華政(ファジョン)あらすじ65話(最終話)

ジュソンの銃で撃たれたイヌを貞明公主は必死に看病します。

イヌは貞明公主に、夜空の星のように手が届かなかった公主様との出会い…
私にとって最も悲しく大切な思い出でした。大切な分だけどうか幸せになって
くださいと言います。

ジュウォンも駆けつけ、イヌを励ましますが亡くなってしまいます。

一方、貞明公主は刑の執行前日、牢にいるジャジョムに会いに行きます。

ジャジョムは、この戦いで勝ったのは公主様です。公主様のやり方で勝利しました。
でもいつまで続くでしょうか…私を消してジュソンを葬れば
理想の世を作れるでしょうか…いいや そんな世は来ない。我々が死んでも
また次に別の誰かが現れると忠告します。

貞明公主は、そうだ…そなたの言葉はこの世のもう1つの真実であろう。
この世は華麗な虚構に過ぎない。変わることを望んでもかなわぬかもしれないと答えます。

ジャジョムは、それを知りながら、その場所に立ち続けるのですか?と聞きます。

貞明公主は、ここで戦い続けるまでだ…私にとって希望とはいつか訪れる
平和な世ではない。今日 私と共に戦い、明日も共に戦う人々の存在そのものだと答えます。

長い戦いに決着がつき、孝宗はホン・ヨンとジュウォンを栄転させ、
貞明公主にはそばで忠言してくれるように頼みます。

貞明公主は、これからは私たちが王様の敵になるからできない。今日 この執務室から
出た瞬間から私は王様の味方ではなく敵なのです。

孝宗は、なぜ敵になるのですか?と聞きます。

貞明公主は、権力者は初めに立てた志をいずれ忘れてしまう。民のための
権力などこの世にはない。権力とは初めからそういうものだ…ゆえに いずれ
王様も変わるかもしれません。今日の誓いを忘れ暴政を敷き、忠言に耳を傾けぬやも…
それゆえ私は王様のおそばでお仕えできないと申したのです。今や王様は最も
大きな権力を得ましたが私はおそばではなく、向かい側に立ちたいのですと
〝華政〟という書を残して去るのでした。

数日後、貞明公主は、硫黄職人として働いているのでした。

華政(ファジョン)あらすじ65話(最終話)終わり
(感想)
貞明公主はジュウォンと結婚し、とても良い夫婦関係を築いたよね。
朝鮮のために尽力した素敵な女性でした。

華政(ファジョン)あらすじ64話

孝宗の北伐計画が事実か調査するため清の問責団が朝鮮にやってくると
聞いた貞明公主は孝宗に、その対応はジャジョムに任せるしかないと進言します。

その問責団には将軍オボイが同行していたため、貞明公主は孝宗とオボイが密談する間、
ジャジョムに時間を稼いでもらい清と戦わずとも危険を回避できるやもしれないと話します。

ジャジョムには交渉の座に着きオボイに、皇帝の弟ドルゴンが逆心を抱いていて、
皇帝を狙っていると告げます。

オボイは孝宗に会いたいと伝言を送ります。

華政(ファジョン)あらすじ64話

一方、イヌを傷を負いながらも父ジュソンを追っていたのでした。

ジュソンは策略が暴かれ窮地に追い込またため、孝宗の首を討ち取るため
私兵を率いて襲撃します。

しかし、すぐに駆けつけた官軍によって逃げ道を断たれ、目の前にいるジュウォンに銃口を向けます

イヌがそれに気づき、父上 なりません!と叫び、ジュウォンをかばい
銃に倒れます。

つづく
(感想)
イヌはジュウォンをがばって父が撃った銃に倒れたのに
父をかばうなんて、イヌの気持ちが切ないね…>_<…

華政(ファジョン)あらすじ63話

仁祖は亡くなります。

鳳林大君が17代孝宗が王として即位すると、朝鮮は再び危機に直面します

ジュソンは清の皇帝の弟ドルゴンに、新たな王が北伐計画していると
報告します。

清の皇帝の弟ドルゴンは、倭兵を率いて国境まで迫ります。

そんな中、イヌの命が狙われていることが分かります。イヌはジュソンの妻ユン氏が
雇った刺客を生け捕りにしジュソンの居場所を聞き出そうと試みます

華政(ファジョン)あらすじ63話

一方、ジャジョムは貞明公主を呼んで、公主様に協力しようと決めたと告げます。

つづく
(感想)
イヌはユン氏が送った刺客に刺されてしまったの…
苦しそうで、誰にも言うなって口止めしてたけど…大丈夫かな?