ファイは女の姿で光海君の前に現れ、謀反の濡れ衣を着せられた母を救うために
正体を明かします。

光海君は、貞明…そうなのか?お前か?しかし貞明は死んだ…爆発事故でと言います。

ファイは、あの炎に焼かれて死ぬはずでした…王様が送った者たちの手によって…
ですが私は生き延びました。女官たちの命を犠牲に しぶとく生き残って見せました。
再び戻るために!〝幼子でも関係ない 罪を犯したのだ〟そう言って私の弟の命を
奪った王様にいつか必ず同じ苦しみを与えるために火器都監にいましたが、母上まで
殺されたくない!ですから いっそ私を殺してください!ホ・ギュンを捕らえることに
協力します。謀反を仕立て上げ王の失脚を狙う者も…ですから母上を命はお助けください!と
話します。

光海君は、それはどういうことだ?私は大妃様を殺すつもりなどないと
答えます。

ファイは、いいえ!殺すことになる。すべて罠なのですから!ホ・ギュンは母上を
殺した後に王様を狙うことでしょう。ですから取引としてホ・ギュンを捕らえる
代わりに母上の命はお助けください。そして逆賊を罰した後 私の命を奪えばよいでは
ありませんかと取り引きを持ちかけます。

光海君は、ジュウォンに公主をかくまうように命じ、公開討論に出かけます。

一方、ホ・ギュンは、光海君を陥れようと仁穆大妃を死罪にするように主張しますが、
光海君は死罪にも廃位も免ずるが身分は後宮に降格させ称号は〝西宮〟とすると宣言します。

一方、ジュウォンの屋敷にかくまわれた貞明公主はついに母との再会を
果たします。

そんな中、イヌはジュウォンがファイが貞明公主だと知ったと気づき、
〝王の手先のお前には資格がない〟公主様は私が守ると言い放ちます。

仁穆大妃は貞明公主に、光海君を信用してはならない、予言を知るイチョムと
ゲシからも逃げるように忠告します。

貞明公主は、私に関して どんな予言が?と聞きます。

仁穆大妃は、公主 その予言とは…と言いかけます。

そこにジュンウォンが現れ、門番が交代する前に帰るのですと促します。

つづく
(感想)
仁穆大妃はここにいたら公主の身が危ないと悟り、いつかすべてを
話すと言ってたね。本当に光海君は敵なのかしら?

イヌに正体を知られた貞明公主は、謀反の濡れ衣を着せられた仁穆大妃を
救いに行こうとしますが、イヌに公主様が行けばお二人とも危険ですと
止められます。

ファイは、ならば どうすればいいのですか?私にどうしろと…と泣きます。

イヌは、私にお任せを!公主様のために 私がお助けします。よろしいですね。
もう遠慮はしません。昔とは違います。今後は私が公主様を守ってみせますと告げます。

一方、ジュウォンはイヌに、ファイが王の敵なら?お前はどうする?どちらを守る?
と聞かれ、ファイには何か秘密があると思うのでした。

その頃、王宮では、〝子が母を罰した前例はない〟と助言があり
光海君は苦悩します。そして真相を確かめるために仁穆大妃に会いに行きます。

仁穆大妃は光海君に、私はお前にだまされた。我が子を失った。私に向かって真実を
言えですって?公主の証しを利用するなんて…私をおびき出すために公主の証しを使った。
手を差し伸べるフリをするのは背徳者と呼ばれるのが怖いからなのか?と叫びます。

光海君は、死んだ公主の証し?教えてください どういうことですか?と
聞きます。

光海君はイチョムに、ホ・ギュンは誰に会っていた?答えよ!カン・ジュソンか?と迫ります。

イチョムは、いいえ王様…会っていたのは硫黄職人です。火器都監の職人
ファイでございますと答えます。

光海君は驚きます。

そんな中、ファイを捕らえよと王命が出ます。

ファイは仁穆大妃を救い出すために、ジュウォンに用意してもらった
女人用の衣に着替えます。

ファイはジュンウォンに、私の名前はファイではありません…貞明公主だと明かします。

ファイは光海君を訪ねます。

光海君は、お前は…女人だったのか?死んだ公主の証し…それを持っていたのも…
お前か?と聞きます。

ファイは、はい 私です…かつて王様の妹でした…かつては〝兄上〟と呼んでいました。
王様に弟を殺され王宮を追われた貞明でございますと明かします。

つづく
(感想)
ファイは女人の姿になると、公主の品格のある顔つきになり、
凛とした女性に…素敵でした(^_^)v

ホン・ヨン(火器都監の提調)は姿を消したファイが公主様と関係があると聞かされます。

一方、ファイはホ・ギュンに、〝観音の目〟の数珠が亡くなった
貞明公主の物で、私の姉は公主様の女官だった。姉は公主様が亡くなった日、
渡し橋で焼け死んだ…あの日 私は姉と公主様のおそばにいた。
そして見たのだ…姉たちがどんな死に方をしたか…王が憎くて仕方ない。
ゆえに大妃様に拝謁したいのだ。そのためだけに生きてきたと告白します。

ホ・ギュンは、ファイの告白を信じ、会わせると約束します。

イヌは、なぜファイがホ・ギュンといるのだ…と怪しく思います。

約束の日、ファイが慶運宮を訪ねますが、仁穆大妃は何者かの書状を
受け取り出かけた後なのでした。

ファイがホ・ギュンの罠だと気づいた時には、仁穆大妃は同じく書状を受け取って
集まった重臣らとともに、謀反の罪で捕らえられます。

そんな中、イヌはホ・ギュンに刀を突きつけなぜファイと会っていた?と
問い詰めます。

ホ・ギュンは、あの数珠は死んだ貞明公主の物らしい…事情は知らないが
ファイがそれを持っていたと話します。

イヌはファイに会いに行き、ファイ それはそなたの名か?答えよ!それは
…本当の名なのか?貞明…公主様?そなたが公主様だったのか?と聞きます。

ファイは答えずに見つめていると、そこにジュウォンがやってきます。

イヌは話が済んでないとファイの手をつかみ連れて行き、倭国から来た
そなたが なぜ公主様の証しを?お母様にもらった物だとか、なぜです?
と問い詰めます。

ファイは、イヌ様が何を言ってるのか分かりません。私がなくした数珠が
公主様の物ですって?公主様は…と答えます。

イヌは、公主様は先王様の唯一の嫡女でした。今の王様に罪なき弟を殺され
王室から逃げ出し亡くなられた…と言います。

ファイは、私に何の関係があるのですか!死んだのでしょう。それなの
なぜ私に!と答えます。

イヌは、ご遺体がなかったのです。私たちは知っていました…あの日
公主様が見つからなかったことを…公主様が生きていることを期待しました。
証しを持っていたそなたは 男ではなく女人です…お話しください。
そなたが公主様なのですか?と必死に答えるように懇願します。

ファイは、違います!私はファイです。公主様など知りませんと涙を流します。

つづく
(感想)
ファイが否定しても、イヌはファイを公主様だと気付いたね(≧∇≦)
ジュウォンは、ファイがなぜ泣いていたのか、まだ何も気づいてないの…
イヌはジュウォンに教えないつもりかしら?