魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 ~あらすじ3話

「幽霊の家」

妾の子のジュンが馬の対決でわざと負け、掛け金をせしめたと分かったオク(正妻の子)は「黒い森」にある凧を取ってくれば500両やると持ちかけます。

ジュンは友人のドンネと共に、生きて戻れないと言われる「黒い森」に向かいます。

森の中でドンネはジュンに、この黒い森には呪われた幽霊が出るって!きれいな女が出てきて心臓を…食うんだ!という噂があると話します。

ジュンは、幽霊なんていないと答えます。

森の奥深く入って行くと不気味な声が聞こえ虎が追いかけてきます

ジュンは絶体絶命の中、光を放つ物に救われます。

ジュンは結界が張られた謎の一軒家を見つけ、誰かいませんか?と声をかけ庭に入ります。

その庭の木に凧がつながれていて、ジュンは木に登る途中で落ちてしまいます。

ジュンは出てきた少女に捕らわれてしまいます。

そして、森で若い娘の幽霊が人を喰うという噂を思い出し、恐怖におののきます。

娘は外に出られないから、結界の外にある柿を取ってほしいとジュンに頼みます。

美味しそうに柿を食べる娘を見てジュンは、お前は本当に人間か?と尋ねます。

娘は、まだ私が幽霊に見える?と答えます。

ジュンは、お前みたいに 可愛い子が幽霊のはずないか…幽霊でないなら なぜこんな所に?本当にここに住んでるのか?他の家族は?

娘は、知ってどうするの?と聞きます。

ジュンは凧のことを思い出し、飛んでいった凧を作り直すことに…

そんな中、ヨニ!という呼び声が聞こえると、大変だわ!帰って!

見つかったらただじゃ済まないとジュンを隠します。

ヨニが父上と呼んでいたのはヒョンソでした。

ヒョンソは、大巫女のホンジュはヨニが生きていると知ったら殺そうとするから、「魔医禁書」を探すように仲間に指示します。

ヨニは王妃シム氏が産んだ双子の王女で、ヒョンソは王様から王女を

助けるように命じられ密かに育てたのでした。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~あらすじ3話

(感想)

双子のうちの王女は生きていたんだ~

ヒョンソは黒い森の奥の家にヨニを隠し、大巫女のホンジュから

守っていたんだね

魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~あらすじ2話

「呪われた双子」

王妃シム氏の懐妊で、大妃ユン氏は星宿庁の大巫女ホンジュに、すべてお前のおかげだ。何が大きな褒美をやろうと喜びます。

黒魔術を使ったホンジュは大妃ユン氏に、ですが まだ終わっておりません…と答えます。

一方、目が覚めたヘランは、呪術…と言って怯えたように声にならない叫び声をあげます。

そこにホンジュがヘランの命を狙い現れます。

ヘランは、国に仕える巫女が黒魔術で悪霊を呼ぶとは…代償が怖くないのですか?黒魔術のせいで 国が滅びます。王は病気を患って死に、よそ者が王となり王宮は血の海となります!と言います。

ホンジュは、よくしゃべること…本当に気丈な子ね。殺せ!と手下に命じます。

逃げ出したヘランは目の前で母と弟を殺され、ホンジュの首を締め上げ殺してやる!と逆上します。

ヘランは、巫女は 自分の運命を予見することはできない。あなたもそうでしょ?あなたは自分の黒魔術のせいで死ぬわ。八つ裂きにされ 犬の餌となる。跡形もなくこの世から姿を消すの!ひと思いに死んで!と叫びます。

しかし、ヘランの背中を王妃シム氏が剣を突き刺します。

瀕死の中でヘランは、そうか…あなたも仲間だったのね!お喜び申し上げます…双子であられます…ですが 王妃様のお子様たちは17歳の誕生日を迎えた後、命を落とすでしょう。もし死を免れても死より つらい苦しみを味わいます。お子を愛する者は皆 死に その子が愛する者も同じく皆 死ぬでしょうと予言すると命を落とします。

