「母と子」 ヤンは、マハがワン・ユとの子ピョルだと知ると マハが法要を行う寺へ急ぎます。 その頃、寺にヨム・ビョンスらの刺客が現れ、トクマンは刺客の一人が 落としていった指輪を拾います。 マハは、ヤンとヨム・ビョンスのどちら元へ行けば良いのか迷いますが ヤンの方へ向かいます。 ヨム・ビョンスは、毒矢を放ちマハの背中に刺さります。 ヤンはマハに、私がついている!心配しないでと抱きしめます。 マハは朦朧とする意識の中で、なぜヤン様が涙を流すのか尋ねます。 意識をなくしたマハの足にあるホクロをヤンは確認すると ごめんね…私の坊や…この子を守るためには何をしたらいいのですか? ピョル…と涙を流します。 ヤンはトクマンから預かった刺客が落とした指輪をタファンに見せますが それはタファンがバヤンフトに贈ったものだと分かり捕らえられます。 そんな中、ヤンは尼僧にマハはタナシルリの実子ではないと証言させると 皇太后はショックを受けます。 その事実を知ったマハはヤンに、ショックを受け自分の父と母は 誰なのかと泣きながら尋ねます。 ヤンはその問いに答えず、お前は山中で拾われた…しっかりするのだ。 泣いていてはならぬ!これからは生きるために強くなり 誰にも期待してはならぬ…決して忘れるでない!と厳しく諭します。 一方、ワン・ユとヨンビスは、元の国境近くでタンギセらに矢を打たれ ヨンビスはワン・ユをかばい矢を受けます。 ヨンビスは、私の願いはワン・ユ殿の胸で死ぬことだった… 時々でいいから私を思い出してくださいますか?と話します。 ワン・ユは、ヨンビスの名を呼び、息絶えたヨンビスを抱いて慟哭します。 一方、バヤンフトは廃位されます。 マハは宮殿から出されます。 そんな中、ワン・ユは、マハが自分の息子だと偶然聞いてしまいます。 タファンはアユルシリダラは皇太子に冊立します。 皇太后とペガンは、高麗人の血を引く子が皇太子になったことに 危機感を強めヤンを消そうと企みます。 そして、ヤンもまた皇太后とペガンを排除します!と言います。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!

「誠意のアワビ」 ヒョンイクはヤムジョンに、世子の死因究明に三司が上奏したからと 恐れて、今回捕まれば私の口から何が飛び出すか…と助けを求めます。 一方、領事政は御医から世子毒殺の証言を得ると、嬪宮に世孫を世子に する代わりに死因究明をやめるように説得し、誓約させるのでした。 ヤムジョンは王妃に近づく一方、嬪宮に、仁祖の好物のアワビを渡し 仁祖との和解を勧めます。 嬪宮はヤムジョンの計略を疑いますが、仁祖とポンニムの話を聞いて アワビを焼いて仁祖に持って行きます。 ヒョンイクは、嬪宮がアワビを持って大殿に行ったと聞いて 薬剤を手に取ります。 ヤムジョンは嬪宮の焼いたアワビを食べると突然... 続きを読む Read More | Share it now!

「王位継承の行方」 仁祖はポンニム大君に世子冊立を朝廷で宣言しますが 右議政は中国では世子がいない時、世孫が王位を継ぎますと 真っ向から反対します。 朝廷内でポンニム派と世孫派に分かれ、話し合いがもの別れになり 仁祖は困り、領事政に意見を求めます。 領事政は、道理に従うべきです。ポンニム様を世子に立てるというのは 世孫様を廃するという意味だ。それでは世子様がお気の毒ですと答えます。 ヤムジョンは仁祖に、世孫を捨てたら... 続きを読む Read More | Share it now!

「入棺」 仁祖はヤムジョンに、世子殺しの黒幕として嬪宮に恨まれると脅され、 嬪宮への警戒心を募らせます。 嬪宮は兄弟たちに世子の死因究明を迫られます。 世孫の将来を思ってそれを退けますが、仁祖への疑念が頭から 離れないのでした 王妃の座を狙うヤムジョンは父親に母を正室にするように言います。 そんな中、仁祖は、嬪宮が世子の遺体をくまなく調べ、死に顔は安らか だったと言っていたと聞いて、余を疑っていたという事だと激怒します。 キム内官は、世孫を世子に冊立なされば疑惑も全て消えます。 嬪宮様のご意向を受け入れなさいませと言うと、 ヤムジョンは、早すぎます。後日... 続きを読む Read More | Share it now!

