「刻まれた溝」 宮中に運び込まれる箱の中の金塊を見た皇太后は、 ヨンチョルの秘密資金ではないかと疑いますが、 残りの箱の中には宝飾品が入っているのでした。 ヤンはヨンビスに、万が一に備え金塊は1日に一箱 しか運ばぬように指示していたのでした。 一方、タファンは臣下たちを集め征服戦争の意志を伝えます。 タルタルは、〝今は内政に励むべき〟と諫言しますが ペガンは聞く耳を持たないのでした。 ヤンは、今のペガンはヨンチョルそのものですと告げます。 ペガンは、帝国の威厳を取り戻したいのだと反論します。 ヤンは心の中でヨンチョルよりも危険な男だと呟きます。 一方ヨンビスの商団は、各行省から鉱物を仕入れ、それを 元の遠征軍に高値で売り、その利益ん一部を各行省に分配し 飢餓にあえぐ民を救おうと考えます。 ある日、マハが泣き止まなくなり、調べると体中に青アザが あり、ヤンが面倒を見た直後と聞いた皇太后は、ヤンの頬を 打ち責めます。 ヤンは、自分を傷つけた人を忘れないはずと、側室や女官たちに マハを抱かせるとヨンファが抱き上げた途端、号泣します。 バヤンフトは知らぬ顔をしますが、ヤンは黒幕だと見破ります。 一方、ワン・ユは、高麗に戻り復位し臣下を集めて、 元へ援軍はせず、貢女や朝貢も禁ずると宣言します。 そして、元を後ろ盾に悪行を犯した臣下を罰します。 その話が元に伝わり、ワン・ユは裏切り者とみなされ、 海上を含む、すべての交易が断たれてしまいます。 そんな中、ついにペガンは征服戦争に出陣します。 次々と勝利を収めます。 ー5年後ー 成長したマハは、ヤンを母殺しの仇だと憎んでいるのでした。 タファンは酒浸りの日々を送る中、敗将の首を酩酊状態で斬り、 こやつは、酒を不味くした!皇帝の気分を害したのだ!と高笑いします その場にいたヤンは、目を見開き絶句します。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!

「仕組まれた出産」 ヤムジョンの陣痛が始まり、出産しますが娘でした。 ヒョンイクは男の赤子を求めて駆けずり回りますが、生まれるのは 女ばかりで、あと一人しか妊婦は残っていないのでした。 ヒョンイクは、その妊婦の腹を裂き男の赤子を出します。 ヤムジョンは男の子を産んだことに成功します。 一方、投獄されたソヒョン世子を釈放してほしければ、 仁祖が瀋陽に出向き謝罪しろと要求されます。 誰も仁祖の代わりに清に赴こうとしない中、ヤムジョンは ジョジャムに行かせようと裏で兵判にさせるように仁祖を操ります。 ヤムジョンは嬪止まりですか?と聞きます。王は、王妃が生きている 限りそれは無理だと話します。 ヤムジョンは、私の息子を王にしてくださる約束では?と聞きます。 仁祖は、なに?そんな約束をしたか?ととぼけます。 ヤムジョンは、王様が今... 続きを読む Read More | Share it now!

「毒入り菓子」 ヤムジョンはイ淑媛のお腹の子を殺そうと、菓子にヒ素を仕込み渡します。 アリバイ工作のために自らも毒入りの菓子を口にします。 そんな中、嬪宮カン氏は世子に、何としても朝鮮に帰らねばなりません! もう3年も経つのですよ!お義父には世子様を救うお気持ちがないのですか! 世子様の地位を守るためにも!と激怒します。 世子は帰ったら父上の王座が脅かされてしまう…清が父上を信じると思うか? 太宗の前で地に頭を打ちつけ血を流した父上は、清を恨んでいる。 雪辱の日を待っておられるはずだ。私は満州の地に 埋もれてもいいと涙を流します。 一方、イ淑媛が流産した毒を盛られた可能性があると 聞いた王様は、ヤムジョンにお前だな!お前以外にイ淑媛に毒を 盛る者はおらぬ!と憤怒します。 ヤムジョンは、自分も毒を盛られ死線をさまよいました… 宮殿には嫉妬と陰謀が飛び交っております。 真相を明かすのは不可能なのですと泣きます。 王様は、王妃の仕業か…と呟き、王妃に慶徳宮に移れと命じます。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「懐妊争い」 ヤムジョンが王様の寝所に忍び込んだと側室たちが知り、 チャンニョル王妃に宮殿のしきたりに背いたから、厳しく戒めて くださいと訴えます。 チャンニョル王妃は、この件を公にすれば誰より恥をかくのは 王様だから今回は多めに見ましょうと諌めます。 チャンニョル王妃は王様を訪ね、イ尚宮が王様の寵愛を受けながら 側室の地位を与えられないのが哀れで…と言います。 キム尚宮は、イ尚宮が側室になれないのは身分が低いためだと話します。 チャニョル王妃は、承恩を受けた尚宮に身分を問うのですか?このままでは 私が嫉妬していると周囲が誤解をしますと王様に言います。 威儀を正すためにイ尚宮に淑媛の官位を与え、 王女を産んだキム淑媛を昭媛になさいませと進言します。 チャンニョル王妃は、若いながらも側室を味方につけ、宮殿の中で 地位を確立していきますが王との床入りはまだなのでした。 そんな中、イ尚宮とヤムジョンは懐妊します。 一方、ヒョンイクはヤムジョンが娘を産んだ時の対策として すり替える男の赤子を確保するため、国中を歩くのでした。 ヤムジョンはヒョンイクから、ひ素を渡され、お菓子に入れ イ淑媛に渡すのでした。 つづく (感想) チャンニョル王妃って頭の切れる人だね〜〜 ヤムジョンはイ淑媛のお腹の子を始末しようと企むんだね(ー... 続きを読む Read More | Share it now!

