「側室選び」

陛下はヤンが側室候補として現れ驚きます。

ヤンはトクマンに呼び出され、なぜ戻ってきたと言われます。
ヤンは仲間の仇を取りにもどってきたと、殺された雑用係りたちの手紙を見せます。

宮中で高麗の誰かが力を持ち、敵と戦わなければ、今後も無念の死は
繰り返されてしまうとヤンは言います。

陛下は声を取り戻しますが、皆には、ふせておけと命じます。
陛下はヤンを呼び、生きていたのだな…二度とそなたを離さぬ…と抱きしめます。

ヤンは宮中に戻ったのは、抱かれるためではありません…
ヨンチョル一族への復讐のためだと陛下に打ち明けます。

陛下が手伝ってくだされば、私も陛下に心からお仕えします。私に許しを請うなら
これは陛下が私に償う機会です…と言います。

陛下は、変わったな…私は復讐など考えたくない…試験のことだけ考えろ。
何かあればコルタが助けになると言います。

タナシルリは、側室候補の中にヤンがいることに気がつき、なぜそこにいる?と
尋ねると、皇太后がペガン将軍の推薦だと教えます。

タナシルリは、一次試験の人相を見る者に変わり、絵師の肖像画だけで
評価すると言います。合格させたい者に皇太后が髪飾りを渡します。
そしてヤンは合格します

その頃、皇太后はタナシルリが不妊治療のためにいた寺の火事を怪しみ
調査するように指示します。

一方、二次試験は宮中で何より貴重な食べ物を作る課題を出されます。
しかしヤンは厨房に鍵をかけられ、時間も材料も足りなくなります。

ヤンは塩を提出します。周囲は失笑しますが、料理には欠かせぬ塩のように、
民の心に染み渡る温かい恩恵を施してくださいと、陛下に言います。

それを聞いて皇太后は心に染みる話ですと言ってヤンの肩を持ちますが
タナシルリは、ヤンに落第点を与えます。

最後の試験は、タナシルリが学者たちに作成させ、絵に隠された深い意味を
書けと難題が出されます。しかし、唯一ヤンだけが満点をもらいます。

最終結果は、陛下から褒美の袋を渡されれば不合格。
花が渡されれば合格でした。

ヤンの番になり、陛下の手元を見ると…目を見開きます。

つづく

奇皇后 あらすじ 25話(感想)

ヤンって背が高くて、スタイルいんだね♪───O(≧∇≦)O────♪

側室の中でもひときわ輝いてます!さすが、韓国を代表する女優さんだわ!
私もあんな風になりたい!!! 今更、無理よね〜!(◎_◎;)

でも私だってこっそり頑張ってるよ! (^^ゞ

前に他のブログで紹介されていたサプリ、なかなかいい感じ♪
奥さんのために作ったサプリらしいけど、私のカサカサの肌が朝に「おおっ!」って感じで張りが出てきてびっくり!(゜o゜;

今まで飲んだサプリで一番イイ感じ♫ つい夫に「みて!みて!」ってみてみて攻撃しちゃった。^^;

これ私は500円で買いましたよ~
安いので、ぜひ試してみて!
私と同じようにびっくりすると思いますよ~

これです → ヒアルロン酸サプリ

 

「覚悟の帰還」

ヤンは見つけた血書をチョクホに見せます。
チョクホは、先の皇帝陛下の印の蝶の絵も描かれていて、
本物に間違いないと言います。

一方、陛下は、長官たちに側室を迎えることを提案されます。
側室を選ぶため皇太后を復位させ、各行省から候補を出して選ぶことになります。

ー高麗ー
ヨンチョルは姪との縁談を進めます。ワン・ユは復位をするために婚姻を受け入れ、
ワン・ユは、ヨンチョル一族を破滅させスンニャンの仇を取ってやる!と
復讐に燃えるのでした。

その頃、ペガンとタルタルは、奴婢として捕まったヤンを見つけます。
ペガンは、俺が今あるのは、ヤンのおかげだから、ヤンを助けるぞ!と
タルタルに言います。

奴婢の競売の日、ペガンは兵士らを1年食べさせる資金で、ヤンを競り落とします。

ヤンは陛下が声を失った事と、ワン・ユの結婚と復位を聞き、涙を流します。
その夜、山賊に殺された、高麗の仲間達から預かっていた、手紙を読みます。

ヤンはヨンチョル一族に復讐するために、ペガンに自分を側室候補にして
くださいと言います。そして血書を見せます。

タルタルは反対し、我が一族ではないから信用出来ないとヤンに言います

ヤンは刺繍、楽器、舞、書物など何でもこなしてしまうのでした。
そんなヤンを、反対していたタルタルもペガンに従うのでした。

ヤンが側室候補として皇宮に行く日は、高麗のワン・ユの婚礼の日でした。
ヤンは馬車に乗っていると、ワン・ユを思い出し涙を流します。

〝この涙は、王様(ワン・ユ)のために流す最後の涙です…
力なき高麗の民のためにも、必ず復位なさってください…
これからは私は己の道を行きます…私から父と子供と仲間を奪った者達に
私のやり方で復讐します… 〟と心に誓います。

