「命懸けの救出」 リンはパク領議政に捕らえられ、トハもサダムの手中に落ちてしまいます。 スリョンはトハ頬を打ち、お前のせいだ!いつもそうだ。お前ごときの せいで大君様の身が危うくなる!分からぬか?お前には何もできぬ。 大君様のためを思うなら死ね!大君様はお前のような卑しい巫女が慕って よい方でわない!と責めます。 トハは、分かってます!と叫びます。 サダムはスリョンに、私の巫女です!どうかお控えくださいと言います。 一方、あの世に向かったムソクの魂は、三途の川にたどり着こうと していました。 その頃、サダムは蒼天塔の完成が近づき、龍神様の昇天も近い。 これで龍神族の世がやってくると高笑いします。 トハは龍神様を蘇らせるというサダムの計画に、龍神を昇天させる ためには、自分の血が必要だと知って毒を飲み、死のうとします。 そんな中、パク領議政はリンを殺そうとしていましたが、サンホンが ひとりで救出に向かいます。 しかし、リンが殺されそうになった時、リンとサンホンは、突然姿が 消えてしまうのでした。 リンはサンホンから受け取った薬を飲み、ムソクをこの世に連れ戻しに行きます。 ムソクはこの世に戻りますが、リンは目を覚まさないのでした。 その頃、リンはリンが無事だと分かるまで解毒剤は飲まないと サダムに言います。 一方、リンが目覚めます。 サンホンはリンとムソクに、御宝を見つけましょうと言います。 ムソクは、御宝とは玉璽のことですか?と聞きます。 サンホンは、違うます。王室代々…もっと遥か昔、この地を治める者のみ 許された宝、それが御宝です。パク領議政が手に入れる前に、 見つけ出さねば…今はトハより御宝が先ですと言います。 御宝はチョンス大妃が持っているのでした。 つづく (感想) リンが命がけでムソクを助けに行き、この世に戻ることが できたけど、トハはサダムにも捕まっていて苦しんでいるんだよね。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「欲望の化身」 パク領議政政は兵を挙げて宮中を掌握し、キサン君を幽閉します。 パク領議政はチョンス大妃に、私が摂政となり国政を正しますから 御宝を渡しなさいと言います。 チョンス大妃は、御宝を手にできるのは朝鮮の王だけだ!と激怒します。 一方、サダムは掛け軸からトハの姿が消えているのに気づき、 誰が結界を破り巫女を連れ出したのだ?月光大君!許さんと 憤怒します。 リンはトハに、冷たく突き放して悪かったと謝ります トハは、私を心配なさったゆえだと分かっています…大君様のことを 傲慢な道楽人だと思っていました…でも一緒に過ごすうちに、私と 同じ孤独な人だと気付いたんです。いつしか私の心は大君様で いっぱいになった…〝お慕いしてはいけない〟気持ちを抑えようと しても無駄でした。私にできることはここを去ることだけ…それでも 大君様のお役に立つことができてうれしいですと打ち明けます。 リンは、行くな…そばにいては危険だ…だが... 続きを読む Read More | Share it now!

「裏腹の想い」 鬼神が宮中の者たちを襲って、宮中が大騒ぎになってると聞いた キサン君に、リンは、私が退治する。私とこの娘(トハ)が王様を お守りしますと言います。 鬼神の怪物を対城するために向かったリンとトハそしてムソクは、 悪鬼と化したヨンウォルを見つけます。 リンとムソクが剣を向けると、トハは、お姉ちゃん?お姉ちゃんと 言って近づいていきます。 ヨンウォルはトハの首を絞めるが、トハの腕輪の鈴が鳴ると、手を 離しどこかへ行きます。 トハは、ヨンウォルに姉ヨンハの魂が宿っていることに気づきます。 そんな中、恐怖で正気を失ったキサン君が女官たちを殺し始め、 宮中は混乱します。 ヨンウォルはリンの四寅邪剣を自分で突き刺し、命を絶ちます。 リンはサダムに、父上の乱心もトハの姉のことも、大勢の夜警隊や 民の死もお前のせいだ!お前を倒し全ての悪縁を絶つと剣を向けます サダムは、すべては大君様が大事になさるトハの姉ヨンハのせいだ。 ヨンハは先の王に恋し私と取引した。欲望の代償に自分の魂さえ差し 出した。すべての災いはヨンハによるものだ!と話します。 リンは、そんなはずはない!偽りを言うな!と殺そうとしますが、 結界が邪魔をし剣が届かないのでした。 一方、トハはヨンハを抱きしめ泣きます。 ヨンハは、すべては私の執着のせいだったの…お慕いしていた王様を 乱心させてしまった…どうか... 続きを読む Read More | Share it now!