「王と嬪宮の不和」 嬪宮カン氏は、王の成婚を祝うという名目で一時帰国しますが、 我が子のソクチョルに会いたい一心で、清より馬に乗って駆けつけます。 清で奴隷となっていた多くの朝鮮の民を連れて帰ってきた嬪宮は、 人々の歓声出迎えられます。嬪宮は、これは世子様への歓声です。 民は世子様を忘れていませんと話します。 それが気に入らず、宮殿の門を閉じ参殿も許さない王様に チャンニョル王妃は瀋陽からここまで普通はひと月の旅程だとか… 対面を保てぬほど息子が恋しかったのでしょう。お怒りを収めて ほしいと仲裁します。 一方、ヤムジョンは、その話をヒョンイクから伝えられます。 ヒョンイクは、これは嬪宮様の問題ではなく瀋陽にいる世子様への 批判の表れだと言います。 その頃、門の前で待つ嬪宮は、私が人質となり満州に行かされたから、 ソクチョルは母親の顔を知りません!お父様!私が何かしましたか? なぜ... 続きを読む Read More | Share it now!

「隠し部屋」 ヤンは密かにワン・ユに会い、秘密資金を運び出す 方法を相談します。 ヤンは、タルタルが資金探しに出た2日目の晩に決行するために、 自分に考えがあると言います。 ヤンは、腐った牛の乳を女官たちが食べる汁物に入れ、 ネズミを井戸の中に入れよと、プルファとホンダンに命じます。 ワン・ユはペガンに、高麗に帰ると話すと屋敷で 送別の宴が開かれます。 ヤンは、プルファたちに宮中の厨房と井戸に細工させ、 流行り病と勘違いさせます。 そこで、皇室の人々は宮中からペガンの屋敷に避難します。 一方、タンギセたちは鉱山村に戻ります。 そして、マクセンの案内で封鎖されている作業場の納屋で、 莫大な金塊と交鈔を発見しますが、それらは、以前マクセンに 運ばせた偽金でした。 鉱山村に着いたタルタルは、タンギセが金塊と高鈔を 運んでいったと聞いて後を追います。 タンギセが運んでいた金塊と高鈔は、マクセンによって燃やされます。 その残骸を見たタルタルは高鈔が偽金だと察知して、 子供達が口にする歌から、秘密資金の在り処がヨンチョルの 屋敷だと気付き大都に戻ります。 ヤンは、馬弔(麻雀のご先祖)でタファンをらを集めて、 その隙に金を運び出そうとします。 ヤンは屋敷の書棚の奥の隠し部屋に莫大な秘密資金を発見し、 ヨンビスに運び出させます。 タルタルは、ヤンに秘密資金が渡ったと感づきます。 タルタルは、酒の席で秘密資金はすべて燃え、タンギセを 逃してしまったと皆に報告します。 後日、ヨンビスがヤンに秘密資金を届けに来ます。 そこに、皇太后とバヤンフトを伴ったタファンが現れて、箱の中の 大量の金塊に驚きます。 タファンは、ヤンのために、皇太后とバヤンフトに 気づかれぬように、急いで運べと命じます。 しかし、ヤンはその金塊を見せるのでした。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!

「初めての夜」 ヤムジョンは自分を呼び出したヒョクに、抱いて…王様のおもちゃに なるより死んだほうがマシよ!と泣きます。 ヤムジョンは、逃げましょう!誰も知らない所で一緒に暮らすの!と しがみつきます。ヒョクは目に涙をため、女で人生を棒に振れない… お前も私も殺される…一族の期待を裏切れない!と言います。 ヤムジョンは、あなたを私の体に刻みたい…あなたの感触を 体で覚えておきたいの!それなら誰に抱かれようと私はあなたのもので いられるから…と体を重ねます。 ヤムジョンは、死ぬまで今夜を忘れないと約束し、立ち去ろうとします。 行くな!お前が必要なんだと言うヒョクに、ヤムジョンは、何も言わず 去ります。 ヤムジョンは、万人を私の前にひざまずかせてやる!と呟きます。 ヤムジョンは宮殿に入ります。表向きはキム・ジャジョム養女だが、 実際はその部下であるチョ・ギの庶子でだった。 庶出では王妃になれないためジョジャムが自分の養女に迎え 王に復讐を誓う、ジョジャムの計略が隠されているのでした。 革命によって王位奪取をもくろむジョジャムの陰謀のいけにえに されたのが、ヤムジョンでした。 ヤムジョンは、清に降伏して失墜した王権を立て直したい仁祖の 政治的策略に利用された犠牲者でもあった… ジョジャムの計略を不快に思う王は、ヤムジョンの寝所へ訪れようせず、 ジョジャムはそんなおうの仕打ちを泰然と受け止めていました。 そんな中、王はヤムジョンの部屋を訪れます。 つづく (感想) とうとう、王はヤムジョンに会いに行きましたね〜〜 王のお気に入りになりそうな気配です… ヒョムは、ヤムジョンと体を重ねてから、どうしてるのかな… ... 続きを読む Read More | Share it now!

