「上王との取引」 昭憲王后の廃位を求める臣下の声は日増しに大きくなり、 世子は、苦悩の日々が続きます。 元敬王后は、廃位になさるのですか?と聞きます。 上王は逆徒をかばった罪は決して軽くないのだ!と答えます。 元敬王后は、お好きにどうぞ…直ちに廃妃にして追い出せばよいでしょう!と怒った口調で言います。 中軍将チェ・ユンドクらは、私たちが王様の力になり、自分の部下を動かすと申し出ます。 そんな中、世宗は上王に、私はやっと父上を理解できるようになりました。 権力の前で正直だった父上…〝父子間でも権力は分けられぬ〟と、今は亡き太祖大王を ハムンへ流された父上を、やっと理解できました。次は私に別の教訓をお与ください。 私が刀を握るから、その矛先をどこへ向けるべきなのか…と問いかけます。 上王は、この私に刀を向けると言うのですか?と聞きます。 世宗は、それが父上の教えですか?と尋ねると 上王は、父に勝てると思うのですかと言います。 世宗は、シム・オンの命は、もう諦めるつもりです。 だからこれで終わりに…妻は守り抜きますと告げます。 上王は、逆徒を亡命させようとした罪人だと言います。 世宗は、王子の母です!逆徒として廃妃にすれば朝鮮王室の正当性が再び揺らぎます! 上王様は最初から、その程度の腹案はお持ちのはずですと言います。 世宗は粛清はシム・オンで終わりにする約束を取り付けます。 一方、昭憲王后は、父を守るために自ら廃位を決意します。 世宗は、私は廃妃にする気はない…と上王との取引を話ます。 牢にいるシム・オンは昭憲王后に、他のことは何も考えず、子供たちを立派に育てるために 生きてください… 王子はよい子です。将来この国の5代目の王となるでしょう。 王后様の手で、父親より高潔で聡明な王に育てなければなりません! 後ろを振り返ってはならないのです。未来だけを見て前へ進むのです。 そうすれば、私も安心して眠りにつけます。と諭します。 つづく (感想) シム・オンが、昭憲王后に諭す時、悲しかったわ(... 続きを読む Read More | Share it now!

「王の敵を一掃せよ」 カン・サンインは処刑され死にます。 上王、太宗は、王の世宗の敵となりえる人物を一掃しようと 企てます。 明に特使として向かわせたシム・オンを、帰国と同時に捕らえよと 上王が命令しますが、執行には王様の裁可が必要だと言われた 世宗は悩みます。 シム・オンは義父であり、裁可を迫られた世宗は追い込まれます。〝断れば、 逆徒にされる数が増えるだけ〟という臣下の言葉に世宗は、苦渋の決断をします。 昭憲王后は、父が反逆などあり得ませんと訴えますが 裁可をしたと知り、王宮は私の家ではありません!私を王室の 名簿から永遠に消してください!自分が王后にふさわしいと思った ことなどありませんし、国母の器ではないのです。だから王様の手で 私を廃位してください。その代わり父の命を奪わないでくださいと 訴えます。 世宗は、すぐに東宮殿へ連れて行け!と女官に命じます。 昭憲王后は、密かに女官のイソンを、父シム・オンの元に、 向かわせます。 イソンは、シム・オンに、お逃げくださいと伝えます。 チェ・マルリはシム・オンに、明に亡命してください。 こんな不当な命令は政治的謀略です。政治亡命して戦ってください! 今の法は悪法としか言えませんと主張します。 シム・オンは、私が帰国せねば、政治的な粛清は続くだろう! 太宗の粛清は自分で終わらせると、帰国を決意します。 シム・オンもイソンも捕らえられます。 逆徒の亡命を助けようと、国母が密かに女官を動かしたと 王后は廃位を求められます。 つづく (感想) 世宗は、臣下たちに王の廃位を求められ 窮地に立たされちゃった… きっと何が良い方法を考えつかないかな〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「カン・サンインの忠義」 世宗は、上王、太宗の宣戦布告を知り、ユン・フェを対馬に潜入させようとしていましたが、 東菜に行かせます。 その頃、東菜にある倭館では、間者から対馬に朝鮮の軍事機密が、 漏れていることが発覚します。 ユン・フェは、カン・サンインに、倭館に住む日本人に間者が紛れて、 いたと上王に報告をしますか?と聞きます。 当たり前だ!と言うカン・サンインに、ユン・フェは、 もう東菜の倭館は朝鮮の地図から消えますな…とため息をつきます。 ユン・フェは、ダニのために家を燃やすのは上王の得意技です。 間者であってもなくても、日本人の血が混じる者を全てを 殺しかねません!と忠告します。 悩んだ末にカン・サンインは世宗に、象牙牌と鳥海牌を渡し、 軍権の象徴ですので上王様にあるべき品です。 王様に、軍令を出していただきたいのですと告げます。 カン・サンインは、逆徒として捕らわれます。 上王の太宗に、なぜ裏切ったのかと問われたカン・サンインは、 上王の家臣ではなく朝鮮の忠臣として生きたいと答えます。 一方、明の皇宮では、シム・オンが王の任命書を皇帝から、 もらい、役目を果たします。 カン・サンインの拷問は酷いもので、ファン・フェは世宗に、 自分のせいだ。このまま見殺しにはできないと訴えます。 世宗は、そなたに何ができるのだ!サンインは、守りたいものがあって命を懸けた… 〝朝鮮に住み着いた者たちは日本人の血が混じっても朝鮮の民だ。彼らの命を守りたい〟 この信念を貫くため命を懸けたのだ。そなたはそれを台無しにするつもりか!と諭します。 つづく (感想) カン・サンインは世宗の忠臣を貫いたんだね。 上王はシム・オンに罪を着せて葬りたいんだね! ... 続きを読む Read More | Share it now!