「2人のトハ」 リンとムソクは2人のトハを見て戸惑います。 サンホンは、腕に夜警隊の刻印がある方が本物のトハだから、 見せろと命じます。しかし2人には刻印があるのでした。 リンはスリョンを訪ね、昨晩なぜトハを呼んだのだ?と聞きます。 スリョンは、大君様が大事になさる女子と聞き、大君様に迷惑を かけぬよう諭したのですと答えます。 リンが、失礼すると言って立ち上がろうとします スリョンは、この国の規律をお忘れですか…トハをそばに置かれたくても、 身分の差は越えられません…大君様の妻になるのは私です。 あとからトハを側室に迎えても口は出しませんと話します。 リンは、私のことは自分で決める!と言って立ち上がります。 一方、サンホンは、この鏡を使い九尾狐の尾を燃やせば、サダムの 変化の術を破ることができると言います。 リンは、その鏡はどこにある?と聞きます。 サンホンは、夜警隊が解散するときに私が隠したと答えます。 そんな中、サンホンは偽のトハに傷付けられ、重傷を負います。 一方、チョンス大妃はパク領議政に、リンとスリョンの縁談話を 進めもうとすると、その会話を聞いたキサン君は、スリョンを 側室に迎えると宣言します。 サダムはキサン君に、スリョンは王様と相反する気の持ち主です。 王様の陽の気がきえてしまうから、亥の生まれの巫女がいいでしょうと話します。 サンホンはリンに、月の気で変化の術を破る月光鏡を渡し、 ムソクには、鬼気を祓うナツメの木の灰の鬼出粉を渡します。 リンを襲う偽のトハを、ムソクは倒します。 一方、トハはスリョンを訪ね、なぜ私を倉庫に閉じ込めたのですか? まさか偽物と入れ替える為に私を呼んだのですか?サダムと手を組んで?と聞きます。 スリョンは、何を言うのだ!とシラを切ります。 トハは、お嬢様がお持ちの人形は呪いの道具です。純粋な心の 持ち主が使うと危険です!と忠告します。 そんな中、トハはサダムにキサン君の寝殿へ連れて行かれます。 幽霊3人衆に王様の夜とぎにさせられると聞いたリンは憤怒し、 放っては置けぬと寝殿に向かいます。その後をムソクも追います。 つづく (感想) サダムにトハの姉ヨンハの魂をヨンウォルに入れられていたけど 記憶が戻り、サダムに襲いかかります。サダムに縛り付けられていたけど、 宮中に入っていき、女官たちを殺し始めたのは何故かしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「サダムの秘術」 リンはトハの助けで鬼気から抜け出すことができ、自分が正気に 戻ったことを知らないサダムに、憶鬼に取り憑かれたフリを続け、 油断させます。 そんな中、憶鬼を倒すには四方を囲み結界を張るひつようがあるが 人数が足りないという話を聞いた元夜警軍のメン・サゴンは、 俺がやりますよ。俺の実力を見せ付けてやると復帰を宣言します。 リン、ムソク、トハは共に結界を張り憶鬼を倒します。 リンたちはは逃げたサダムを追いかけ、ムソクは護符を飛ばしますが 効かないのでした。 トハも戦いますが、サダムに跳ね返され首を絞められます。 リンは渾身の力で四寅斬邪剣でサダムの心臓を貫き倒します。 確実に消滅させるために、死体を焼き払います。 怨鬼が入った杖を焼きますが燃えないので、杖を封印することにします。 翌日、王様に会いに行くと、サダムが生きているのでした。 リンは驚愕します。 サンホンは、死体を変化させる秘術を使ったのかも…倒したのは 偽のサダムだったではと推測します。 そんな中、キサン君は塔の建設現場で落石事故に遭いそうになり ムソクが危険を感じ助けます。 命の危険にさらされたキサン君は反逆者を探し出すと憤り、 無実の民を監禁し生贄にしようとサダムにそそのかされます。 サダムはスリョンに、私が操る鬼神の人形ですと、トハとそっくりの 娘を見せます。 サンホン、リン、ムソクは、監禁されている民たちを逃がします。 