月日が経ち、王妃シム氏は王子と王女の双子を産みます。

王妃シム氏はホンジュを呼び、ヘランの予言どおりだ…本当に双子が生まれた…そのあざは?と聞きます。

ホンジュは、呪いです…お二人に呪いがかけられていますと答えます。

王妃シム氏は、どうすれば子を助けられる?と問います。

ホンジュは、一方に呪いを移しその子を殺すしかありません…と答えます。

王妃シム氏は、我が子を殺すなど できるわけがない。絶対にならぬ!絶対に!と言います。

ホンジュは、お望みは王子様だけだったはず。王女様を殺せば手に入ります。王子様を取るかお二人とも失うか…と決断を迫ります。

ホンジュは大妃ユン氏に、呪いのせいで簡単に殺せません。殺すことができるのは双子である王子様だけです。他に、三昧真火で焼く方法がありますが、三昧真火は昭格署の所管でヒョンソ様しかできません…と話します。

ホンジュは捕らえられていたヒョソンに、今日 お世継ぎが生まれました。双子の片割れの王女です。ですが 少し問題があります…

王女の体に呪いがかけられていますと渡します。

ヒョンソは、災いを招くと あれほど警告したのに!ホンジュを責めます。

ホンジュは、大業には犠牲がつきものです。そこで呪いを断つためにヒョンソ様の力が必要です。その赤子を殺すのです…そうしないと王子様まで命を失います。どうか5年前のように強情を張らないでください。王女は国のために死ぬのですと告げます。

ー17年後ー

地方官の子息オ・オクと妾の子のホ・ジユンは馬で兄弟対決をし、ジユンはドンネと組んでワザと負け賭け金をだまし取ります。

王妃シム氏が生んだ双子の片割れの王子ブ(順懐世子)は、国中で誕生日を祝い祭りまで催しているのに、特に理由はなく気が重いのでした。

ブは王妃シム氏と大妃ユン氏に、最近 夢に女の子が出てきて泣くのです。その子は私と顔が似ていて妙な気分になりますと話します。

王妃シム氏と大妃ユン氏はヘランの予言を思い出し、顔を見合わせます。

王妃シム氏は大巫女ホンジュに、明日は死んだ巫女ヘランが予言した17歳の誕生日だ。何も起きないか?と問います。

ホンジュは、ご心配なく。既に終わったことですと答えます。

一方、オクは腹違いの弟ジユンに、生きて帰った者はいないという黒い森にある凧を持ってきたら500両出すと言います。

母の身分を回復するために金が必要なジユンは、やります。凧を取ってきますと答えます。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ2話

(感想)

黒魔術を使う大巫女ホンジュ。

母の身分を回復するために500両集めなくてはならないホ・ジユン。

大巫女ホンジュと、ホ・ジユン 名前が似てて、混乱するかもしれない😩

魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!
魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~あらすじ1話

「世継ぎ」

王妃シム氏は、黒い朱雀がお腹の中へ入ってきた夢を見たため

懐妊の予知夢であろう?と昭格署 長官チェ・ヒョンソにうれしそうに尋ねます。

しかし、ヒョンソは渋い顔をします。そして脈をとっていた医女が

ご懐妊ではありません…と告げるのでした

女官たちは、星宿長庁を邪険にし、道教の儀式を司る昭格署のヒョンソを特別扱いしていた大妃は〝儀式の効き目がない〟とご立腹してるとウワサ話をしていると、突然雷が鳴り雨が降り出します。

一方、大妃ユン氏は王妃シム氏と息子の明宗に、今回も違ったと?

王妃になって5年も経つのに お世継ぎがないとはどういうことですかと責めます。

王妃シム氏は、申し訳ありません…と謝ります。

大妃ユン氏は、そういえば 昨日は共寝の日でしたね。王様は王妃の部屋へは行きましたか?と聞きます。

明宗は何も答えないのでした。

大妃ユン氏は、今度の2人の共寝に私も立ち会うことにする。

聞けば15分も経たずに部屋から出るとか…一体 何が問題なのか この目で確かめると腹を立てます。

明宗は、やめてください…いい加減にしてください。私はもう子供ではありません!臣下たちは私を〝名ばかりの王〟と呼びます。それでいいのですか?と口答えします。

大妃ユン氏は目の前のお膳を明宗に投げつけ、そなたを王にするため私がどれほど努力したか !この母がどんな犠牲を払ったか!いかに王座を守ったかお忘れですか?と激怒します。