「遺体に隠された秘密」 仁祖は、世子急逝の報告を受け駆けつけ、変わり果てた息子を 抱きわざとらしく慟哭します。 そんな中、東宮殿の外に佇んでいる嬪宮に、イン内官は気が付き中に入れます。 嬪宮は、私は世子様の最期をみとれなかったから、 しばらくの間2人だけにしてほしいと願い出ます。 仁祖は、夫を失った悲しみは、子を失った悲しみに勝るだろうと 部屋を出て行きます。 嬪宮は世子の遺体に付き添っていると、世子の鼻から血が 流れ出るのを見てある疑念を抱きます。 一方、重臣たちが世孫に同情していると聞いたヤムジョンは 王様の寿命は尽きかけています。王様の添い寝をするのが どれほどつらいか思い出したくもない。できものから出る 膿の臭いがひどいのですと父親に言います。 世孫は今年やっと9才になったばかりで成人するまで何が起きるか… 誰も分からないのでは?と含み笑いをします。 ヤムジョンは世孫子が世子になるのが道理と見極め、その前に 自分が王妃になり大妃になれば、嬪宮は世孫の生母であっても 王妃になれなかったので、大した力は振るえないと話します。 側室の娘は王妃になれないのです!お父様がやるべきことは 自分の母親を正室に迎えることだけだと言います。 嬪宮は、世子の死因を究明すると決意します。 ヤムジョンは仁祖に、嬪宮の世が来るのに、最後まで王様に 従う者がどれほどいるでしょう?ジョジャムを信じていいのですか? 嬪宮は、世子が王様に毒殺されたと疑っていると話します。 つづく (感想) 王妃は、嬪宮に騙されたと憎んでいたのですね〜 利害関係でゴタゴタするのは、仁祖がだらしないからだよね(^^;; こんなヤムジョンに、かき回されてるなんて、情けないわ! ... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子の運命」 キム・ジョジャムは清の使節団の到着を数日遅らせるようにチョン通訳官と 密議を交わし、世子と王様を1度に始末し、ポンニムを王にし機を見て亡き者に しようと目論んでいました。 そんな中、ヤムジョンは仁祖に、世子の陰謀で清軍が王様を連行しようとしているから 世子を亡き者にすべきだと迫ります。 仁祖は、余を息子殺しの罪人にしたいのか?と聞きます。 ヤムジョンは、子が親を殺すよりマシだ!弱い子を殺し強い子を残すとらのちえを 見習うべき。いっそポンニム様に譲位なさいませと説得します。 決断できない仁祖にヤムジョンは、嬪宮が兵を集め世子を守るために宮殿に向かっていて、 王様の力では嬪宮を止められません!と話します。 ヤムジョンは仁祖が頷いたとジョジャムに伝えます。 ヒョンイク医員は、ジョジャムの命令で毒鍼で世子を殺害します。 ヤムジョンは世子が亡くなったと聞いて、嬪宮はどんな顔をするかしらと 嬉しそうに笑います。 嬪宮は世子が亡くなったと聞き、世孫だけでも臨終に立ち会えて良かったと言います。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「出生の秘密」 タファンは、ヨム・ビョンスが作った偽の書簡でワン・ユとヤンの関係に疑念を深め、部屋を訪れたヤンを追い返します。 その帰り道、ヤンはタルタルからペガンがワンを殺したと聞いて激しく動揺し、ペガンがこれほど無慈悲であるなら自分も手段は選ばぬと言います。 ヤンは、アユルシリダラの皇太子冊立を急ぎますが、タファンは自分が健在なのに世継ぎを決めろというのか!と激しい怒りを爆発させます。 そんな中、ペガンの提言でマハとアユを学識と人格で競わせ皇太子を決めることになります。 一方、孤独感と不安感を深めるタファンは、ヤンの部屋を訪れ、私を慕うのだ!どうかここへお越しくださいとすがれ!と無理やり彼女の心を自分に向けようとします。 ヤンは強引なタファンに抗うのですが、内心タファンからいつ捨てられるかと怯えているのにタファンには気づいてもらえないのでした。 その頃、ヨンビスはワン・ユを荷に隠し遼陽を出て高麗へ向かおうとしていましたが、タルタルが気付いて追ってきます。 ヨンビスは、自分はいいからワン・ユを助けてくれるよう頼みます。 タルタルはワン・ユは死んだ…肝に銘じろと言って立ち去ります。 ヤンは密かにヨンファを呼び、マハの出自について証言し、アユが皇太子になれば自由の身にしてやると約束します。 ヨンファはバヤンフトに何故ヤンと話したのだと追い詰められマハの秘密を明かしてしまいます。 バヤンフトにはヨンファに、ヤンに虐げられたという文を書かせ自殺を装って絞殺します。 ヨンファと一緒になろうと約束していたプルファは、変わり果てたヨンファに泣きつきます。 バヤンフトはプルファに、ヤンがヨンファを殺したのも同然だと遺書を見せます。 プルファは自分の手でヨンファの仇を取ってやる。 あの女を消せるならなんでもするとバヤンフトに仕えます。 一方、マハは母や祖父の供養に寺を訪れると、ヤンは自分の両親はヨンチョル一族に殺されたが、お前はその一族ではないから害さぬ!と言います。 マハは、真実が何なのか動揺します。 寺から戻ったヤンはパン・シヌから、今夜マハが殺されますと伝えに来ます。 マハはワン・ユとヤンの子のピョルなのだと聞きヤンは信じられずにいると、マハの足には星形のホクロが3つあるという言葉に、我が子であることが分かり涙が溢れるのでした。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!

