「命懸けの救出」

リンはパク領議政に捕らえられ、トハもサダムの手中に落ちてしまいます。

スリョンはトハ頬を打ち、お前のせいだ!いつもそうだ。お前ごときの
せいで大君様の身が危うくなる!分からぬか?お前には何もできぬ。
大君様のためを思うなら死ね!大君様はお前のような卑しい巫女が慕って
よい方でわない!と責めます。

トハは、分かってます!と叫びます。

サダムはスリョンに、私の巫女です!どうかお控えくださいと言います。

一方、あの世に向かったムソクの魂は、三途の川にたどり着こうと
していました。

その頃、サダムは蒼天塔の完成が近づき、龍神様の昇天も近い。
これで龍神族の世がやってくると高笑いします。

トハは龍神様を蘇らせるというサダムの計画に、龍神を昇天させる
ためには、自分の血が必要だと知って毒を飲み、死のうとします。

そんな中、パク領議政はリンを殺そうとしていましたが、サンホンが
ひとりで救出に向かいます。

しかし、リンが殺されそうになった時、リンとサンホンは、突然姿が
消えてしまうのでした。

リンはサンホンから受け取った薬を飲み、ムソクをこの世に連れ戻しに行きます。

ムソクはこの世に戻りますが、リンは目を覚まさないのでした。

その頃、リンはリンが無事だと分かるまで解毒剤は飲まないと
サダムに言います。

一方、リンが目覚めます。

サンホンはリンとムソクに、御宝を見つけましょうと言います。

ムソクは、御宝とは玉璽のことですか?と聞きます。

サンホンは、違うます。王室代々…もっと遥か昔、この地を治める者のみ
許された宝、それが御宝です。パク領議政が手に入れる前に、
見つけ出さねば…今はトハより御宝が先ですと言います。

御宝はチョンス大妃が持っているのでした。

つづく
(感想)
リンが命がけでムソクを助けに行き、この世に戻ることが
できたけど、トハはサダムにも捕まっていて苦しんでいるんだよね。

「欲望の化身」

パク領議政政は兵を挙げて宮中を掌握し、キサン君を幽閉します。

パク領議政はチョンス大妃に、私が摂政となり国政を正しますから
御宝を渡しなさいと言います。

チョンス大妃は、御宝を手にできるのは朝鮮の王だけだ!と激怒します。

一方、サダムは掛け軸からトハの姿が消えているのに気づき、
誰が結界を破り巫女を連れ出したのだ?月光大君!許さんと
憤怒します。

リンはトハに、冷たく突き放して悪かったと謝ります

トハは、私を心配なさったゆえだと分かっています…大君様のことを
傲慢な道楽人だと思っていました…でも一緒に過ごすうちに、私と
同じ孤独な人だと気付いたんです。いつしか私の心は大君様で
いっぱいになった…〝お慕いしてはいけない〟気持ちを抑えようと
しても無駄でした。私にできることはここを去ることだけ…それでも
大君様のお役に立つことができてうれしいですと打ち明けます。

リンは、行くな…そばにいては危険だ…だが お前と離れたくない!
この命を懸けてお前を守る!そばにいてくれ…と抱きしめ合うのでした。

サダムはリンに、トハを渡せば王室を救うと取り引きを持ちかけるが
断られます。

一方、ムソクはサンホンから修理が終わった鬼針盤を受け取りますが、
王のキサン君を守るために夜警隊を辞めてしまいます。

チョンス大妃はリンに、そなたが心配だ…スリョンと婚姻すれば
パク領議政も手を出せぬ。そうすれば この王室を守ることができると
言います。

リンは、スリョンの気持ちは知っています。婚礼をあげれば私の命は
守れるでしょう。ですが母上を手にかけた者に擁護されるくらいなら
いっそ死を選んだ方がマシですと答えます。

