1年後 ジュンスはニューヨークで実績を上げ企画室長として帰国します。 2ヶ月前に帰国していたテヒと娘のソラが空港に迎えに来ていました。 家に着くとヨジンが食事を作って待っていて、ソラも懐いでいるのでした。 一方、ヨンシクは30年間待ち続けた母親と暮らし始め、クィーンズ・グループから独立し、 特別企画室のメンバーと共に会社を設立していました。 そんな中、後輩のユギョンはテヒが帰国したと耳にして家を訪ね、 仕事を探しているというテヒに、私がいい会社を紹介しましょうか?と 聞きます。 テヒは、どこ?と聞きます。 ユギョンは、まだ小さいけど社長がいい人で、社員も良くて急成長中で、 女王コスメティックという会社だと話します。 テヒは、働けるなら... 続きを読む Read More | Share it now!

ヨンシクはテヒから、ジュンスの海外赴任について行くと告げられ、 ジュンスにテヒを連れて行かないでほしいと懇願します。 ジュンスは、お前のそばに置いておけない。お前は俺より裕福だけど 誰かを守れる力がない。人に頼るなと立ち去ります。 特別企画室のメンバーは、新製品はダメになり自分たちもクビになるのでは ないかと心配していました。 そこに、ハン常務が会社での立場を保証する代わりに株主総会に出席する ように裏で取引を持ちかけます。 一方、ヨジンは自宅で〝ハン常務... 続きを読む Read More | Share it now!

ヨンシクはテヒへの思いを断ち切れず、彼女の家のドアの前で必死に気持ちを伝えます。 ドアの向こうで聞いていたテヒは、どうすることもできずに泣き崩れる だけなのでした。 翌日、テヒは出社すると〝社員の家庭を崩壊させた本部長は辞任せよ〟と 張り紙がさていて、大騒ぎになっていて、その上ネットでも同様の中傷が アップされていたのでした。 ハン会長はヨンシクを呼び、お前には夢がないのか?と聞きます。 ヨンシクは、有能な社長になって兄たちを見返したいし、好きな女性とことだ。 他の人みたいに…1つしか選べないのなら社長を断念すると告げます。 ハン会長は眠っているヨンシクの実母を見舞い、ヨンシクをどうしたら いいかな…と呟きます。 そんな中、テヒはジュンスから契約社員としての更新はないと言い渡されます。 テヒは、皮肉な状況ね。あなたに言われるとは…と目にいっぱい涙をためます。 ジュンスは、俺が伝えた方がいいと判断したと言います。 ジュンスはテヒを食事に誘い、解雇を通達する代わりに会長に頼み事をした。 海外支社への異動命令だ。国は問わないと言ったと話します。 テヒは、なぜ?と聞きます。 ジュンスは、お前とやり直したい…ソラと3人で海外で暮らそう。寝室を別にするのも、 別々に暮らすのもいい…もし勉強を始めるなら俺が援助する。それでも無理で韓国へ 戻りたいなら引き留めないと提案します。 テヒは、できるなら私も... 続きを読む Read More | Share it now!

会議室に呼び出されたテヒは、ヨンシクによって屋上に閉じ込められて しまいます。 会議室ではハン常務が主導し犯人はテヒだと審議が進められていましたが、 そこにヨジンに屋上から出してもらったテヒが現れます。 ハン常務はテヒに、身の潔白を証明するように促します。 テヒは、その時間オフィスで仕事をしてましたと答えます。 ハン常務は、それを見た人は?と聞きます。 言葉に詰まったテヒにヨンシクが、僕が見ました。偶然ですが企画開発室の前を 通った時... 続きを読む Read More | Share it now!

ヨンシクに冷たい態度をとってエレベーターに乗ったテヒは、こらえきれず ジュンスにもたれかかり泣いてしまいます。 ヨンシクはテヒを追いかけていき、エレベーターの中でそんなテヒを見てしまい、 何も言わず1人母の入院している病室へ向かいます。 遂に母と涙の再会を果たしたヨンシクはヨンチョルが自分だけでなく、病気に 侵されている母親までも... 続きを読む Read More | Share it now!

テヒはハン常務が自分とのスキャンダルでヨンシクを陥れようとしていると知り、 ヨンシクに冷たい言葉を浴びせ、企画開発室に異動しようとします。 ヨンシクはテヒを追いかけ、本気か?俺がそれを信じると思いますか?と 言います。 テヒは、私は給料だけのために働く契約社員です。特別企画室で最善を 尽くしましたが今後は企画開発室で最善を尽くし給料をもらえれば十分です。 私は上司に義理など感じません。自分のことだけで精一杯ですと告げます。 ヨンシクは、会社を辞めろ!給料が目的ならその給料は俺が払う。俺の社員に なればいい!みんなと会社を興してもいいと言います。 テヒは、みんなが付いて行くとでも?会長に逆らって後ろ盾を失った本部長に従うと? 義理立より生活が大事なんです。彼らには妊娠した妻がいて仕送りを待つ子供たちがいて、 学費が必要な妹がいます。人生はかけられませんと言うと、エレベーターを降りて行きます。 テヒが泣いているのを知ったジュンスは、会議室で理由を聞かずに、 思いっきり泣かせでやるのでした。 その夜... 続きを読む Read More | Share it now!

