魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!
魔女宝鑑 ~ホジュン、若き日の恋~あらすじ1話

「世継ぎ」

王妃シム氏は、黒い朱雀がお腹の中へ入ってきた夢を見たため

懐妊の予知夢であろう?と昭格署 長官チェ・ヒョンソにうれしそうに尋ねます。

しかし、ヒョンソは渋い顔をします。そして脈をとっていた医女が

ご懐妊ではありません…と告げるのでした

女官たちは、星宿長庁を邪険にし、道教の儀式を司る昭格署のヒョンソを特別扱いしていた大妃は〝儀式の効き目がない〟とご立腹してるとウワサ話をしていると、突然雷が鳴り雨が降り出します。

一方、大妃ユン氏は王妃シム氏と息子の明宗に、今回も違ったと?

王妃になって5年も経つのに お世継ぎがないとはどういうことですかと責めます。

王妃シム氏は、申し訳ありません…と謝ります。

大妃ユン氏は、そういえば 昨日は共寝の日でしたね。王様は王妃の部屋へは行きましたか?と聞きます。

明宗は何も答えないのでした。

大妃ユン氏は、今度の2人の共寝に私も立ち会うことにする。

聞けば15分も経たずに部屋から出るとか…一体 何が問題なのか この目で確かめると腹を立てます。

明宗は、やめてください…いい加減にしてください。私はもう子供ではありません!臣下たちは私を〝名ばかりの王〟と呼びます。それでいいのですか?と口答えします。

大妃ユン氏は目の前のお膳を明宗に投げつけ、そなたを王にするため私がどれほど努力したか !この母がどんな犠牲を払ったか!いかに王座を守ったかお忘れですか?と激怒します。

明宗は、母上が必死に守ってきたのは王座ではなく…王妃の座ですと

言うと立ち去ります。

大妃ユン氏は、見過ごすことはできぬ…ただちに星宿庁の巫女ホンジュを呼びなさいと命じます。

ホンジュは大妃ユン氏が頼みごとを言う前に、必ずや お世継ぎを抱かせて差し上げます…と答えます。

大妃ユン氏は、さすがはホンジュだと高笑いします。

星宿庁の大巫女ホンジュは王妃シム氏に挨拶に行き、体の悪い気を追い払いますと言ってムチで叩きつけるのでした。

その後、ホンジュは大妃ユン氏に、恐れながら王妃様は子を授かれません。ですが不可能ではありませんと懐妊の方法を提案するが、それは黒呪術を用いたものなのでした。

昭格署のヒョンソは大妃ユン氏に、5年前のことを内密にする代わりにホンジュを呼ばないと約束なさいました。話が違うではありませんかと訴えます。

大妃ユン氏は、私は儒学者らの反対を押し切り昭格署を守るため手を尽くしてきた。だがそなたは私の背に刃を突きつけた。知っていたのだろう?王妃は子を産めぬと…そなたのことだ王室の安定を願って黙っていたのだろう。だが 世継ぎなくして王室や国の安定はない。

