「嫉妬」
スンニャンはワン・ユと陛下から手を握られ身動きができず困ります。
陛下は、スンニャンに、今後ワン・ユと言葉を交わしたり、あいつのために涙を
流したら打ち首だ。と怒ります。

スンニャンは外に飛び出すと〝ついてこい〟とワン・ユが言います。
ワン・ユの一緒に高麗へ帰るか!険しい道のりになるが良いか?と見つめます。

スンニャンは〝はい。王様と一緒に帰ります。千年でも万年でも待ちます〟と
涙をこぼします。ワン・ユは、スンニャンを抱きしめるのでした。

翌朝、ワン・ユの臣下たちが放したネズミの大群が、宮中を走り回ります。
ネズミに驚いた、タナシルリ皇后をワン・ユは抱きかかえ救います。
タナシルリは、ワン・ユに心を奪われてしまいます。

民の間で、先帝の呪いが始まった。と噂が広がります。

上奏文を破り捨てるヨンチョルに、陛下は、父上の呪いを何故恐れるのか尋ねます。
ヨンチョルは陛下を睨みつけます。

ヨンチョルがペガンに呼ばれ行くと、仏像の目から血の涙を流していました。
皇太后は、これは、先帝の恨みですと言うとヨンチョルは、剣を抜き仏像を
切り捨てようとします。

正体の見えない敵に、追い詰められ不安を覚えるヨンチョル。

ワン・ユは、ヨンチョルを囲碁に誘います。
ワン・ユは、囲碁で勝ちヨンチョルに、なぜ負けたか的確な指摘をします。
ヨンチョルは、ワン・ユに3つの事を気付かされたと言い信頼するのです。

仏像に血の涙を塗ったのはスンニャンでしたが、ワン・ユに気づかれないように
力になるのでした。

陛下は、護衛官のチョクホを探させます。

タンギセは、高麗村に宦官が来て、チョクホを捜している事を聞きます。
タンギセは、陛下が血書を捜している…怪文書は、ワン・ユが関わっていると
確信します。

タンギセが、ワン・ユに妓楼に来るように言います。
タンギセは怪文書の犯人がワン・ユだと知り、罠を仕掛けるのでした。

陛下とスンニャンは、待ち合わせ場所の妓楼に向かいます。

陛下を護衛する宦官が殺されます。

ヨンチョルは、陛下が血書を捜していると分かると、剣を抜き殺そうとしますが
そこに皇太后が来て、陛下は命拾いします。

タンギセは、ヨンチョルに怪文書の犯人を捕まえたと言います。
しかしヨンチョルは、息子の言い分に耳を貸さず、嫉妬も程々にしろとタンギセを
殴り、ワン・ユに謝ります。

スンニャンは、陛下に加勢したとして、タンギセに連れて行かれます。
ワン・ユは、スンニャンを釈放してくれるならヨンチョルの部下になると言います。

地下牢では、スンニャンがタンギセに拷問を受けていました。

そこにワン・ユがやってきて、タンギセに剣を向けます。
スンニャンを解放しろとヨンチョルの命令だと言って、スンニャンを助けます。

ワン・ユは、タンギセを殴り倒します。

そこに陛下が来て、ワン・ユがスンニャンをおぶっているのを目にします。

つづく

奇皇后 あらすじ 18話(感想)

今日の、ワン・ユは、素敵だったわ〜

私と一緒に高麗へ帰るか!険しい道のりになるが良いか?
と言う、あの目! タナシルリ皇后じゃなくても、憧れます

「嘉沅の決心」

明娟は、布をぬすまれます。盗人を寧王殿下が追いかけますが、棒で叩かれ気を失います。
寧王殿下は、如意館で目が覚めます。

明娟は、寧王殿下を盗人と決めつけ役所に突き出そうとすると、
寧王殿下は、自分の家が貧乏で苦労した話をします。

明娟は、両親に身売りされるつらさは、よくわかるわ。と涙をこぼします。
両親の元に戻らずに、うちで働くと良いわ。盗みをしなくて済む。と言います。
寧王は、妓楼で働くことになります。