一方、トハはスリョンに呼び出されますが、スリョンが出した飲み物 のせいでめまいがして倒れてしまいます。 そして、鬼神の人形が偽のトハになり、宿に帰ってきます。 ムソクは鬼神のトハに、鬼針盤が壊れたと打ち明けると、 偽のトハは、私が鬼針盤の代わりになると言い、ムソクにいい寄ります。 そんな二人を見たリンは、何をしていると怒ると、もう1人のトハが 現れます。 つづく (感想) 2人のトハを見たムソクとリンは、どちらが本物か分かるかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「千年花の光」 憶鬼は眠っているリンの枕元で、魔術をかけます。 一方、王のキサン君は、月光大君(リン)を蒼天塔健立の責任者に 任命します。 リンはサンホンに、龍神イムギを昇天させる塔を私に任せるとは… と話します。 サンホンは、大君様を盾にして民の反発をかわすつもりでしょうと 言います。 その頃、トハは房主のヨンウォルが無事か確かめようと梅蘭房に 忍び込みますが、ヨンウォルの態度は以前と違い別人のように 冷たく、トハの部屋で過ごしたことは覚えてないのでした。 トハはムソクにその話をしているとサンホンが現れ、梅蘭房の房主 には二度と会うな。あの者に近づけば互いに傷つくだろう…と忠告 しますが理由については口を閉ざすのでした。 そんな中、リンはキサン君に、私の王座を取り戻す!と剣で殺す 夢を見ます。 一方、サダムはキサン君に、朝鮮をさまよう怨霊たちを供養する 薦度斎を行えば、王様を苦しめる頭痛も治るでしょうと勧めます リンは王様はサダムに利用されてるから、薦度斎を止めようと 言いますが、ムソクはそれでも王命は絶対ですと席を立ちます。 サンホンはムソクに、サダムの野望を打ち砕きイムギを葬り去る ことこそ王室と朝鮮を救う真の忠義だと話します。 ムソクは、私には鬼神が見えない!そんな私に夜警隊の役目が 果たせるでしょうか…とためらいます サンホンは、私と互角に戦える腕前なら夜警隊として十分ですと 告げます。 ムソクは、ですが羅針盤がなければ鬼神も見えませんと言います。 サンホンは、私も最初はそうでした…鬼神を退治するうちに心の 目が開き鬼神が見えたのです。心配いりませんと話します。 薦度斎の儀式当日、サダムは杖の中に怨霊を集めます。 黒い雲が現れ鬼気が増大します。 リンは杖を奪おうとしますが突然の激しい頭痛に襲われ屋敷に 帰り横になります。 トハは幽霊3人衆から、憶鬼が現れてからリンの頭痛が始まったと 聞いて、行ってみるとリンの姿が消えていました。 リンはスリョンに会い、お前を遠ざけていたようだ。これまで 私のために苦労が多かっただろう…二度とお前の心を傷つけたりしないと言います。 スリョンは、私を受け入れてくれるのですねと喜びます。 リンは、私の志を遂げるために力になってほしいと言います。 スリョンは、大君様のためならどんなことでも耐えられますと答えます。 リンはスリョンを抱きしめますが、表情はどこかおかしいのでした。 そんな二人を見たトハは、涙をこらえ立ち去ります。 ムソクはトハに、お前が傷ついたり胸を痛めたりするのは私も 見ていてつらい…とハンカチを手渡します。 リンに憶鬼が憑いていて、乱心したかのようにサンホンを切りつけ、 ムソクは護符を使いますがリンは倒れてしまいます。 目を覚まさないリンは憶鬼と戦っているのでした。 トハはサンホンに、大君様を救えるのは千年花だけだと言われ、 トハは祈り、千年花を浄化させます。 リンは目覚めると、トハが倒れていることに気が付きます お前が助けてくれたのだな…と抱きしめ合い口づけをします。 つづく (感想) リンに憑いた憶鬼を出したトハは、巫女というだけじゃなく 愛で、リンを助けたんじゃないかしら〜 だけどスリョンは、リンが取り憑かれていたことはしらないから リンが、自分を受け入れてくれたと思ってるよね(~_~;) ... 続きを読む Read More | Share it now!