自分の本文を忘れ私をだますとは不届き千万と責めます。

ヒョンソは、事実を伝えたらどうなっていたでしょう…王妃様は命を失うことになります。先王妃様のように…と告げます。

大妃ユン氏は、もはや昭格署は信用できぬ。今後 王宮のすべての儀式は星宿庁のホンジュに任せる。そなたは辞任をと命じます。

ヒョンソは、私はどうなっても構いませんがホンジュだけは なりませんと訴えます。

大妃ユン氏は、世継ぎがおらぬからと謀反を企てる者も現れている。それを黙って見ていろと言うのか?と怒ります。

ヒョンソは、ホンジュの悪巧みにだまされてはなりません。黒呪術は

災いを招きます。あの女の操り人形になる気ですか?と必死に止めます。

大妃ユン氏は、黙りなさい!巫女ごときに操られるものか。私を見くびるでない!即刻 王宮を去り二度と近づいてはならぬ!と激怒します。

そんなある日、明宗が急な食あたりで危篤になりますが発見が早く

大事には至らないのでした。

ヘランは王の明宗の急病に気づいたことで、実家に帰省することを許されます。

一方、ホンジュは王妃のシム氏に、王妃様はお子が産めぬお体ですと告げます。

大妃様もご存じか?と聞く王妃にホンジュは、うなずきます。

ホンジュは王妃に、本当に懐妊をお望みですか?お望みならば懐妊できるよう私がお手伝いいたします。私に従いますか?と問います。

王妃は、分かった。何をすればよい?頼む 力を貸してくれと頼みます。

王妃はへランに、今から私の言うとおりにしなさい。今夜 王様と共寝を…王様のお体のために決めたことだ。お前は命令に従えばよいと

命じます。

ヘランは、私は神に仕える巫女です。殿方と共寝はできませんと言います。

王妃はヘランの頬を叩き、殿方ではなく国王であられる。巫女として王様の悪い気をはらうのだ。老母と弟がいるそうだな。夜伽の相手をするなら母親と弟の面倒を見てやる。だが断るのなら…私に こんなことを言わせるな…と脅します。

王妃はホンジュから、霊力の強い巫女へランを解任させ、お子は王妃様の体から生まれる。用が済んだヘランは始末するようにと言われていました。

ヘランは懐妊しますが、本人は気づいておらず風邪だと思っているのでした。

一方、ヒョンソはホンジュの企てに気づき、太陽をすげ替えただけでは満足できぬかと説得します。

ホンジュは、気の衰えた太陽でした…王をすげ替えて何が悪いと?今回は私の手で王を作るのですと答えます。

ヒョンソは、黒魔術は災いを招くということを知らぬというのか?と

聞きます。

ホンジュは、いいえ…よく知ってます。危険な術です。私も命を落とす恐れがある。この国を思っているのはヒョンソ様だけではありません…と答えます。

ヒョンソは、お前は この国を憎んでいるはずだ…と言います。

ホンジュは、では どうするおつもりですか…5年前のように私を追い出すのですか?それとも私を斬りますか?と聞きます。

ヒョンソは、呪術をやめよ!最後の警告だと告げます。

そこへ大妃ユン氏が現れヒョンソに、二度と近づくなと言ったはずだ!と言うと捕らえるように命じます。

ヒョンソは逃げ出し、仲間とともにホンジュの企みを阻止しようとしますが止められないのでした。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~

(感想)

黒魔術で王妃ユン氏は懐妊するんだね~

ヘランは死んだのかしら?

記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話)

「審判が下る」

テソクは事務所を去ります。

イ代表は息子のスンホの事件が明るみになり、全ての役職を辞任します。

そんな中、クォンの再審請求裁判が始まります。

テソクは個人事務所を開設し、チョン弁護士と秘書のソナも加わります。

そんなある日、テソクはスンホからネパールにボランティアに行くと電話で伝えられます。

テソクの病気は進行し続けていました…

ある夜、妻ヨンジュが夜中に目を覚ますと隣にテソクの姿がなく、

リビングでトイレの場所が分からなくなって佇んでいるのでした。

テソクはチョン弁護士に、次の公判…お前がやってくれと頼みます。

チョン弁護士は、弱気になったテソクを、諦めてはダメです。決着をつけられるのは あなただけです。依頼人の無罪を証明しシン副社長を真犯人にできれば、ファン会長(イ代表の母)の裏工作が暴け、そうすればヒョヌク殺害教唆を証明する機会もできます。ドンウのためにも勇気を出してと励まします。

記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話)後半

そんな中、シン副社長の父の会長がテソクを呼び出し買収を持ちかけます。

テソクは、私はアルツハイマーですよ…もう損得に興味はない。今はただ失ったものを取り戻したいだけですと断ります。

次の公判の日を迎えます。

テソクは被告人クォンの無罪を勝ち取ります。

シン副社長は殺人容疑で拘束されます。

ファン会長は自殺します。

裁判が終わるとテソクの病気は急激に悪化します。

そんな中、ヨンジュはテソクの友人であり主治医から、テソクの病気が進行したら渡してくれと言われたと箱を渡されます。

帰宅したヨンジュは、箱を開けると

〝ヨンジュさん…これを聞いてるということは お前を忘れるほど悪化したんだな…最初に道に迷った日を思い出す…あの時は絶望しかなかった。神が恨めしく何の希望も持てなかった。でも不思議なことに最近はアルツハイマーが神の恵みに思える。それはきっと いつもお前と子供たちが俺のそばにいるからだ。お前には言葉で言い表せないほど感謝してる。銀行の貸金庫にお前を俺の法的代理人だと証明する書類がある。俺が入る施設の契約書も入ってる。俺からお前への最後の頼みだと思って聞き入れてくれ。お前に会えただけで 俺は十分恵まれてる。ヨンジュさん…愛してる〟とボイスレコーダーに録音されていました。

