「信頼の重み」

ヨングァンは、入社試験に現れず音信不通になります。ヨンドはヨングァンを不合格
にすると言います。

ジェインは、頑張って二次試験に受かったのに厳しすぎます。来るまで待ってから、
訳を聞いた後、妥当な理由であれば不合格を撤回してくださいと頼みます。

ヨンドは、いいだろう…今日の就業時間まで待とう…ただし、妥当な理由でなかったら
君も一緒に不合格!と言います。

ジェインは何度もヨングァンに電話し、連絡が取れなくてとても心配したと言って
今日の終業時間までにこないと不合格です。今 どこですか?キム選手!と
言います。

ヨングァンは泣きながら、ごめん ジェイン…今はお前のところへ行けそうもないと
電話を切ります。

ヨンドは、ジェインが本当にインベさんの子ですか?と聞きに行きますが、
ヨングァンの母は、何も答えないのでした。

ジェミョンは、偶然ジェインの正体を知って怒り出し、インチョルを殴ります。
イヌは、彼女は何も知らないんだ。彼女を守りたいだけだと言います。

ヨングァンはヨンドに遅れた理由に父の最後の課題の紙を見せ、
答えだったと言います。ジェインの実の父親が分かったと言います。

父がこれを残した理由も分かる気がします。ジェインを本来の居場所に戻します。
相手はジェミョンだぞ!と言うヨンドに、ヨングァンは、そうであっても、進みます。
父の罪を償う唯一の道ですから…と答えます。

その頃、ジェインの母親は、歩けるようにリハビリをしていました。
そして、あの男を殺すまで…絶対に死ねないの…と言うのでした。

一方、ヨングァンは、なんとかセーフだとクビにならなくてすみます。

その夜、インベの家族が食事をしていると、突然ジェミョンが現れ、
ジェイン分かるか?おじさんだ…とジェインを抱きしめ嘘泣きをします。

つづく
(感想)
ジェインのママのリハビリは、問題ありだよ!

倒れても無視してたんだよ…

最後のジェミョンの嘘泣きをの目が…騙されないでジェイン!

イジンアシはポドゥル、イルソと、天君団を率いて、チャンソ村にやってきます。
そこで、剣や鎧などの武器を生産します。

そこへスロがやってきて、天君夫人から頼まれてきた。危険な状況だと分かっているのか?
サロ国の兵が神鬼村に向かった。お前を討つ気だと言います。

イジンアシは、狗弥国最高の剣と鎧で武装している。天君団の長として戦とともに生きてきた。
俺が神鬼干を降参させれば、母上も後悔するだろうと答えます。

スロは、自分の強さを証明するために戦を利用するのか?俺なら戦はしない!と言うと
イジンアシは、母上の愛情はお前に奪われた…だが俺の実力は必ずや証明してみせる。
もう帰れ!と言います。

スロは、イジンアシ!死ぬぞ!お前だけじゃない!天君夫人も俺も狗弥国も、すべてが滅びると
説得します。

イジンアシはチョソン村で勢力を拡大して、新たな国を興そうと考え、
村長にポドゥルを妻にしたいと言います。

村人たちは、巻き込まれたくないと反対しますが、村長は娘ポドゥルのことを考え、
説得するのです。

イジンアシは、サロ国の兵が神鬼村に入ったと報告されます。
チョソン村に神鬼干とタレの連合軍が迫るのでした。

スロはチョソン村に馬を降り山道を歩いて食糧を運ぶのでした。

つづく
(感想)
イジンアシは、本当にポドゥルのことが好きとは思えないんだけど…

タレは、本当に憎らしいわ!

「父が残した課題」

ヨングァンは、ヨンドが準備した金庫を開けると、亡き父ヨンベの割れた腕時計を
手にします。

ヨンドが現れ、ああ…そのとおりだ…確かにお父さんのもので、自分が入れたものだと
と答えます。

なぜ父の時計を持ってるんですかとヨングァンが聞くと、ヨンドはひき逃げに遭った
時、私も現場にいた…残念ながら私が着いた時には事故の後だった…

インベさんとは古い付き合いだったとだけ知っておけ…お前を見極め、
父親が残した課題に、向き合えるかどうか試したかったと話します。

俺が貰ったのはその紙だけだ…真相を突き止めるのが今後のお前の課題だ…
とヨンドはヨングァンに言うのでした。

一方、イヌはジェインに、戻って自分の世話をしてほしいと、生まれて初めて
心から丁重に頼むのでした。

ヨングァンは母親に〝ア−Q–R−3–1〟に聞き覚えがないか聞きます。

ヨングァンは、ジェインの部屋で、〝栄光の初ホームラン〟と自分が書いたサインボールを見つけ子供頃を思い出すのでした。

ヨングァンは、なぜお前がこれを持っているんだ?お前は…何者だ?と何かを
感じるのでした。

翌朝、お前の部屋にあるサインボールは、どこで手に入れた?と聞くヨングァンに、
ジェインは、施設に入る前から持ってました。9歳の時…と答えます。

ヨングァンは姉に、父さんが仕えてた社長の名前を知りたいと聞くと
ユン・イルグだと姉は答えます。

ユン社長のの命日とお墓の場所を聞いたヨングァンはお墓に行き、父が残した紙きれは
ジェインの父親のお墓の番号だと知ります。

つづく
(感想)
ヨングァンはジェインが、妹ではないと知ります。

ジェインに対して、妹以上の特別な感情は、抱いてもおかしくなかったと
喜んで良いと思うのに、ヨングァンの母親も夫の隠し子ではないから
喜んでいいのに、喜んでなかった。

それは、インベが、犯罪の片棒を担いだと、思っているからかしら?