「集賢殿(チピョンジョン)の役割」 世宗(セジョン)は、試験を行って集めた精鋭たち集賢殿の役人たちに、 対馬の情報収集を指令し、自分もそこで情報を収集しているのでした。 集賢殿の領殿事のパク・ウンは、対馬の情報収集は軍務で、 上王の太宗の役目だと反対します。 世宗は、外交政策にもなる。軍務であっても知っておいて損はない。 そなたが考える軍務とは一体... 続きを読む Read More | Share it now!

「新王誕生」 王の太宗が譲位を宣言したことで、臣下たちは王様の目的は何だ?と頭を悩まします。 シム・オンは、経験の浅い世子を振り回した臣下に対する戒めです。 責任は左議政様にあるから、収拾にあたるべき。今すぐ辞職してくださいと話します。 世子は、譲位を撤回してくれるよう頼みますが、 王の太宗は、陰ながら父が支えます。だから安心して国王におなりなさいと言うのでした。 臣下たちは、一斉に譲位の撤回を求めますが、太宗は譲らないのでした。 そんな中、雨が降ってきます。 太宗は、余が王になって今年で18年。もう思い残すことはない。 このまま続ければ新王のお体が冷え切ってしまう!と言います。 太宗は、新王が... 続きを読む Read More | Share it now!

