「挙兵の秘策」

マハがタナシルリの子でない証拠として、皇后と乳母だけ知る体の特徴があり、尼僧は、その特徴をヤンに告げようとしますが、ヨンチョルの私兵とタナシルリが迫ります。
尼僧は告げれないまま、パン内官の助けで宮中を脱出します。

パン内官は尼僧から、赤ん坊を亀岩の下から拾ってきたと聞いて赤子の足に3つのホクロがあらましたか?と聞きます。

なぜ ご存知なのです?と言う尼僧の言葉に、パン内官は驚愕します。
それは、ワン・ユにも同じホクロがあり、チョクホから聞いていたヤンの子供のピョルだと気づきます。

尼僧を急いで捜しますが殺されているのでした。

ヤンは転んだマハを抱き起こし、足に秘密があるらしいと思い出します。
靴を脱がせようしますが、タナシルリが来て私の息子に触れるな!と怒鳴られます。

一方、陛下はヨンチョルを排除する計画をタルタルから聞きます。
陛下はヤンに、挙兵の前に宮中から離れるように言います。
ヤンは、ここを離れるつもりはありません。陛下をおそばで支えヨンチョルの最後をこの目で見届け、戦います!
そして必ず勝利しましょうと励まします。

その頃、ヨンビスは秘密資金の隠し場所として怪しい廃坑があるとワン・ユに知らせます。

陛下から密書を受け取った8人の長官たちは、陛下が天の意に従うならば、我々は、陛下の意に従います。
どうぞご命令くださいと言います。

挙兵せよ!兵を起こすのだ!と言う陛下に、長官たちは、兵を動かした途端ヨンチョルに、逆賊と見なされてしまいますと心配します。

陛下は、ヨンチョル自らに挙兵を求めさせると秘策を伝えます。

ペガンは、ヨンチョルの悪行を訴える上書を出します。
ペガンの養女であるヤンは冷宮に送られることになるが、これも策のうちだった。

一方、ヨンチョルはタンギセに、ペガンを討つよう出陣させます。
戻ったら、秘密資金のありかを教える。今後は兵も資金もすべてそなたに任せる。
この国の丞相になるのだと言われ、勇んで出兵します。

そんな中、陛下は、冷宮にいるヤンに会いにきます。
陛下は、今夜だけそなたと一緒に過ごす…と冷たくなったヤンの体を温めるのでした。

一方、タンギセは集合場所に来ない長官たちに、だまされたと気づきます。

その頃、ペガンの元には長官たちが集まり、ヨンチョル捕縛のための作戦会議が始まります。

そんな中、冷宮では、ヤンが皇太后や側室たちと、これからの戦いに向け準備を進めているのでした。

つづく

奇皇后 あらすじ 36話(感想)

ついに戦いが始まりましたね。
ペガンを裏切り者に仕立ててヨンチョルの兵を動かしヨンチョル側を手薄にするとは考えましたね。

ヤンの冷宮での戦いも厳しいものになりそうです。頑張れヤン!

そうそう、ピョルの足の甲にある3つのホクロがワンユにもあるなんて!ピョルはどうなるのかな。
ヤンは自分の子ども2人が皇子ということに気づいたらどうするんだろ~
まだまだ、展開は読めませんね。