記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話)

(感想)

テソクは最初の結婚の時に息子をひき逃げされ亡くし

アルツハイマ~という病気によって、息子を殺した犯人、

そして、自分が扱った事件が冤罪だったことに気がつき、

記憶がなくなる前に自分の人生で気になっていたことを解決する。

そこには、妻ヨンジュや、友人、後輩のチョン弁護士と秘書のソナが

テソクを蔭で支える姿に、感動を覚えたわ~~

そして、テソクと父親との確執が、テソクの病気によって

緩んでくるのが涙を誘った。

例え、親でも、立派な職業についている人でも、完璧な人なんかいない。子供は親を許せだ時、何かが変わるんだと思った(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

記憶~愛する人へ~あらすじ20話

「罪の告白」

チョン弁護士はアルツハイマーのテソクが傷つかないように配慮しながら、事件の解決に力を貸します。

テソクは妻のヨンジュに、これ以上病気のことは隠せない。お前と子供たちが傷つくかもしれないと告げます。

ヨンジュは、心配しないで。誰に何を言われても私たちは平気よ

安心して。2人に話しておくと答えます、

テソクは息子のジョンウを学校に送り届ける車の中で、病気のせいでイヤな思いをするかもしれない。友達にいろいろ聞かれるかも…と

話します。

ジョンウは、何か聞かれたら答えればいい…パパは病気だ。何も悪くないと答えます。

その後、テソクはテレビの生放送に出演し、テレビでアルツハイマーだと公表します。それと同時に、15年前18歳だったクォン・ミョンスの冤罪は自分の無責任と傍観で33歳の今も刑務所にいると訴え

事件に注目が集まります。

そんな中、スンホがひき逃げだけでなく、ヒョヌク殺害も自分だと

自首します。

イ代表は取り調べを受けている息子のスンホに、お前は数年前から統合失調症だ…全部妄想だ。友人の自殺に衝撃を受けたせいでひき逃げをしたと思い込み、ヒョヌクを殺したと錯覚した。そして誤った自首に至った…分かったな?と言います。

スンホは鼻で笑い、僕が殺した…と答えます。

イ代表は、ふざけるな!48時間以内にここから出すと言います。

スンホは、テソク弁護士を呼んで。彼としか話さない…と答えます。

記憶~愛する人へ~あらすじ20話後半

そんな中、テソクが現れ、スンホと話します。私はひき逃げの被害者の父親で殺されたヒョヌクの代理人です!と取調室に入って行きます。

スンホはテソクを見ると、僕の犯行です…息子さんを助けようともせず逃げました。あの時逃げなければ良かったと毎日 後悔した。

ヒョヌクは僕が犯人だと知っていて脅迫されました。それで殺害を…

と話します。

テソクはスンホの頬を叩きつけ、お前は殺してない。他のやつの仕業だ。法をなめるな。お前のアリバイは すぐに証明できる。通話記録と監視カメラで確認できると言います。

スンホは、カメラを避けたので映っていませんと答えます。

テソクは、お前のウソは俺が証明すると言います。

スンホは、僕が殺したんです!償うと言ってるのになぜです?と叫びます。

テソクは、ウソだからだ…本当に許しを請いたければ自分が犯した罪を背負え。自虐的なやり方で卑怯に逃げるな。お前が何をしたのか どれだけ卑怯か 生涯片時も忘れることなく これからの人生を生きろ!告白したからと言って許されもしなければ、終わりもしない。

許される道は その罪悪感を一生 お前が背負うことだ!そして力の限り生きろ!と叱責します。

スンホは、テソクの言葉に涙を流し、申し訳ありませんでしたと心から謝罪します。

一方、チョン弁護士は15年前のクォンの事件を調べていました。

テソクは事務所を辞めます。

つづく

記憶~愛する人へ~あらすじ20話

(感想)

テソクの元妻ウンソンが警察署にいるスンホに、

立派な言葉を残したの。自分の子供を殺された人がこんなこと言えるなんて、やっぱ検事だね~