千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ74話

「祖国のために」

忠州宮主は、密通して国を危機に陥れ、息子は男色におぼれ廃位された。
直ちに殺せと命令します。

千秋太后は、私を殺す理由が他にあるのでは?個人的な反感だけなら
軟禁すれば十分だろう。だが尚宮と内官まで拘束したうえ、内官の脱走を
知るや私を殺そうとしていると問い詰めます。

そんな中、契丹が高麗を攻めてきたという知らせが届き、国を守るために力を
合わせるべきだという千秋太后の言葉に忠州宮の執事と私兵たちは賛同し、
千秋太后と共に開京に向かうのでした。

一方、モブルラはトギョンに、私の問いに正直に答えれば子供の命は助ける。
だが嘘をつけば二度と子供には会えぬ…この子は誰の子だ?と問います。

トギョンは、サガムンの子ですと答えます。

モブルラは、本当のことを言え!と激怒します。

トギョンは、その子は…黄州小君だ…と明かします

モブルラは、つまりキム・チヤンの子か?と驚きます。

トギョンは、そうだ…私の子が小君の身代わりに…と答えます。

モブルラは、我が子が犠牲になったのに恨めしくないのか?と聞きます。

トギョンは、もちろん恨めしい!それゆえ…小君を いや…その子を私の手で
育てるのだ…キム・チヤンに命を捧げた夫 サガムンのため 小君を守るため
我が子と共に死んだサイルラのため 私の家族である2人の死を無駄に
せぬため その子を守る。命をかけて守ってみせると告げます。

一方、千秋太后は顕宗に会い、先帝が命を落とされました…忠州に
向かわれている中、ヒョヌンとアン・べに殺されました…と告げます。

顕宗は、ヒョヌンとアン・ぺを捕らえろ!と命じます。

忠州にいた内官が宮殿に来たと聞いた延興宮主は、カン・ジョの陣営にいる
イ・ヒョヌンのもとに使者を送ります。

千秋太后が向かっていると知らされたヒョヌンらは、穆宗暗殺に荷担したことが
発覚するのを恐れ、契丹に寝返ります。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ74話
(感想)
トギョンと黄州小君はどうなるんだろ?
トギョンって強い女性だよね…

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ73話

「契丹襲来」

契丹が40万の大軍を率いて高麗に押し寄せてきていると知った大臣たちは、
我々には太刀打ち出ません。直ちに使臣をお送りくださいと顕宗に
和議を求めるように勧めます。

ガムチャンは、40万もの兵を動員するため、敵は長い間 準備を重ねてきた
はず和議などに応じるはずがないから、死力を尽くして敵と戦わなければ
なりませんと説得します。

そして、和解か応戦かで臣僚らの意見が分かれますが、顕宗は応戦することを
決断し、軟禁されていたカン・ジョを総指揮官に任命します。

一方、トギョンはハンに、自分の子は身代わりになり、チヤンと千秋太后の子を
連れていると明かします。

ハンは、お前の人生も波乱万丈だな…と言います。

トギョンは、私はどうすべきですか?連れ合いも我が子も亡くしました….
帰る国もありません。ここ祖国でも私は歓迎されぬようです…と話します。

ハンは、そうだな…お前がこうなったのは私にも責任がある。女真村を
飛び出してきたのか?ならば そこに戻るがよいと言います。

トギョンは、私とは何の縁もない土地ですと答えます。

ハンは、お前の連れ合いの故郷ではないか…しかも 他に行く当てはなかろう…
むしろ知人のいない土地で再出発するほうがいいと助言します。

トギョンは、嫌です。ハン様のそばにいさせてくださいと頼みます。

ハンは、私と関われば お前ばかりか、その子まで無事では済まぬ…
私も先が長くはない…と答えます。

トギョンは、まさか…太后様が他界したとはいえ、陛下がハン様を
殺めましょうかと驚きます。

ハンは、そうではなく じきに私は朽ちる運命なのだ。太后様がおられぬ今
私は かれた井戸の魚も同然だ…女真の地へ行け。そして自分の不遇を嘆き
挫折することなく以前の強い戦士に戻り その子を育ててみよ。もしかすると
その子は将来女真を統合する偉大な君主になるかもしれぬ。非凡な血を
受け継いでいるからなと説得します。

トギョンは、されどこの子には何の後ろ盾もありませんと言います。

ハンは、運命とは分からぬもの。この国を建てた人々も原野で略奪を働く
小集団にすぎなかった…今の女真と そう変わりはない。女真に行くのだ!
新たな人生を切り開けと説得します。

その頃、送兵に遅れを取った高麗でしたが、前線のヤン・ギュらの活躍に
より形勢は好転し、対する契丹は予想外の苦戦を強いられたのでした。

一方、忠州宮に軟禁された千秋太后は何者かの陰謀を感じ取り、カン・ジョへ使いを出します。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ73話
(感想)
千秋太后と皇后は忠州宮主に殺されそう…
ユン内官がカン・ジョの元に向かったけど、間に合えばいいけどね〜

千秋太后(チョンチュテフ)71話

「新しい皇帝」

カン・ジョは千秋太后と共に理想の国を作るという夢を捨てられず、宮殿に
乗り込んで行き、千秋太后を摂政に置くように大良院君に詰め寄ります。

そんな中、延興宮主たちは、千秋太后は黄州小君を亡くし、その上 先帝まで
死ねば政事の舞台に戻る気力をなくし、再起できぬように先帝が自害したように
見せかけ、カン・ジョが殺したように見せかけようと話し合います。

穆宗と共に都を後にした千秋太后は、いく先々でひどい扱いを受け
陛下に申し訳ないと涙を流します。

その頃、新皇帝となった顕宗は、の影響力を一掃しようとする延興宮主と
臣僚らによる執拗な干渉を受け、言いなりにならざるを得ない自身の非力さを痛感します。

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ71話

一方、契丹の蕭太后が亡くなります。

ヤン・ギュは、黄州小君が生きていて、サイルラと死んだのはサガムンの子だと
報告され、朝廷に向かいます。

その頃、トギョンは黄州小君を連れモブルラ首長を訪ねます。

トギョンはモブルラに、私はチヤンの部下サイルラですとウソをつきます。

モブルラはサイルラだと?この女を引きずり出し首をはねろ!と激怒し
サイルラは私の孫だ!お前は何者で、孫の名をかたるのだと問い詰めます。

トギョンは、正直に話します。私はサガムンの妻のトギョンです。それから、
この子は サガムンの息子 サリャンですとウソをつきます。

延興宮主に命じられたヒョヌンたちは穆宗に毒薬を飲ませようとしますが
穆宗は毒に気づき、誰に命じられた?と激怒しますが、剣で刺されてしまうのでした。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ71話
(感想)
皇帝が皇帝じゃなくなったら、平民よりたち悪いわ〜
穆宗も千秋太后も自分が招いたことだけど、皇后が気の毒だよね…