ヨジョンは貞明公主に復讐するため補盗庁大将を呼びつけ、王様の密命を伝えます。 一方、貞明公主は、仁祖に狙われながらも国を守るためにちぇ・ミョンギルや イ・ウォニクらと、志を共にできるならと見方を増やしていきます。 そんなある日、ヨジョンの計略により貞明公主は王を呪ったという濡れ衣を着せられて、 ウルソルとオクチュも協力者として投獄されてしまいます。 ジョジャムは、ヨジョンが貞明公主を陥れたことを咎めますが、貞明公主を罠に はめる計画は王の意向だと聞かされて、仕方なく陰謀の片棒を担ぎます。 重臣たちは仁祖の機嫌をとるために、王を呪った貞明公主を許されるもの ではないと口を揃えます。 イヌはジョジャムがジュソンを訪ね、公主にとどめを刺しましょうと言うのを聞いていました。 ジュウォンは罠でだから公主の無実を証明すると誓います。 つづく (感想) ヨジョンと仁祖の策略に陥れられた貞明公主様。 ウンソルとオクチュも捕らわれてしまい心配だわ〜ヽ(´o`; ... 続きを読む Read More | Share it now!

ある日、仁祖はジョジャムの助言で直接民の声を聞くための場を設けますが、 そこで貞明公主の所有する土地を耕す者は租税を免除するという話を耳にして 怒りをあらわにします。 ヨンジョは貞明公主を訪ね、公主様の品行は目に余ります。王室の女人としての 本分を全うしてください。女人のたしなみを知るべきです。王様に意見し国事に 口を出すなど、王室の女人らしからぬ行為ですと非礼な物言いをします。 貞明公主は、〝本分を全うせよ〟胸に突き刺さる言葉だ。うっかり私の役目を忘れていた。 ゆえに王室の上位の者であり公主である私が王宮のしきたりを教えよう。そなたは 尚宮の身に触れてはならぬ。私はこの国の公主。一介の女官ごときは私が命じるまで 顔を上げてはならぬ!よって今日... 続きを読む Read More | Share it now!

仁祖(綾陽君)は光海君と貞明公主の夢を見てうなされ、夜も眠れずに いるのでした。 そんな中、仁祖は度重なる謀反の密告に悩まされますが、その密告騒動は ジャジョムが政敵を一掃して自分の力を誇示し、王に恐怖を与えるために 仕組んだものなのでした。 一方、貞明公主は王室に戻り、仁祖に挨拶に行くたびに、民が飢えて命を 落としているから、民を救ってはいかがですか?王室の財産を管理する 内需司は民を食い物にしています。土地の産物を担保に金や穀物を貸し 利子を払えぬ者から土地を取り上げていますと話します。 仁祖は、自分のためにやってるわけでない。全ては王室のためにやってると声を荒げます。 貞明公主は、内需司の行為を禁じ農地の拡大を止めるべきです。王室の財産より 民の命を重んじてくださいと進言します。 仁祖は、そなたが王命を出せ。そなたは私より民を思っている。公主が 一度やってみよ。便殿会議に参加し命令書を作り、この王座にもそなたが 座ればよいと激怒します。 一方、イヌは王命に従い、火器都監を閉鎖し訓練都監の下の別造庁に格下げすると伝えます。 そんな中、左承旨の座に就いたジャジョムは逆心を抱く者を次々と罠に陥れます。 ジョジャムは貞明公主を呼び出し、広大な土地を下賜すれば、功臣らにも 土地を心置きなく分けられる大義名分が立ち、その上... 続きを読む Read More | Share it now!

王に即位した綾陽君(仁祖)は、光海君の勢力を一掃するため、火器都監の 人々を後金と内通した罪で1人残らず捕らえます。 貞明公主は仁穆大妃に、火器都監が処罰されるのなら私も共に戦います。 兄上の大切な者たちを私も命をかけて守ってみせますと告げ、王宮の外で座り込みを行います。 座り込みをしている貞明公主の周りには、民たちが大勢集まり同情を集めたため 綾陽君は仕方なく火器都監の人々を放免します。 ゲシとイチョムは斬首刑に処され、光海君は流刑になります。 貞明公主とジュウォンは流刑地に向かう光海君を見送り、心の中で光海君の意志を 継ぐことを誓うのでした。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