「操られた記憶」 リンは、パク領議政の屋敷に行き、怒りで震えながらははの血書を 突きつけようとします。 そこへ、幽霊3人衆の中の一人、ランイがそんなリンを必死で どうして王妃様の気持ちが分からないの?と思い止らせます。 スリョンはパク領議政に、大君を手に入れるためには、父上の力が 必要だから、大君に負けない強い父上でいてくださいと言います。 リンはサンホンに、王妃の血書を見せ、パク領議政はひどすぎます。 母を手にかけておきながら、私を案ずるフリをしていた!そうとも知らず、 あの者に感謝していましたと激怒します。 サンホンは、落ち着いてください。人前で激高してはなりません! 今はただ... 続きを読む Read More | Share it now!

「王妃の手紙」 リンは疫神を退治し、ムソクはイナに首を絞められますがリンが 気がつき、イナに護符を付けます。 リンはイナに、お前は悪鬼にならずともよいのだと話します。 イナが見えないムソクは、どうなりましたか?と聞きます。 リンは、これでイナは... 続きを読む Read More | Share it now!

「戦いの決意」 王のキサン君は天然痘を理由にリンを罷免し、リンやムソクが 止めるのも聞かずサダムを宮中に呼び戻します。 キサン君は、疫神がまとわりついて入る気がすると、サダムの手を 握ります。 サダムは、王様は決して疫病にかかりません。私がお守りいたしますと言います。 一方、リンは再び秘蔵庫を探しに行き、サダムが龍神イグムの傷を 治癒するのを目撃します。 リンはムソクに、サダムを阻止せねばならぬと言いますが、ムソクは邪教を否定します。 リンはムソクを説得しようとしますが、 ムソクは、幼い頃父と母を一度に失いました。死にゆく妹を前に 無力な自分を恨み、邪教の秘術を使っても、助けたいと思ったものです。 ですが、何をしても無理でした…と言うと立ち去ります ムソクの協力が得られないまま帰ってきたリンにトハは、いつか わかってくれるはずです。元気を出してくださいと励まします。 リンは、元気など出るものか…お前が距離を置くせいで、ちっとも 元気が出ない。私を遠ざけるな…と言います。 トハは、いいえ。私はこれからも大君様と距離を置きます。 そうしなければ、後で私がつらくなるのです。だから手伝ってくださいと話します。 リンはトハを抱きしめ、私は決してお前を苦しめたりしない!と 離さないのでした。 一方、スリョンは、抱き合うリンとトハを目にして復讐を決意します。 翌日からスリョンは別人のように、冷たい女性に変わってしまいます。 そんな中、トハが突然姿を消し、サンホンはリンに、部屋から強い 鬼気を感じたと話します。 リンとサンホンは、トハを捜し回ります。 トハの体に入ったイナは、兄のムソクに会いに行き、私の兄上と ムソクの顔を触り、私よ…イナ…と言います。 ムソクは、頼むからやめてくれ!どうして俺の心の傷をえぐるのだ! と叫びます。 トハの体に入ったイナは、全部見てたわ…とイナの服を抱き泣き、 私よ…兄上…と必死に言います。 ムソクは、まさか…イナなのか?と聞きます。 トハの体に入ったイナは、兄上…私... 続きを読む Read More | Share it now!

