テレビを観ながら、あらすじ書いてます。日本語訳が私には理解しずらいので
私が感じたように書いてやっと27話まで、何とか頑張りました。涙

「面子と道理」

景風が牢から出て、家に帰らず遊んでいたことで杭は怒っている。
今まで景風は反抗してこなかったが、初めて外で遊んだ事で

父上が大事にしているのは他人の評価で、自分の信念でない、父上には自分がない。と
言い返してしまいます。

一方、景珍は方天羽が好きで宿に通います。
嘉沅は、方天羽は結婚していて広州に奥様がいる。蘇州に呼び寄せるらしいから
と、景珍に教えます。景珍はそれを聞いて、がっかりしている感じです。

徐恨が 景風が家に監禁されていると教えてくれます。
嘉沅と佩芸で、景風を説得しにいきます。

刺繍はあなたに与えられた使命。天がくれたこの手を大切にしなさい。
道楽はあなたにの本分でないと、嘉沅は励まし帰ります。

佩芸は、あなたが幸せに生きてくれれば私も幸せ。何も望まないと言います
景風は、思いやりのある純粋な女性を、汚してしまった…と佩芸に言います

景珍は嘉沅から方殿が結婚していると聞いても、子供がいないと分かると
まだ側女として望みがあると思い、父に正妻でなくて良いと言いますが、方の事は諦めろ!
もし、諦めなければ商談は白紙にすると激怒します。

抗と方天羽の商談は成立するが、杭は、口外したら商談は白紙と口止めされる。
嘉沅が2人とも、商談が成立したか教えてくれない。と徐恨にいいます。

徐恨は、抗と天記の取引きをするのは反対だ。と嘉沅に言います。

杭の命令で桑農家の交渉に行って、出荷して貰えるように説得してきた。
だから天記と取引されては困る。杭は桑農家への責任を俺になすりつけようとしている。
桑農家との信頼関係が、壊れてしまう事を心配する徐恨。

つづく

(感想)

景風は、佩芸と一夜を共にしても、まだ嘉沅とやり直し出来ると思っているのが

男らしくない。佩芸もなんで、こんな男が好きなのかわかんないわ〜

「一夜の過ち」

景珍の考えた方法で、杭に天記の糸を買わせたら方天羽に強要された。と
噂されるので話は白紙に戻すことになります。

景珍は方天羽に好意があるようで、毎日兄に汁物届けに行くと言って、方天羽に
届けていましたが母親に見つかり、みっともないと叱られます。

しかし、事件のウチは方天羽に謝罪してないし、蘇繍と糸の取引きをしようと来て
兄が事件を起こして偽証まで、して貰ったのに…と景珍は言います。

繍荘の糸の商談は徐恨にさせれば、借りを返せて父さんも、世間から責められない。
と景珍は杭を説得します。

徐恨は糸の在庫がどうなっているか聞きに行きます。
年末の皇宮への上納品は足りなくなる可能性があり、良質な糸は湿気で変色するため
保管が難しいから、上納品はその年の秋の糸を使い、届いたらすぐ刺繍し都へ
送ると説明されます。

牢から出た景風は、佩芸に履物を貰います。賭け事をしたり飲んだりして
家にかえらないで佩芸と一緒にいたのでした。

佩芸は、叶わぬ思いでも貫き通したい…報われなくても諦めないと景風にいいます。
景風は佩芸の思いに一夜を共にします。

徐恨が嘉沅に景風が来ていないか聞きに来ると、方天羽がいたので嫉妬します。
方天羽は、商談が成立したら家族を蘇州に呼び寄せる。
嘉沅とは何もないから心配するなと言います。

つづく

(感想)

嘉沅が佩芸の想いを応援するけど、無断で外泊した佩芸を心配します。

一晩中待っていた嘉沅が叱ります。大人になりましたね〜

「うたかたの幸せ」

佩芸が牢にいる景風に会いに行きます。図案集を渡し励まします。

嘉沅が、方天羽に偽証を頼み、協力すると言ってくれます。
息子の命を救った私に、抗は頭が上がらないはず。と方天羽は言います。

徐恨は、嘉沅に告白します。
嘉沅は、俺にとって最高の人だ… 他の男を愛し、家に連れ込んでも君の良さは変わらない…と

嘉沅は徐恨の頬に口づけをします。
そして、牢にいる景風を傷付けたくないから、私を忘れてくれるまで、
皆には言わないで欲しいと言います。

徐恨が、景風が切り付けた相手は、以前、湖南で嘉沅が失踪した時、
隣の宿だった人だ。と景珍に教えます。

景珍は毎日、方天羽に汁物を持って行きます。
景珍は、父は、何より対面を考えるから、
方の商売を協力しなければ、蘇州中に噂を流し、事件の真相を言いふらすし
偽証の事も包み隠さず話す。と言えば大丈夫だと言います。

一方、佩芸は景風が図案集が見やすいように、ロウソクを持って照らし
甲斐甲斐しくお世話をします。景風も心が、穏やかになり、佩芸に俺に嫁がないか?と、
言いますが、すぐに冗談だと言われてしまいます。

方天羽は、景珍が言っていた事を嘉沅に相談すると、抗は偽善者だし賛成すると、
しかし徐恨は、反対する。

佩芸は景風が、牢から出たら独占できなくなると泣きます。
嘉沅は、一生尽くす覚悟があるのだから、手に入れたいと思えば届くと励まします

景風の母親が来て、佩芸を使用人には使用人の運命があると罵る。

つづく

正直、私はこのドラマ好きじゃなかったんですけど、最近ハマってきました^^;

嘉沅も前髪パッツンから、真ん中分けになり、最近では素敵な髪型になってます。

実は私3話まで観て中抜けしました。日本語訳が全く意味不明で疲れちゃったのです…

最近やっと半分ぐらい理解できるようになり、面白くなってきました。

前に観て、休まれている方も、中抜けしてても楽しめるかな〜って思います(^ ^)