千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ57話 「心奪われて」 穆宗は延興宮主の父親ウォンスンの策略だとは知らず、川のほとりで 出会ったミラに魅了され、後を追いかけますが冷たくあしらわれます。 穆宗は内官になったヘンガンに、不思議な気分だ…今まで一度もこんなことはなかった… 女を見て初めて自分が男だと感じた…と打ち明けます。 数日後、千秋太后は穆宗に自立する機会を与えるために内政をさせる決断します。 チヤンだけが、陛下に内政を完全にまかせるなど... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ56話 「高麗の未来」 カン・ジョとヒャンビは婚礼をあげます。 その帰り道、千秋太后の一行は、契丹の刺客のヒョルメたちの奇襲を受け 危機にさらされますが、ヒョルメを捕まえ殺します。 同じ頃、サガムンが大良院君を殺害しようと崇教寺に奇襲をかけますが、 腕の立つ護衛に阻まれます。 チヤンはサガムンから大良院君の殺害に失敗したと聞いて激怒し、これで我々は シッポをつかまれるかもしれぬ。墓穴を掘ったも同然だ…仲間の死体は?と聞きます。 サガムンは、片付ける余裕がありませんでしたと答えます。 そんな中、サイルラが夜遅く... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ55話 「たとえ我が子でも」 穆宗の画策で堕胎させる毒の入った煎じ薬を渡された千秋太后は、 口に入れようとしますが、間一髪でチヤンが阻止します。 チヤンは侍医に、私の目を見よ!間違いなく何か隠しておるな?もしや 煎じ薬に毒を盛ったのか?やけにうろたえておるな。薬に毒を混ぜたのか?と剣を抜きます。 侍医は、毒ではございません。毒を混ぜるように陛下に命じられました… 流産させる薬ですと打ち明けます。 チヤンは侍医に代わりにその薬を飲むように命じます。 そして、侍医が血を吐き亡くなったことで、千秋太后は懐妊を阻むだけでなく、 命まで狙われていることに愕然とします。 ヒャンビもまた毒味をしたため、血を吐き意識を失います。 無味無臭の毒だったため特定ができず解毒ができないのでした。 そんな中、臣僚たちは穆宗の意志に同調し、大良院君へ譲位させて 千秋太后を摂政から退かせる進言をします。 千秋太后は退くつもりはないとしてこれを認めず、さらに大良院君を寺に出家させます。 それは、出家させることが政争の中あの子を守る唯一の方法だと考えたのでした。 千秋太后は穆宗を呼び、お腹の子に皇位を継がせまいと母に毒を盛ったのですね!と言います。 穆宗は、男児が生まれればチヤンは私を廃し、その子を皇位につけます。 だからその前に院君へ譲位しようとしましたが、母上に阻まれました。 皇帝として... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ54話 「母の懐妊」 千秋太后が懐妊したことは、すぐにチヤンに伝えられます。 チヤンはほくそ笑むのでした。 千秋太后は、信じられぬ…40歳で身ごもるとは…と喜んでいいものか分からないのでした。 千秋太后の懐妊はすぐに宮殿中に広がり騒然となります。 懐妊を知らされた穆宗は、子をもうけられぬ朕の代わりに母上が授かった… やはり母上にはかなわぬと苦しみは増すのでした。 そして千秋太后の切なる願いも届かず、いっそう母子関係は悪化します。 臣僚たちは千秋太后が世継ぎを産み、チヤンとの子が玉座に座ることを懸念します。 一方、チヤンを怪しむガムチャンは、ヤン・ギュとキム・スックンに サガムンが接触してきたことを利用し、今後、金品を差し出されたら、 何食わぬ顔で受け取り、形だけでいいからチヤンに忠誠を誓えと指示し 動きを探ろうとします。 そんな時、穆宗は大良院君を連れ、朝堂に集まった臣僚たちの前で 大良院君に譲位することを発表し、大良院君が成人するまで朕が摂政する。 母上は解任された。あの年で子を産み育てるのは難儀だ。政事まで執れとは 言えぬと告げます。 千秋太后はその話を聞いて、院君はまだ子供です。契丹を退け北進すべき大事な 時期に幼い子を皇位に据えられません。その上陛下が摂政をするですと... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ53話 「王座はいらない」 穆宗は千秋太后と口論となり、居合わせたチヤンに矢を放ちます。 矢はチヤンの頬をかすめます。 ー5年後ー 穆宗は昼間から芸妓たちと酒を飲み遊んでいて、千秋太后の溝は深まるばかりでした。 穆宗は皇后に、母上を失望させるために酔ったフリをしてた。見放されて宮殿から 追われたい…と自暴自棄になるのでした。 