「側室への道」 帰りますと言うヤムジョンに、キム尚宮は、今日からここがあなたの家よ! 私の許しなく外には出られない!と言います。 ヤムジョンは、宮殿の女官になるつもりはありません。 どうするかは私が決めますと答えます。 王様に仕えるのが... 続きを読む Read More | Share it now!

「丞相の大望」 刺客として現れたタンギセは、遂に天が私の願いを 聞き入れてくださった。お前の血と肉を父上とタナシルリ、 タブジャへの墓前に供えてやる!とヤンに言います。 ヤンは、私の母の敵!今日こそ母の恨みを晴らしてやるから 覚悟するがいい!と睨み、剣を持ち戦います。 ヤンは、髪飾りを放ち、タンギセの目に命中します。 しかし、取り逃してしまいます。 一方、ワン・ユはヤンに、秘密資金の在り処は鉱山ではないが、 気になる歌を聞いたと話し、気になると言います。 そんな中、ヤンはタルタルに、なぜ秘密資金に関心を 持っているのかと問われます。 ヤンは財政を預かる身として当然と答え、立ち去ります。 タルタルは、ヤンの後ろ姿を見て、唯一心が読めぬお方だと 呟きます。 バヤンフトは突然朝礼を開き、初対面のヤンに才色兼備だなと 褒めちぎり、今後は後宮も朝礼もヤンに取り仕切れと言い渡します。 バヤンフトは朝礼が終わると、ヤンが自分を睨んでいた… ヤンが怖い。あの者と争うくらいなら皇后の座など、 明け渡したほうがマシだと泣いてるフリをします。 そんなバヤンフトは、ソ尚宮とヨンファが皇太后の手下と 見抜き、皇太后に報告させようと演技していたのです。 案の定、ヤンは皇太后に、なぜ... 続きを読む Read More | Share it now!

「キム・ジョジャムの計略」 仁祖は臣下の反逆と民心の離反を恐れ、最後まで余を守るのは キム・ジャジョムしかいないからと、赦免し無人島から都に 呼び戻します。 ジャジョムは涙を流し王様への感謝を表しますが、無人島で過ごした つらい日々を、王に裏切られた悔しさを胸に秘め、ある計略を企てます。 キム尚宮に、最近の王の様子を聞いたジャジョムは、死んだ王妃が 怖いから新しい王妃を迎えられないのだと嘲り笑います。 ジャジョムはキム尚宮に、私は悔しくてたまらぬ…と嗚咽します。 私の助力なしに... 続きを読む Read More | Share it now!

「ヤムジョンの想い」 ヤムジョンは殺した清兵をナム・ヒョクに手伝ってもらい埋葬し、 成仏してと言って、私、きっと天罰を受けると悲しみます。 そんなヤムジョンをナム・ヒョクは抱きしめますが、 ヤムジョンは、言葉だけで慰めてと怒り出します。 ヤムジョンは、ヒョクが好きなのに素直になれないのでした。 帰宅したヤムジョンは、母を訪ねてきた父親が、今後は面倒を 見られなくなるかもしれぬ。お前が母親を支えてやるのだぞ。 急いで嫁に出す準備をしなければ…側室なら引く手あまただと言います。 ヤムジョンは娘と認めない父親に腹を立て泣きます。側室になる くらいなら舌を噛んで死んでやる!お母さんみたいになりたくないと 泣きながら飛び出していきます。 ヤムジョンは両班の側室の娘として生まれ、母が本妻になじられる 姿を見てきたため、いつか、父親らを見返すことを強く決心します。 一方、仁祖の王位就任時に功を立て忠誠を尽くしたにも関わらず 流刑にされたジャジョムは、王への復讐を誓います ヒョクはヤムジョンに、世の中が変わらない限り、逆賊の息子は出世 できない。母上が亡くなったら行商でもして暮らすさと話します。 ヤムジョンは、お母様に没落した家を再興して喜ばせてあげて! あなたが両班じゃなければ結ばれて一緒に暮らせるけど…と 言います。 妻になってくれと言うヒョクに、ヤムジョンは、私は一生側室の娘なの 世間は許さない!世の中が変わらない限り無理なの!と言って去ります。 ある日、ヒョクの母親が捕盗庁に連行されて半月になる。 助けてほしい。息子が生きて戻ったら恩返しすると言います。 ヤムジョンは母の情夫にヒョクを助けてもらうのでした。 ... 続きを読む Read More | Share it now!