「新世子の試練」 忠寧大君は遂に世子になります。 王様は、世子の冊封を急がねばならぬ。明への報告を送る使節を いつ送れば良いかと聞きます。 そんな中、明国の言葉を学ぶことを許可できないと言われた忠寧は、 教わるのに身分は関係ない。もうすぐ明国に朝見に行くのだからと 説得しますが、 パク・ウンは、つたない言葉で皇帝に挨拶でもするのですか? 世子の体面に関わると反対します。 一人で明国の言葉を勉強していると、世子妃の世話係イソンが 流暢な明国の言葉を話しながら現れます。 そんなある日、日照り続きで餓死者が出ている都の様子を見た忠寧は、苦しんでいる民が 〝立派な世子を追い出して、突然第3王子を世子にしたから天が怒った〟と囁いているのを聞きます。 そんな中、パク・ウンは民を鎮めるために祈雨祭を提案します。 失敗が許されない新世子は、雨を降らせる方法を見つけようと、 不眠不休で書物をあさりますが、その方法が記されてるものがなく、 天を動かす方法が見つからないと涙を流します。 一方、新世子の師匠イ・スは、罷免されたファン・ヒを訪ね、 これからは、私の弟子ともがいてください。弟子が危機に瀕しているのに、 救う方法が分かりません。一緒にもがく方法すら私には分からないのです。 新世子様の政治の師になってください!私はそのような器ではありません… きっと新世子様は希望という形で応えてくれるはずですと頼みます。 そんな中、世子は倒れてしまいます。 王様は、何も食べずに、書物をあさっていたのか…さすが賢者と言われる者の行動だな… 民の苦しみに同情して救う方法を探していたのか?と聞きます。 世子(忠寧)は、私は... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子の本音」 世子は病気になったオリを宮廷に連れてきます。 不届きものめ!と怒る王様に、世子は、早く医官を呼んでください。 お腹に私の子がいますと言います。 世子はオリを自分の部屋に寝かせます。 世子は王様に、妻に仕える女を側室にするのも、臣下の側室を奪うのも、 さほど変わりませぬと生意気な口をききます。 世子は、世子妃を離縁したい。初めから情はなかったし、 父上の言い付けで妻にし嬪宮殿に通ったのです。操り人形は、もう たくさんです。妻は二人もいりません!そこが父上と違うと言います。 王様は、どこまで王室の規則を破り父に刃向かう気だ!と激怒します。 世子は王の真似をしているだけと答えます。 王様は、お前をかばいたくても、もはや世間や臣下たちが、 お前を世継ぎとは認めまい。私もそろそろ限界だ…これ以上お前のことを許せない。 出来が悪くても、お前への期待は捨てなかった。父の言葉に背いてばかりだったが、 それでも…と言います。 世子は、それは執着と言うのです。たとえ期待だったとしても… それは私だからではなく長子だからです。父上は私ではなく、 自分に腹を立てている!長子相続制が崩れそうだから悔しいだけなのです!と刃向かいます 王様は、こいつを追い出せ!今すぐ王宮から放り出して、もう二度と 中へ入れてはならん!と命じます。 上王は、かつて王家の正当性を否定した忠寧大君を問題視し、 聴聞会を開きますが、忠寧は、反対勢力や政敵を武力で押さえ込み粛清するのはもってのほか。 今もそれが国を維持する方法だと言うなら、正当性を認められないと信念を曲げないのでした。 そのせいで、世子の地位が孝寧大君に移ろうとしていた時、 世子は孝寧を王宮かの外に呼び出し、賢者とはもっとたくましいものだ…理想のために突き進む者。 それでこそ賢者だ…〝お前に譲るために父上を苦しめたのではない〟と告げます。 一方、オリは世子様を追い詰めたのは自分だと手紙を残し、 水の中に入って自害します。 そんな中、忠寧は否定する国のために献身できるかと聞かれ、 努力します。妥協点を探そうと努めればきっと歩み寄れます。 お互いの意見を尊重していけば最悪でなく、最善の結果を得られる はずです。1人ではなく臣下たちと共に力を尽くしますと答えます。 王様は世子に、弟に王の座を譲ったお前に〝譲寧〟という称号は ぴったりだと話します。 譲寧は、ふつつか者の私には身に余る名前だと答えます。 王様は、お前を捨てたのではない…と告げます。 忠寧は、戊戌年6月3日世子になるのでした。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「父王の願い」 王は忠寧に、世間はお前が賢者だと言う… もし私が長子を捨て、賢者を世継ぎとし立てると言えば、 お前は受け入れるか?と聞きます。 忠寧は、私は賢者じゃありません。機会をくださるなら真の賢者に なれるよう精一杯努力します。と答えます。 そこへ王后が突然入ってきて、努力などするな!何もするな! 今の話はなかったことにしてください。誰の入れ知恵ですか? 彼らを斬って、廃位など主張できぬようにしてください!と激怒します。 下がれよ!と王様は言いますが、 王后は、私が下がれば忠寧に機会を与えるつもりですか? この子は意味を分かっていません!と声を荒げます 王后は忠寧に、お前は血を分けた兄を敵に回すのだぞ! それでいいのか?争いはどちらかが倒れるまで続く!お前はそれを 知っているのか!と叫びます。 王様は、実の兄を敵に回して戦う覚悟があるのか?と聞きます 忠寧は、受け入れます。世子様の政敵になる覚悟はあると答えます。 王后は、決してお前を息子とは思わぬ!と忠寧に言い渡します。 そんな中、王様はファン・ヒに、世子を助けたいなら、 側近を斬る心の痛みを知らしめるのだ。処刑後すぐ、余と重臣たちに謝らせろ! 自らの罪を認め、2度と繰り返さぬよう謙虚に反省させるのだと命じます。 聞き入れないでしょうと言うファン・ヒに、王様は、では... 続きを読む Read More | Share it now!

「逆徒か賢者か」 忠寧は、鏡城に現れた世子を出迎え、軍の撤収をしなければ、 世子の地位を奪うと言います。 世子は、相変わらずだな!いまだに身の程知らずだ…道を開けろ! 逆徒になるぞ!死にたいのか!と怒ります。 忠寧は、お断りします。私は世子様と戦う気も勝つ自信もありません。世子として逆徒を 斬るのではなく、あくまで兄として逆らう弟を殺すのです。なぜなら逆徒は世子様だからです。 世子様、あなたは朝鮮の逆徒です!と応酬します。 世子は、逆徒を捕らえろ!と命じます。 そこへ、ユン・フェが村人たちを連れてきて、では先に... 続きを読む Read More | Share it now!