臣僚たちは千秋太后の政策で軍事力ばかりが強化されたことに不満を抱き、 陛下も24歳となり... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ52話 「皇帝国を勝ち取って」 契丹が提案し、高麗が皇帝国の名をかけた戦いは勝利します。 蕭太后は負けたことに逆上する聖宗に、我々が負けました。高麗軍の実力が 勝っているのです。冷静になってください!と言います。 もはや武力では制圧できないと悟った蕭太后は千秋太后に、同盟を結ぶよう申し出ます。 千秋太后は、宋との協約を破らせて高麗を攻めるつもりでは?と言います。 蕭太后は、同盟の証に我が息子に姉弟の契りを結ばせますと答えます。 千秋太后は、姉弟?つまり蕭太后を母だと思い仕えよと?と腹を立てます。 蕭太后は、いいえ。私抜きで陛下と誓いを結ぶのです。私は太后より 早く世を去るでしょう。陛下の姉として... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ51話 「太后と太后」 千秋太后は契丹の蕭太后と会談場所に向かい、高麗を皇帝国として 認めさせようと毅然とした態度で望みます。 一方、千秋太后が不在の高麗では、自由を得た穆宗が延興宮主の提案通り キム・シモンの罪を解き、流刑地から戻ると官職を与えます。 契丹は、10万もの兵を背後に置き、高麗の気勢を削ごうとしますが、 宋と高麗の連携により、逆に封じ込められてしまいます。 蕭太后は伝令を送り兵を引き返すことを決断します。 その頃、退屈しのぎに狩りに出た穆宗は、燃燈会の日に出会ったユ・ヘンガンの元へ行きます。 ヘンガンは男で女装した旅芸人でした。 一方、千秋太后たちは皇帝国の名をかけた戦いを契丹とすることになります。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ50話 「孤独な母」 チヤンから穆宗が延興宮主とチャルリに薬を飲まされていると知らされた 千秋太后は、すぐにチャルリと延興宮主を捕まえるため兵を出します。 延興宮主は牢獄の中で初めてチャルリに騙されていたことに気づき、 自分の愚かさを悔やみます。 穆宗は治療により中毒から回復し、千秋太后に延興宮主の命を救ってくれれば、 以後... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ49話 「幻想の誘惑」 穆宗を連れ出させた延興宮主は、偶然を装い声をかけ家に招き入れ、 成宗と同じ薬を入れたお茶を飲ませます。 それを飲んだ穆宗は、もうろうとしたまま大道芸に興じて、 踊り子ユ・ヘンガンに出会って魅了されます。 しかし、中毒となった穆宗は、その日を境に延興宮主の家を訪ねては薬を飲み続けてしまう。 千秋太后はチヤンから、先王が中毒になった薬を遼夫人と延興宮主が結託して、 穆宗を惑わし飲まされていると聞かされます。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ48話 「息子の結婚」 穆宗は母の千秋太后の勧めで先王の正室の娘ソン姫と結婚をします。 幼いころから姉と弟のように育った2人はぎこちなく、穆宗は皇后を 姉のようで情欲がわかないのでした。 穆宗は宮殿での暮らしが何もかも上手くいかず、苛立ちは日を追う毎に増すのでした。 そんな中、結婚記念に催される武術大会が開かれます。 最後に残ったのはヤン将軍(ヤン・ギュ)とキム史郎将でした。 千秋太后は、その2人に高麗軍の訓練を託します。 同じ頃、契丹の聖宗も皇帝でありながら、母である蕭太后にはかなわない自身の 非力さに苛立っていました。 そんな中、燃燈会が行われます。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ47話 「深まる溝」 ヤユル・ジョンニョルは、諸候国に過ぎない高麗を皇帝国とは認めないと契丹の意向を伝えます。 千秋太后は、認めぬと?それでも皇帝国と称するなら?と一歩も引かないのでした。 そして親書を破り捨てヤユルをつまみ出せと命じます。 穆宗(開寧君)はチヤンが千秋太后に契丹の情報を入れていることで 2人の仲が益々深まっていることや、自分が操り人形だと感じて、 苛立ちます。 一方、側室ソ・チャルリはヤユルから千秋太后が強気に出ていると聞いて、 延興宮主と手を組んで千秋太后を陥れることをもくろみます。 そんな中、穆宗は臣僚たちを集めチヤンを宮殿から追い出すように命令します。 翌日、千秋太后は大臣たちに、私の知らぬ間に会議があったそうですね。 昨晩の陛下の命令は無効としますと穆宗の決定を覆します。 カン・ジョは、穆宗の意見に賛成し、チヤンを宮中に入れてはならぬと多くの者が 考えていると告げます。 