千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ57話

「心奪われて」

穆宗は延興宮主の父親ウォンスンの策略だとは知らず、川のほとりで
出会ったミラに魅了され、後を追いかけますが冷たくあしらわれます。

穆宗は内官になったヘンガンに、不思議な気分だ…今まで一度もこんなことはなかった…
女を見て初めて自分が男だと感じた…と打ち明けます。

数日後、千秋太后は穆宗に自立する機会を与えるために内政をさせる決断します。

チヤンだけが、陛下に内政を完全にまかせるなど もってのほかですと反対します。

臣僚たちは任せて見てもいいと全員が賛成します。

千秋太后は最後まで反対するチヤンに、前から言いたかったのですが
忠告しておきます。多数派の意見に異を唱えてはなりません。朝廷が混乱しますと言います

チヤンは、どういうことでしょうか?と問います。

千秋太后は、私たちの間に子供ができ三司事(チヤン)は特別な立場にいます
皇族の権勢をかさに着ていると思われぬようにしてください。三司事が正しくとも
私は他の意見を尊重します。私のためにも慎重に振舞ってください。分かりましたね?
皇帝を非難する言葉もお控えに。自らを孤立させることになりますと忠告します。

千秋太后は、陛下に期待をかけて見ます…失敗しても助け船は出しません。
ゆえに ご理解を…とチヤンに告げます。

そんな中、立場をわきまえず宮外で彼女の家に忍び込み問題を起こしますが、
千秋太后は穆宗に、陛下に内政を任せると宣言しました。私は内政に関する
朝会には出ません。陛下の思うままに国をお治めくださいと告げます。

一方、チヤンの正体を暴くため寒渓寺に向かったヒャンビは、新羅の
麻衣太子とチヤンが何か関係しているのではと疑い始めます。

そんな時、宋から来た使臣が高麗に到着して取引をします。

チヤンはカン・ジョが、寒渓寺をヒャンビに探らせ伝えられ、今さらどうして…と考え込みます。

そして、契丹の使臣ヤユル・ジョンニョルがくることになります。

千秋太后は大臣たちに、両国の使臣が鉢合わせしそうだから、両国が競って
我が国に取り入れば我々は優位に立てます。今は契丹も宋も我が国を味方に
つけようと躍起になっています。主導権を握っているのはこちら。この機に
実利を得るべきでしょうと話します。

契丹のヤユルと一緒に来たのは蕭太后の情夫ハンだったのでした。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ57話
(感想)
契丹の蕭太后の情夫ハンは頭脳もいいけど、何か魅力あるわ〜
蕭太后って男の見る目ある(笑)
私は同じ情夫ならチヤンよりハンの方が好みかな(o^^o)

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ56話

「高麗の未来」

カン・ジョとヒャンビは婚礼をあげます。

その帰り道、千秋太后の一行は、契丹の刺客のヒョルメたちの奇襲を受け
危機にさらされますが、ヒョルメを捕まえ殺します。

同じ頃、サガムンが大良院君を殺害しようと崇教寺に奇襲をかけますが、
腕の立つ護衛に阻まれます。

チヤンはサガムンから大良院君の殺害に失敗したと聞いて激怒し、これで我々は
シッポをつかまれるかもしれぬ。墓穴を掘ったも同然だ…仲間の死体は?と聞きます。

サガムンは、片付ける余裕がありませんでしたと答えます。

そんな中、サイルラが夜遅く やって来て、太后様が契丹の刺客に襲われたと伝えます

一晩で起きた2つの事件で宮中が騒然とします。

ガムチャンはチヤンが大良院君の命を狙っていると確信し、院君を開京から離れた場所に隠します。

一方、千秋太后はチヤンを呼んで、大良院君を襲わせたのはあなたでは?と問います。

チヤンは、ガムチャンがそう言われたのですか?朝堂でも私に鋭い視線を
投げかけておられました。ですが根拠のないことです。私が何ゆえ院君を
狙うのですかと聞きます。

千秋太后は、私が男児を産んだ場合…その子に皇位を継がせようとお考えならば、
動機になりえますと答えます。

チヤンは、懐妊され過敏になられているのですねと笑い飛ばします。

一方、夫婦になったカン・ジョはヒャンビに、サイルラがチヤンに命令され
慶州院君を殺したのではないかと話します。

ヒャンビは、では太后様はチヤンにだまされているのですか?と聞きます。

カン・ジョは、そうだ…最初は嫉妬からチヤンに敵意が生じているのかと思ったが、
ガムチャンもお疑いなら私の直感は間違っていなかったのだ…
チヤンの正体がつかめぬ。どう考えても腹に一物ありそうだ…と打ち明けます。

ヒャンビは、以前 私を寒渓寺に行かせましたよね…

カン・ジョは、チヤンは幼い頃 寒渓寺で育ち、チェ・ソムの父がその寺を
襲撃したとチュ殿から聞いたと答えます。

ヒャンビは、ところが その話をした僧はチュ殿かが去ってすぐに亡くなられたのです。
話を合わせてみると何か妙です…チュ殿が殺されたのは、チェがチヤンの秘密を
握っていたからでは?と推測します。