「眠れる龍」 宮中の女官たちも疫病にかかり、都でも疫病が蔓延し大混乱に陥ります。 トハとリンは疫神の仕業だと疑いますが、鬼神が見えないムソクは 魔物の存在を信じないのでした。 一方、王のキサン君はスリョンを拷問にかけ、自ら尋問を始めます。 そんな中、パク領議政は王様が娘を尋問していると聞いて、 その場に現れ、尋問より疫病が流行して深刻な状況です。都は死体で あふれかえっていますと言います。 キサン君は、薬を与えれば拡大は防げる!と答えます。 パク領議政は、疫病に使う薬剤は梅蘭房にしかありません! 薬がなければ大勢の民が死にますと訴えます。 その夜、ムソクは疫病で死んだ妹イナの夢を見ます。 一方、サダムは民の間でリンがキサン君の王位を奪うために疫神を 呼んだという噂を広める計略をします。 チョンス大妃も疫病にかかります。 そんな中、サンホンは四寅斬邪剣を手に、たった一人で疫神を倒しに 行きますが、倒されてしまいます。 そこに、リンとトハが駆けつけると、サンホンの後ろにイナが 立ってるのが見えるのでした。 リンとトハは、イナと疫神を追いかけてますが、梅蘭房の近くで 見失ってしまいます。 トハは、梅蘭房にサダムが隠れているのです!と言います。 リンはサンホンに、夜警術を教えてください!隊長の代わりに私が 戦いますと話し、トハも私も戦うと言うのでした。 サンホンは、2人だけで戦うのは無理ですと答えます。 リンは疫神と戦うためにムソクを説得に行きます。 そんな中、民たちがリンが疫神を呼んだと集まり責め立てます。 サダムとパク領議政が手を組み、スリョンは釈放されます。 つづく (感想) ムソクの妹イナは、サダムの使いだったのかしら? ムソクを心配して、そばにいるのだと思ってたんだけどな〜 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「各々の宿命」 サンホンは都に怨霊を集めたのはサダムだったと知り、 リンに12年前の出来事を語り始めます。 サンホンはリンに、12年前先王は大君様の病を治すため、白頭山の 千年花を手に入れるためマゴ族に会いに行きました。しかし千年花を 咲かせる巫女が龍神族にさらわれてしまい、先王は神の弓で 龍神イムギの昇天を阻止しました。全て解決したように思われましたが、 サダムの術により千年花が病み先王はその花のせいで我を失ったと話します。 そこへトハが現れて、龍神族と言いましたね?サダムが姉を 連れ去ったんですか?あいつが私に近づいたのは姉と一緒にいるから? どうか教えてくださいとサンホンに聞きます。 サンホンは、サダムがお前に?マゴ族に近づいたのか… つまりサダムの狙いは…イムギの昇天ですと話します。 一方、パク領議政は、夜警隊長のサンホンが生きていたことに驚きます。 その頃、サンホンはリンに、夜警隊を潰した張本人はパク領議政で しょうと言います。 リンは、私の敵は王様だけだと思っていました。今では敵数の見当も つきません。何かを突き止めようと決心すれば皆が邪魔をする! 父上はどれほど大きな秘密を抱えていたのですか?と興奮します。 リンは、恐ろしい目と突きつけられた剣…記憶にあるのは、 あの時の父上の姿だけ…もし何もかも偽りならば、父上をおとしめた 者たちを許しません。サダムも領議政もその女人も!決して許さない!と 激怒します。 トハはリンに、病床の王子様を案じて一睡もされず、私にも温かく 接してくれた…それが私の知る先王のお姿です。これには先王様の お心が込められていますと先王が落とした物を渡します。 サンホンはそんな2人を見て、自分はどうあがいても夜警隊が天職だ。 心のままに生きるしかない…と呟きます 一方サダムは疫病神を呼び寄せます。 王命で、薬剤専売けんを利用した罪でスリョンが投獄されます。 スリョンは、リンが一度も会いに来てくれないと父親のパク領議政に 泣きながら言います。 しかし、領議がリンをスリョンに会わせなくしていたのでした。 泣いて訴えているスリョンを見たムソクは、自分の妹のイナが疫病に かかった時、スリョンが薬を持ってきてくれた時のことを思い出します。 トハはムソクの背後に、彼の妹のイナの霊がいることに気づきます。 トハはムソクに、兄上に話があるって…後ろにいますと教えます。 しかし、ムソクにはまったく見えないので、妹のことでからかうのか!と怒ります。 トハは、そうではありません!鬼神を見る者として彼らの話を 生者に伝える義務があるんです。お望みならお聞かせしますと言います。 ムソクは、話を聞かず行ってしまいます。 リンとトハは、秘蔵庫の奥に隠した神の弓で、イムギの逆燐を 破壊しに行きますが突然ムソクが現れ、3人はイムギの眠る場所に 向かいます。 しかし、サダムに扉を封じられ、中に入れないのでした。 そんな中、宮殿に入っていく鬼神を見たリンたちは追いかけていくと、 女官たちが疫病で倒れているのでした。 つづく (感想) サダムが来た時に、房主の顔がトハの姉の顔に一瞬なったけど もしかして、房主が姉なのかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

「怨鬼たちの叫び」 サンホンはリンの肩を思わずつかみ振り向かせると、その顔を見て 目を丸くして驚きます。 リンは、どうしましたか?と聞くと、サンホンは人違いだったと答えます。 恵宗王が死んだ時、大けがをしたサンホンは一度死の世界の 入り口まで行きますが、そこで、あの世の案内人が、これからは 人間らしく生きるのだ。鬼神に心を向けず、人間に関心を持て! もしまた鬼神に関われば... 続きを読む Read More | Share it now!

