魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ10話

「復活の兆し」

黒魔術の巫女ホンジュは、プンヨンの父ヒョンソが横たわるそばで怪しい魔術を使っているのでした。

その頃、「魔医禁止」を燃やしてしまったジュンは、聡明水を飲んでいたため、その中に書かれていた内容を全部記憶していたため、内容を書いて復元していました。

翌朝、顔を布で隠したソリにヨニの面影を見ます。

一方、大妃シム氏は皮膚病の療養に出かけた王様を見張るよう女官に

指示します。

そんな中、ホンジュは王様の前に現れ、私は王様の病の原因を知っています。お体の至る所にトゲが生えているでしょう…と言い当て、

私を信じてくだされば病を治して差し上げますと伝えます。

話を信じない王様にホンジュは、腕を差し出すように言うと、

一部が綺麗な皮膚に変え、根本的な原因を消さないとまた再発します。信じてくださればお体をむしばむトゲを全部 消して差し上げますと告げます。

王様は、お前の望みは何だ?と聞きます。

その後、ホンジュは大妃の指示を受けた女官を殺します。

そんな中、ヒョンソが消えたと伝えられたホンジュは、手下に周辺を捜せと命じます。

一方、ヨグァンに忘却水を作ってジュンに飲ませるよう提案され迷っていたソリは、眠っているジュンを見に行きます。

ジュンはソリに、お前…ヨニだろ…と聞かれます。

ソリは、人違いですから 手を離してと答えます。

ジュンは、なぜだ…何か事情が?力になるから…と言います。

ソリは、大きなお世話です。あなたに何ができると?と答えます。

ジュンは、ごめん…やはり人違いだった…と謝ります。

ソリは、できるだけ早く書物を復元して出て行ってくださいと伝え

その場を去ります。

ソリは、ホンジュに〝お前が愛する者は死ぬ…お前を愛する者もまた皆死ぬ…〟と言われた言葉が頭をよぎります。

翌朝、ジュンは書物の復元が終わり寺を出て行きます。

その途中、ヨグァンはジュンに忘却水を渡します。

匂いを嗅いだジュンは、ソリさんの望みですか?と尋ねます。

ヨグァンは、それが何か分かるんですか?と聞きます。

ジュンは、この薬の作り方を教えたのは僕ですから…伝えてください。俺はちゃんと飲んだと…と飲み干します。

王宮に戻ってきた王様は、体のトゲを直してくれると言うホンジュの望みが王宮に呼び戻すことだったため、大妃が廃止していた星宿庁を再建しホンジュを大巫女に任命するとと王命を出します。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ10話

(感想)

ソリ(ヨニ)はホンジュに〝お前が愛する者は死ぬ…お前を愛する者もまた皆死ぬ…〟と言われた言葉を忘れず、呪いを解くことに

毎日を過ごしているのが可哀想…



魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 9話

「聡明水と魔医禁書」

ジュンは正妻の息子オクに濡れ衣を着せられた挙句、芸妓マルノの死で赤い道袍だと断罪されます。

逃亡を図る中、偶然居合わせたプンヨンに追われ、ジュンは崖から落ちてしまいます

しかし、地面に叩きつけられる前に体が宙に浮いたままになります。

ジュンを助けたのはチョンビン寺から結界を破って飛び出して来た

ソリなのでした。

気を失ったジュンは寺で目覚めると、目についた「聡明水」を興味本位で飲み干し、魔医禁書を手に取り読み始めます。

夢中になって読むジュンの衣にロウソクの火が燃え移り焦ったジュンは慌てて消そうとしますが、魔医禁医書に燃え移りそれを水の中に投げ入れてしまいます。

怒ったヨグァンはジュンに、お前は死んでも償えない過ちを犯した…と剣を向けます。

そこに、顔を布で隠したソリが現れます。

ソリは恩を仇で返すのかとジュンを責めます。

ジュンは聡明水を飲んでいたため、書物の中に書かれた内容を全部覚えていて暗唱します。

一方、オクは偽者の死体をジュンだとプンヨンに見せます。

プンヨンは偽物と気がつきますが王様は、本物かどうかは重要ではない。今は民心を静めるべきだ。民は王室に不信感を抱いている。またもや赤い道袍を取り逃がしたと知れば 不満のはけ口が王室に向けられると言います。

プンヨンは、王様を尊敬してきました。ですが今回だけは従えません…単なる 一時しのぎです。真実は隠せません…事件の再調査を命じてくださいと告げます。

その時王様の体から血が滴り落ち、プンヨンは駆け寄ります。

そこに大妃シム氏が現れます。

大妃シム氏はプンヨンが玉座に上がっていることに不信感を抱きます。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ9話

(感想)

ソリ(ヨニ)が静かに穏やかに話をする時、引き込まれる感じしませんか?すごく魅力的に感じます。



魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!
魔女宝鑑ホジュン、若き日の恋 あらすじ7話

「それぞれの5年後」

巫女ホンジュは世子が亡くなるとすぐに世子の口から出た黒い煙を

白いツボに閉じ込めます。

巫女ホンジュは王妃に、私を殺そうとするから いけないのです…裏切りの対価を味わってください。再会するまでどうぞお元気でとつぶやき白いツボと共に王宮を去るのでした。

その頃、ジュンは母を亡くし、母の遺品から母の死に兄オクが関わっていることを知り復讐を誓います。

ー5年後ー

死んだはずのヨニはソリと名を変え、昭格署の道士ヨグァンと洞窟に隠れ棲んていました。

ソリは呪いを解くため、5年間で100本に火を灯し、残りはあと8本になります。108本灯すことができれば呪いが解けヨニに戻れると切実に願ってロウソクに火を灯していました。

ソリは、私のせいで誰も死なせたくありません…どうか火が消えませんようにと祈りますが、この半年1本も火をつけられないことに焦りを覚えます。

その頃、都では連続殺人鬼の「赤い道袍」が人々を震撼させていました。

新王・宣祖は連続殺人鬼の逮捕をヨニの兄プンヨンに命じます。

プンヨンは兄とヨニが生きてると信じ捜し続けていました。

つづく

魔女宝鑑ホジュン、若き日の恋 あらすじ8話

(感想)

プンヨンの父ヒョンソは、死んではいなかったけど

巫女のホンジュが、ヒョンソを眠らせていた!?