嘉沅と学敏が刺繍を見ていると、尹剣飛が学敏に声をかけます。
尹剣飛は、寧王が失踪したと学敏に打ち明け、一緒に探します。

方天羽は、念祖を可愛がり、オシメも取り替えるのが上手なのです。
方天羽は、嘉沅を湖南に誘い、嘉沅も行くと返事をします。

景珍は、やけ酒を飲んでいました。嘉沅がいなくなれば良いのにと泣きます。

嘉沅は、方天羽と湖南にいました。
船がぶつかり、方天羽が隣の船に乗っていた玉鳳に謝りますが、佩芸に瓜二つだったのです。
その船には、徐恨も乗っているのでした。

一雲南ではー
玉鳳は、徐恨と一緒にいたいと泣きます。苗青は、だったら自分で同心丸を作るのよ。と言いますが
玉鳳は、せっかく作った同心丸を徐恨に食べさせるのをやめるのでした
玉鳳は、競技会が終わったら徐恨を解放させてあげようと決めるのでした。

つづく
(感想)
学敏にも、憧れていた人がいたのですね〜
寧王と明娟の関係も気になります。

徐恨、玉鳳 嘉沅、方天羽がすぐ近くにいるなんて…
嘉沅は、徐恨よりも、方天羽と結婚したほうが幸せになれるのに!
徐恨、出てこないで〜

「交錯する運命」

玉鳳は、徐恨が数日何も食べていないので、鶏の汁物を作ります。
徐恨は、抜け殻のようになっていて、汁物を捨てます。

玉鳳がみかんを剥いて食べさせようとすると、剥いた皮を食べます。
玉鳳は、いい加減にして!と徐恨の頬をぶちます。

玉鳳は、徐恨に奮起させようと母 徐瑾の作品、女媧の図を見なさい!というのです。
女媧は孤独の中で、土をこねて人を作った。そして命を吹き込んだの!
この世で最初の母として、子供たちを守った。

宝物のように人を支えている、この女媧の表情を見て!母親だからこそ、
この表情を刺繍できたのよ。徐瑾の形見だと徐恨に言います。

そして、箱を渡され中を開けると、男の顔を刺繍した布が入っていました。
徐恨は、これは誰だ?
苗青は、あなたの父親の 江学文よ!父の顔を教えようと徐瑾が刺繍したの。
徐恨は、年はとっていたが、似ても似つかない顔だ。と言います。

苗青は、私が20年前に見たのはこの顔よ。博学で風流な江学文に夢中だった。と驚きます。
徐恨は、俺の知る江学文は、生真面目で刺繍意外は全て疎かった。と言います。

徐恨は、じっと見つめていると杭敬亭に似ている!と言います。
俺の父親は、杭敬亭だった。嘉沅と兄妹じゃなかった。過ちは犯してないと、喜ぶのでした。

徐恨は、体力をつけて蘇州に戻り妻子に会うんだと、意気込みます。
玉鳳は、悲しそうな顔になります。

その頃、方邸ではー
念祖の天然痘が良くなりますが、看病していた方天羽が、天然痘にかかってしまうのでした。
3日が峠と言われてしまいます。

方天羽を妻が看病しますが、意識が混濁しているために妻が嘉沅に見えるのでした。
嘉沅…嘉沅…君のためなら何でもする。どうなっても良い。と、うわごとを言います。

妻は、部屋の外にいる嘉沅に、看病するように言うのでした。
方天羽は、嘉沅を天から見守っていると、言います。

嘉沅は、死なないで!一緒に月下美人の花をみましょう。
念祖の父親になってちょうだい。と泣きます。

方天羽の妻は、嘉沅を方家に迎えると言います。
方天羽の妻は、他の女を迎えるよりあなたの方が良いと言うのでした。

学敏も、嘉沅が方天羽の側女になるのを賛成してくれます。

明娟は、妓楼の女主人になっていました。白が死にわたしは路頭に迷い、ある妊婦を助けたの。
それが如意館の女主人、芳姨よ。芳姨は、故郷で子供を育てるため、如意館は私に託されたの。
とこれまでの人生を語ります。

寧王殿下が、陛下の代わりに民情を見に町を歩いていました。
寧王殿下は、木陰で休んでいる明娟に、目を奪われます。

つづく
(感想)
今日は、笑わせてもらったわ〜

徐恨が父親の顔だと言われ、男の顔を刺繍した布を見たら
これは誰だ?って言うんだけど、その刺繍がおかしくて(爆笑)
杭敬亭に、似ているって言うまで、時間がかかるのも、ウケるわ〜

傾城の雪 あらすじ全話こちら!