明宗は、母上が必死に守ってきたのは王座ではなく…王妃の座ですと

言うと立ち去ります。

大妃ユン氏は、見過ごすことはできぬ…ただちに星宿庁の巫女ホンジュを呼びなさいと命じます。

ホンジュは大妃ユン氏が頼みごとを言う前に、必ずや お世継ぎを抱かせて差し上げます…と答えます。

大妃ユン氏は、さすがはホンジュだと高笑いします。

星宿庁の大巫女ホンジュは王妃シム氏に挨拶に行き、体の悪い気を追い払いますと言ってムチで叩きつけるのでした。

その後、ホンジュは大妃ユン氏に、恐れながら王妃様は子を授かれません。ですが不可能ではありませんと懐妊の方法を提案するが、それは黒呪術を用いたものなのでした。

昭格署のヒョンソは大妃ユン氏に、5年前のことを内密にする代わりにホンジュを呼ばないと約束なさいました。話が違うではありませんかと訴えます。

大妃ユン氏は、私は儒学者らの反対を押し切り昭格署を守るため手を尽くしてきた。だがそなたは私の背に刃を突きつけた。知っていたのだろう?王妃は子を産めぬと…そなたのことだ王室の安定を願って黙っていたのだろう。だが 世継ぎなくして王室や国の安定はない。

自分の本文を忘れ私をだますとは不届き千万と責めます。

ヒョンソは、事実を伝えたらどうなっていたでしょう…王妃様は命を失うことになります。先王妃様のように…と告げます。

大妃ユン氏は、もはや昭格署は信用できぬ。今後 王宮のすべての儀式は星宿庁のホンジュに任せる。そなたは辞任をと命じます。

ヒョンソは、私はどうなっても構いませんがホンジュだけは なりませんと訴えます。

大妃ユン氏は、世継ぎがおらぬからと謀反を企てる者も現れている。それを黙って見ていろと言うのか?と怒ります。

ヒョンソは、ホンジュの悪巧みにだまされてはなりません。黒呪術は

災いを招きます。あの女の操り人形になる気ですか?と必死に止めます。

大妃ユン氏は、黙りなさい!巫女ごときに操られるものか。私を見くびるでない!即刻 王宮を去り二度と近づいてはならぬ!と激怒します。

そんなある日、明宗が急な食あたりで危篤になりますが発見が早く

大事には至らないのでした。

ヘランは王の明宗の急病に気づいたことで、実家に帰省することを許されます。

一方、ホンジュは王妃のシム氏に、王妃様はお子が産めぬお体ですと告げます。

大妃様もご存じか?と聞く王妃にホンジュは、うなずきます。

ホンジュは王妃に、本当に懐妊をお望みですか?お望みならば懐妊できるよう私がお手伝いいたします。私に従いますか?と問います。

王妃は、分かった。何をすればよい?頼む 力を貸してくれと頼みます。

王妃はへランに、今から私の言うとおりにしなさい。今夜 王様と共寝を…王様のお体のために決めたことだ。お前は命令に従えばよいと

命じます。

ヘランは、私は神に仕える巫女です。殿方と共寝はできませんと言います。

王妃はヘランの頬を叩き、殿方ではなく国王であられる。巫女として王様の悪い気をはらうのだ。老母と弟がいるそうだな。夜伽の相手をするなら母親と弟の面倒を見てやる。だが断るのなら…私に こんなことを言わせるな…と脅します。

王妃はホンジュから、霊力の強い巫女へランを解任させ、お子は王妃様の体から生まれる。用が済んだヘランは始末するようにと言われていました。

ヘランは懐妊しますが、本人は気づいておらず風邪だと思っているのでした。

一方、ヒョンソはホンジュの企てに気づき、太陽をすげ替えただけでは満足できぬかと説得します。

ホンジュは、気の衰えた太陽でした…王をすげ替えて何が悪いと?今回は私の手で王を作るのですと答えます。

ヒョンソは、黒魔術は災いを招くということを知らぬというのか?と

聞きます。

ホンジュは、いいえ…よく知ってます。危険な術です。私も命を落とす恐れがある。この国を思っているのはヒョンソ様だけではありません…と答えます。

ヒョンソは、お前は この国を憎んでいるはずだ…と言います。

ホンジュは、では どうするおつもりですか…5年前のように私を追い出すのですか?それとも私を斬りますか?と聞きます。

ヒョンソは、呪術をやめよ!最後の警告だと告げます。

そこへ大妃ユン氏が現れヒョンソに、二度と近づくなと言ったはずだ!と言うと捕らえるように命じます。

ヒョンソは逃げ出し、仲間とともにホンジュの企みを阻止しようとしますが止められないのでした。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~

(感想)

黒魔術で王妃ユン氏は懐妊するんだね~

ヘランは死んだのかしら?