華政(ファジョン)あらすじ65話(最終話) ジュソンの銃で撃たれたイヌを貞明公主は必死に看病します。 イヌは貞明公主に、夜空の星のように手が届かなかった公主様との出会い… 私にとって最も悲しく大切な思い出でした。大切な分だけどうか幸せになって くださいと言います。 ジュウォンも駆けつけ、イヌを励ましますが亡くなってしまいます。 一方、貞明公主は刑の執行前日、牢にいるジャジョムに会いに行きます。 ジャジョムは、この戦いで勝ったのは公主様です。公主様のやり方で勝利しました。 でもいつまで続くでしょうか…私を消してジュソンを葬れば 理想の世を作れるでしょうか…いいや... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ64話 孝宗の北伐計画が事実か調査するため清の問責団が朝鮮にやってくると 聞いた貞明公主は孝宗に、その対応はジャジョムに任せるしかないと進言します。 その問責団には将軍オボイが同行していたため、貞明公主は孝宗とオボイが密談する間、 ジャジョムに時間を稼いでもらい清と戦わずとも危険を回避できるやもしれないと話します。 ジャジョムには交渉の座に着きオボイに、皇帝の弟ドルゴンが逆心を抱いていて、 皇帝を狙っていると告げます。 オボイは孝宗に会いたいと伝言を送ります。 華政(ファジョン)あらすじ64話 一方、イヌを傷を負いながらも父ジュソンを追っていたのでした。 ジュソンは策略が暴かれ窮地に追い込またため、孝宗の首を討ち取るため 私兵を率いて襲撃します。 しかし、すぐに駆けつけた官軍によって逃げ道を断たれ、目の前にいるジュウォンに銃口を向けます イヌがそれに気づき、父上... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ63話 仁祖は亡くなります。 鳳林大君が17代孝宗が王として即位すると、朝鮮は再び危機に直面します ジュソンは清の皇帝の弟ドルゴンに、新たな王が北伐計画していると 報告します。 清の皇帝の弟ドルゴンは、倭兵を率いて国境まで迫ります。 そんな中、イヌの命が狙われていることが分かります。イヌはジュソンの妻ユン氏が 雇った刺客を生け捕りにしジュソンの居場所を聞き出そうと試みます 華政(ファジョン)あらすじ63話 一方、ジャジョムは貞明公主を呼んで、公主様に協力しようと決めたと告げます。 つづく (感想) イヌはユン氏が送った刺客に刺されてしまったの… 苦しそうで、誰にも言うなって口止めしてたけど…大丈夫かな? ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ62話 貞明公主は仁祖が王として最期の選択に不安を覚え、ジョジャムに会いに行きます。 ジョジャムは、やはり会いに来ましたか…実に矛盾していますが、公主様が助言を 求める相手は私しかおらぬでしょう。ジュソンが釈放されたそうですね。それも 予想通りですと話します。 貞明公主は、本当にジュソンの悪事を告発しないつもりか?そなたは左議政まで 務めたのに国と民を思う気持ちは少しもなかったのか?と聞きます。 ジャジョムは、私のようなものにはありません。そんな気持ちも持てません…ですが もしかすると別の誰かは違うかもしれません。私が知る最も弱く愚かな人間…そして最も 貪欲な人間は私とは違います。国と民を守る気持ちは少しはあったようですと答えます。 貞明公主は、どういう意味なのだ?別の誰かとは?ジュソンではないはずだ。まさか…と言います。 華政(ファジョン)あらすじ62話 貞明公主は尚膳から、王様からの伝言を聞きます。ジョジャムと尚膳から 仁祖の本心を聞かされ、世子のために朝廷に残る奸臣どもを追放するための王様の 計画だったことに驚きます。 一方、キム・リュは顧命大臣の権限を利用してジュソンの指示通り嵩善君を王位に 就けることにします。 便殿会議で命令書が開封されると、そこには何も書かれていなかったのでした。 