テヒはヨンシクの母親から預かったオルゴールをヨンシクに渡します。 ヨンシクは会議を抜け出してテヒと空港へ向かい、捜し回りますが会うことは できなかったのでした。 同じ頃、ヨンチョルはヨンシクの母親に電話で、弟のことはご安心ください。 手術の成功を祈ってます。担当医とも連絡を取りました。治療にかかる費用は 俺が払います。ではお元気でと話していました。 一方、ヨンシクの母親は出国ゲートで体調を崩す中、ヨンシクの後ろ姿を 見ながら気を失い救急車で病院に運ばれます。 そんな中、ハン常務はヨンチョルに、まだ断言はできないけど本部長が テヒに気があるみたいだと話します。 ヨンチョルは、ヨンシクと子持ちのバツイチ…しかも部下とスキャンダル。 社長の座どころか... 続きを読む Read More | Share it now!

ヨンシクはハン常務と兄ヨンチョルを見返すために、特別企画室のメンバーに 新企画のアイディアを出し、100点満点で80点取れなければ家に帰さないと命じます。 テヒは自信満々でアイディアを出しますが、35点だと言われ、他のメンバーは 合格点をもらい帰宅する中、テヒだけが合格しないのでした。 ヨンシクとテヒは2人だけで居残りし、2人が乗ったエレベーターに ジュンスが乗って来て、一階に下りるとヨジンに待ったかと言って一緒に 帰って行きます。 そんな中、テヒはヨンシクに、企画の原材料を直接、見に行くため車で 地方に向かいますが、雪原でタイヤがハマってしまい動かなくなってしまいます。 一方、ジュンスはヨジンとオフィーリア化粧品と提携しようと、奮闘していましたが ジュンスはテヒとヨンシクが雪で帰ってこれないと聞き、助けに行こうとします。 車が動かなくなったテヒとヨンシクは風船ガムを食べながら歩き出しますが仕方なく 民宿に泊まることにします。 民宿について、ジュンスからの電話に出たテヒは、困ってないと答え電話を切ります。 その夜、ヨンシクはテヒに、長くはまてない…だからこのまま俺の女に…と告げます。 つづく (感想) ジュンスはテヒがヨンシクと一緒になることが、幸せなら 自分は諦めようと思ってるのかもね… でも、テヒはジュンスのことが忘れられないみたいだね〜〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

テヒは韓国を離れるヨンシクを必死に止めますが、ヨンシクの決心は揺らがないのでした。 一方、会長はヨンシクのマンションに居候するモク部長に、息子のことを何も知らないんです… 急に韓国を離れると言いだしました。最近変わった様子はありませんでしたか?と聞きます。 モク部長は、いつも通りですが…と答えます。 モク部長は特別企画室のメンバーにヨンシクが韓国を離れるようなことを言っていたと話します。 テヒはヨンシクのマンションを訪ね〝特別企画室の今後〟と書かれた報告書を提出し ヨンシクがいなくなると困る理由を説明します。 会長はヨンシクを連れて、昔ヨンシクの実の母と通っていた食堂に行き、 母さんの大好物キムチチゲだと、実母の写真を手渡します。 ヨンシクは兄ヨンチョルから母だと紹介された人とは、別の女性が写っていて驚きます。 ヨンシクは韓国に残り、腹違いの兄ヨンチョルと戦うことを決心します。 会長に怒鳴られたヨンチョルは、我が社の大株主は母なんですよ。機嫌を損ねたら 何をするか分からない。夫婦ゲンカになったら会社まで巻き込まれます。 母の目の前からヨンシクを排除するのが賢明だ。あいつに父さんの地位と 引き替える価値が?と話します。 ヨンシクはテヒを呼び出し、報告書の作成者の本音が書かれていない。 これが結論ですと返します。 テヒは怒って報告書をゴミ箱に捨てますが思い直して中を見ると、 〝上記の意見をしょうにんする... 続きを読む Read More | Share it now!

テヒはヨンシクに突然口づけされ動揺し、ジュンスとの約束を忘れて 家に帰ってしまいます。 出社したテヒは、ヨンシクにどう接すればいいか分からず、気まずい気持ちで いっぱいの中、ジュンスにぶつかります。 ジュンスは、あの日待ったぞ…急用だったのか?と聞きます。 テヒは、急用というよりは…動揺しちゃって…と答えます。 ジュンスは、誰といた?と聞きます。 テヒは、困った表情をします。 ジュンスは、言いづらい人ならムリに聞きたくないと行ってしまいます。 一方、兄ヨンチョルとの取り引きに応じて実母に会ったヨンシクは、韓国を 離れる決心を固めているのでした。 会長はハン常務とジュンスを呼び、現在... 続きを読む Read More | Share it now!