「忠臣たちの決断」 世子は、王と王后が湯治に出かけた隙に中央軍を従え鏡城に向かいます。 ファン・ヒは兵判と国防長官に、世子様はどこに?問い詰め、 世子に数千の出兵を許したと聞いて激怒し、王命もなしに数千の兵だなど、 そなたは何も考えない大バカ者か!と憤怒します。 兵判は、世子の性格は、臣下が諌めても耳を傾けると思うか? 誤りだったとよく分かってる。だから今からでも対策を練りたいのだ! この危機を脱する道を探さねばと泣き言を言います。 ファン・ヒは、自分たちの地位を守る道か?それとも国を守る道か?と声を荒げます。 兵判は、このままでは世子様の命が危ない。王様の耳に入る前に… と焦ります。 ファン・ヒは、私は無関係だ!勝手にすればいい!と立ち去ります。 一方、世子の妾のオリはシム・オンに、北伐作戦を明かします。 シム・オンは、なぜ進軍の事実を私に明かした。この事実が世に 知れたら世子様の命が危うくなる。誰がそなたに指示を? 世子様の失脚を狙い、そなたを送ったのは?と迫ります。 オリは、そんなことよりも、忠寧大君の命が大切ではありませんか? 鏡城は戦で火の海になります。今すぐ飛んで行きまずは王子の命を 守るべきですと話します。 ファン・ヒは世子を、シム・オンは忠寧大君を、心配し頭を悩ませるのでした。 シム・オンは王様に、世が兵を率いて北方に向かったと伝えます。 王様は、都に戻る!すぐに支度せよ!と怒ります。 ファン・ヒは悩んだ末、世子に会いに行き、世子様は間違っている。 臣下の言葉を聞きもせず独断する。側近には... 続きを読む Read More | Share it now!

「母国の重圧」 領事政ユ・ジョンヒョンは忠寧大君に、イ・チョンは命を助けますが無罪にはできないと 兵卒として軍役につかせると言います。 そして、イ・チョンが犯した最大の罪は、誤った命令に忠実に 従ったこと。敵を挑発してでも征伐の大義を作れという命令に従った者は罷免され罰を受けた。 命令を下した世子様はどう罰すべきでしょう?と問います。 忠寧は、罰は必要ない…世子様は誰にも罰せない…と答えます。 それを聞いたユ・ジョンヒョンは、どうやら野心を持つ資格がないようですな。 公私の区別もつかず私的な情に流され、兄弟の保身を優先する者に王となる資格はありません。 蓋をしたいのですか?と厳しい意見を言います。 忠寧は、世子様の過ちを隠す気はない!世子様を罰せるのは 自分自身だと言っているのだ。世子様は後の国王。国王を罰せる家臣がいるのか? 過ちを認める機会を差し上げてくれ!そうすれば、 世子様が王座に就いた時臣下たちの忠言に耳を傾けるだろうと頼みます。 一方、ファン・ヒは世子に、手のひらで太陽を隠すことはできません。直ちに王様に 〝征伐をするために大義が必要で王様の命令に背き、火筒軍を北方へ送った。 大義を作るために敵を刺激して挑発した〟と罪を告白し許しを請うのですと助言します。 その頃、オリは、シム・オンに、私は世子様の女です。前中枢府事クァクの妾でもあります。 世子様に今の座を捨て妾になれと言われました。シム様と取引がしたい。 〝世子が両班の妾を寝取った。上王の妾に手を出し笑い者になっても 懲りない。不道徳な愚か者を王座に就かせるな〟と世間に広めて 世子の廃位を求め、廃位になった哀れな情婦を迎え入れるから 家を一軒と命だけは助けてください。世子様を私一人のものにしたいと言います。 そんな中、世子妃がオリのところへ訪ねてきて、心から世子様を慕っているのか? 自ら身を引くのが道理だ!と言います。 オリは、世子妃がもっと優しい方だったら、世子様は私の所になどおいでになりませんでしたと 答えるのでした。 オリは世子の子を身ごもっているのでした… 一方世子妃は、夫の不倫を知り砒素をもってこい!と叫び、 自殺を図ろうとし、王后が理由を聞きます。 その頃、世子は、部下から、のしろが上がらないと計画は失敗だ。 どこから情報が漏れたのか調べるように命じ、中央軍を送る別の方法を探せと命じます。 そんな所へ王后が現れ、世子を諫めようとしますが、 世子は、妾のオリを王宮に住まわせる。彼女は身ごもっていると言って出ていきます。 その直後、王后は倒れ意識を失い、危篤状態になります。 意識を取り戻した王后と王様は湯治に出かけます。 その隙、世子は中央軍を従えて鏡城に向かうのでした。 つづく (感想) オリは、一体何を考えているのかしら? 世子を心から慕っているようでもないし… 世子も女癖が悪すぎて、世子妃も可哀想だわー☆*:.。.... 続きを読む Read More | Share it now!