動揺する重臣たちの前に、危篤だと言われている仁祖が現れ、キム・リュやヨジョンが 捕まります。 そんな中、王宮から抜け出したジュソンは清の助けを得て権力を奪還しようとしていました。 仁祖は鳳林大君に、そなたは悔いを残すような王になるな…そして兄を殺した者どもを必ず… と伝えながら倒れます。 死の間際仁祖は貞明公主を呼び、今になってようやく分かった…私が本当に 憎んでいたのは公主ではなく、己自身だったということを…責めを負うべき人間は 公主ではなく私だったと自分の思いを包み隠さず語るのでした。 貞明公主は、いいえ…王様。未熟で弱かったのは私でした。王座の重みが どれほどか分かっておりませんでした。しかしいつも王様に寛大な心を求め続け 断罪しようとばかりしました。愚かだった私をお許しください。責めを負うべきは 未熟な私でしたと許しを請います。 仁祖は、私は死を間近にしても公主の前で過ちを認めるのが嫌だった。 なのに公主は私に許しを請うのか?と涙を流すのでした。 つづく (感想) 仁祖は貞明公主に素直に自分の思いを、死を間近にして話したね。 王様も人の子、側室もヨジョンのような女を選んだのが悪かったように 感じるわ。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ61話 ジュソンとジャジョムは互いに裏切り合い共倒れします。 仁祖は無実を訴えたヨジョンも義禁府に捕らわれます。 やがて、取り調べが始まりますがジャジョムは口を割らず、ジュソンは 〝時が味方する〟という意味深な言葉を残します。 イヌは、父のジュソンが財産をほとんど売払い銀に替えたそうですと話します。 貞明公主は鳳林大君に、ジュソンがすべてを懸けて、清の皇室を利用し 世子の地位を脅かすつもりかもしれないと伝えます。 華政(ファジョン)あらすじ61話 一方、仁祖は血を吐き自分の余命が長くないことを悟り、王として最後の選択をし、 命令書託し、指示した日に布告するように命じます。 そんな中、鳳林大君と貞明公主は仁祖が危篤と伝えられ、仁祖の元に駆けつけますが、 キム・リュが顧命大臣に任命されだと言って、仁祖に会うことを禁じられます。 貞明公主は、ジュソンとジャジョムの側近だったキム・リュが顧命大臣に 任命したことにショックを受けます。 つづく (感想) キム・リュを顧命大臣にした仁祖の本当の意図は? 仁祖には最期の時くらい、いいことして死んでほしいよね。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ60話 仁祖は鳳林大君に、式が終わったら代理聴政をおこなうがよいと命じます。 世子になった鳳林大君は早速、ジュソンとジャジョムを追い詰めにかかります。 焦ったからジャジョムとヨジョンは、貞明公主を陥れ鳳林大君もろとも 倒そうと計画します。 同じ頃、貞明公主たちは、ジュソンとジャジョムを戦わせる作戦を考えていました。 華政(ファジョン)あらすじ60話後半 そんな中、ヨジョンは仁祖がそう長く生きられないと聞かされ、計画を急がねばと焦ります。 貞明公主たちの計画を知らないジョジャムは、ジュソンと手を組み貞明公主を陥れる 計画に着手します。 翌日、王宮から貞明公主が謀反を企んだ証拠が出たと知らせが入ります。 それは〝世子と王を廃して、崇善君を王にする〟という内容の祈願文で ジョジャムが謀反を起こそうとした証拠になるものでした。 それはジュソンとジョジャムと協力し合うフリをして、互いに陥れようと したのでした。 つづく (感想) 貞明公主と鳳林大君、ジュソンとジョジャム、どちらが勝つかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ58話 世子が体を壊していると報告されたヨジョンは、うれしそうにします。 そして、医官を東宮殿に送り込み昭顕世子の暗殺をもくろむのでした そんな中、昭顕世子は謎の死を遂げます。 ジュウォンと貞明公主は、幽閉されている昭顕世子を救おうとしますが、 手遅れなのでした。 貞明公主は仁祖に、殺しはしないと仰ったじゃないですか!