きます。

リンは即位します。

リンはムソクに、そなたに司憲府を任せたいと命じます。

ムソクは、官職につくつもりはございません!朝廷を離れ鬼神を
退治する夜警隊として生きますと答えます。

リンはムソクの意向を尊重します。

ムソクは、トハが残していった腕に巻くお守りを渡します。

守護鬼神3人は、リンにお別れの挨拶に来ます。

ランイは、そにたのその姿は、先王を見ているようだと話します。

その言葉を聞いたリンは、母上?と聞きます。

ランイは、リン!私の息子よ…そなたが無事王座につき、この母に
悔いはない。必ず聖君になりなさいと言って姿を消します。

リンは涙を流します。

リンは、身分制度を撤廃し罪人を放免します。

ある日、王様になったリンは、鍛冶屋に戻り結婚したサンホンを訪ねます。

そこにいたムソクに、この国に夜警隊はいらないと言い、夜警隊の
武器は二度と使うことはないだろう。夜警隊は伝説となるのだ!と
言います。

国境に向かうムソクは病人の世話をするスリョンに別れを言いに行きます。

リンはトハに会いに行き、どうしてもお前に返したい物がある。
指輪をはめ受け取ってくれるか?と聞きます。

トハとリンは抱きしめ合います。

その後鬼神による騒乱は起きなかったのでした。


(感想)
リンとトハは結ばれたんだね。ハッピーエンドで良かった!
ムソクもカッコよかったわ〜
サンホンは、スベクヒャンを思い出しちゃったわ。

「神弓と神笛」

キサン君がパク領議政に譲位し、王位に就こうとするパク領議政に、
リンは、逆賊である領議政を放っておくのか?と朝廷の臣下たちに
怒ります。

リンはパク領議政を結界に引き込み、龍神イムギの石像を見せ、
サダムの力の源だ。そなたを国王にするという、サダムの約束は
偽りにすぎない。イムギが昇天すれば この国は龍神族に支配される。
目を覚ますのだ領議政!と言います。

パク領議政は、サダムだのイムギだの御託を並べおって…自分が王に
なりたいだけだろ!と剣を振り回します。

リンはパク領議政から御宝を取り返すことに成功します。

意識を取り戻したチョンス大妃は、キサン君にリンに譲位をなさって
くださいと話します。

キサン君は、なぜリンばかり目をかけるのですか?と悲しそうに聞きます。

チョンス大妃は、どちらが大切かという問題ではありません…
この王室を最後まで守り通せるのは誰なのかが重要なのです。
祖母の最後の頼みです。譲位なさってくださいと懇願します。

一方、リンもチョンス大妃の部屋に行きますが、御宝を狙うサダムが
現れ、チョンス大妃の命を奪ってしまいます。

そんな中、パク領議政はリンを大妃殺害の罪を着せようとします。

リンの守護鬼神のランイはトハに、もうすぐこの世を去る時が来た
からよ。大妃様もお亡くなりになり私までされば、リンのそばには
誰もいなくなる…リンはとても孤独なの。どうかリンをよろしく頼むわと
指切りをします。

その頃、パク領議政はサダムを処刑しようとしますが、もう反撃を
受けて投獄されてしまいます。

一方、夜警軍は龍神イムギを倒すことのできる唯一の武器神の弓を
探すことにします。

そんな中、スリョンが父のパク領議政を助けて欲しいと頼みに来ます。

リンは、今はサダムの力が強まり今はどうにもできぬ。サダムの力の
源を絶つ神の弓が必要だと話します。

スリョンは、もしや 青銅の弓のことですか?と聞きます。

リンは、その弓を見たのか?と聞きます。

スリョンは、昭格署の祭室に置いてありました…と答えます。

その話を聞いたリンはサンホンに、罠だとしても行かねばなりません。
必ず神の弓を手に入れます。父上がなさったようにイムギを
滅ぼしますと告げます。

夜警軍は神の弓を手に入れますが、サンホンが預かっていた御宝を
サダムに奪われてしまうのでした。

その頃、リンはイムギに神の弓を放とうとしていましたが、サダムが
現れ御宝が呼び寄せたのですと話します。

サダムは、神の弓を破壊できる武器は、この世にただ一つ…この御宝
の万波息笛です。神の弓は天が下した武器。この万波息もまた神笛と
呼ばれる天の品。この神笛が その神の弓を打ち砕き龍神様を守る
だろうと対決します。

