華政(ファジョン)あらすじ65話(最終話) ジュソンの銃で撃たれたイヌを貞明公主は必死に看病します。 イヌは貞明公主に、夜空の星のように手が届かなかった公主様との出会い… 私にとって最も悲しく大切な思い出でした。大切な分だけどうか幸せになって くださいと言います。 ジュウォンも駆けつけ、イヌを励ましますが亡くなってしまいます。 一方、貞明公主は刑の執行前日、牢にいるジャジョムに会いに行きます。 ジャジョムは、この戦いで勝ったのは公主様です。公主様のやり方で勝利しました。 でもいつまで続くでしょうか…私を消してジュソンを葬れば 理想の世を作れるでしょうか…いいや... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ64話 孝宗の北伐計画が事実か調査するため清の問責団が朝鮮にやってくると 聞いた貞明公主は孝宗に、その対応はジャジョムに任せるしかないと進言します。 その問責団には将軍オボイが同行していたため、貞明公主は孝宗とオボイが密談する間、 ジャジョムに時間を稼いでもらい清と戦わずとも危険を回避できるやもしれないと話します。 ジャジョムには交渉の座に着きオボイに、皇帝の弟ドルゴンが逆心を抱いていて、 皇帝を狙っていると告げます。 オボイは孝宗に会いたいと伝言を送ります。 華政(ファジョン)あらすじ64話 一方、イヌを傷を負いながらも父ジュソンを追っていたのでした。 ジュソンは策略が暴かれ窮地に追い込またため、孝宗の首を討ち取るため 私兵を率いて襲撃します。 しかし、すぐに駆けつけた官軍によって逃げ道を断たれ、目の前にいるジュウォンに銃口を向けます イヌがそれに気づき、父上... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ63話 仁祖は亡くなります。 鳳林大君が17代孝宗が王として即位すると、朝鮮は再び危機に直面します ジュソンは清の皇帝の弟ドルゴンに、新たな王が北伐計画していると 報告します。 清の皇帝の弟ドルゴンは、倭兵を率いて国境まで迫ります。 そんな中、イヌの命が狙われていることが分かります。イヌはジュソンの妻ユン氏が 雇った刺客を生け捕りにしジュソンの居場所を聞き出そうと試みます 華政(ファジョン)あらすじ63話 一方、ジャジョムは貞明公主を呼んで、公主様に協力しようと決めたと告げます。 つづく (感想) イヌはユン氏が送った刺客に刺されてしまったの… 苦しそうで、誰にも言うなって口止めしてたけど…大丈夫かな? ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ62話 貞明公主は仁祖が王として最期の選択に不安を覚え、ジョジャムに会いに行きます。 ジョジャムは、やはり会いに来ましたか…実に矛盾していますが、公主様が助言を 求める相手は私しかおらぬでしょう。ジュソンが釈放されたそうですね。それも 予想通りですと話します。 貞明公主は、本当にジュソンの悪事を告発しないつもりか?そなたは左議政まで 務めたのに国と民を思う気持ちは少しもなかったのか?と聞きます。 ジャジョムは、私のようなものにはありません。そんな気持ちも持てません…ですが もしかすると別の誰かは違うかもしれません。私が知る最も弱く愚かな人間…そして最も 貪欲な人間は私とは違います。国と民を守る気持ちは少しはあったようですと答えます。 貞明公主は、どういう意味なのだ?別の誰かとは?ジュソンではないはずだ。まさか…と言います。 華政(ファジョン)あらすじ62話 貞明公主は尚膳から、王様からの伝言を聞きます。ジョジャムと尚膳から 仁祖の本心を聞かされ、世子のために朝廷に残る奸臣どもを追放するための王様の 計画だったことに驚きます。 一方、キム・リュは顧命大臣の権限を利用してジュソンの指示通り嵩善君を王位に 就けることにします。 便殿会議で命令書が開封されると、そこには何も書かれていなかったのでした。 動揺する重臣たちの前に、危篤だと言われている仁祖が現れ、キム・リュやヨジョンが 捕まります。 そんな中、王宮から抜け出したジュソンは清の助けを得て権力を奪還しようとしていました。 仁祖は鳳林大君に、そなたは悔いを残すような王になるな…そして兄を殺した者どもを必ず… と伝えながら倒れます。 死の間際仁祖は貞明公主を呼び、今になってようやく分かった…私が本当に 憎んでいたのは公主ではなく、己自身だったということを…責めを負うべき人間は 公主ではなく私だったと自分の思いを包み隠さず語るのでした。 貞明公主は、いいえ…王様。未熟で弱かったのは私でした。王座の重みが どれほどか分かっておりませんでした。しかしいつも王様に寛大な心を求め続け 断罪しようとばかりしました。愚かだった私をお許しください。責めを負うべきは 未熟な私でしたと許しを請います。 仁祖は、私は死を間近にしても公主の前で過ちを認めるのが嫌だった。 なのに公主は私に許しを請うのか?と涙を流すのでした。 つづく (感想) 仁祖は貞明公主に素直に自分の思いを、死を間近にして話したね。 王様も人の子、側室もヨジョンのような女を選んだのが悪かったように 感じるわ。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ61話 ジュソンとジャジョムは互いに裏切り合い共倒れします。 仁祖は無実を訴えたヨジョンも義禁府に捕らわれます。 やがて、取り調べが始まりますがジャジョムは口を割らず、ジュソンは 〝時が味方する〟という意味深な言葉を残します。 イヌは、父のジュソンが財産をほとんど売払い銀に替えたそうですと話します。 貞明公主は鳳林大君に、ジュソンがすべてを懸けて、清の皇室を利用し 世子の地位を脅かすつもりかもしれないと伝えます。 華政(ファジョン)あらすじ61話 一方、仁祖は血を吐き自分の余命が長くないことを悟り、王として最後の選択をし、 命令書託し、指示した日に布告するように命じます。 そんな中、鳳林大君と貞明公主は仁祖が危篤と伝えられ、仁祖の元に駆けつけますが、 キム・リュが顧命大臣に任命されだと言って、仁祖に会うことを禁じられます。 貞明公主は、ジュソンとジャジョムの側近だったキム・リュが顧命大臣に 任命したことにショックを受けます。 つづく (感想) キム・リュを顧命大臣にした仁祖の本当の意図は? 仁祖には最期の時くらい、いいことして死んでほしいよね。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

華政(ファジョン)あらすじ60話 仁祖は鳳林大君に、式が終わったら代理聴政をおこなうがよいと命じます。 世子になった鳳林大君は早速、ジュソンとジャジョムを追い詰めにかかります。 焦ったからジャジョムとヨジョンは、貞明公主を陥れ鳳林大君もろとも 倒そうと計画します。 同じ頃、貞明公主たちは、ジュソンとジャジョムを戦わせる作戦を考えていました。 華政(ファジョン)あらすじ60話後半 そんな中、ヨジョンは仁祖がそう長く生きられないと聞かされ、計画を急がねばと焦ります。 貞明公主たちの計画を知らないジョジャムは、ジュソンと手を組み貞明公主を陥れる 計画に着手します。 翌日、王宮から貞明公主が謀反を企んだ証拠が出たと知らせが入ります。 それは〝世子と王を廃して、崇善君を王にする〟という内容の祈願文で ジョジャムが謀反を起こそうとした証拠になるものでした。 それはジュソンとジョジャムと協力し合うフリをして、互いに陥れようと したのでした。 つづく (感想) 貞明公主と鳳林大君、ジュソンとジョジャム、どちらが勝つかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!