本当に何も ご存じなかったのですか?と泣いて責めます。 仁祖はヨジョンに、お前とジャジョムが世子を?と聞きます。 ヨジョンは、私は何もしていません。そんな恐ろしいマネなど私にはできません。 医官のヒョンイクが診た時には... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ57話 医官のヒョンイクの治療で意識を取り戻した仁祖は、ジョジャムのウソの報告を 受け昭顕世子が清と内通しているのではないかと疑います。 仁祖は昭顕世子を呼び出し、私を父と思っているならこんな仕打ちはできぬはずだ! あの日... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ56話 8年後、人質になっていた昭顕世子たちは朝鮮への帰国を許されます。 仁祖は病に伏し、朝廷はジャジョムに牛耳られているのでした。 王宮に戻った昭顕世子は、ジュソンとジャジョムたちを一掃しようと決意します。 貞明公主は昭顕世子の決意を知ってジュウォンに、奴らは全てを失うか手に 入れるかの勝負ゆえ簡単に引き下がらないでしょう。我々も死力を尽くさなければと話します。 華政(ファジョン)あらすじ56話 後半 貞明公主と昭顕世子は、清との銀の取り引きで、ジュソンの商団が純度の 低い銀を鋳造し莫大な富を得ているため摘発に乗り出して手下を捕らえます。 一方、ヨジョンは昭顕世子が帰国したことで息子の崇善君と自分の身に 危険を感じ焦り、仁祖の意識を回復させようと医官と何かを企んでいるのでした。 イヌは闇取引をして莫大な富を得ている父のジュソンを捕まえにいくのでした。 つづく (感想) イヌは父のジュソンが黒幕だと気付いていたんだね。 ジュソンとジャジョムを一掃すれば朝鮮の民は幸せになれるのかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ55話 仁祖の反対を押し切り人質として行こうとする昭顕世子にジュウォンは、 危険すぎる賭けです。このまま世子様を渡すわけにはいきませんと立ちふさがります。 一方、貞明公主にジュウォンから、交渉をしている隙を突き総攻撃を仕掛ける 準備をするように伝言が届きます。 清との交渉で世子の替え玉を使い時間を稼いでいる間、南漢山城では イヌが連れてくる援軍を待っていました。 その頃、イヌはジャジョムからの援軍を得られずに敗退します。 江華城でも雨により鳥銃部隊の銃が使えなくなり作戦は失敗に終わります 追い詰められた仁祖は清に対して降伏することを決意します。 華政(ファジョン)あらすじ55話 後半 ジュソンの思惑どおり昭顕世子と鳳林世子は人質として清に送られることになります。 世子はジュウォンと貞明公主に、再び戻れる日が来たら朝鮮を変えてみせると誓い、 清へと旅立ちます。 8年後、ついに世子と大君は朝鮮に帰れることになります。 つづく (感想) ジュウォンと貞明公主は、朝鮮のために戦い続けているんだねヽ(´o`; ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ54話 清軍が国境を越えたかもしれないと報告された貞明公主は、昨晩のろしが上がったのに なぜ都に報告されなかったのだ?と聞きます。 イヌは、西北の守備はジャギョンが担当です。私の父と変わらぬ者ですと 答えます。 そんな中、王宮では重臣たちが南下する清軍を避け、江華島に避難するように 進言しますが、仁祖は最後まで力を尽くす。決して江華島へは隠れぬ まずは王族だけ江華島に避難させ重臣たちは南漢山城に行けと命じます。 ジュウォンは貞明公主に、世子嬪たちをお守りくださいと世子様からの 託された願いを伝え、自分も公主様や子供たちと行けぬことを許してくれ。 しかし、私は必ず生きて家族の元へ帰りますと誓います。 貞明公主と世子嬪たちが江華島へ避難するため渡し場へ到着すると、 王族に用意された船は、ギョンジン一族が乗りすでに出発した後なのでした。 