ナチャルリョが止めるのも聞かず、神鬼干はご神体を壊してしまいます。
ナチャルリョは神鬼干に、命が惜しくないようだな!お前は天を侮辱し
天命館を踏みつけにした!天罰がくだるぞ!と叫びます。

神鬼干は、ご神体がなくなって、つらいだろう?でも終わりではない!
束縛を解いてやってるのになぜ責める?と言います。

もはや狗耶国に神託を受けた者など存在しないと笑います。

チョンギョンは神命館にかけつけ、ご神体が破壊されてるのを見ます。
神鬼干はチョンギョンに、卵が割れたくらいで国が滅びると思うか?と言います。

チョンギョンは、お前を殺すためなら、私の命も惜しくないと矢を向けます。
神鬼干は、神託を受けたスロが生き延びられるか確かめたいと言います。

神鬼干は、チョンギョンを人質にしてスロを待ちます。
そんな中、スロが母を助けに来ます。スロは罠を承知で近づこうとすると、
チョンギョンが先に走ってきてスロを守ろうと矢を何本も受けてしまいます。

スロは、奥様…と言って抱きかかえます。
チョンギョンはスロに、愚かな母を許してくれる?と聞きます。

スロは、奥様の前では、素直になれませんでした…出生を否定し奥様に
恨みまで抱いた親不孝な息子ですと言って、母親として受け入れるとうなずきます。

イジンアシも戻ってきます。そしてチョンギョンは亡くなります。

スロは殉葬はしない。生きている者を犠牲にすることなどお断りします。
悪しき習慣はなくすべきと喪主として、頼むのでした。

スロはイジンアシに、期待に押しつぶされそうだ…俺が一国の王となり民を
率いていくなど自信がない…

王になった途端、民を押さえつけようとするかもしれない。民を疑い突き放す
ような独裁者になるかもしれない…それが怖いと打ち明けます。

イジンアシは、母上は〝怖がっては何もできない〟〝試練は人生の糧〟だと
言っていた。弱気な姿は見たくないと励まします。

スロはイジンアシに、ここにいろよ!ここにいてくれたら、どれだけ心強いか…
イジンアシは、必要な時は呼んでくれ、すぐに駆けつけると言います。

スロは、それならすぐにきょうりょくしてくれ!母上も喜ぶはずだと
見つめ合い、手を握り合います。

つづく
(感想)
チョンギョンが死んで、兄弟仲良くなった感じだね〜

神鬼干は、これからどうなるのかな?