「康寧浦襲撃事件」 ミン兄弟が賜死して数年後、忠寧大君は、師イ・スに学問を学ぶ日々を送っていました。 そんな中、都から50里程に位置する康寧浦の港が倭に襲撃されます。 王は、王后の弟のミン・ムヒュルの部隊を投入します。世子は単身現場に乗り込んで 敵と戦います。 世子はムヒュルに、強い王を目指すなら戦場を恐れてはいられませんと血気盛んに 剣を振り回します。 ムヒュルと世子は共に戦い敵を撃退します。 一方、世子が康寧浦に行き参戦したと聞いた王様は、世子たる者が兵士の真似事をして 未来の王が務まるか!と激怒します。 世子は都を救ったと意気揚々と、民の歓迎を受けながら、宮殿に帰還します。 つづく (感想) 忠寧は、政治に関わらず、世子よりも目立たないように、気を配りながら 生活している感じを受けます。 世子は、子供の時と比べ血気盛んな感じで、怖いもの知らずみたいな印象を受けたわ!(◎_◎;) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「王后の涙」 世子が剣を向けたのは、忠寧ではなくミンなのでした。 世子は、罪を償うのは忠寧ではない!理由は叔父上がご存知のはず!と言います。 忠寧の師イ・スが世子に、ミン兄弟が忠寧を陥れるために企てたことだと 事実を打ち明けたのでした 王様は忠寧大君に、叔父たちはお前のせいで死ぬのだ…もう何もするな! 世間や政治に関心を持たないことだ!それはお前には許されないことを覚えておくのだ! 国に混乱を招く者は誰であれ王の敵だ…と警告します。 王様は、ミン兄弟を最も重い処罰にせよ!と言い、ハ・リュンの罪は問わないのでした。 王后は、牢獄にいるミン兄弟に自害せよ!お前たちは王の計略にはまったのだぞ!と 激怒します。 ミン兄弟は、我々が黙っていたら、王座を巡って兄弟で戦うことになったと反論します。 一方、忠寧は世子に、あの時事実を知らなければ、私を殺しましたか?と尋ねます。 世子は、きっと殺さなかった…お前を信じてる…と答えます。 忠寧は、じゃあ... 続きを読む Read More | Share it now!

「太宗の譲位」 太宗を批判した忠寧大君の行動を重く見た臣下たちは、世子の脅威になるからと 遠地へ送るように追放を上訴します。 しかし、太宗は、他に忠寧を助ける道はないと、世子(譲寧大君)に譲位すると宣言します。 臣下たちは、譲位を考え直すように訴えます。 世子は太宗に〝国事は我が子の命より大事だ〟これは父上の言葉です。 一方、刷巻色堤調パク・ウンらは、忠寧の訴えをきっかけに、議政府高官と商人との癒着を 確信します。そして、王后の弟のミン兄弟が関与しているのではと疑います。 そんな中、ミン兄弟は建国の功労者なのに、太宗から軽んじられてるため、 王の譲位を推進するために、忠寧の文字を真似た怪文書を作り、忠寧を陥れようとします。 その文字を無理やり書かされた内官のオム・ジャチは、忠寧たちに知らせに行きますが、 瀕死の怪我を負います。 その頃、偽の怪文書を読んだ世子は忠寧に激怒します。 太宗は忠寧に、世子を誹謗し王座を盗もうとしたのか?明らかにお前の書体だ! そうであろうと尋ねます。 世子は、死をもって罪を償わせます。王座を冒涜し王室の名誉を汚した罪…死で償うべきと 太宗に言います。 太宗は、剣を世子に渡し、お前の手で斬り朝鮮王室の威厳を示せと言います。 世子は、忠寧に剣を抜き振り下ろします。 つづく (感想) 忠寧は、どうなるの? でも、世子に殺されないのは分かるけどね〜 殺されちゃったら、このドラマ終わっちゃうし… やっぱり、このドラマ、凡人の私には難しいわ… ... 続きを読む Read More | Share it now!