華政(ファジョン)あらすじ54話 後半 その頃、清軍の破竹のような進撃に南漢山城で仁祖と昭顕世子は孤立状態に陥ります。 朝鮮敗戦が色濃くなる朝鮮にジュソンが現れ、清の皇帝陛下が提示した和議条件を伝えにきます。 その内容は、昭顕世子を人質に差し出せというものなのでした。 つづく (感想) 仁祖は大事な息子の昭顕世子を人質に出すことはできないと やっと親らしいことを言うけど、世子は朝鮮や王様のために 人質になることを決意しているんだよねヽ(´o`; ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ52話 人目を忍んで王宮から抜け出した世子嬪は貞明公主を訪ね、世子様は危うい立場にいます。 何とか手を引くように説得してくださいと頼みます。 貞明公主は昭顕世子に王様と政敵になるから後金との件から手を引いてはと提案しますが、 世子は父である仁祖を信じる。父親を信じるのは息子の務めですと言って説得に応じないのでした。 一方、会談に臨んだ昭顕世子は、清の将軍に獣の生き血を分け合って飲む盟約式に 出席すれば朝鮮人の捕虜を送還すると約束したと仁祖に伝えます。 仁祖は昭顕世子に、戦を防ぐためにも盟約式に出るべきだと説得され 盟約式に出ることを決意します。 華政(ファジョン)あらすじ52話 後半 しかし、仁祖は別造庁から後金の捕虜が見つかったことや、世子嬪が貞明公主と 密会していたことを聞かされ、世子に疑念を抱くようになります。 仁祖は清との盟約式出る獣の生き血を飲むのを拒否し、朝鮮は再び戦乱の 危機に直面するのでした。 つづく (感想) ヨジョンの告げ口で仁祖は公主と世子が繋がってると疑念を抱いたね。 仁祖は心の弱い人なのかも… ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ51話 仁祖は元孫が生まれたことを喜んでいる中、国境地帯では後金から脱走してきた 朝鮮人捕虜を送りかえそうとするたびに、襲撃団が現れ捕虜を逃すという事件が続いていました。 朝廷がこの事件の捜査に乗り出すのでした。 捕虜を助けていた黒幕は貞明公主と昭顕世子なのでした。 華政(ファジョン)あらすじ51話 後半 そんなある日、仁祖に後金から、明との関係を絶ち国号を清と変えた後金と 君臣関係を結ぶように要求する命令書が届き、命令書にしたがわなければ再度戦を 仕掛けると宣戦布告するという内容なのでした。 それを見た仁祖は憤慨し、使節団の出迎えを拒否します。 戦を避けるため昭顕世子が代わりに出迎えたことが、仁祖の怒りを買うことになります。 つづく (感想) 仁祖は昭顕世子を疑い始めたね… 昭顕世子は、仁祖と違い貞明公主と同じ考えだったんだねヽ(´o`; ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ50話 ジョジャムから呼び出された貞明公主は、そなたと王様は国を破滅させるだろうと忠告します。 ジョジャムは、明と後金の属国として適度に差し出しながら生き残ればよいと意見します。 貞明公主は、私とは違う者たちの理を改めて思い知った。一体何を差し出すというのか? それは紛れもなく民の命だろう。王様やそなたのような者にはもう期待せぬ。 この国に民のための権力がないのなら民が権力を手にすればいい…と言います。 華政(ファジョン)あらすじ50話 後半 仁祖を訪ねた貞明公主は、結婚したのだから王宮を出る挨拶と、王様は最後の機会を 逃しました…必ず国に災いが訪れますと告げます。 仁祖が即位して5年後、後金による第一次朝鮮侵攻が起きます。 時は流れ1636年 貞明公主は3人目の男の子を産みます。 そして世子妃も男児を出産し、仁祖は元孫が生まれたと大喜びします。 つづく (感想) 貞明公主とジュウォンの夫婦仲はとても良くて、 3人の子宝に恵まれたけど、王宮では重臣たちの 不正が横行しているんだねヽ(´o`; ... 続きを読む Read More | Share it now!