「女真族の攻撃」 チェ将軍を罷免して実権を握ったイ・チョンは、女真族を挑発したため、村が女真族に襲われ火をつけられ民が殺されます。 そんな惨劇を見た忠寧は、無関心を装っていた二年間を後悔します。 イ・チョンは、女真族を刺激し、村を襲わせることで大義名分ができたと世子に報告します。 重臣らは急変した北方情勢をいぶかりますが 世子は王様に、征伐することを主張します。 一方、忠寧はチェ将軍に、自分は世の中に絶望しながら、自分自身にも絶望していたのです。でもそれは間違っていた… これからは、鏡城の民として生きます。隣人と心を交わし合って、 私にできる手伝いをしながら残りの日々を過ごします。それが、 唯一... 続きを読む Read More | Share it now!

「外戚ミン家の終焉」 ミン兄弟は、暗殺疑惑と下三道の私有地が明るみになり謀反を 問われ潔白を証明するために自害せよと世子に命じられますが、 拒否します。 世子は遠地に送り賜死させろと命じます。 王后は、遠地に送られる弟たちに、すべては私の責任だ! 復讐を命じた〝姉を許すな〟と詫びます。 一方、忠寧は敬寧から、ミン兄弟の件を聞かされます。 忠寧は13歳の時、王様に... 続きを読む Read More | Share it now!

「世子の正当性」 王后が敬寧の殺害を命じたと聞いた王様は、王后に問いただします。 王后は高笑いし、泣きわめいても見苦しいだけです。 今ならあなたの本性が分かる…いかに残酷で人間味のかけらもないか…交わした約束や信頼など、 いくらでも裏切る人だと気付かずに 無駄なことをしました!昔の私は若すぎたのです。だからあなたの約束を信じた。 妻であり同志の私に生涯... 続きを読む Read More | Share it now!

「北三道(プクサムド)の現状」 忠寧(チュンニョン)大君が北三道の鏡城に送られてから2年。 その頃、王は世子に、軍務と外交を除く政務を代行させていた。 世子は北伐を望み、軍資金確保のために土地制度の改正を提案する。 軍部のイ・チョンを鏡城に送り様子を探らせていました。 イ・チョンは忠寧に、鏡城を守るチェ・ユンドク将軍は、女真族を見逃しながら、 村人からは搾取する、そういう男なのですか?と聞きます。 忠寧は、私に聞かずとも見ての通りだ…と答えます。 イ・チョンは、なぜ... 続きを読む Read More | Share it now!

「高麗王室の遺言」 高麗革命軍は王宮に作られていた秘密の通路を使い侵入します。 世子らは通路で待ち伏せし激しい戦闘を繰り広げます。 忠寧は、北方へ行く途中イルチからの文を読み、急いで王宮に戻り イルチらが王の執務室を目前にした時、忠寧がその前に立ちはだかります。 忠寧は、私が謝る!たとえ父上は最期の時を迎えても謝らないだろう。 そんな父だと分かっていても放っておくわけににはいかなかった…私では不服か? 父上とこの国に、罪を問うと言うなら、この私が背負っては駄目かと言います。 イルチは武装してない忠寧に手が出せないでいると、ムビが現れて忠寧を斬ろうとした瞬間、 イルチが忠寧を庇い斬られます。 瀕死のイルチは忠寧に、体を起こしてもらい、まだ教えていない明国の言葉がたくさんあるのに… 敵だと知りながら私のような者を師匠と呼んでくれた、友と呼んでくれた愚か者をこの世に1人ぐらい 残しておくのもいいだろう…と言うと絶命します。 忠寧は涙を流すのでした。 オク・ファンは、敗北を確信すると、1人で王宮に行きます。 オク・ファンは王様に、自分がお前の最後の敵になることを祈る。と言って自害します。 一方、王様は臣下たちに、体調が優れないから、ユ・ジョンヒョンに六曹の長を 始めとする要職に関しの人事権を与える。軍事と外交を除く政務を世子に代行させると告げます。 世子は、人事権と軍権は渡さないと言うのか…と呟きます。 世子派は政務代行は譲位に向けた布石だと誰もが喜びます。 つづく (感想) イルチは、やっぱりいい奴だったんだね! 敵じゃなかったら、忠寧大君にとっていい腹心になったと思うわ… ... 続きを読む Read More | Share it now!