「申聞鼓の波紋」 忠寧大君(後の世宗)は大宗に、申聞鼓を叩いたのは悪行ではありません! あの太鼓は民の訴えを聞くために父上が置かれましたが、久しく叩かれず埃も積もっています。 そして民は父上を〝暴君〟だと…その汚名を払う道を探したいと言います。 大宗は、では世の中は汚名を払う方法も教えてくれたか?と聞きます。 忠寧大君は、もちろんです!父上と嬉しそうに、市でまかれていた文書と 苦しんでいた民の名ですと差し出します。 忠寧大君は、部屋に戻るとチャンウォン内官に、父上が優しい顔を見せてくれたのは初めてだった… 暴君という言葉に嫌な思いをされたであろう。でもそのような顔を見せずに心より 真剣に私の話を聞いてくださったと嬉しそうに話します。 チャンウォン内官は、王様は心では王子様を深く思っておいてですと答えます。 忠寧大君はチャンウォン内官に、お前の父のために薬を用意させた。父上のお叱りはなかった。 次回はきちんと許しを得てお前の家に行こう!と渡します。 しかし、チャンウォン内官は、拷問にかけられ死んでしまい 忠寧大君はチャンウォン内官の命を守れなかったことを悔やみ涙を流します。 そんな中、ミン・ムグとムジルは、忠寧大君を遠地へ送ることを迫ります。 忠寧大君を遠地へ送った後、王命で毒薬を送れと騒ぎ立てるでしょうから、 王子の命も守り政治も正せる方法が一つだけあると大宗は聞きます。 忠寧は師であるイ・スに厳しく叱責され、チャンウォンの墓前で 自分の不甲斐なさを詫びるのでした。 つづく (感想) 結構観ていて難しいかも…きっと忠寧大君の幼い時に経験したことや イ・スという立派な師に学んだことが、世宗という立派な王様の基礎に、 なっているんだろうね〜〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「永の別れ」 タンギセはタファンに、マハはワン・ユとヤンの子だと嘲笑い、タファンは、そんなはずはないと激高し、タンギセを斬ります。 タファンは宮殿の外でソ尚宮に会い、その話が事実であることを確かめると、話が漏れぬようソ尚宮を殺して口を封じるのでした。 タファンはこの事実を知る者はすべて殺す…と呟きます。 一方、皇太后にメバク商談の頭から金塊が届き、新たな皇帝を立て、手を組もうと話します。 そんな中、ワン・ユの高麗王の復位が決まり、ヤンはワン・ユに、二度と私のような哀れな民は出しませんよう…異国に贈った民を見向きもしない母国が不実なものか、元に連れてこられて、ようやく分かった… 強い高麗を築いてほしいと話し涙を流し別れます。 皇后即位式の日、ヤンは万歳を唱える人々の群れの中にワン・ユの姿を見つけて、一筋の涙を流します。 その夜、皇后になったヤンは、夢を見ているようだと言うと、タファンは、私たちにとって最も嬉しい日だと優しく抱き寄せます。 タファンは、眠っているヤンを残し、ヤンを守るためにワン・ユを殺そうと密かに兵を率いて出発します。 そんな中、ヤンは夢の中でマハとワン・ユに出会い、別れを告げられて目が覚めます。 ヤンは不安を覚える中、タルタルからワン・ユの身が危険だと聞いて急いで馬を走らせます。 一方、タファンの兵が現れ取り囲まれたワン・ユは、何故... 続きを読む Read More | Share it now!

「汝、王材を守れるか」 王宮では、明国の使者と世子の婿入りの話し合いがされていたが、 そんな中、内禁衛の従事官キム・ビョンの首吊り死体が正殿で発見されます。 宦官は、正殿を血で汚した罪は重いと言いますが、毒殺された可能性があると判明します。 死体には〝汝、王材を守れるか〟と文字が記されているのでした。 知申事のファン・ヒは、これは元国で敵に警告するときに使われた方法だと言い 直ちに世子の安否を確認し、急いでお戻りください。不審者に狙われたら…と 進言します。 他の王子の家にも兵を送りますが、やがて世子は無事だったが忠寧大君(後の世宗)が 行方不明と判明します。 ファン・ヒは王子の安全が最優先だから戒厳令発令してくださいと願い出ます。 太宗は、戒厳令は出さない!国を第一に考えろ!と言います。 ファン・ヒは、明が最も疑わしいのは明だから太平館(明の使節団の宿舎)の捜査を 勧めます。 太宗は、交渉が終わるまでは下手に動くな!と認めないのでした。 そんな話を聞いた元敬王后は、忠寧より国が大事だと?反発します。 領議政は王様に、王の座を狙う者は大勢いますと話します。 一方、忠寧王子の夫人は父親に、犯人は知り合いだと手紙を見せ、 〝今晩... 続きを読む Read More | Share it now!

「魂の解き放たれるとき」 仁祖が逝去しチャンニョル王妃は大妃となりますが、ヤムジョンを断罪しないポンニム世子に腹を立てて、即位の懿旨を下そうとしないのでした。 一方、ジョジャムは四肢切断の刑に処されます。 そんな中、死を免れたヤムジョンは、言葉巧みに新王妃に取り入り謹慎を解かせます。 ヤムジョンは呪いの品々を用意してポンニム世子が通る道に埋めます。そうすればひと月のうちに体中に毒が回り血を吐いて死ぬと新たな策を巡らせる。 ヤムジョンの企みはすぐに発覚し、王になったポンニムは毒薬を下すことを決意します。 しかし、ヤムジョンが毒を飲もうとする瞬間、大妃が現れ刑に待ったをかけ、 簡単には死なせないわと言います。 ヤムジョンは宮殿から追放されると、民たちに石を投げられ殴り殺されるのでした。 ヒョクとヒョンミョン王女がヤムジョンを石の中から見つけ、泣き叫びます。 終わり (感想) とうとう、ヤムジョンは死んじゃった… 私的には残念なドラマだったかな〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「仁祖の遺言」 ポンニム世子はキム内官に、仁祖を無事に大殿に取り戻させます。 キム内官は様子を伺いに来たキム尚宮に、宮殿に暮らした者は宮殿で死ぬ定めだ!と言って捕らえます。 ヤムジョンは必死に大殿の前で、王様をお守りできるのは私しかいませんと 必死に叫びます。 キム内官がやって来て、ヤムジョンにスンソン君は誰の子だ?お前の母親が死んだ今、真相を知るのはお前だけだ…キム尚宮も知ってるはずだな…と言います。 ヤムジョンは冷宮に閉じ込められます。 そんな中、ジョジャムとその一味も捕らえられます。 一方、チャンニョル王妃は仁祖の元に来ますが、仁祖はスンソン君とヒョミョン王女の姿が見えないと会いたがります。 チャンニョル王妃は、ヤムジョンが王様の毒殺を図ったため、ここに移したと説明します。 仁祖はヤムジョンは余の分身だ…あの女人は余が生み出した、もう一人の余なのだ!と声を振り絞り言います。 冷宮に閉じ込められたヤムジョンに、ヒョクはヒョンミョン王女を連れてきて会わせます。 ヤムジョンはヒョクに3人で逃げようと言いますが、ヒョクは姿を消します。 そんな中、仁祖は危篤に陥りますが最後まで、スンソン君とヒョンミョン王女を呼びポンニム世子に、スンソン君を実の弟として可愛がってやれ。ヤムジョンの命を救ってやれと遺言を残して息を引き取ります。 チャンニョル王妃は、ポンニム世子がヤムジョンの命を救うのが気に入らず、あれは私に対する挑戦だと激怒します。 命を救われたヤムジョンは、次はポンニム世子が死ねばスンソン君が王になれるでしょと新たな策略をするのでした。 つづく (感想) 仁祖はスンソン君が実の子ではないと知っていたのかしら? それにしても、ヤムジョンは恐れを知らない、図々しい女だわ!(◎_◎;) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「孤独な戦い」 ヤムジョンが阿片を吸っていることをキム尚宮は気がつきます。 ヤムジョンは、キム尚宮に、シャジョムの手下なんでしょ?すべてお見通しよ! でも今回だけは私の味方になって、私を王妃にしてと頼みます。 キム尚宮は欲が深すぎますと言い放つと、ヤムジョンは、ジャジョムを王にするのも欲では?と 声を荒げます。 そんな中、ヤムジョンは仁祖に、自分が王妃になればスンソン君を守ってやれます!と迫ります。 先の王妃様の服を着たヤムジョンは、ポンニム世子に弱みを突きつけ、王になりたければ自分を 王妃にしろと脅します 一方、チャンニョル王妃はヤムジョンがパク尚宮に手渡した毒薬を証拠に追い詰めようと 計画します。 ヤムジョンは自分の潔白を証明するため、その薬を飲んで見せるが、死ななかったら 責任をお取りくださいと話します。 薬を飲んだヤムジョンは王妃を嘲笑うのでした… つづく (感想) ヤムジョンは、どんな手を使っても、王妃になりたくて仕方ないのですね〜 でも、仁祖はヤムジョンの悪行を知ってしまったみたいなんだよね〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「真の見方」 タファンはヤンに、ペガンを殺す前になぜ私に相談しなかった! ペガンを殺した罪を悔いるのだ!と怒り、私に許しを請うために席藁待罪を命じます。 しかし、ヤンは天に誓って過ちは犯してないから許しを請うこともないときっぱり言います。 タファンは寺に行き1日100回打たれて罪を悔いるように厳しい処遇を決めますが、自分自身も苦しんでいるのでした。 タファンは、ヤンとペガンがいなくなり、酒に溺れ乱心するのでした。 一方、コルタは、ペガンもヤンもいなくなった今、タファンが頼るのは自分だと確信し、密かにタファンが飲む湯薬に毒を入れます。 そんな中、タルタルはタファンに、ペガンが生前、他民族を滅ぼす計画を企てていたことや、メバクから資金を受け取り異民族の商団を弾圧していたことを明かし、ヤンを皇宮に呼び戻しそばに置くべきと進言します。 一方、ワン・ユはメバクの頭になりすまし、メバクが溜めていた穀物を市場に売り払うように命じ、偽の交鈔を作り自分の商団に穀物を買い占めるように指示します。 その頃、本物のメバクの頭(コルタ)は、行首らが穀物を売ったと聞いて怒り狂い、すぐに買い戻すように命じた時には、市場にはもう穀物はないのでした。 メバクの頭(コルタ)は自分の偽物がいることに気づき、正体を突き止めようとします。 一方、タファンはヤンに会いたくなり寺に行くと、自分のことを仏に祈り続けるヤンを見て心を打たれ、ヤンの肩の痣に薬を塗り皇宮に戻ろうと抱きしめます。 ヤンはタルタルを丞相になってほしいと言います。 ヤンはタルタルから、市場に大量の偽交鈔が出回っていると聞いてタファンに、交鈔をなくして貨幣改革を勧めます。 タファンは大明殿で貨幣改革を宣言し、ヤンを皇后にすると聖旨を出します。 そんな中、ワン・ユは名を伏せ、民を救うために使ってほしいと、買い占めた穀物を皇宮に届けます。 一方、タンギセはソ尚宮から、マハがヤンとワン・ユの子だと知らされます。 タンギセはメバクの頭に、タファンとヤン、アユを殺して新しい皇帝の擁立を持ちかけます。 タンギセはタファンに、マハがヤンとワン・ユの子だと明かして嘲笑うのでした。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!

「渦巻く狂気」 嬪宮は毒を飲みますが、ヤムジョンの仕業で死に切れず苦しみあえぎます。 その頃、大殿では仁祖が嬪宮の賜死の中止を命じ、嫁まで殺すわけにいかないと叫びます。 そんな中、ヤムジョンは嬉しそうに、簡単には死なせないわ!骨の髄まで毒が回り地獄の苦しみを味わってから死んでくれないと、私は満足できないと呟きます。 仁祖はヤムジョンに、キム内官を呼べ!嬪宮の屋敷へ行き刑を止めるように伝えよ! 余がどうかしていたのだと気を失い倒れます。 言葉を失った仁祖は生きる... 続きを読む Read More | Share it now!

「嬪宮賜死」 嬪宮は、ヤムジョンの策略と知りつつも、ドルゴン宛ての書状が自分の物だと認めて自分が死ぬ代わりに2人の息子だけは助けるように仁祖に懇願します。 ポンニム世子は死を覚悟した嬪宮に、あれは偽の書状では?真実を告げてください! なぜ死に急ぐのですか?と尋ねます。 嬪宮は、私が生きていれば王様は残った2人の息子を害するでしょうからと答えます。 嬪宮が廃位されると聞いた重臣たちは仁祖に抗議に行こうとします。 この頃、仁祖はジョジャムに、朝廷の重臣を全て呼び集め宮殿から出られないようにしろ! この命令に逆らう重臣どもは、一人残らず嬪宮と同様反逆罪に問うと言います。 それを横で聞いていたヤムジョンは、ほくそ笑むのでした。 そんな中、仁祖は嬪宮を廃して、身分を庶民に落とし、実家に返した後に 毒薬を下すと教旨が下されます。 一方、ジョジャムは謀反を起こそうとしているのでした。 仁祖は、やめよと言っておる!刑の執行を取りやめよ!と叫びます。 その頃、嬪宮は毒薬を口にしますが、苦しみ出し、なかなか死ねないのでした。 