チョンス大妃は、私は大きな間違いを犯してしまった…と言います。

リンは、この国と王室は必ず守ってみせますと誓います。

チョンス大妃は、指輪をリンに預けます。

そんな中、キサン君を守るために宮殿に行きますが、キサン君は
自分の命と引き換えにムソクを引き渡すとパク領議政と取り引きを
していたのでした。

ムソクはキサン君とパク領議政に、裏切られ殺されてしまいます。

リンは息をしていないムソクにすがって泣きます。

そこに、幽霊3人衆の一人が、生きています!魂が抜けていません!
まだ助かる見込みがありますと話します。

リンは、助けなければ!死なせるわけにはいかない!と悲しみます。

そんな中、リンとトハは、またしてもパク領議政とサダムに捕まってしまいます。

つづく
(感想)
ムソクは本当に死んでしまったのかしら?生きててほしいよ〜

「裏腹の想い」

鬼神が宮中の者たちを襲って、宮中が大騒ぎになってると聞いた
キサン君に、リンは、私が退治する。私とこの娘(トハ)が王様を
お守りしますと言います。

鬼神の怪物を対城するために向かったリンとトハそしてムソクは、
悪鬼と化したヨンウォルを見つけます。

リンとムソクが剣を向けると、トハは、お姉ちゃん?お姉ちゃんと
言って近づいていきます。

ヨンウォルはトハの首を絞めるが、トハの腕輪の鈴が鳴ると、手を
離しどこかへ行きます。

トハは、ヨンウォルに姉ヨンハの魂が宿っていることに気づきます。

そんな中、恐怖で正気を失ったキサン君が女官たちを殺し始め、
宮中は混乱します。

ヨンウォルはリンの四寅邪剣を自分で突き刺し、命を絶ちます。

リンはサダムに、父上の乱心もトハの姉のことも、大勢の夜警隊や
民の死もお前のせいだ!お前を倒し全ての悪縁を絶つと剣を向けます

サダムは、すべては大君様が大事になさるトハの姉ヨンハのせいだ。
ヨンハは先の王に恋し私と取引した。欲望の代償に自分の魂さえ差し
出した。すべての災いはヨンハによるものだ!と話します。

リンは、そんなはずはない!偽りを言うな!と殺そうとしますが、
結界が邪魔をし剣が届かないのでした。

一方、トハはヨンハを抱きしめ泣きます。

ヨンハは、すべては私の執着のせいだったの…お慕いしていた王様を
乱心させてしまった…どうか あなたは幸せになって…私の妹と
息を引き取ります。

サンホンはリンに、トハは龍神イムギに捧げるマゴ族の巫女だから危ないと警告します。

トハはリンに、サダムに復讐します姉を殺した魂まで利用した
サダムを許せません!と訴えます。

リンは、白頭山に帰れ!お前が捜している姉の魂は もう去った…
都にいる理由はないはずだとリンをサダムから守るために突き離します。

リンはムソクに、リンの姉こそが父を死に追いやった女人だ…
と打ち明けます。

ムソクは、リンに罪はありません!過去にとらわれ夜警隊の仲間を
捨てるのですか?と言いますがリンの気持ちは変わらないのでした。

一方、キサン君は、義禁府にリンと夜警隊の逮捕を命じます。

そんな中、スリョンはサダムにそそのかされ、梅蘭房の房主になると
決意します。

ムソクはトハに、リンの本心だと包みを差し出します。

そんな中、トハが短剣を持ってサダムを殺しに行きますが、
気がつくと、木に縛られているのでした。

サダムは、龍神様が昇天する日まで結界に閉じ込めておくと、
掛け軸の中にいるトハに呟きます。

その頃、リンとムソクは、トハを捜していると掛け軸に閉じ
込められたトハを見つけ、リンは掛け軸の結界の中へ助けに行きます。

そんな中、パク領義政が謀反を起こします。

つづく
(感想)
サダムは手強いわ〜〜
リンとトハそしてムソクは、サダムを退治できるかしら?