「深まる絆」 旅館のオッメはサンホンを呼び出し、心に決めたお方を忘れるまで、 待ち続けますと告白します。 サンホンは、待たないでください。時を無駄にするだけですと 答えます。 そんな中、腕に傷を負ったムソクはドハに、薬を塗ってもらい、 ドギマギします。 リンは、そんな2人を見ながら嫉妬を感じます。 女官を切りつけた王キサン君は、チョンス大妃の部屋を訪れて 昨晩はいささか飲み過ぎましたと失態を詫びます。 チョンス大妃は、あまりにも落ち着かない様子のキサン君に、 何事もありませんでした。大切なお体なのです。お酒はお控え くださいと言います。 キサン君はサダムに、邪教に染まった王だと皆が噂しておる。 宮中で派手な祭儀でも行うつもりか!と平手打ちし、その口車に 乗せられるほど余は愚かではない!と声を荒げます。 キサン君に平手打ちされて激怒したサダムは、梅蘭房のヨンウォルに 会いに行き、ある取引をします。 リンは、トハがサンホンに、父と母が死んだのも、姉が姿を消したのも、 私が不吉な子だからって…と話しているのを立ち聞きし、 自分も同じ経験をしてきたことを思い出します。 リンは、気持ちを抑えきれなくなりドハに、お前はバカか?お前の どこが不吉なんだ!何も悪くないだろう。12年前なら10歳にもなってない… 一体何ができた?と怒ります。 そこに、ムソクが現れ、おやめください!なぜ人の傷口をえぐるのです。 それゆえ皆が離れていくのですと言います。 そんな中、火事だ!と声が聞こえ外に出てみると、トハが鬼火だわ! と空を見つめます。 リンは、火鬼を利用しているんだわ!とリンとムソクに訴えます。 リンは火鬼を追いかけていて追われ出ると、ムソクに助けられます。 ムソクは、火鬼だの呪いだの。この朝鮮に邪教なぞがはびこるとは… 火鬼が見えないので決めつけます。 そんな中、火鬼が動き出してしまった…とトハは言います 燃えている薬剤庫に入っていったトハは、倒れているリンを助けますが 火の勢いが強い中、リンは爆発の恐れがある薬剤を外に運び出します。 リンは水をかぶり、トハを助けに戻るのでした。 リンはトハをおぶりながら、私のそばにいてくれて…礼を言うと 言います。 キサン君はサダムに、そなたを信じられず本当にすまなかったと 謝ります。 サダムは、火の気が天に至り都で火災が起きたのです。火の気を抑えねば…と言います。 キサン君は、お前の言う通りにすると答えます。 サダムは、陰の気を抑えている粛清門を解放し、陽の気の崇礼門を 閉じてください。門の前に池を掘り冠岳山の火の気を断つのですと 指示します。 トハはリンに、サダムの目的は火鬼じゃないわ!火鬼はおとりだった… 本当の狙いは都を陰の気で満たすことよ!と言います。 リンは、一体何のために?と聞きます。 リンはトハに、これからはよく考えて行動しろ!と言います。 トハは、私の心配をしてくれてうれしい!と笑います。 そんな2人の話を聞いていたサンホンは、リンの方をつかみます。 つづく (感想) リンはトハが好きなんだね。トハってかわいいし、 声も癒されるんだわ♪ ... 続きを読む Read More | Share it now!