「具申書に託された思い」 ヤムジョンはヒョンイクに世子暗殺を命じ、ヒョンイクが嫌がると 無理強いしても始まらない…王様のお許しも貰っていると嘘をつきます。 一方、世子は長年にわたり温めてきた新しい国作りの構想を命を削りながら具申書 をまとめ上げますが、仁祖に見せられずに戻ってくるのでした。 そんな話を聞いたポンニム大君は仁祖に、具申書は清の実情を長年... 続きを読む Read More | Share it now!

「ポンニム大君の帰国」 ヤムジョンは懐妊し貴人に昇格します。 嬪宮はヤムジョンを牽制しようと、内命婦の長が誰なのか周囲に見せつけようと 自分が先頭に立ち親蚕礼を盛り上げると言います。 それを聞いたヤムジョンは、仁祖が世子に王位を譲りたくないと言わせるように 言いくるめ、ポンニム大君が仁祖の清への恨みを晴らしてくれると話します。 宮中では嬪宮が王妃に代わって親蚕礼を取り仕切り、宮中の隅々まで聞こえるように 大騒ぎし、世子への譲位が噂され、嬪宮の存在感が増していきます。 そんな中、9年ぶりに帰国したポンニム大君を仁祖は履き物も履かずに大殿から 走って出てきて出迎えます。 ポンニム大君は仁祖に、いつか王様の代わりに清への恨みを晴らすと涙を流します。 その光景を見た嬪宮はポンニム大君に対して警戒心を強めるのでした。 ポンニム大君はヤムジョンに、同じ立場だから仲良くししようと言われます。 そんな中、世子が突然冷や汗を流して倒れたと聞いたヤムジョンは、 ヒョンイクに機会が来たら病を治しなさい。その次の機会が最後の機会なの!と命じます。 ヒョンイクはその言葉の意味に驚愕し、私は鬼ではありませんと嫌がりますが… つづく (感想) ヤムジョンはヒョンイクに、世子を殺せと言ってるんだよね〜〜 王様は気づいてなさそうだけどポンニムも野心家なんだね!(◎_◎;) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「王妃による尋問」 ソヒョン世子は、国を思い父親を敬うあまり大殿の前で涙を流します。 仁祖は、中に入れて話を聞いてやると知らせに来た内官に言います。 しかし、呼びに行くと世子の姿が見えないのでした。仁祖はそんな世子の 思いを素直に受け取らず、自分の病状を探りに来たと曲解します。 一方、イ淑媛が部屋で首を吊っているのを、中宮殿の女官が見つけます。 王妃がイ淑媛を中宮殿に連れてくるように命じたと聞いたヤムジョンは 慌てふためくが、イ淑媛はすでにジョジャムによって殺されているのでした。 王妃がヤムジョンを尋問するから連れてきて言いますが、 ヤムジョンはイム医員から貰った薬を急いで飲みます。 王妃の尋問を受けるヤムジョンは、突然泡を吹き意識を失います。 女官は仮病だと言いますが、王妃は縄を解けと尋問を諦めます。 そんな中、ヤムジョンは懐妊します。 仁祖は、不徳なのはお前ではなく王妃の方だ!明日にでも王妃を廃し 宮殿から追い出してやる!と憤怒します。 ヤムジョンは王妃に、世子ではなく私と手を組みましょうと 提案します。 仁祖は、ヤムジョンのキム昭容の官位を貴人とするが、チョ・ギの娘だから チョ貴人と呼ぶことにすると言います。 ヤムジョンは先の王妃様が使っていた殿閣に移り、 母親を正室にしてやると言います。 嬪宮は仁祖に〝親蚕礼〟をしましょうと勧めます。 つづく (感想) ヤムジョンは、ジョジャムによって命拾いしましたね〜(^ω^) 王妃は、嬪宮に付くべきか、ヤムジョンに付くべきか、 どっちについても不幸が待ってるような気がするわ。・°°・(>_<)・°°・。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子の苦悩」 王妃はヤムジョンを断罪すると決心を固め大殿から連れ出し 冷宮に監禁し扉に木まで打ち付けるのでした。 