「地位などいらぬ」

イ・ジョンソンは科挙試験場の門を開け、科挙を受けたい者全員に機会を与えよう!
と平民に叫び入れます。

ソンは、平民の直訴を受け入れ受験の機会を等しく与えようと宣言します。

これを知った英祖は、御営大将のホン・ボンハンを呼び、兵士を送って試験を
やめさせるように指示します。

一方、チョ・ジェホはジェゴンに、昨晩 ジョンソンが夜が明けたら長い旅に出るつもりだ。
朝廷には戻らぬだろう…平民の受験を認めるという世子様に賛同する。世子様のお考えは
あまりに型破りで無謀だと言わざるおえない…世子様は まだ20歳を過ぎたばかりだ。
いずれは万民の父上となり君主となられるお方だが、年が離れれば理解し合えぬもの。
若者の本質を見極め助けるのが年配者の役目だ。私が旅立ったら次はそなたの番だ。
無謀だと思っても世子様を助けよと最後の頼みだと言われたと打ち明けます。

ボンハンが兵士を連れて行くと、ジョンソンが平民の先頭に立ち、帰れと
立ち向かいます。

試験会場の前で兵士が民を殴り殺していると噂が立ちます。

ジェゴンはボンハンに、民が押し寄せています。いくら王様のご命令でも
民に暴力を振るっては深刻な事態に…と説得します。

ジェゴンは、王様を説得するから、民を鎮圧するのはやめるように言います。

ボンハンは兵士にやめるように指示します。

ジェゴンは英祖の説得にあたります。

英祖はソンに、平民の合格は認められん…お前の手で白紙に戻せ!と命じます。

ソンは、それはできませんと拒みます。

英祖は、騒動を起こしたのはお前ではない!イ・ジョンソンが門を開けたため、
お前はやむを得ず承諾した。余計なことを言うな!と怒ります。

ソンは拒みます。

英祖は、士農工商 身分の秩序が国を支えている。たった数人平民が合格したぐらいで
覆せるものではないと言います。

ソンは、なぜ そこまで頑なに隔てようとされるのですと聞きます。

英祖は、身分の秩序が乱れれば その次は王室が滅び、王室が滅びれば
この国が終わる!と言います。

ソンは、飛躍しすぎでは?と聞きます。

英祖は、飛躍なものか!君主としては当然の心配だ!これが最後の機会だ!
イ・ジョンソンを処罰し平民に与えた官服もお前の手で破り捨てろ!と命じます。

ソンは、できません!お断りしますと答えます。

英祖は、どうしても譲らぬと言うなら、世継ぎの地位を奪うほかないと
告げます。

ソンは、私に忠義を尽くした臣下を見捨て この手で民の望みを断ち切らねばならぬなら、
地位など要りません!と答えます。

ジェゴンは英祖に、正子の廃位はなりません!私が世子様を説き伏せて
みせます。少しだけ時間をください。もし失敗したらこの命を王様に差し上げますと懇願します。

翌日、ジェゴンに時期尚早と説得されたソンは英祖に、ジョンソンを
僻地に配流いたします。平民に与えた官服も私の手で回収し合格を取り消しますと告げます。

チャン内官は弟のドンギに、世子様が廃位されてしまうことを話し、
官服を返すように話したのでちょっとしたのでした。

ドンギたちは、世子様が即位される日を待ってます。その日が来たら
駆けつけますゆえ、またお与えくださいと話します。

つづく
(感想)
ソンが廃位されたら、元もこうもないものね。
しかし、英祖って肝っ玉の小さい王様だわ!