ヨジンは、企画開発室のダイエット新製品に副作用が出たため、隠ぺい しようと画策します。 その話を聞いたテヒは辞表は軽率だったと反省し、ヨジンが隠したがってる副作用を 私が暴露すると宣言します。 テヒはヨンシクに、辞表は保留にしてください。企画開発室の製品に副作用があって 発売されたら大問題になるから暴露すると話します。 ヨンシクは、分かりました。僕が調べます。辞表は受理します。引き止めた時は 聞かなかったのに、問題が起こると戻るんですか?解決したら... 続きを読む Read More | Share it now!

ヨンシクはテヒから辞表を受け取った日の夜、テヒのマンションを訪ねて 〝これからは部下じゃないから、俺の好きにする。あなたを女として見る〟と告げます。 テヒは、今まで私を男として見てたんですか?と戸惑います。 ヨンシクは、頭のいい人がなぜ... 続きを読む Read More | Share it now!

エレベーターの中でジュンスはテヒに〝もう一度やり直そう〟とヨンシクがいる中で申し出ます。 話すことなんてないと言うテヒの手をつかむと、ヨンシクが前をふさぎ、 ここは会社で彼女は部下だと言います。 ジュンスは、私生活に口を挟む権利はない!どけ!と怒鳴ります。 ヨンシクは、嫌がってる!離すんだ!とテヒの手を取り、2人は摑み合い になってしまいます。 テヒか必死に止めに入り、2人は睨み合います。 テヒはジュンスに話を聞くからと引っ張って行きます。 その2人の後ろ姿を見たヨンシクはため息をつきます。 テヒはジュンスに、きっぱりと、やり直さないと断ります。 一方、テヒのプレゼンに協力する約束をしていたモデルのユンジュは、 ヨジンからハン常務に身柄が移り、働き口を紹介する代わりにテヒへの 協力を断るように言われるのでした。 ジュンスはユンジュに会いに行き、テヒの別れた夫は僕だと言って説得しますが、 いい返事をもらえないのでした。 プレゼン当日、準備万端で挑む企画開発チームに対して、ヨンシク率いる 特別企画チームは、企画案を裏付けしてくれるユンジュがいない不利な 状況なのでした。 そして、企画開発チームのジュンスからプレゼンが始まります。 一方、末期ガンのモク部長は痛みで苦しんでいて、プレゼンするユギョンの ために鎮痛剤を飲んでプレゼン会場に遅れて入室します。 そんな中、ユンジュがプレゼンに協力するために現れ、プレゼンは無事 終わります。 しかし、今回のプレゼンで採用されたのは企画開発チームの企画案でした。 一方、ヨジンはハン常務に、チーム長の職責はストレスも多いでしょ。 少し休む?と休んで。部署を移動するのもいいわと言い渡します。 テヒはヨンシクを食事にた誘います。 テヒは、今回負けたら辞めると言ったから、会社を辞める前にお礼を…と 言います。 ヨンシクは、俺が責任を取ると怒ります。 テヒは、いろんな意味でチームに迷惑かと。そして私のせいで迷惑する人が いるからですと言います。 ヨンシクは、ジュンスさんとヨリを戻すためでは?と聞きます。 テヒは、私たちは... 続きを読む Read More | Share it now!

テヒはモク部長に資料を届けるため、ヨンシクのマンションの駐車場で ヨンシクと同じマンションに住んでいるヨジンがジュンスと共に入っていくのを目撃します。 その様子を見ていたヨンシクは、テヒがジュンスたちを尾行していると 思い込み、僕の前から消えろイライラすると言います。 テヒは、最近変ですよ!なぜ私に優しくしたり怒ったりするんですか? 楽しいですか?ただでさえ... 続きを読む Read More | Share it now!

咳をしていたテヒを心配して、ヨンシクが迎えに戻って彼女を抱きかかえます。 テヒは、おろして!今日はとても暇みたいですね!あるいは友だちのつもりですか? 私は違うんです。本部長と遊ぶほど暇でもないし、親しくもないです!と怒ります。 ヨンシクは、本当に風邪か?待ってても無駄だから帰りましょうと言います。 テヒはヨンシクの車には乗らずタクシーで帰宅しますが、どこかに財布を落として きたことに気づき、5階の部屋までお金を取りに行くからと言うと 運転手が疑って言い争いになります。 そこへ、ジュンスが帰ってきてお金を貸してくれるのでした。 ヨンシクはテヒが心配でタクシーの後を車でついて行き、マンションの前で止まり、 その様子を見ていたヨンシクは引き返してテヒの財布を探しに行き、翌朝... 続きを読む Read More | Share it now!