千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ36話 「兄との再会」 崇徳宮主の力を封じ込めようとする文和王后と新羅系臣僚たちは、崇徳宮主を 成宗に会わせようとしないのでした。 そんな中、ソンが母が生きて帰ってきた知らされ、会いに向かいます。 2人は抱きしめ合い涙を流します。 崇徳宮主は王権奪取のために何としても成宗と会わねばならないと、 どうにか護衛を説得して面会を果たします。 契丹から生還した崇徳宮主の姿を見た成宗は、会いたかった…信じられぬ。 これが夢なら覚めないでほしいと喜び、今までのお前の主張は全て正しかった 私が悪かったと謝ります。 崇徳宮主は、許しを請うべきは私のほうです…契丹の戦いで多くを悟りました。 兄上や我が子と永遠に別れるところでしたから…その経験を教訓に今後は出歩かず 兄上の言葉に従います。また女人の徳を身に付けたいと思いますと告げます。 崇徳宮主は計画のため、カン・ジョを護衛軍の将軍として宮中へ送りこむことを 成宗に頼み成功します。 千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ36話 そんな時、文和王后は北方系臣僚を閑職に追いやり、重要な地位を新羅系臣僚で 固める人事を発表します。 その話を聞いた崇徳宮主は北方系臣僚たちに、もし私が力ずくで開寧君を擁立せんとしたら… どうなさいますか?と問います。 つづく 千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ36話 (感想) チヤンの父の敵って誰のことかしら? 開寧君の大病って本当かしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ35話 「大志を胸に秘めて」 崇徳宮主は罪人部隊に殺されかけるが、カン・ジョたちに助けられます。 蕭太后は崇徳宮主が殺されかけたと知って、誰が命令に背いたのか調べると、 崇徳宮主の処遇が気に入らない皇帝の仕業と分かり、私に従えぬなら私を廃し 皇帝の好きにするがよい!と激怒します。 契丹の皇帝は、母上の遠大な志に考えが及びませんでした…お許しくださいとひざまずきます。 一方、崇徳宮主はカン・ジョに、兄の成宗を退け息子ソンを擁立し、私が 自ら国を治めると決意したことを打ち明けます。 その夜、崇徳宮主の寝所にチヤンが入ってきます。 千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ35話 崇徳宮主は、ちょうど... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ34話 「似たもの同士」 嵩徳宮主は契丹の蕭太后の臣下になるから部下の罪は不問にしてほしいと ひざまずいて頼みます。 蕭太后はようやく頭を下げることを覚えたな。本気で臣下になる気か... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ33話 「誇りを捨てて」 崇徳宮主とチヤンは脱出に失敗し、再び契丹の捕虜となります。 屈服などしないと固い意志を見せる崇徳宮主でしたが、チヤンと口づけを交わし 心を通じあわせると、チヤンに敵を欺くため... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ32話 「離れられない2人」 崇徳宮主が死んだと聞かされたカン・ジョたちは、契丹の王と太后を この手で殺してやると、契丹の上京に向かいます。 一方、鉱山に送られた崇徳宮主は、そこにいたカン将軍の槍遣いから、 渤海人だと気づき、カン・ジョを知らないか?と聞きます。 カン将軍は、その者をどうして知っているのだ?と聞きます。 崇徳宮主は、カン・ジョは明福宮を支えてくれている、これまでの経緯を 話します。 カン将軍は、兄は死んだとばかり思っていました…兄の婚約者とその母親が 遺体で発見されたので一緒に殺されたと思っていましたと言います。 崇徳宮主は、カン・ジョ教官もお父上と弟は亡くなったと思っていると 話します。 カン・シン将軍はカン・ジョ教官の生き別れた弟だと分かるのでした。 カン・シン将軍は、兄を救ってくれた恩に報いたいと言います。 崇徳宮主は、私と一緒に高麗に逃げようと説得し、捕虜と傷を負った チヤンを連れ鉱山を脱出し高麗を目指します。 千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ32話 一方、成宗は、崇徳宮主が亡くなったと聞かされ、今まで崇徳宮主につらく あたってきたことを後悔し、契丹に復讐すると誓います。 チヤンの傷は次第に悪化し、ついには身動きがとれなくなり、自分が足手まといに なることを懸念し、崇徳宮主の元を去ります。 崇徳宮主は船に捕虜とカン・シンが乗り込むと、船から突然降りてチヤンを追いかけます。 崇徳宮主はチヤンを見つけると、そなたを置いては行けぬ!行こう!私が体を 支えると言いますが、そこに契丹軍が現れ再び捕まってしまいます。 一方、カン・ジョは弟のカン・シンが崇徳宮主と逃げたという話を聞きます。 