千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ2話「志を継ぐ者」

契丹の罪人部隊に襲われた崇徳宮主(後の千秋太后)とキム行首は、崖の上に
追い詰められてしまいます。

契丹の将軍ヤユル・ジョンニョルは高麗の先王の妃である崇徳宮主を人質にしようとします。

崇徳宮主はキム行首に、そなたは生き延びよ。私は国の重荷になれぬと
崖から身を投げるのでした。

川底で生死をさまよっていた時、時代は14年前の979年、第5代王 景宗の頃に
さかのぼります。

おてんばな崇徳宮主は暴走する馬から振り落とされ馬を捜していると、
夢か幻か、祖父である太祖王建に遭遇し「北方の地を取り戻せ」と遺志を託され、
消えてしまいます。

そこへ、兄のワン・チ(後の成宗)と妹のファンボ・ソル(8第王 顕宗の母)
が駆け寄ってきます。

この3兄妹の祖母は明福宮大夫人ファンボ氏。黄州の豪族で大祖王建の第4夫人となり、
後に神静皇太后と呼ばれた。

神静皇太后は両親と死別した孫たち3人を育てた。

ワン・チだけが王建と同じ王氏を名乗り、二人の孫娘は祖母の姓を継いだ。これは
高麗が儒教理念にさほど縛られていなかったためだ。
また親近婚により夫婦が同姓になることを避ける術でもあった。
ファンボ・スは後の千秋太后、ワン・チは成宗、そしてファンボ・ソルは
後の顕宗の母である。

つづく
(感想)
2話は、崇徳宮主(後の千秋太后)の若き頃にさかのぼって
渤海遺民収容所にいた人々との出会いがあるんだね〜

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ1話「我が高麗を守るため」

成宗12年10月(西暦993年)
高麗は敵対関係の契丹の侵攻を受け惨敗し、第6代国王 成宗は領土の一部を契丹に
明け渡そうと王命を出します。

先王のお妃 崇徳宮主(後の千秋太后)は兄の成宗に、外敵に屈する王など無用です。
太祖の遺志に背いたうえに妹を死なせた冷血漢が、外敵には弱腰になるのですか!
と王命の撤回を主張します。

成宗は、そなたはこの地を血の海にしたいのか?戦いが好きなら1人で戦うがいい。
ともかく 私と民が地を流すのは我慢ならぬ。これしきの土地より民の命が
大事なのだと反論します。

崇徳宮主は、民を口実になさいますな。的に国土を譲り渡す王など 民にも
見限られましょう。王は契丹の間者だと!と激怒します。

成宗は、その者を引きずり出し 投獄せよ!と命じます。

崇徳宮主は、成宗の反対を押し切って、カン・ジョら私兵を引きつれ戦地へ向かおうとします。

中軍使ソ・ヒは崇徳宮主に、激戦とは無縁の安戎鎮へ行くよう命じます。

ところが、そこで崇徳宮主らは契丹軍の予期せぬ奇襲に遭い、自分は
先王の妃であり現王の妹だと身分を明かし、敵軍が何万であろうと恐れるな!
死を覚悟すれば必ず勝利できる!と鼓舞します。

そこにカン侍郎らの援軍が現れますが、崇徳宮主は敵を深追いし、
契丹の罪人部隊の罠にハマります。

つづく
(感想)
契丹の罪人部隊の隊長?の顔が怖すぎる〜:;(∩´﹏`∩);: