「世子に生まれた自覚」 ハ・リュンは、直系と庶子の王子まで進んで出てきて、忠寧大君を守ろうとしている。当の本人は身の危険を考えず、仕事に没頭しているだけだ。生まれつき人を集める才能があるのだ。ここまでくると敵ながら褒めてやりたいなと笑います。 世子は、儒生や役人、弟たちまでも、忠寧大君と共に奴婢の身分回復事業にいそしむ姿を見て敗北感を感じます。 ファン・ヒは、そんな世子に、そんな弱気だから民心が忠寧大君に集まるんですと進言します。 世子は、王材なら弟でも殺せと?と聞きます。 ファン・ヒは、武力でしか弟を制せない者は王材ではありません!と 諭しますが、世子は黙って出て行きます。 その頃、ハ・リュンは忠寧大君を呼び出し、王子様が王材でなければ、王様と王后様が遠地に送ろうとなさいますまいと告げます。 忠寧は、私の刀になってくださいますか?と聞きます。 ハ・リュンは、狙は世子の座で?と聞くと忠寧は、もちろんだと答えます。 忠寧は、王座をいただく代わりに何を差し上げれば?と聞きます。 民の膏血を絞って富と権力を与えましょうか?そなたの不正を隠しましょうか?と言います。 ハ・リュンは、そんな些細なことで私に退官しろ?と聞きます。 忠寧は、不正に大小は関係ない!一国の宰相なら反省の態度を見せるべきです!と声を荒げます。 一方、太宗は世子に、長子を世継ぎにしたい思いは変わらない。 だが民心が他の者を強く支持すれば、この思いを貫く通すのは 難しということだ…と話します。 世子は、自分を諭してくれたファン・ヒの屋敷に行き、ひざまずき 教えを請います。朝鮮の真の主になるためですと決意を口にします。 ファン・ヒは、政策を論じる前に現実を知るべきと、世子を講武場(公開軍事訓練場の工事現場)へ連れて行き、民と痛みを分かち合う前に、苦痛を減らす対策を考えるのが真の王ですと諭します。 世子は、講武場作りに力を注いでいましたが、工期を伸ばすことを 太宗に進言します。 一方、太宗は権力を強めるハ・リュンを警戒し、密かにハ・リュンの調査を命じます。 そんな中、〝世子が上王の愛妾と密通〟と描いた絵が貼られているのを目にした太宗は、世子を睨みつけるのでした。 つづく (感想) 太宗にばれてしまった世子は、なんて言い訳するのかしら? 忠寧が楚宮粧をかくまっていることも、すぐにばれちゃうかも!? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子醜聞の波紋」 上王は楚宮粧の殺害をオク・ファンに命じますが、寸前のところで 忠寧大君が楚宮粧を助けますが、暗殺まで請け負う商団に不信を抱き 激怒します。 オク・ファンは、今回だけはお許しください!どうすれば罪を償えるでしょうか?と聞きます。 忠寧は、罪を軽くしたければあの者の命を助けろ!と言います。 オク・ファンは、上王様に嘘の報告をしろと言うのですか?と聞きます。 忠寧は、あの者を助けた秘密を我々は墓場まで持っていくと答えます。 そんな中、オク・ファンの手下の内官チョン・イルチが、吏曹判書 パク・ウンに、世子が上王様の愛妾と密通したと密告します。 パク・ウンは、これが事実なら我々にとって絶好の機会だと 話します。 そんな中、楚宮粧は自殺をしますが、忠寧の夫人が見つけ医官を呼びます。 領議政ハ・リュンと世子を一掃できると考えたパク・ウンは、 忠寧に、楚宮粧を引き渡すように言います。 一方、北伐志向の世子の策により、民が苦しむ現実を見た儒生らは国の体質に絶望します。 一方、王后は忠寧に、あの女を私に渡しなさい!というと 忠寧は、できません…と答え 王后は、そなたの兄と政治の安定のためだ!と言いますが 忠寧は、人の命の上に立つ政治など何の価値もありません! 過ちを正すのです。戦います。国の苦境に追い込む輩は全力で倒します。勝つためなら私の持つ切り札を全て使うつもりですと言います。 つづく (感想) 忠寧がんばれー! ... 続きを読む Read More | Share it now!

「上王の怒り」 上王は、世子と自分の愛妾の楚宮粧が抱き合っているところを目撃し お前はそれでも人間か!と怒ります。 忠寧は世子に、上王様に謝ってください!と進言します。 世子は、今まで上王様が父上から受けた屈辱を考えれば、この機を逃すわけがないと答えます。 上王は、世子には王になる資格はない。人の道に反することだ! あんな奴を国王にしたら先祖に顔向けできないと怒ります。 忠寧は上王に、今回だけは出来心だと思ってお許しくださいと 頼みます。 上王は、当人でもないお前がなぜ謝るんだ!お前には追い風になる。 お前を王材だという声も多い。 忠寧は、聞きようによっては謀反だと誤解されます。 上王は、本当に兄を助けたい一心なのか?それを証明できるなら考え直してもいい。お前が世子の罪をかぶれるのか?楚宮粧と関係したのはお前だと父王に言っていいのか聞いておると聞きます。 忠寧は、上王様の仰せの通りにしますと言います。 そんな中、孝寧は上王に、今すぐ法宮に行ってください。世子様の罪を明らかにするのです。上王様を苦しめるのは父だけで十分です。 どうか世子様を許さないでください。自尊心を捨てても、告発してお怒りを鎮め流べきと進言します。 一方、上王は世子に、お前は世子でいる資格はない。それがわしの考えだ。どう見ても資質がない。だが今回だけは先人の言葉を信じることにした。お前には立派な弟がいる〝兄に勝る弟はなし〟と言う。 お前には私が気づかない立派な面がある。そう信じよう… お前の態度が今後も変わらず、弟の積んだ徳まで無駄にするなら お前が着ている世子の衣を切り裂いてやる!覚えておけ…と言い放ち立ち去ります。 そんな中、上王は太宗に、王子に文句を言いに来たと話します。 王子たちが優しすぎるのが私には不満なのです。今より頻繁に王子を寄越してください。兄弟が仲良く成長する姿を見ながら余生を送りたいと言います。 一方、上王は孝寧に、兄弟の中で一番の極悪人はお前だ! お前はあの夜わしの心を見透かしていた。わしが頭にきたのは世子にではなく自分に対してだった。あんな... 続きを読む Read More | Share it now!

「先祖への謝罪」 翌日、宗廟に王族たちが集まりますが、世子の姿はないのでした。 王后は、東宮殿へ呼びに行くように命じます。 太宗は忠寧を呼び出し、世子になる考えはあるか?世子の座に就く自身はあるか? 沈黙は肯定ととって良いのだな?と事前に忠寧に聞いていたのでした。 その頃、私兵を集め忠寧大君を邸を守らせろ!と指示されたシム・オンは、 忠寧には何の野心もありませんと言いますが、 知申事のマルセンは、それは関係ありません。王様の矢は放たれました…世子を改めるなら、 これは間違いなく忠寧大君。忠寧大君の意思とは関係なく戦いは始まったのです。 世子側の者が黙ってないでしょう…奴らは反乱を起こすでしょうと警告します。 前日に、ファン・ヒは王様から、教旨を2つ作成しろ!と命じられていたのでした。 遅れてた世子は先祖に、王道を学ぶ者が謙虚さを失い…掟と礼節をないがしろにし国に混乱を招きました。父母に従わずその御心を傷つけました。その結果、御先祖様の徳を汚したと謝罪の言葉を読み上げます。 その言葉を聞いた太宗は、己の過ちを正直に先祖に告白し、罪を償う勇気を見せた次期王にふさわしい姿勢だ!今日... 続きを読む Read More | Share it now!

「王材は誰か」 ファンは〝世子を人質として明に引き渡しても、朝鮮の未来は心配ありません。 世子に代わる立派な王子がいますから〟と言います。 太宗は、一体、誰のことですか?と聞きます。 ファンは、ご存知のはずと言います。 太宗は、余も王である前に1人の父親です。父親の目には... 続きを読む Read More | Share it now!

「勅使ファンの秘密」 高麗復興勢力の太平館襲撃はハン・ヨンノの裏切りで即座に鎮圧されます。 その頃、太宗は、反乱軍を野放しにした上、勅使のファンまでも さらわれたと聞いて厳戒令を出し逆徒に加担した者を捜せ! 高麗王族の生き残りと奴らに関係のある者は、すべて捕えよ!と命じます。 一方、忠寧大君は、明の勅使ファンに会わせたい人がいる。足の悪かった妹ソファに会いたくないですか?と聞きます。 忠寧はファンが漢人出ないことを突き止め、騒動の最中にファンを 館から連れ出し実妹と再会させます 翌日、大平館から王様に、すぐに交渉を再会したいと言ってきます。 勅使ファンは、〝世子を人質に出せないが、3年以内に無敵の水軍を作る。火筒軍の設立も目前に控えている。日本を侵略しないが、もし敵が攻めてきたら、国力を総動員して成敗するつもりだ〟と話します。 ファンは、貴国を信じてみよう!その代わり、軍馬の他にも若い女を納めてもらいたい。美しい才女を選び皇帝に捧げるのだ! 朝鮮と血縁関係が出来なければ、皇帝はあなた方を信用しないと言います。 王様はファンとの交渉成立の影の立て役者ユン・フェを復職させます。手柄を立てたら褒美を望むのが人情だ…と忠寧に何がいいかと聞きます。 忠寧は未熟な私の進言を聞いてくださいました…それだけで十分だと思っていますと言います。 私の気が済まぬと言う王様に、忠寧はチョン・イルチに、従六品... 続きを読む Read More | Share it now!

「暗殺阻止」 ユン・フェは、王后の女官が明の勅使ファン・オムの夜食に毒薬を仕組んだと気づき阻止します 高麗復興勢力は、朝鮮王室が明の勅使を殺した事を利用しようとしていたが、勅使暗殺を阻止された事に地団駄を踏み、武力発起を急ぎます。 その頃、師匠イ・スは忠寧に、なぜ王様に告発しないのです?と聞きます。 忠寧は、母上を窮地に追い込めと?と答えます。 イ・スは、国の存亡に関わる問題です。また同じ事が起こります。 見逃せる問題ではありませんと助言します。 暗殺阻止が忠寧大君の仕業と知った王后は、権力を欲するつもりか!もう... 続きを読む Read More | Share it now!

「成均館(ソンギュングァン)弾圧」 世子を守るため儒学生たちが再び決起します。 ファン・ヒは、説得に応じない儒生を弾圧し武力での制圧を繰り返す朝鮮のやり方に、 私もあの時、共に行くべきだったかもしれません。我々には国を治める資格がないのかもしれないと 嘆きます。 その頃、忠寧は密使を捕まえるなど、影で問題解決の糸口を探そうと奔走します。 一方、勅使は、必ずやこの朝鮮を明の属国にしてみせる!と呟きます。 その頃、上王は孝寧大君を王にするために後押しし、重臣会議の場で民を守るためには 世子を人質に明に送るのもやむなしと提議します。 王后は、世子を守るため、勅使の口を永遠にふさぐように命じます。 つづく (感想) 主人も一緒に、ドラマをみてて、このドラマ、ムズイな〜と言われたの(; ̄ェ ̄) 確かに、ムズイわ〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「民心を捉えた太宗」 成均館の儒生が太平館の前で座り込みをし、加勢した民の数も500人を超えるのでした。 そんな中、上王は王の太宗に、世子の幽閉を解けば民心は王様に傾くでしょうと忠告します。 太宗は、国があってこそ民があるのですと反論します。 上王は、王は大国より民心を恐れるべきだですと説きます。 太宗は、理想はあくまでも夢…現実は泥沼なのですと言います。 上王は、今日中に幽閉を解かなければ、宗廟の前に座り込んでも解放を訴えますと警告します。 事態を重く見た王・太宗は自ら太平館へ赴き、民と儒生を静めて見せると言って〝未熟な王のために世話をかけるな〟と詫びます。 そんな王の姿に、頑なだった儒生らは、態度を軟化させます。 一方、忠寧は、一度だけ父上が折れてください。世子様ではなく 民心のために折れてくださいと頼みます。 太宗は、民の前にひざまずけと?と聞きます。 忠寧は、そうです。なぜ民が声を上げたのか…なぜ父上より 世子様に共感するのか... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子の座り込み」 明の勅使ファン・オムは、朝鮮を敵国とみなすと警告し、それに激怒した世子は 許しはせん!と反発します。 王様は世子を睨みつけます。不届きものめ!今すぐ世子を連れて来いと命じます。 一方、忠寧大君は世子に、ファン・オムに跪いた方が良い。悔しいのは私も同じですが それ以外に方法がないと進言します。 世子は、私は朝鮮の次期国王だぞ!屈辱に甘んじる気などない!と聞き入れず、 忠寧は、王の屈辱とは民を守れないことです。下手をすれば戦になりますと説得します。 反発した世子は〝世子を捨てる〟と演説し成均館の儒生たちとともに、大平館前で座り込みの 抗議を始めます。 王様は明と衝突を避けるため、世子を幽閉を命じます。 勅使は世子を人質として差し出すように要求します。 宗廟での座り込みは、日に日に人数を増していきます。そして王后も世子妃も座り込みに 加わろうとします。 そんな中、忠寧は世子の幽閉を解かず、人質に差し出すようにと王様に告げます。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「号牌法施行」 世子は、上王の愛妾との密会が王様に見つかりそうになりますが、世子妃の機転で難を逃れます。 世子は王様に、師匠や東宮殿の女官は父上に仕える看守です。東宮殿の監視はおやめください。 私も20歳です、子供ではありません。監視がなくとも立派に務めを果たせますと言います。 王様は、ならば師匠をきちんと敬え!それが弟子の在り方だと説きます。 世子は〝臣下には... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子の秘策」 間者の首を日本に送れという、王様の命令に、それは宣戦布告と同じことだと止めますが、 王様の独走は止まらず、臣下たちは王様を変えることも考え始めます。 そんな中、忠寧は世子を呼び出し、日本の書物を見せます。 世子は、古い書物よりも間者を送る方がいいと言いますが、忠寧は間者がウソをついたら?と 説得します。 途中、忠寧が持っている書物が蔵書閣の書物を外部に持ち出すことはできないと咎められます。 法の定めですと言う臣下に、世子は王子でも自由に読めぬのか!では法を変えよう! 書物は読むためにあるのだ!と忠寧に行こう!と命じます。 王様は、世子が重臣を集めて政策を論じ、領議政を始め重臣たちが火筒軍創設に関して検討中 だと聞き、武術に飽き足らず王の真似事までするとは!と腹を立てます。 王様は、入国管理の徹底のために号牌法の施行を早急にするようにパク・ウンに命じますが パク・ウンは、予算と人材が足らないと告げます。 王様は、予算をかき集めろ!人材なら敬承府や恭安府にいくらでも余っておると言うと 世子に、火筒軍発足も国政に関わることも時期尚早だ。お前は世子で、まだ国王ではないと 告げます。 世子は、ふてくされるのでした。 そして、王様は領議政ハ・リュンに、東宮殿で政治を教えているそうだな!執務も忙しいのに 無理は禁物だ!そなたは休め!と命じます。 ハ・リュンは、領議政の仕事は、すべて王様がされていますと反論します。 王様は、だから今度は世子について権力を握りたいのか?と聞きます。 ハ・リュンは、世子様を王様のようにしたくないのです…独走する王に臣下は付いてきません。 臣下のいない王が王と言えますか?父王が重臣を無視する姿を見ていれば書筵官を無視するのは当然 のことと言います。 王様を気分を害し、そなたが書筵官を選べ!そうすれば世子に、そなたのような 無礼な臣下はつかない!と言って立ち去ります。 一方、忠寧は、持ち出し禁止の書物を特別に借り出し、倭国についての資料作りに没頭します。 夫人も手伝っていて、お腹の子が父上の懸命な姿をずっと見ていたいようですと言います。 世子は、東宮殿に、上王(王様の次兄)の愛妾を連れ込みます。 つづく (感想) 王様は、世子に対して重臣たちが王材だというのを聞いて、 自分が無能だと言われてると、やきもち焼いてるのかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「チェ・ヘサン拉致事件」 忠寧は世子に、大砲訓練も大事ですが、間者が現れているので、まず機密漏洩を防ぐべきですと進言します。 間者など怖くないと言う世子に、忠寧は、間者を捕らえれば日本の詳細な内情が分かり、効果的な戦い方ができると言います。 世子は、随分意欲的だな。急に気が変わった目的は何だ?と聞きます。 忠寧は、世子様のお力になりたいと思ったと言いますが世子は忠寧を信じないのでした。 そんな中、問題が起こります。 チェ・ヘサンという、火薬の知識に長け、国一番の武器製造技術を持つ者が、訓練の日に姿を消し、誰も火薬を作ることができないと伝えられます。 一方、チェ・ヘサンは、日本に連れて行くため拉致されているのでした。 忠寧は世子に、おそらくチェ・ヘサンは軍事情報が欲しい日本の間者に、拉致された可能性が高いから捜索を進言しますが、世子は、推測で兵を動かせないから〝手がかりを探せ〟と言います。 一方、チェ・ヘサンの人相書きを持って忠寧たちは訪ね歩きます。 忠寧は、このままではダメだ!他の手を打たねば…と オク・ファンの所へ行き、取引先に間者がいたら、反逆者になるぞ! と商団組織を動かすように頼みます。 忠寧は、チェ・ヘサンが父親の秘記を取りに戻ると読んで、世子と待ち伏せし、間者たちを捕らえ、チェ・ヘサンを救出します。 世子は忠寧の今回の手柄の褒美を受けるべきだ。父上に報告しようか?と聞きます。 忠寧は、十分報われました。手伝わせてくださっただけで、私には十分です。今後も機会をくださいますか? 朝鮮を強国するために… 世子は、私の民を苦しめる者は許せぬからな…と言うと 忠寧は、民に献身するという夢を一緒に見させてください… お力になります!世子様の手足にでも影にでも喜んでなります!と 言います。 世子は、私を世子ではなく兄と呼べる日のために?と肩を抱きます。 忠寧は師のイ・スに、民を心に抱き続ける自信がないのです… 今はただ、父の役割を果たしたい!じきに子が生まれます。 私と同じ境遇で生きる我が子のささやかな慰めになりたいのです… いくら夢を見ても…実現できない世の中を恨めしく思うでしょう。 父のようないきかたも悪くないと教えたい… 〝たとえ影として生きても、抱いた大きな夢を諦めてはならぬ。 それこそが人間らしい生き方だ〟そう慰めてやりたいのですと話します。 つづく (感想) 忠寧大君は、世子と王子の違いを、幼い時からの体験から学び、自分の立場をわきまえながら、世子の手助けをして民のために生きようと決意したんだね。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子と王子の違い」 王様は世子に、褒美を与えるか?それとも罰か?敵を倒したことは褒めよう。 だが国本が戦場に出るのは重罰に値する!と言います。 世子は、褒美をください!私にではなく、右軍総制や将兵たちにです。そして私は罰を受けますと答えるのでした。 世子は、軍器監(武器を製造する官庁)の官奴となり、この手で大砲を作ります。 敵を全滅させられず、撤退の隙を与えたことは国の不名誉です。世子としてそのような不名誉は甘んじませんと告げます。 忠寧は、世子様のことも、問責されかもしれない者のことも…昔のことを思い出して心配していたのでした。 そこが、世子様と王子の違いなのだ!世子様は権力を持ち、民に支持され臣下の信望も得ていると兄の孝寧大君に言われます。 忠寧は、権力や信望ではなく、世子様は思いのままに行動できるから羨ましいと言います。 兄の孝寧大君は、気をつけろ!と言って立ち去ります。 戦勝に沸く都では祝い酒が振る舞われ、その様子に呆れていたユン・フェが、勝ちの体裁だけ整えておいて好い気なもんだ!という一言が気になった忠寧大君は康寧浦へ行きます。 すると、世子のために、役人が商団の倉を荒らしているのは、世子が戦に参加してきたが、租税倉庫が空っぽにされたとあっては、世子の顔に泥を塗る。出陣した意味がなくなる。 勝利に水を差すバカはいないとユン・フェは説明します。 忠寧は苦しむ民の姿に怒りを覚えますが、かつて内官を死なせたことが甦り、酒に溺れていると、師のイ・スが現れ、嫉妬深い心では民は見えませんと諌められます。 そんな中、忠寧は夫人から、子ができたと報告されます。 忠寧は、私に似た…私と同じ境遇の子が…険しい世に生まれるのか…と涙を流します。 忠寧は世子の元に向かい、過ちを正したいと言います。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「大国の斜陽」 ヤンはメバクの頭に接触しますが戦いの末、正体がわからぬまま逃げられてしまいします。 ヤンはタファンに、メバクの頭が宮中にいると伝えます。 一方、タファンは... 続きを読む Read More | Share it now!