千秋太后は、その理由は?私と情を通じたからか?隠すことは何もありません。 私たちの関係を公にしておきます。チヤンは私の思い人です。昨晩も私の寝所で 休みました。女に情人がいてはならぬのですか?私が国を治めている限り女を 差別されぬようにしますと公言します。 大臣たちは何も反対できずに黙ります。 穆宗は、千秋太后に太刀打ちできず自分の非力さを痛感し、日増しに母と子の 関係は険悪になっていきます。 そんな中、穆宗の婚礼のお祝いする意味で武芸大会を開くことになります。 そこに、ヤン・ギュが現れ、ガンチョンは宮中を案内します。 ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ45話 「千秋太后誕生」 文和王后は亡くなった成宗を抱きかかえ泣き崩れます。 崇徳宮主とソンがあらわれ、カン・ジョにどうしたのだ?と尋ねます。 カン・ジョは、亡くなられましたと答えます。 近づこうとする崇徳宮主に文和王后は、汚れた手で触るな!そやつが殺したのだ。 そやつが殿下の命を奪ったと訴えます。 カン・ジョは、いいえ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ44話 「再び開京へ」 薬の禁断症状で震えが止まらない体で成宗は崇徳宮主に会いに行き、 2人きりで腹を割って話をし、成宗はひざまずいて崇徳宮主にあやまります。 そのことで、これまでの出来事に対する誤解が解けて兄妹に出来た溝が埋まると、 お互いに涙して抱きしめ合います。 成宗は崇徳宮に主の罪を不問に付し、ソンに譲位する決意を固めて2人は 手を取り合って開京に向かいます。 一方、ガンチョンは村人から慶州院君の遺書の内容を聞いて、遺書の末尾に うつ伏せで埋葬してほしいと書かれていたことが分かり墓を掘って見ると 遺体の手に青磁の破片を握っていたのでした。 ガンチョンは青磁の破片を頼りに村を捜し、幼子を連れてこなかった尋ね、 そこで大良院君を見つけます。 崇徳宮主が開京に向かっていると聞かされた文和王后と新羅系臣僚らは、 ソンの即位によって崇徳宮主が朝廷で権力をふるう恐れを感じます。 崇徳宮主はソンに成宗がソンに譲位すると言ってると告げます。 しかし、ソンは、嫌です。私は王の器ではありませんと拒みます。 崇徳宮主は、そんなことは関係ない。私の命令に従え!それが犠牲者に 報い国を救う道だ!と命令します。 ソンは、きれい事です。権力欲を満たすため私を王座に据えるのでしょう。 尊い犠牲者や国を口実にしないでください!不快です!堂々と密通する方だ。 恥も外聞もないのでしょうと口論になります。 崇徳宮主は、お前を王にするため私は命をかけた。それなのに私を侮辱するのか! お前のためにどれだけ苦労したか!とソンの頬を叩き激怒します。 崇徳宮主は、今の話は聞き流そう。王座につくのはお前の宿命だ!それでも拒むなら 今すぐ... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)43話 「ソンの苦しみ」 崇徳宮主は開京から遠く離れた流刑地でチヤンの生存を信じて過ごしていました。 そんなある日、崇徳宮主を刺客が襲います。 危ういところを下級兵士キム・スックンに助けられ、崇徳宮主は命拾いを します。 一方、成宗は契丹の姫チャルリを側室に迎え、チャルリから金丹を飲まされ 薬物中毒になっていました。 孤立したソンは、学問を遠ざけ狩や酒に明け暮れていました。 そして、文和王后が新羅系臣僚らと次期国王について議論を繰り返す中、 成宗は病床から起き上がり、突如... 続きを読む Read More | Share it now!

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ42話 「謀反失敗」 崇徳宮主は成宗が乗っている馬車にめがけて矢を入ります。 しかし、その馬車に乗っていたのは身代わりだったのでした。 謀反が失敗に終わったことで、崇徳宮主ら首謀者は全員捕らえられます。 成宗は信じていた妹に命を狙われた事実に衝撃を受けます。 そんな中、母上を助けてほしいと懇願するソンに対して文和王后は、崇徳宮主が 謀反を企てていたと知っていたのか?なぜ私に黙っていたのだ!お前には失望した… 私はお前を立派な王にするため全力を尽くしてきた。それなのに謀反の片棒を担ぐとは… 嘆かわしい。お腹を痛めた子ではないがお前を実の子のように育ててきた。 私に不満でもあるのか?崇徳宮主を助けたければすべてを捨て去り崇徳宮主と 一緒に庶民として暮らすと王に誓えと言い放ちます。 成宗はチヤンに、崇徳宮主と情を交わしたのか?問います。 チヤンは、いいえ... 続きを読む Read More | Share it now!