綾陽君たちは反乱を起こし、イヌの手引きで王宮の正門を突破し便殿に 攻め入りますが、王座に光海君の姿はないのでした。 その頃、イヌはジャギョンに、ここに公主様がいると地図を渡します。 そんな中、ジュウォンは公主を助け出します。 貞明公主は光海君が王位をかけて自分と火器都監の者たちを守ってくれたと知り 王宮に行こうとしますが、イヌが現れ王宮には行かせられないと 行く手を阻まれてしまいます。 ジュウォンは、何のつもりだ?初めからこうする気だったのか?と問います。 イヌは、その通りだ。だが計画したのは王様だと明かします。 一方、王座を譲ることを決意した光海君は、密かに王宮を抜け出し、貞明公主に会い 〝勝利するのだ貞明よ。どうかこの国を…そして朝鮮の民を守ってくれ!〟と告げます。 光海君はイヌたちに王宮に連行されていき、廃位されてしまいます。 そしてゲシやイチョムら大北派の重臣たちも捕らわれ、 綾陽君が新たな王になるのでした。 つづく (感想) 綾陽君は王となり、貞明公主を目障りな女だと呟いていたの… 貞明公主をどうするつもりかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

光海君は後金への返書を伝令に託します。 光海君は、貞明公主とカン家の縁組は許さぬと宣言すると、ジュソンを 謀反の罪で捕らえます。 その頃、貞明公主がいなくなったと聞かされた光海君はすぐに兵を総動員して捜させます。 そんな中、ジュウォンは無事帰還し光海君に会います。 光海君はジュウォンに、王座が危うい上に公主まで奪われてしまったと 話します。 ジュウォンは、すべて私のせいです。与えられた任務を果たせませんでしたと答えます。 光海君は、そなたが自分を責める必要はない。いかなることが起きても忘れるでないぞ。 公主を救い、この国と火器都監を守る。私は朝鮮の王なのだからと話します。 ジュウォンも、私も命を懸けて戦うと誓うのでした。 一方、ゲシはヨジョンが王宮から消えたと聞かされ、自分の欲のために 光海君を危険に陥れたことに気づきます。 綾陽君は王の密命の証拠を西人派に突きつけ挙兵を扇動します。 そんな中、ジャジョムは貞明公主を拉致したと仁穆大妃を脅し、謀反への協力を迫ります。 光海君はイヌに会いに行き、貞明公主と火器都監を守るため、ある命令を下します。 そしてジュウォンは火器都監の職人と共に有事に備えます。 イヌは綾陽君を訪ね、勝利を収める力を差し上げましょうと提案します。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

貞明公主は光海君にイヌとの縁談を許可してほしいと頼みます。 光海君は、私のためにか?重臣たちを動かすために輿入れを?お前が 私のために…と聞きます。 貞明公主は、王様のためだけではございませんと答えます。 光海君は、ジュウォンは?ジュウォンは生きて戻ってくる。あの者への 思いを断ち切るのか?私が王座を守るためにその輿入れを許すと思うのか?と聞きます。 貞明公主は、何でもなさらなければなりません。王様が何をお望みになり 何に耐えてきたか存じております。いかなる犠牲を払おうと王座を守らねば なりませんと説得します。 一方、後金では朝鮮兵の処刑が行われようとしていて、ジュウォンをはじめとする 兵たちが処刑台に立たされた瞬間、後金の使者が現れ処刑が中断されます。 後金の兵士に扮したジャギョンは牢に戻されるジュウォンを救い出し 朝鮮を目指します。 光海君は朝鮮軍を救うためにも貞明公主の願いを聞き入れますが、結局は ゲシを王宮に呼び入れ、人間らしい選択をするつもりだと打ち明けます。 一方、ジョシャムは公主が動いたと聞いて、遂に綾陽君を王にする計画を 実行に移すことを決断し、ヨジョンに公主を連れ出させます。 しかし、王様の隠れ家を知っている貞明公主はヨジョンに、道が違う! お前は何者だ?と問い詰めます。 貞明公主は急に息が苦しくなり、胸が燃え上がるような、今にも死にそうな感じに なり動けなくなり意識を失います。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

貞明公主は大殿の女官ヨジョンに呼び止められ、便伝会議の議題を教えることができると 言われます。 ヨジョンは後金のハンを〝皇帝〟と呼べとそうすれば捕虜を返してくれるそうですと話します。 貞明公主は、後金のハンを〝皇帝〟と呼べ?と驚きます。 ヨジョンは、王様は応じるようです…大変なことになりました…と話します。 一方、光海君は朝鮮兵の捕虜を取り戻すため、後金と和親関係を結び要請に応じると宣言します。 この決定に西人派、支持勢力の大北派の重臣たちは猛反対します。 そんな中、綾陽君の指示で民が火器都監を襲撃します。 貞明公主は、やめて!暴力をやめるのだ!と叫びますが、その時、硫黄長を 助けようとして額に怪我をし、暴動が静まります。 貞明公主は襲撃してきた民に、光海君は確かに弟の命を奪ったが、民の命を何よりも 尊ぶ真の国王だからこそ朝鮮軍を救おうとしているのだ。兵を救うことで朝鮮の命を 守ろうとしているのだ。それなのに... 続きを読む Read More | Share it now!