ヤンは宮殿に遅れて入っていき、自分の名はキヤンだと言います。
キヤンと言う側室候補を見て、トクマンと皇太后は驚きます。

陛下は、側室候補の中にヤンを見つけると、驚愕し声にならない声をあげて
〝ヤン〟と呼ぶのでした。

つづく

奇皇后 あらすじ 24話(感想)

なんだかすごい展開になってきましたね。

でも王様(ワン・ユ)が可哀想。
ヤンが可哀想です。
ヨンチョルが憎らしい。。。。

これからの大逆転に期待ですね〜♪


「月光庭園の伝説 」

狐火の中から、九尾狐が出てきて森から出て行け!と人間たちに警告し
追い返すのでした。

ソファの弟は推奴に捕まり首を吊られ処刑されてしまいます。
タムもソファの弟を追い自死してしまいます。

その頃、ソファは自ら命を絶とうとしますが、ウォルリョンに救われます。
ソファは意識がもどり外に出ると、青白い光の中からウォルリョンが現れます。

ウォルリョンはソファが好きになり月光庭園でかくまうのでした。
ソジョン法師が止めるのも聞かず、人間になりたいと言うウォルリョンでした。

ソファはここを出て行く。ここにいればあなた様に迷惑がかかるからと言います。
ウォルリョンは、私は危険な目には遭わん。あなたも私といれば安全だと言うのです。

ソファは、ウォルリョンの優しさや、美しい景色に心を奪われますが
弟と使用人のタムが気がかりだと話します。

ウォルリョンは2人の消息を知れば楽になり、心から笑えるか?と聞きます。
弟の遺体を森に埋めお墓を作り、ソファには2人とも元気だ、あなたはもう
しばらくここにいた方が良いと嘘をつきます。

それを聞いたソファはウォルリョンに抱きつき、ありがとう…
これでやっと生きていけると涙を流します。

ウォルリョンはソファに口づけをし、私と結婚してくれと言います。
ソファは私は逆賊の娘で、逃亡中の官奴ですと答えます。
それでも結婚してくれと言うウォルリョンに応えるのでした。

ウォルリョンは、ソファのため不老不死の命を捨てて人間になることを決意します。
ソジョン法師と書庫を訪れ、“九家の書”を手に入れる方法を調べます。

神獣が人間になったことはないからソジョン法師は反対し、
お前だけが傷つくかもしれんと心配します。

しかし、ウォルリョンは千年の時の中で初めて惹かれた女性だ。逃したら、また
千年待たねばならんと言い、百日後に会おう!と出て行きます。

ウォルリョンは3つの禁忌を守るという百日祈祷を開始します。

ウォルリョンとソファは夫婦となり月光庭園で幸せな日々を送っていました。

一方、グァヌンは血眼になってソファを探し続けて、山奥でソファの弟の墓を
見つけます。

ソファはここの生活も三ヶ月たち、森の中にも慣れてきていました。

ソジョン法師がやってきて、お前を守る方法を探し当てたと樹齢百年のサンザシで
私が作った短刀だ。あと11日間身につけておけとウォルリョンに渡します。

一方、山菜を採っているソファを討伐隊が見つけます。ソファは気がつき逃げます。
ウォルリョンもソファの身に危険が迫っていると分かります。

ウォルリョンは、ソファを見つけると草木の幕を作り隠れます。
しかし、またも討伐隊に見つかってしまうのでした。

つづく
(感想)
ウォルリョンが本当に素敵なんですよね〜
月光庭園も音楽も大好きです。

九家の書 ~千年に一度の恋~を見逃した方、U-nextで見ることができますよ!
U-NEXT韓流ドラマ 九家の書 ~千年に一度の恋~
※九家の書 ~千年に一度の恋~はポイントで見れます。最初に500円分のポイントがもらえますので、実質1話無料です。
16日間の無料トライアル期間あり