神の弓は破壊されてしまうのでした。

神の弓は破壊され御宝の万波息笛も奪われましたリンは、
私のせいだと悲観します

トハは、まだ終わってません。私を生けにえにせぬ限り昇天は
不可能ですと自分を責めないでと言います。

トハはサダムのところにこないと、族長とマゴ族の者たちは死ぬと
脅されついて行きます。

一方、ランイはサンホンに、我が子のためならこのまま消滅しようと
悔いはないと告げます。

昇天式が行われる日、トハは生けにえになり、夜警軍は助けに行きます。

つづく
(感想)
龍神が目を覚まし、トハは生けにえに!リンたちは助けることが
できるかしら?

「神弓と神笛」

キサン君がパク領議政に譲位し、王位に就こうとするパク領議政に、
リンは、逆賊である領議政を放っておくのか?と朝廷の臣下たちに
怒ります。

リンはパク領議政を結界に引き込み、龍神イムギの石像を見せ、
サダムの力の源だ。そなたを国王にするという、サダムの約束は
偽りにすぎない。イムギが昇天すれば この国は龍神族に支配される。
目を覚ますのだ領議政!と言います。

パク領議政は、サダムだのイムギだの御託を並べおって…自分が王に
なりたいだけだろ!と剣を振り回します。

リンはパク領議政から御宝を取り返すことに成功します。

意識を取り戻したチョンス大妃は、キサン君にリンに譲位をなさって
くださいと話します。

キサン君は、なぜリンばかり目をかけるのですか?と悲しそうに聞きます。

チョンス大妃は、どちらが大切かという問題ではありません…
この王室を最後まで守り通せるのは誰なのかが重要なのです。
祖母の最後の頼みです。譲位なさってくださいと懇願します。

一方、リンもチョンス大妃の部屋に行きますが、御宝を狙うサダムが
現れ、チョンス大妃の命を奪ってしまいます。

そんな中、パク領議政はリンを大妃殺害の罪を着せようとします。

リンの守護鬼神のランイはトハに、もうすぐこの世を去る時が来た
からよ。大妃様もお亡くなりになり私までされば、リンのそばには
誰もいなくなる…リンはとても孤独なの。どうかリンをよろしく頼むわと
指切りをします。

その頃、パク領議政はサダムを処刑しようとしますが、もう反撃を
受けて投獄されてしまいます。

一方、夜警軍は龍神イムギを倒すことのできる唯一の武器神の弓を
探すことにします。

そんな中、スリョンが父のパク領議政を助けて欲しいと頼みに来ます。

リンは、今はサダムの力が強まり今はどうにもできぬ。サダムの力の
源を絶つ神の弓が必要だと話します。

スリョンは、もしや 青銅の弓のことですか?と聞きます。

リンは、その弓を見たのか?と聞きます。

スリョンは、昭格署の祭室に置いてありました…と答えます。

その話を聞いたリンはサンホンに、罠だとしても行かねばなりません。
必ず神の弓を手に入れます。父上がなさったようにイムギを
滅ぼしますと告げます。

夜警軍は神の弓を手に入れますが、サンホンが預かっていた御宝を
サダムに奪われてしまうのでした。

その頃、リンはイムギに神の弓を放とうとしていましたが、サダムが
現れ御宝が呼び寄せたのですと話します。

サダムは、神の弓を破壊できる武器は、この世にただ一つ…この御宝
の万波息笛です。神の弓は天が下した武器。この万波息もまた神笛と
呼ばれる天の品。この神笛が その神の弓を打ち砕き龍神様を守る
だろうと対決します。

神の弓は破壊されてしまうのでした。

神の弓は破壊され御宝の万波息笛も奪われましたリンは、
私のせいだと悲観します

トハは、まだ終わってません。私を生けにえにせぬ限り昇天は
不可能ですと自分を責めないでと言います。

トハはサダムのところにこないと、族長とマゴ族の者たちは死ぬと
脅されついて行きます。

一方、ランイはサンホンに、我が子のためならこのまま消滅しようと
悔いはないと告げます。

昇天式が行われる日、トハは生けにえになり、夜警軍は助けに行きます。

つづく
(感想)
龍神が目を覚まし、トハは生けにえに!リンたちは助けることが
できるかしら?