つづく 千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ32話 (感想) サイルラはチヤンを、カン・ジョは数徳宮主を想って捜し、 そんな中、チヤンと崇徳宮主は相思相愛になってるなんて…。゚(゚´ω`゚)゚。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ31話 「屈服などしない」 崇徳宮主は蕭太后の企みだと知らず、一騎打ちの相手がチャンだと分からず 深い傷を負わせてしまいます。 崇徳宮主は倒れた相手の仮面を取ると、チヤンだと分かり動揺し、生きていてくれと祈ります。 チヤンは蕭太后の情夫ハンに医術を受け生死の境をさまよいます。 崇徳宮主は、死ぬかもしれぬのでそばで最期を看取ってやれと、チヤンの 所に連れて行かれます。 崇徳宮主は意識のないチヤンに、死んだらダメだ…生きて一緒に高麗に 帰ろう…この異国の地で無念の死を遂げてはならぬ…そなたを死なせて 自分だけ生きられぬ…目を覚まし... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ29話 「チヤンの告白」 契丹軍の陣営を訪れた蕭太后は崇徳宮主に、お前の名は?と聞きます。 崇徳宮主は、まずはそなたから名乗れ!それが筋であろうと反抗的な態度をとります。 蕭太后は、傷を負った山猫のようだ…一緒に逃げた者がいるそうだな。 その者を殺されたくなければ名乗るがいいと脅します。 崇徳宮主は、ファンボ・スだ!と答えます。 蕭太后は、先王の妃であり... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)28話 「捕虜となって」 崇徳宮主とチヤンは、逃亡の途中で契丹軍の捕虜になってしまいます。 一方、成宗は今回の戦いが崇徳宮主の功績が大きかったと認め、軍を動員し 崇徳宮主の捜索を行います。 ひと月が過ぎても何ら手かがりすら見つからず、息子のソンも心配します。 ガンチョンはソンに、宮主様の生還を信じております。ですが…万に ひとつ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ27話 「2つの愛」 戦いの最中、崇徳宮主は敵を追いかけていきますが、チヤンは深追いし過ぎることを 懸念し、崇徳宮主を必死に追いかけます。 2人は敵に囲まれてしまいます。 契丹の将軍を深追いして崖に追い詰められた崇徳宮主はそこから身を投げます。 チヤンも続いて飛び降り彼女を助け出し、追っ手から身を隠します。 千秋太后... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ24話 「そんな王はいらない」 崇徳宮主たちの作戦が功を奏し、ソ・ヒやガムチャンの陣営は契丹軍を 退けることに成功します。 そんな中、契丹の使者がやってきて、〝大遼軍が高麗を征討するのは すでに我々の地である高句麗の旧領を高麗が侵犯したためだ。この書簡は 送るゆえ高麗王は直ちに降伏せよ〟と渡します。 ソ・ヒたちはその書簡を目の前で燃やし、お前たちの将軍に伝えよ。 速やかに撤退せねば... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ23話 「向こう見ず」 成宗は、ようやく戦闘態勢を整え契丹の進撃をくいとめようと乗り出しますが、 先鋒隊長ユン・ソアンの勇み足により大打撃を受けるのでした。 朝廷が動かず、息子ソンが人質に取られぬために... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ22話 「国と我が子を守る道」 嵩徳宮主はチヤンの部下サイルラから、契丹の大軍が高麗向かっていると知らされ、 ス・ヒに急いで朝廷に知らせるように指示します。 成宗や新羅系臣僚は、兼ねてから邪悪な仲の嵩徳宮主がもたらした情報を 信じようとしないのでした。 ガムチャンは嵩徳宮主たちに、戦に負ければ最悪の場合国が滅びてしまいます。 たとえ亡国は免れても王子を人質に取られますと心配します。 嵩徳宮主は、私の息子だけでなく民も甚大な損害を被りますと危機感を抱き、 息子と祖国を守るために契丹軍をかく乱しようとカン・ジョら私兵を伴い出兵します。 つづく 千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ22話 (感想) 嵩徳宮主は男顔負けの戦をするね〜 成宗は本当に腰抜けだわ(๑˃̵ᴗ˂̵) ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ21話 「許しておくれ」 破水したソルを姉の崇徳宮主は産婆が来るまで励ましますが、母子とも 危険な状態でした。 ソルはやっとの思いで息子を産み、夫と子供への未練を残しながら世を 去ります。 ソルが亡くなったと伝えられた成宗は弔問のため崇徳宮を訪れますが、 崇徳宮主は怒りと悲しみが抑えられず、兄の成宗の弔問は受けたくないと 追い返します。 ソルの息子はスン(後の顕宗)と名付けられます。 ソルの願いを聞き入れなかった成宗は申し訳ない気持ちで、ソルの息子を宮殿で 育てようと黄州から無理やり連れ去ります。 崇徳宮主は成宗に、私の子を奪いソルを死なせた上... 続きを読む Read More | Share it now!