ヒャンビは、ナゾを解く鍵は寒渓寺にあります。すべては そこから始まりました。
私がもう一度寒渓寺に行ってみますと告げます。

一方、契丹の皇帝は、千秋太后殺害を失敗して全員死んだと聞かされ、
激怒します。

そんな時、宋から高麗に使臣が来ることになり、それを知った契丹は焦り
ます。

穆宗は大良院君見送った帰り道、延興宮主が用意した女性に目を奪われるのでした。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ56話
(感想)
千秋太后は、チヤンが自分をだましていると知ったら…
ショックだよね.°(ಗдಗ。)°.
お腹の中にはチヤンの子がいるのに、どうなっちゃうんだろ?

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ55話

「たとえ我が子でも」

穆宗の画策で堕胎させる毒の入った煎じ薬を渡された千秋太后は、
口に入れようとしますが、間一髪でチヤンが阻止します。

チヤンは侍医に、私の目を見よ!間違いなく何か隠しておるな?もしや
煎じ薬に毒を盛ったのか?やけにうろたえておるな。薬に毒を混ぜたのか?と剣を抜きます。

侍医は、毒ではございません。毒を混ぜるように陛下に命じられました…
流産させる薬ですと打ち明けます。

チヤンは侍医に代わりにその薬を飲むように命じます。

そして、侍医が血を吐き亡くなったことで、千秋太后は懐妊を阻むだけでなく、
命まで狙われていることに愕然とします。

ヒャンビもまた毒味をしたため、血を吐き意識を失います。

無味無臭の毒だったため特定ができず解毒ができないのでした。

そんな中、臣僚たちは穆宗の意志に同調し、大良院君へ譲位させて
千秋太后を摂政から退かせる進言をします。

千秋太后は退くつもりはないとしてこれを認めず、さらに大良院君を寺に出家させます。
それは、出家させることが政争の中あの子を守る唯一の方法だと考えたのでした。

千秋太后は穆宗を呼び、お腹の子に皇位を継がせまいと母に毒を盛ったのですね!と言います。

穆宗は、男児が生まれればチヤンは私を廃し、その子を皇位につけます。
だからその前に院君へ譲位しようとしましたが、母上に阻まれました。
皇帝として 皇統だけは守りたかったのですと告げます。

千秋太后は、こうも簡単にお認めになるとは…いくら憎くても私は陛下を産んだ母親です。
陛下を奪い返すため先王と闘った母親です!それなのに そんな母親を殺そうとしたのですか?
と責めます。

穆宗は、殺すですと?流産させるだけで母体には害のない薬でしたと言います。

千秋太后は、嘘でしょう。その薬を飲んで侍医は死に、ヒャンビは意識不明です!
と夜中に臣下たちと何を話したのですか?母が死ねばこの国に平和が訪れ、
枕を高くして眠れそうですか!虫けらでさえ親を殺したりしません!と激怒します。

穆宗は、違います!誤解です!あり得ません。私は流産する薬を飲ませるように
命じましたと弁解します。

千秋太后は、いいえ。もう何を言おうと信じられません。陛下は私の胸を引き裂きました。
誰にも言えぬ この心の痛みをお分かりですか?はっきり言っておきます。人倫に背き私を
殺そうとしたことは あえて忘れましょう。忘れるように努力します。ですが 私の国を
滅ぼそうとする者は断じて許しません!それが たとえ我が子でも!と2度と顔を
見たくありません!と言い放ちます。

一方、サムガンはトギョンに、太后様の薬に毒を盛ったろうと聞きます。

トギョンは、そうだ…と答えます。

サガムンは、俺を裏切ったのか!とトギョンの頬を殴ります。私を捨て国に
戻りたかったのか?と聞きます。

トギョンは、ハン様の命令だ。あの方は私の家族を救ってくれた恩人だ。
命令には背けなかった…と答えます。

サガムンは、愚かな奴だ…これが知れればお前は殺されると言います。

トギョンは、構わぬ…と答えます。

サガムンは、お前だけでなく 私も無事ではない…毒の件は…2人の秘密だ…
私はお前を手放せぬ…いや手放さないと抱き寄せます。

数日後、ヒャンビは意識が戻ります。

カン・ジョはヒャンビを生きていてありがとうと抱き寄せ、妻にすると
決心します。

一方、チヤンはサガムンに、カン・ジョの婚礼の日に崇教寺にいる大良院君を殺せと命じます。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ55話
(感想)
千秋太后は穆宗が毒を盛ったと誤解してるけど、それでも自分が産んだ
息子を守ろうとカン・ジョに誰にもそのことを知られてはならないと
口止めしたよね〜

それに、亡きソルの息子の大良院君の命を守るために出家させることに
したのも仕方のないことかもね…