一方、ヒョクはキム・ジョジャムの命を狙いますが、護衛の者に 足を斬られ失敗し、イム医員を訪ねます。 仁祖はヤムジョンを救おうとしますが、宮中のしきたりによって 内命婦長は王妃様なので王様は口出しできないのでした。 ジョジャムは仁祖に、王妃の攻勢に対して、世子の弟ポンニム大君を 帰国させるように進言します。 王妃は王様に、これまで女にしてはもらえなかったと父親に話します。 一方、嬪宮は世子の代理聴政を利用し権力基盤を固めて新しい国作りを 急ごうとします。 世子は仁祖に対して孝心と嬪宮の板挟みになって苦しみます。 仁祖の機嫌が悪いのは、ソンジョンが監禁されているからだと 聞いた世子は王妃を訪ねますが、 王妃は、ソンジョンの監禁は絶対に解きませんと断言します。 その頃、イ淑媛はミノを吊るし王妃に合図を送ります。 つづく (感想) 王妃の顔が、穏やかさが失くなり、 怖い表情になってきました(−_−;) ヤムジョンに鍛えられたからだよね〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「皇帝の分身」 ヤンはワン・ユが捕らわれたと聞いて、皇太后とペガンが自分を陥れるために、裏で動いてると気づきます。 ヤンは、自分が生き延び息子をまもるために高麗ワン・ユを救うと決心します。 一方、タファンは、ワン・ユとヤンの関係が気になり、ワン・ユが着いたらすぐ亡き者にせねばと呟きます。 皇太后は牢にいるワン・ユに、ヤンが手を貸したと証言し、すべての罪をヤンにかぶせれば廃位は免れますと言います。 しかし、ワン・ユは聞かなかったことにすると答えます。 ヤンは高官たちに、高麗の役人のキム・スンジョから帳簿が偽物だと密書が届いたから、ワン・ユを釈放するように上奏させます。 ペガンはタルタルに、キム・スンジョが来るから殺すように命じます。 ヤンはタファンに、アユルシリダラを守るために、ワン・ユが送ってくれた資金で高官たちを買収したと打ち明けますが、タファンは、ヤンが自分を頼らなかったと傷つき怒り、ヤンを遠ざけるのでした。 マハは、縛られ野ざらしにされたワン・ユに、ヤンの罪を明らかにしろと言います。 ワン・ユは、母を殺された復讐をしたいなら、皇太后や皇帝、ペガンや臣下を皆殺しにしろと言います。 マハは、ワン・ユの言葉に混乱します。 キム・スンジョが死んだと報告されたタファンは、ワン・ユらを市中で処刑するように指示します。 刑場に連行され、パン・シヌが絞首台にかけられますが、ヤンが矢を放ち縄を断ち切って、キム・スンジョが到着したと告げます。 ヤンはペガンが、キム・スンジョに宛てた密書をタファンに見せると、タファンの目にワン・ユが自分を嘲笑う幻影が見え激しく暴れます。 意識を取り戻したタファンに、ワン・ユの死を望んでいたタファンに、実現できなかったことを詫びます。 ワン・ユは、遼陽に流罪となります。 ペガンはタファンから、皇帝に次ぐ権威を与えられます。 ヤンはワン・ユに救えなかったことを詫びますが、ワン・ユが元を裏切っていたと知り涙を流します。 ワン・ユは、遼陽へ連行される途中ペガンと命を賭して戦うことになりますがタンギセの矢が胸を貫き、ペガンに剣を刺されます。 そして、ヨム・ビョンスの放った矢がペガンの胸に刺さります。 駆けつけたパン・シヌ達は瀕死のワン・ユを見つけ追っ手がから、逃げます。 ヤンはタルタルから、ワン・ユの訃報を知らされ、ワン・ユ殿を殺したのは一体誰なのですかと、泣き叫ぶのでした。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!

