「決戦の時」

タファン(陛下)は死を覚悟して戦うと剣を取ります。
タファンは、皆 生きてヨンチョルを倒しその栄光を
分かち合うのだ!と鼓舞します。

一方、ヤンは冷宮で、側室や女官たちに兵の侵入を防ぐため
穀物を俵に詰める作業と火での攻撃に備え、水をいたるところに
置くように防衛を指揮し、宮廷にペガンの軍が到着するまで持ち
こたえるために準備をします。

その頃、タファンはヨンチョルと、酒を酌み交わし
まだ親政をお望みで?と聞くヨンチョルに、タファンは、望みます。
皇帝になったのですから、自ら玉璽を押し、命令を下したいと答えます。

ヨンチョルは、権力とは死を招く呪いに似ていますと笑います。
感謝どころか、駄々をこねられては困りますと言います。

一方、ワン・ユ率いる守備隊は、ヨンチョル派の守備隊と
区別できるように赤い布を巻きます。

そして、ヨンチョル派の守備隊とワン・ユ率いる守備隊同士の
激烈な戦いを繰り広げます。

そして、城門を開け、ペガンの兵が入ってきます。

そんな中、ヨンチョルに反乱の知らせが届きます。
激怒したヨンチョルは、皇帝や皇太后、ヤンと側室らを
すべて殺せ!と命じます。

タナシルリも政変が起きたことを知り、すべて父上にまかせ成り行きを見守ることにする。
陛下もヤンも居なければ泰平の世が訪れると喜びます。

タファンはヤンのところに行き、ヨンチョルの次男タプジャヘの兵との戦いが始まり、冷宮の門が破られ、陛下側が劣勢になりますが、そこにペガンが現れます。

タファンはタプジャヘの兵に、今 剣を捨て投降するものは助ける!しかし続けて謀反に加担する者は、妻子父母、兄弟、親戚一族を滅ぼす!と言います。

陛下が剣を捨てろ!と言うと、タプジャヘの兵は剣を捨てます。

ペガンがタプジャヘを切り殺します。
タファンは逆賊ヨンチョルを捉えよ!とペガンに命じます。

タファンの後ろで涙を流すスンニャン。タルタルと目を合わせ頷き合います。

そんな中、ワン・ユとヨンチョルが最後の盃を交わし、
ワン・ユは、高麗こそ我が命!
私の夢も未来も希望もすべて、あなたが踏みにじったと言います。

一方、タナシルリはタファンからの廃位を言い渡されます。

その頃、タンギセは、ヨム・ビョンスのいる鉱山へ撤兵し、財宝を探しもう一度軍隊を挙兵し大都を攻めるというが、なかなか財宝が見つからないのでした。

ヨンチョルは、ヤンを遠ざけろ!ヤンが帝国を滅ぼす!
ヤンがタナシルリの代わりに皇后になれば、要職はすべて高麗のものになり、陛下はふたたび操られると言い捨てます。

敵を礼遇する草原の長い伝統で、血は流させませんと、ペガンは綱でヨンチョルの首を締めるのでした。

ヤンは、ヨンチョル、私に良い道を知らせてくれた。おまえの予言のとおり、私の周辺を高麗人で満たして、私の息子を皇帝にして、この国の皇后になる!私が直接天下を統治すると、決心します。

つづく

奇皇后 あらすじ 37話(感想)

ついにヨンチョルが死にましたね。
ですが、特に高麗人が嫌な人が多いみたいだし、
まだまだ、波乱はありそうで。。。。

皇太后とかペガンが変わっていきそうで、怖いわ。

「大きな賭け」

ジェインはファン老人に、ヨングァンは私の笑顔を また見たいと
言いました。そんな彼の人生をお金と引き換えたら、昔みたいに
笑えなくなるから、担保にしない理由を話します。

担保にした彼の人生を返してくださいと言います。

社内放送でジェインは、〝増資案が可決され私は持ち株を守るのに
必死でした。なぜなら持ち株を亡くなった父のものだと思っていた
からです。コデ商事は父のものではありません。会社の主は
20年間 会社を育ててきた社員です〟と話します。

社内放送を聞いたジェミョンは、放送をやめさせようとしますが、
営業1チームのメンバーに阻止されます。

インチョルはジェインの決心が変わらないことを知り、
ジェミョンの指示通り営業1チームを解散させてしまいます。

イヌはインチョルに、なぜ1チームを解散させた?俺に重傷を
負わせて、父に口実を与えたのか?俺を襲ったのは違う男だ!
誰の計画だ?と腹を立てます。

チーム長がデモを誘導し、社員達もデモに参加します。
ジェインは株の譲渡を開始します。

そんな中、ヨングァンが突然逮捕されてしまいます。

一方、イヌはオ検事を訪ね、誘拐の時効は何年か聞くのでした。

つづく
(感想)
社員たちが、ジェインを応援してくれそうですね\(^o^)/

「守りたい〝笑顔〟」

ヨングァンは、人生を担保にファン老人からの投資を受け、
借りた金を返せない場合は、ファン老人がヨングァンの人生を好きに
するというものでした。

ファン老人は、明朝7時にソ会長が来る予定だから、
それまでに娘を連れて来なさい。直接会ってから、貸すかどうか決める!
ただし遅れてはならないと言います。

一方、ジェミョンもファン老人から金を借りようと返事をもらいに来ていました。
そこへ、ファン老人に呼び出されたジェインもやって来ます。

これはどういうことか?と聞くジェミョンに、ファン老人は、困ったことに彼女にも
同じことで借金を申し込まれたと笑います。

ファン老人はジェインに、担保はもうすでにもらったと話します。
私の担保とは何ですか?と聞くジェインに、ファン老人はヨングァンの人生を
担保にしたことを明かします。

ファン老人は、ソ会長には一言お詫びしたくて呼んだ。
今度の取引はユンさんとすることにしますと言います。

それを聞いたジェインはヨングァンの足を蹴り、
あなたにとって人生とは何なの?人生を担保に借金を申し込むなんて…
人生をなめてるの?そんなちっぽけな人生なの?と怒ります。

ヨングァンは、ナメてないし大切だ!軽く思ってないから懸けたんだ!
あげられるのが この体しかないから…お前の力になれないと言います。

そんな中、会社の倉庫でイヌが何者かに襲われます。
インチョルが営業1チームに現れ、ヨングァンがイヌを襲うところを
防犯カメラがとらえたから不合格にしろと言います。

チーム長は断ります。

一方、ジェインは、鍵のネックレスを探していると、
コデ商事に勤めて20年の警備員が、拾ってくれていました。

ジェインは、その警備員から亡き父が社員そのものが会社だ…と
社員を大事にしていたことを聞いて、再びファン老人を訪ねます。

ジェインは、ヨングァンの人生を担保にしたら昔みたいには
笑えなくなるから担保にしないと決心したと話します。

ジェインは会社の放送で
〝私は、コデ商事の初代代表ユン社長の娘、ユン・ジェインです。
私は50%の持ち株全部を社員の皆さんに配ります〟と発表するのでした。

つづく
(感想)
ジェインは、なぜ自分の持ち株全部を、社員に配るのかしら?

早く21話が見たいわ…\(^o^)/