「失脚」

清の使臣たちは腐った高麗人参を見て激怒し、すぐに帰国すると席を立ち
ますが、ソンは土下座して彼らを引き止め、再び交渉の機会を得ます。

その頃、キム・テクは新たな世子を擁立しようと画策していたのでした。

ソンは使臣が落としていった黙珠を拾い、商人のイ・ダルソンを訪ねると
黙珠がキリスト教の証しだと教えられます。

ソンはジェゴンに黙珠を見せ、もし仮にキリストへの共感を表せば、使臣の心を
つかめるだろうか…うまくいけば皇帝が気に入る献上品を教えてくれるかもしれん。
そうすれば…待てよ 共感?と話を止めます。

ソンは、皇帝も私も手に入れたいものがある。この共感こそ、解決の道を開く
最良のカギでは?今こそ王手をかけるべき時か…と言います。

ソンはジェゴンに、キム・テクが私を失脚させてから、新たな世子を擁立する計画だと話します。

ソンは訓練都監で武官たちと酒宴を開きます。

ミン・ウソプは父のベクサンに、ソンは清と戦を始めるつもりだと報告し
この3年で世子が書いた兵法書を渡します。

ソンは使臣に、私が手に入れたいのは清の領土ではなく、西洋からの
新しい文化なのだ。キリストはもちろん天文や地理、医術や科学技術に至るまで
新しい文化を取り入れたいのだと話します。

使臣は、キム・テクから受け取った兵法書を置いて、では世子様が兵法書を
執筆する理由はないのでは?と怒ります。

ソンは、それは皇帝陛下のお気に召すと思って用意したものだ。朝鮮の国防こそ、
ふさわしい献上品だと思った。それを誰から受け取った?と聞きます。

清の使臣は英祖に、交渉は朝鮮側の提示した案でまとめます。立派な後継者が
いて実に心強いことですな。世子様が即位した時には新たな朝鮮が開かれると
期待しておりますと話します。

英祖は、新たな朝鮮とは?と問います。

使臣は、我々は朝鮮を何度も訪れ清でも朝鮮の使臣を十数回もてなしました。
しかし 新しい知識を偏見なく受け入れる朝鮮人は世子様が初めてですと答えます。

英祖は、そこまで褒めてもらうと恐縮しきりではあるのだが…と言います。

使臣は、立派な世子様の誥命取り消しをある者から勧められたのです。
私は実に残念でなりません。キム・テクに贈られた誥命取り消しの見返りの賄賂です。
お返しします。朝鮮の国庫に戻すのがよろしいかと…と帰って行きます。

英祖は、逆賊キム・テクを捕らえよ!と王命を出します。

英祖は人払いをして、キム・テクに、無謀な真似をするからこんなザマに
…世子を引きずり下ろして王族の中から次期国王を選ぼうと?それで今回の名分は
何だ?と聞きます。

キム・テクは、王様ならお分かりでしょう。世子様は3年前のことを忘れずに
兵法書まで執筆して機会を狙っていました。その狙いが清か我らか分かるはずが
ありません。だから世子が刀を抜く前に斬ろうとしたまでと答えます。

英祖は、世子を斬れるのは私だけだ。あいつを世子の座につかせるのも
降ろすのも私だけが可能なのだと言います。

キム・テクは、世子がもっと危険な存在になり王様の権力を脅かす日が
来たらわたしを惜しむでしょう。いくら政敵とはいえご自分の子に自ら手を下すのは
つらいでしょうからと告げます。

英祖は、まだ時間はたくさんある。私のやり方を息子に教える時間がな。
しっかり学ばせ父親を政敵に回さないよう屈服させるための時間だ。
そなたの処刑がその一歩になると言います。

キム・テクは、予想通りですな…私と同じやり方ですと告げます。

英祖はソンに、お前の手で逆賊キム・テクを斬り王室の威厳を示せ!と剣を差し出します。

ソンは、キム・テクに剣を振り下ろしますが、斬ったのではなく、立ちなさい…
そなたを死罪にはしない。罰として官職を取り上げ当分の間都から追放する。
下がりなさいと告げます。

英祖は、それでいいのか?と声をかけます。

ソンは、これが私のやり方です。殺さず 生かす政治。私の政治はここから
やり直しますと告げます。

つづく
(感想)
ソンは、キム・テクの企みを知って、それを逆手にとって
キム・テクを排除したね。

英祖は、ソンの存在が疎ましくて、何とかしようとしてるのは分かるわ。
ソンはこの3年間 力をつけてきたんだね(^^)