「代理聴政」 チョン通訳官は、清国摂政ドルゴンの名代として仁祖に 世子への譲位を迫ります。 仁祖は、蛮族の仮面をかぶり余を脅すつもりか!ドルゴンに伝えよ! 三田渡での恥辱を晴らすまでは絶対に王位を譲るつもりはない!と激怒します。 その頃、ヤムジョンは王妃が自分の身辺を調べていると伝えられ、 半狂乱になり娘がどこにいるか調べるように母親に命じます。 一方、帰国を前にした清のチョン通訳官に官吏たちが賄賂を渡してると ヤムジョンは一介の通訳官の無礼に激怒する仁祖に言います。 ヤムジョンは清の要求を受け入れたと見せかけて、まずは病を口実に 寝込むふりをし〝快癒するまで世子に政事を任せる〟と言うのですと 進言します。 王妃と嬪宮は、ヤムジョンを仁祖から遠ざけなくてはと考えます。 王妃は、大殿にいるヤムジョンに席を外しなさい!と声を荒げ、 仁祖に、ここは大殿です。側室がとぐろを巻いて居座ってもいいのですか!と 言います。 仁祖は、ヤムジョンを蛇に例えるのか?と聞きます。 王妃は、ヤムジョンは、ヘビ以上に邪悪だからです。王室のしきたりに 従いヤムジョンの横暴を戒めますからご理解くださいとヤムジョンを 連れて行きます。 つづく (感想) とうとう、チャンニョル王妃の堪忍袋の尾が切れたみたいですね! ヤムジョンは品がなくて、仁祖も似たような性格だから気が合うのかも… ... 続きを読む Read More | Share it now!

「王室のしきたり」 ソヒョン世子は、席藁待罪の最中に、仁祖の激怒に気を失い 倒れてしまいますが、嬪宮が宮殿に入れないため世子の傍には キム内官以外誰もいないのでした。 ジョジャムはヤムジョンに、イ医官に世子に鍼を打つよう命じたと 話します。 ヤムジョンは、イム医官に、ヒョクは生きてるの?と尋ねます。 世子は熱が下がり、仁祖と王妃に挨拶をします。 一方、シム・ギウォンは謀反の罪で、地獄の苦しみを味わわせてやると ジョジャムは言い、手足を切り落とし瀕死になってから首を斬り落とすと 言うのでした ヤムジョンは、子供を連れ宮中の集いに出かけていくと、しきたりで 側室の子供は王室の集いに加われないと言われ閉め出されます。 ヤムジョン親子は声をあげて泣き出します。 そんなヤムジョンたちを、王妃は性根が卑しいと言い捨てます。 ヤムジョンは怒りに身を震わせながら王妃への復讐を誓います。 そんな中、仁祖に世子に王位を譲れと、清のドルゴンの言葉を 清の使臣が伝えると、仁祖は激怒するのでした。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「輿地球の波紋」 仁祖はソヒョン世子の帰還を喜び催した宴で、 王位を世子に譲ると宣言します。 左議政シム・ギウォンは、どうしても譲位なさるならお止めしません! その昔太宗の隠退が後に太平の世を築く礎となった前例が ありますと高笑いします。 清国のチョン・ミョンスは、世子様が王位に就いたらドルゴン様が お喜びになります。世子様とドルゴン様は兄弟同然の仲ですから、 清と朝鮮は自然に兄弟国になるのでは?と笑います。 そんな中、ギウォンの謀反の動きを耳打ちされた仁祖は、 宴を途中退場します。 仁祖はキム・ジョジャムに首謀者らを取り締まるように命じます。 しかしそれは仁祖の疑心を煽るためのジョジャムの計略でした。 世子は、自分に向けられた父の疑心に戸惑いながらも 席藁待罪で許しを請います。 実家にいた嬪宮は馬に乗り宮殿に向かい止めるのも聞かず入ります。 仁祖は嬪宮の嘆願をはねつけ怒りを爆発させます。 ヤムジョンは王妃に、気位の高い嬪宮様が王様の前でひれ伏すのを 見るのが忍びなく席を外したと話します。 王妃は、今は我が世の春でもいつかは正しい世の中が訪れるわ…と 言います。 ヤムジョンは、王妃の座は私のものです!その座を奪うまで私は ゆがんだ世の中で生きるつもりですと宣戦布告します。 嬪宮は宮殿を追い出されます。 嬪宮は、王様の本心を知った以上、私はもう泣きません!と 話します。 王様は輿地球はどこだ?と探し回ります。見つけると 世子に、こんな怪しげな物を見せつければ余が恐れ入るとでも?と 投げつけ、今すぐここから立ち去れと激怒します。 世子は意識を失い倒れてしまいます。 ジョジャムはヒョクに、針1本で人を殺せるんだろう!と言います。 つづく (感想) 仁祖の、臆病で小心者の王様って、なんか笑えるわ! 息子の世子も病弱で頼りなくて、嬪宮が権力握ってるもの 仁祖も気に入らないわよね〜〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!