記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話) 「審判が下る」 テソクは事務所を去ります。 イ代表は息子のスンホの事件が明るみになり、全ての役職を辞任します。 そんな中、クォンの再審請求裁判が始まります。 テソクは個人事務所を開設し、チョン弁護士と秘書のソナも加わります。 そんなある日、テソクはスンホからネパールにボランティアに行くと電話で伝えられます。 テソクの病気は進行し続けていました… ある夜、妻ヨンジュが夜中に目を覚ますと隣にテソクの姿がなく、 リビングでトイレの場所が分からなくなって佇んでいるのでした。 テソクはチョン弁護士に、次の公判…お前がやってくれと頼みます。 チョン弁護士は、弱気になったテソクを、諦めてはダメです。決着をつけられるのは... 続きを読む Read More | Share it now!

記憶~愛する人へ~あらすじ20話 「罪の告白」 チョン弁護士はアルツハイマーのテソクが傷つかないように配慮しながら、事件の解決に力を貸します。 テソクは妻のヨンジュに、これ以上病気のことは隠せない。お前と子供たちが傷つくかもしれないと告げます。 ヨンジュは、心配しないで。誰に何を言われても私たちは平気よ 安心して。2人に話しておくと答えます、 テソクは息子のジョンウを学校に送り届ける車の中で、病気のせいでイヤな思いをするかもしれない。友達にいろいろ聞かれるかも…と 話します。 ジョンウは、何か聞かれたら答えればいい…パパは病気だ。何も悪くないと答えます。 その後、テソクはテレビの生放送に出演し、テレビでアルツハイマーだと公表します。それと同時に、15年前18歳だったクォン・ミョンスの冤罪は自分の無責任と傍観で33歳の今も刑務所にいると訴え 事件に注目が集まります。 そんな中、スンホがひき逃げだけでなく、ヒョヌク殺害も自分だと 自首します。 イ代表は取り調べを受けている息子のスンホに、お前は数年前から統合失調症だ…全部妄想だ。友人の自殺に衝撃を受けたせいでひき逃げをしたと思い込み、ヒョヌクを殺したと錯覚した。そして誤った自首に至った…分かったな?と言います。 スンホは鼻で笑い、僕が殺した…と答えます。 イ代表は、ふざけるな!48時間以内にここから出すと言います。 スンホは、テソク弁護士を呼んで。彼としか話さない…と答えます。 記憶~愛する人へ~あらすじ20話後半 そんな中、テソクが現れ、スンホと話します。私はひき逃げの被害者の父親で殺されたヒョヌクの代理人です!と取調室に入って行きます。 スンホはテソクを見ると、僕の犯行です…息子さんを助けようともせず逃げました。あの時逃げなければ良かったと毎日... 続きを読む Read More | Share it now!

記憶~愛する人へ~あらすじ19話 「どんな妨害に遭っても」 テソクはヒョヌクを拉致した犯人が自首したと連絡を受け、すぐに警察署に向かいます。 チェ刑事が拉致と暴行だけで済ませる気だと分かったテソクは、怒りを露わにし取調室に突然入っていきます。 テソクは犯人の胸ぐらをつかみ、誰の命令で殺した!全部吐きやがれ!と逆上し、チェ刑事に、これで終わると思うなよ!背後の奴を暴いてみせると言い放ちます。 テソクはイ代表の息子スンホを呼び出し、今日は3杯だけ飲む…まずは無念の死を遂げたドンウのためだ…次はお前の友ヒョヌクの哀悼だ…お前は優しい。だから逃げ出すんだ… しかし... 続きを読む Read More | Share it now!

記憶~愛する人へ~あらすじ18話 「事件の裏に」 テソクはヒョヌクの彼女から渡されたUSBを暴漢に奪わてしまいます。 USBを入手したシン副社長は、その録音を聴いて聞いたことのある声にイ代表じゃないか?そうだ!息子の名前はスンホだ。スンホがテソクの息子を殺したのか?と思わぬ収穫に歓喜します。 USBを奪われたテソクはイ代表の仕業と勘違いしイ代表に、スンホは 元気ですか?親友が死んでショックでしょうと意味ありげに話します。 イ代表は、ああ... 続きを読む Read More | Share it now!

記憶~愛する人へ~あらすじ17話 「真実は消えない」 テソクはここで戦うと決め、つらくてもここで決着をつけるとチョン弁護士に告げます。 計画があるのですか?と聞くチョン弁護士にテソクは、ひき逃げは 時効が過ぎた。証拠を見つけても無駄だ。ヒョヌク殺害を立証すればひき逃げも証明できると言います。 チョン弁護士は、解剖結果の確認をすると出かけようとします。 テソクは、チョン弁護士を呼び止めキム教授が妻に宛てた遺書を預けます。 テソクはチョン弁護士に、遺族に渡して事実を公表する。そうなると弁護士資格は剥奪だ。全てが終わったら... 続きを読む Read More | Share it now!