綾陽君が仁穆大妃の誕生日を祝いたいから宴を開くと申し入れがあります。 それを聞いた貞明公主は綾陽君に、宴を開くのはご遠慮いただきたい。 そのような時ではないと話します。 綾陽君は、恐れながら... 続きを読む Read More | Share it now!

戦地に向かった朝鮮軍は、全軍で鳥銃部隊を援護するというジュウォンの戦術が功を奏し、 後金に勝利します。 しかし、明軍は勝利に勢いづき、無謀にも後金の首都を攻めに行き、敵の罠にはまり 先発隊は大敗するのでした。 その知らせを聞いたジュウォンは、後金が攻めてくるのでイヌに貞明公主と火器都監の 職人たちを守るように頼みます。 貞明公主はジュウォンに、一緒でなければ…私だけでは行きませんと涙を流します。 ジュウォンは貞明を抱き寄せ口づけをします。 ジュウォンは、私は必ず後を追います。約束しましたよね…公主様と同じ道を歩むという 誓いを必ずや守りますと約束します。 そして、ジュウォンは陣営に残り皆が無事に国境を越えるまで時間を稼ぎます。 貞明公主と火器職人たちは、ジュウォンを戦場に残して戻ります。 貞明公主は気丈にジュウォンと交わした約束を信じ待ち続けているのでした。 一方、光海君は臣下たちに、朝鮮のために出兵すべきと言ったな。明が 後金に敗れるはずがないと!と明に依存し現実を見ようとしなかった。 その代償をどのように考える。これから押し寄せる苦戦をどう見ておる!と激怒します。 そんな中、貞明公主と火器都監たちが戻ってきたと伝えられます。 イヌはジュソンから、綾陽君を次の王にするため、挙兵の準備を始めると 明かされます。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

貞明公主はイヌにすぐここを出発するように言われ、理由も知らず発つわけにはいきません。 何かあるのですね…何があるのですか?と聞きます。 イヌは、朝鮮軍を先鋒に立たせ鳥銃部隊を盾に使う気なのですと話します。 都元師ホプニプはジュウォンたちに、王命に従い朝鮮軍に撤退命令を下そうとします。 貞明公主はジュウォンを捜しに行きその話を立ち聞きし、光海君が王座をかけて 火器都監の職人と兵を守ろうと王命を下したと知ります。 ジュウォンはここで撤退を選んだら光海君が窮地に陥りますと主張し、 我が軍を撤退させてはなりませんと反対します。 貞明公主も、戦に勝つ手立てを考えればいいのです。撤退命令はお取り下げください。 兵を守れというのは王命ですね。我々は王命に従わなければなりません。 しかし... 続きを読む Read More | Share it now!

イヌはゲシを訪ね、どうすれば貞明公主を手に入れることができるか聞きます。 ゲシは、私はその恋心を利用し、同時に私の望みもかなえようとしているのです。 公主様が得られたとしても…イヌ殿は目の輝きを失うかも…いずれ 猛烈な自己嫌悪に苦しむでしょう…と話します。 イヌは、そなたも王様のそばにいただろう。苦しむのに…戻ろうとしている… それが我々の悲しい定めだ。焼けると知りつつも火に飛び込んでしまう… だから仕方ないんだ…全てを失い... 続きを読む Read More | Share it now!

ジュウォンは後金や明の戦況に関する情報を得ようと奔走する中、 ジャギョンから大陸の情勢に明るい倭国の商人イダチが朝鮮に来ていると 聞いて、すぐに貞明公主とジャギョンと共に済物浦に向かいます。 イダチの一行は宿を出たばかりで陸路で行くという情報を得て、ジュウォンたちは 必死に捜し回ります。 貞明公主は... 続きを読む Read More | Share it now!

貞明公主は光海君を訪ね、許したわけではありませんと言います。 光海君は、分かっている…と答えます。 貞明公主は、おそらく許せる日は永遠に来ないでしょう。しかし私は 許されるなら火器都監に残りたいのです。これが私の選んだ道でございます。 今... 続きを読む Read More | Share it now!

光海君はゲシに、公主が生きている。そなたに言っておきたいことがある。 殺すなと警告します。 ゲシは、また私が殺すとお思いなのでしょう?と聞きます。 光海君は、そなたは公主に対するナム・サゴの予言を恐れ、公主の命を 狙ったが私は違う。あのような予言は信じぬと告げます。 ゲシは、王様が信じなくとも民は惑わされるのです。はるか昔... 続きを読む Read More | Share it now!