千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ36話

「兄との再会」

崇徳宮主の力を封じ込めようとする文和王后と新羅系臣僚たちは、崇徳宮主を
成宗に会わせようとしないのでした。

そんな中、ソンが母が生きて帰ってきた知らされ、会いに向かいます。

2人は抱きしめ合い涙を流します。

崇徳宮主は王権奪取のために何としても成宗と会わねばならないと、
どうにか護衛を説得して面会を果たします。

契丹から生還した崇徳宮主の姿を見た成宗は、会いたかった…信じられぬ。
これが夢なら覚めないでほしいと喜び、今までのお前の主張は全て正しかった
私が悪かったと謝ります。

崇徳宮主は、許しを請うべきは私のほうです…契丹の戦いで多くを悟りました。
兄上や我が子と永遠に別れるところでしたから…その経験を教訓に今後は出歩かず
兄上の言葉に従います。また女人の徳を身に付けたいと思いますと告げます。

崇徳宮主は計画のため、カン・ジョを護衛軍の将軍として宮中へ送りこむことを
成宗に頼み成功します。

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ36話

そんな時、文和王后は北方系臣僚を閑職に追いやり、重要な地位を新羅系臣僚で
固める人事を発表します。

その話を聞いた崇徳宮主は北方系臣僚たちに、もし私が力ずくで開寧君を擁立せんとしたら…
どうなさいますか?と問います。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ36話
(感想)
チヤンの父の敵って誰のことかしら?

開寧君の大病って本当かしら?

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ35話

「大志を胸に秘めて」

崇徳宮主は罪人部隊に殺されかけるが、カン・ジョたちに助けられます。

蕭太后は崇徳宮主が殺されかけたと知って、誰が命令に背いたのか調べると、
崇徳宮主の処遇が気に入らない皇帝の仕業と分かり、私に従えぬなら私を廃し
皇帝の好きにするがよい!と激怒します。

契丹の皇帝は、母上の遠大な志に考えが及びませんでした…お許しくださいとひざまずきます。

一方、崇徳宮主はカン・ジョに、兄の成宗を退け息子ソンを擁立し、私が
自ら国を治めると決意したことを打ち明けます。

その夜、崇徳宮主の寝所にチヤンが入ってきます。

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ35話

崇徳宮主は、ちょうど そなたに話があったのだ…座ろう。
私たちの間にあったことは忘れてほしい。一時の気の迷いだったようだ…
忘れてくれとチヤンとの関係を清算しようとします。

崇徳宮主を利用しようと企んでいたチヤンは、どうして忘れねばならぬのです?と問います。

崇徳宮主は、あの時は感情に流されたが…今は違う。国に戻ったら距離を置くべきだ。
人に知れれば…と話します。

チヤンは、それが怖いのですか?それとも命が助かったうえは私など必要ないと?と聞きます。

崇徳宮主は、とんでもないと答えます。

チヤンは、宮主様をどうしても あきらめられません。他人の目など怖くない。
契丹の太后とハンは人前でも堂々としています。私たちも そうできませんか?と聞きます。

崇徳宮主は、高麗では通用せぬ。私は陛下に反旗を翻すつもりだ。恋情など
役に立たぬどころか むしろ邪魔になる。だから忘れるのだと告げます。

チヤンは、そういうことでしたら、宮主様の影となって生きましょう。
目立たぬようにします。ゆえに私の思いをはねつけないでください。宮主様を
手放したくありません。命をかけるほどの思いなのですと訴えます。

崇徳宮主は、だから駄目なのだ。世は我々に味方してくれぬ。あきらめよと言います。

チヤンは、私たちの世を作ればよいのです…そのために戦っているのでしょうと
説得しようとします。

崇徳宮主は、戻りなさい…と話を打ち切ります。

翌日、崇徳宮主は契丹の捕虜だった高麗人を連れて、高麗に向かいます。

一方、高麗では未だ抜けきれぬ毒矢の影響と心労で寝込む成宗に代わって
文和王后が政務を行っているのでした。

そんな中、崇徳宮主が英雄として華々しい生還をしたと伝えられた文和王后は不安を感じ、
安静が必要な成宗に知らせてはならぬと命じます。

文和王后は新羅派のチェ・ソムを呼び出して、崇徳宮主が生還したなら対策を講じねば。
宮主に立ち向かえるのは新羅系のみですと相談します。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ35話
(感想)
崇徳宮主は男に溺れるタイプでなくてよかった〜
チヤンにあれほど言われても、考えを変えなかったのでホッとしたよ。

契丹では蕭太后、高麗に帰れば文和王后、崇徳宮主は、強い女性に
囲まれてるね(๑>◡<๑)

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ34話

「似たもの同士」

嵩徳宮主は契丹の蕭太后の臣下になるから部下の罪は不問にしてほしいと
ひざまずいて頼みます。

蕭太后はようやく頭を下げることを覚えたな。本気で臣下になる気か それとも
部下を救うための苦肉の策か分からぬと言います。

嵩徳宮主は、部下が助かれば臣下になる覚悟でいますと誓います。

蕭太后は、駆け引きも覚えたようだし、以前より進歩したな。心境の変化を
及ぼす出来事でもあったのか?だが目つきは相変わらずきついまだ信用できぬ…
敵意をむき出したまま服従を口にしても信じられるわけがないと疑います。

嵩徳宮主は、私にどうしろと?と聞きます。

蕭太后は、もう少し考えてみよう…宮主をチヤンのもとへ。私は皇帝に会
いに行くと答えを引き延ばします。

嵩徳宮主はチヤンに、蕭太后は私を信じてくれぬとこぼします。

チヤンは、太后を動かせる唯一の者は情人のハン・ドギャンです。私が
ハンを懐柔してみせましょう。私を信じてくださいと話します。

ハンは蕭太后に、嵩徳宮主を高麗に帰して内紛を起こさせる計画を提案し、
娘同然のソ・チャルリを高麗王に嫁がせ、王室の状況を探らせようと
話します。

蕭太后は、今までのことを不問にし嵩徳宮主を帰すから、高麗王にチャルリを
嫁がせようと思うとガムチャンら高麗の使臣に言います。

使臣は、陛下の側室になさると?と驚きます。

蕭太后は、大遼帝国の皇族ソ・チャルリと高麗王が成婚すれば、両国が兄兄弟国で
あると対外的にも知られようと話します。

我々だけで決められないという使臣たちに契丹の皇帝は、そなたたちは、
我が国の好意を無にするつもりか?受け入れよ!これを拒むなら 嵩徳宮主の
送還は撤回させてもらおうと脅します。

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ34話後半

そんな中、嵩徳宮主はカン・ジョとヒャンビと再会を喜び涙を流します。

カン・ジョは、チヤンは裏切り者です。絶対に信用してはなりませんと
必死に訴えます。

カン・ジョの弟シンが契丹を裏切った罪で処刑台に立たされ殺されてしまいます。

嵩徳宮主は捕虜を連れ高麗に戻るために最後の賭けで勝ち、高麗に向かうのでした。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ34話
(感想)
やっぱり信用できるのはカン・ジョだね〜
やっぱりチヤンは裏切り者だったんだね。
嵩徳宮主はチヤンを疑ってないけどね…