つづく (感想) ついに嬪宮は仁祖から毒薬を賜りますが、ヤムジョンが手を回し 毒薬に細工したために、嬪宮は苦しみ出し、なかなか死ねないという 恐ろしいことに…怖くてヤダ〜(; ̄O ̄) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「清への書状」 嬪宮はポンニム世子に、世子様がどのように亡くなったか、世孫がなぜ非命に倒れたのか詳細に記して処断を下してほしいと、清の力を借りてでも、世子様と世孫の恨みを晴らしたいと話します。 一方、ヤムジョンは仁祖に無断で世孫を亡き者にし、仁祖にそのことが伝わらないように仁祖から周囲の人間を遠ざけます。 そして次なる標的のポンニム世子の暗殺を計略します。 その頃、ヤムジョンは嬪宮がドルゴンに宛てた一通の書状を書き直せさせます。 何も知らぬ仁祖は世孫を流刑にしたことを後悔し、キム内官から世孫横死の 事実を知らされて激怒しヤムジョンを呼んで真相を問い詰めます。 ヤムジョンは、嘘泣きをしながら、自分の潔白を述べ、嬪宮がドンゴンに宛てた偽の書状を見せます。 仁祖は正気ではないから、軍を送って清に連れ去れと書かれた書状に腹を立て、嬪宮を反逆罪に問い厳罰を下してやると、捕らえてくるように命じます。 お前が書いたのかという問いに、嬪宮は、はい…これを書いたのは私ですと答えます。 つづく (感想) 嬪宮は、自分が書いたものでない書状を、自分が書いたものだと認めてしまったのは、何か策があってのことかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「王座のヤムジョン」 ヤムジョンは済州島へ向かう世孫たちに刺客を送ります。 そんな中、キム内官から世孫たちを守るように命じられたヒョクが後を追います。 ヤムジョンは、ポンニム世子とチャンニョル王妃付きの内官や女官たちを替えて2人の 動向に目を光らせ宮殿を牛耳るのでした ナム・ヒョクは世孫たちを刺客から守ります。 世孫をドルゴンの養子に望む清からの使節が到着し、仁祖とヤムジョンは謁見します。 ヤムジョンは〝本来なら世孫を世子に冊立すべきだが、世孫が幼く... 続きを読む Read More | Share it now!

「避けられぬ戦い」 ソ尚宮はタファンに、マハ出生の秘密を明かそうとしますがヤンが部屋に入ってきたので、言葉を飲み込みマハが死んだ事を伝えます。 プルファは、ソ尚宮を宮殿にもう二度と現れるなと命じます。 バヤンフトはヤンの命令で毒薬を飲まされ殺されます。 ヤンはピョルの遺骨を抱きしめ嗚咽します。 ペガンはバヤンフトの亡骸を見て、私が死なせてしまったの呟き、ヤンへの憎しみを募らせます。 ヤンに薬を飲まされたタファンは、意識を取りし自室に戻ろうとしますが、回復するまで興徳殿にいるように言います。 そんな中、ペガンと皇太后は、タファンが崩御したのかもしれないと憶測を巡らせてヤンとアユルシリダラの暗殺を企てます。 そして、ヤンはタファンに、今夜ペガンは謀反を起こすと話します。 そんな中、ペガンは兵を率いて興徳殿に踏み入り剣を振り上げヤンを殺そうとしますがタファンがその様子を見てショックを受け、ペガンは投獄されます。 一方、ワン・ユはメバクの頭になりすまし行首たちを集めて、ある命令を下しますが、行首やタンギセたちは、その命令の意図が読み取れず困惑します。 ワン・ユは、本物の頭がタンギセに命じた反乱軍へのすぐにやめるように指示します。 そんな中、獄中のペガンはタファンに、ヤンを廃位するように諫言します。 タファンは、自分のために一歩譲るように言います。 ヤンはタファンに、自分かペガンか迫ります。 タファンは、2人とも去れ!1人を捨てるなら2人とも失う方がマシだ!皇帝とは実に寂しく孤独なものだ…2人のおかげで寂しさを忘れていたのに、なぜ私の気持ちを分かろうとせぬ? 決めるのだ!2人とも残るのか?2人とも去るか?とタファンは迫ります。 ペガンは、ヤンとアユルシリダラのために残りの命を捧げますと跪き忠誠を誓います。 ヤンとペガンは大明殿で対峙すると、ヤンの兵がペガンを取り囲みます。 ペガンはタルタルを呼ますが、タルタルは自分の剣でペガンを深く刺します。 タルタルは、叔父上の信念には、民がいません… 民を考えぬ使命、それこそ権力溺れた私欲なのです…と 涙を流します。 そこへタファンが駆けつけます。 つづく 奇皇后... 続きを読む Read More | Share it now!