テヒはヨンシクの母親から預かったオルゴールをヨンシクに渡します。

ヨンシクは会議を抜け出してテヒと空港へ向かい、捜し回りますが会うことは
できなかったのでした。

同じ頃、ヨンチョルはヨンシクの母親に電話で、弟のことはご安心ください。
手術の成功を祈ってます。担当医とも連絡を取りました。治療にかかる費用は
俺が払います。ではお元気でと話していました。

一方、ヨンシクの母親は出国ゲートで体調を崩す中、ヨンシクの後ろ姿を
見ながら気を失い救急車で病院に運ばれます。

そんな中、ハン常務はヨンチョルに、まだ断言はできないけど本部長が
テヒに気があるみたいだと話します。

ヨンチョルは、ヨンシクと子持ちのバツイチ…しかも部下とスキャンダル。
社長の座どころか まとめて始末できる切り札だと喜びます。

ハン常務は、自分の手を汚さずに本部長を自滅させる…自分の女への独占欲…本部長は純情だから うまくハメればあと先考えずに暴走するわ。
そうなれば私だけではなく、会社の全員が彼の気持ちに気づくわけだから
自滅するわよと含み笑いします。

そして、ハン常務はテヒを企画開発室に人事異動させると発表します。

ヨンシクは、認めない!彼女は俺の部下だ!どこにも渡さないと激怒します。

酒に酔ったヨンシクはテヒに、お酒のせいかな…あなたが ほんのちょっぴり
可愛く見える。可愛いから教えます〝慰め〟あなたの存在が慰めになるんだ…
悲しい時 寂しい時 待ちくたびれた時 あなたの存在が俺を癒すんだ…あなたとの
出会いが嫌なこと全部平気にさせる…だから俺は あなたを守りたい。持ってる
全てと引き換えても…と言うと眠ってしまいます。

一方、ヨンシクはジュンスに、テヒの人事異動は企画開発室が断れば考えると
言ってる。断ってくださいと話します。

ジュンスは、彼女は優秀だからチームに役立ちます。なのにチーム長の俺が断ると?と答えます。

ヨンシクは、気まずいでしょと言います。

ジュンスは、その心配は余計なお世話です。俺たちの問題だと答えます。

ヨンシクは、彼女も望んでない…俺もですと言います。

ジュンスは、構いません!用が済んだらお引き取りをと答えるのでした。

そんな中、ハン常務はテヒを企画開発室に迎えに来ます。

ヨンシクは、彼女は行かせないと言ったはずです!と止めます。

テヒは、ご自分の行動が大げさだと思いませんか?身勝手で独断的な
本部長には腹が立ったけど 今までは上司だから我慢をしてた…
本部長の下では…正直 今まで うんざりでした。いつも甘ったれて…
これが私の本音ですと告げます。

つづく
(感想)
テヒがヨジンに、ハン常務にあなたは利用されていると聞かされて、
ヨンシクに、心の中で詫びながら冷たい言葉を投げかけていたんだね。
何だか、ヨンシクが可哀想で。・°°・(>_<)・°°・。

民宿でヨンシクはテヒに、長くは待てない。だから このまま…俺の女に…
と告白されます。

テヒは、戸惑った表情になり、聞かなければよかったと その場を去ります。

一方、ヨジンはジュンスに、テヒが心配なのになぜ引き返してきたの?と
問います。

ジュンスは、俺にも分からない。元妻が 他の男といるのがしゃくなだけなのか…
身近なものを失った時の喪失感なのか…離婚の原因を作った罪悪感なのか…と答えます。

ヨジンは、または 愛なのか?と代わりに言います。

翌朝、ヨンシクはテヒを楽しませようと、雪の中でふざけていて、テヒは足を
痛めてしまいヨンシクにおんぶしてもらって、自然のものを使って
化粧品を作る会社の代表に会いに行きます。

テヒは帰りのバスの中で、ヨンシクの母親の写真を見て、この間 お会い
したお母様ですか?と聞きます。

ヨンシクは、いいえ…まだ会ってません…俺が会った人は他人でした。
この人が実の母ですと答えます。

テヒは、母親似だったんですね。特に目や顔立ちがと言います。

ヨンシクは、なのに父さんは自分に似たと…写真がなかったら だまされてたと微笑みます。

一方、ジュンスはハン常務からオフィーリアと提携を結ぶように命じられますが、
クイーンズに拒絶反応を示すオフィーリアの社長の心を開くため
韓国料理の店にオフィーリアの社長を招待します。

しかし、飲み過ぎたジュンスは泥酔してヨジンが家まで送ってきます

家族は、ヨジンも酔いつぶれていたので2人を家の中に入れます。

それを見ていたテハの妹はすぐに、テヒにヨジンがジュンスの家に入っていったと知らせます。

数日後、テヒは以前ヨンシクが母だと言って見せてくれた写真の女性を
会社のロビーで見かけ声をかけます。

女性はヨンシクに渡してほしいと箱を預け立ち去ります。

テヒはヨンシクに伝えようとヨンシクの手を引っ張って行きます。

そんな2人をジュンスは目撃してしまいます。

テヒはヨンシクに、お母様に会った気が…私にこれを預けて行きましたと
箱を渡します。

そんな2人をハン常務は目撃し、含み笑いをします。

つづく
(感想)
ヨンシクの母親がテヒに預けたのはオルゴールで、中には母子の写真と
小さな靴が入っていたの。

でも、ハン常務が、ヨンシクとテヒの関係を怪しんだみたいで
心配だわ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ヨンシクはハン常務と兄ヨンチョルを見返すために、特別企画室のメンバーに
新企画のアイディアを出し、100点満点で80点取れなければ家に帰さないと命じます。

テヒは自信満々でアイディアを出しますが、35点だと言われ、他のメンバーは
合格点をもらい帰宅する中、テヒだけが合格しないのでした。

ヨンシクとテヒは2人だけで居残りし、2人が乗ったエレベーターに
ジュンスが乗って来て、一階に下りるとヨジンに待ったかと言って一緒に
帰って行きます。

そんな中、テヒはヨンシクに、企画の原材料を直接、見に行くため車で
地方に向かいますが、雪原でタイヤがハマってしまい動かなくなってしまいます。

一方、ジュンスはヨジンとオフィーリア化粧品と提携しようと、奮闘していましたが
ジュンスはテヒとヨンシクが雪で帰ってこれないと聞き、助けに行こうとします。

車が動かなくなったテヒとヨンシクは風船ガムを食べながら歩き出しますが仕方なく
民宿に泊まることにします。

民宿について、ジュンスからの電話に出たテヒは、困ってないと答え電話を切ります。

その夜、ヨンシクはテヒに、長くはまてない…だからこのまま俺の女に…と告げます。

つづく
(感想)
ジュンスはテヒがヨンシクと一緒になることが、幸せなら
自分は諦めようと思ってるのかもね…

でも、テヒはジュンスのことが忘れられないみたいだね〜〜