「隠された秘蔵庫」 トハは刺客に襲われケガをしたリンを助け出し旅館にかくまいます。 都では、月光大君がお尋ね者になっていて、見つけたものには 懸賞金が懸かっていました。 一方、王キサン君は領議政パクが、都の近くに軍を集結させれいると 聞いて憤慨します。 そんな中リンはトハに腕輪を返し、スリョンに会いに行きます。 スリョンは父親のパク領議政が、リンが逃げねば刺客を口実に王様を 抑えられたのに…我々にとって月光大君は格好の盾だ!早く見つけろと 話しているのを立ち聞きします。 スリョンはリンの手を取り、今は朝鮮を離れたほうがいいと、 追い返し父親がリンに刺客を送ったこと隠します。 行き場を失ったリンは幽霊3人衆に、私にはお前たちだけだ…と 涙を堪え言います。 そんな中、サダムはトハを魔術で操り、龍神様のところに連れて行くのだ! 隠された秘蔵庫へ私を連れて行けと命じます。 トハは腕輪の鈴が鳴り、サダムから逃げ出します。追いかけられていると、 物陰にいたリンに引っ張られます。 そこへムソクが現れサダムと戦いになります。 その間にトハとリンは逃げ切り、本物の秘蔵庫に入ります。 すると急にトハの鈴が鳴り出します。 リンは床に落ちていた〝夜警日誌〟を拾い上げます。 一方、サダムはサンホンに、龍神様が昇天できるように、 都を陰の気で満たすのだ…怨鬼たちの陰の気で龍神様を癒すのだ。そのためには 王様に動いてもらわねばなと話します。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

「謎の陰謀」 リンはキサン君の逆燐に触れ別宮に幽閉されてしまいます。 そんな中、リンは出された食事を堪能し、注目の的である私に毒を 盛るバカはいないと言います。 幽霊3人衆はリンが屋敷に戻らないのを心配していると、トハが... 続きを読む Read More | Share it now!

「運命の出会い」 龍神族の族長サダムは眠っている王のキサン君に、王様が多くを得るほど、 私も多くのものを手にできます。お前はもう私のものだと耳元で囁きます。 幽霊3人衆は、自分達の姿がリンに見えているのかどうかを確かめる ため、いたずらを実行します。 リンは驚いてその場から逃げ出し、街中でトハと衝突して2人は 重なりながら転んでしまいます。 その時、トハが落とした鈴の腕輪を持ったまま走り去ってしまいます。 トハは、走り去ったリンを追いかける幽霊を見ます。 一方、キサン王はサダムを自分のそばに置きたいと臣下の反対に 耳を貸さずに、王室の繁栄を祈るために道教の儀式を司る昭格署を 再建すると言います。 そんな中、トハは木札を落としたリンを捜していると、 隠れている所にリンが入ってきます。 真っ暗で相手が見えないため、リンはトハを鬼神だと思い鍵をかけて 逃げていきます。 一方、パク領議政はチョンス大妃に、王様に勝手なことをさせないためにも、 リンを宮中に呼び戻すべきだと進言します。 臣下たちが反対する中、パク領議政は王様に、お望み通り昭格署を 再建なさいませ。ただし昭格署の堤調は月光大君(リン)に御任命をと言います。 そんな中、トハが見世物になっているのを見たリンは助け出しますが、 リンに投げ飛ばされてしまうのでした。 リンは宮中の書庫に、たくさんの幽霊が入っていくのを見て、 入っていくと、王のキサン大君がサダムと話しているのが聞こえます。 数日後、昭格署の登用試験があり、全国の巫女が集まり、 トハも試験を受けようとしていました つづく (感想) リンを見守る幽霊たちと、龍神族サダムの悪霊たち。 そして人間。入り混じりすぎて、私には理解しずらいわ☆*:.。.... 続きを読む Read More | Share it now!