魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ19話

「呪いの札」

ヨグァンは大妃にかけられた呪いを封じるため、追跡の札を飛ばします。

その札をヨグァンとジュンが追いかけると、王様の寝所で消えます。

ヨニは大妃が苦しむ姿を見てホンジュに会いに行き、お前の仕業だな!卑怯な真似などせず私を狙えと対峙します。

ホンジュは、そうしたいのですが大妃様が邪魔でしてねと含み笑いします。

ヨニは、不届き者め。札はどこにあると聞きます。

ホンジュは、焦っておられるようですね。私に聞いても無駄なのにと

開き直ります。

ヨニは、お前の望みは大妃の命ではないはずと言います。

ホンジュは、母親を思って来られたことですし、教えましょう。

私にこんな強力な呪いはかけられません…大妃様を憎んでいる方は他にもいます…札は怨念で作られ その主の手にあります。王女様が王様を害せば大妃様を救えます。ですが打ち首になりますよ。大妃様を救うか 自分を守るか…難しい選択ですねと言います。

ヨニは、私を捕らえるための罠か…と気づきます。

ホンジュは、己の命より大事なものはありません…ですから黙って見物を…と笑みを浮かべます。

一方、宣祖の寝所に侵入し札を探すヨグァンとジュンは、プンヨンに取り押さえられます。

そこにヨニが現れ、宣祖の胸に刻まれた印に短剣を刺します。

その瞬間、大妃の呪いが解けます。

そして、ヨニは王様を殺そうとしたと捕まってしまいます。

プンヨンはホンジュに、あれは妹ではない…と惑わされます。

王様はホンジュの言葉に惑わされているからと止められますが、

ジュンは、言葉でダメならホンジュの本性を見せてやりますと

ヨニを助けようとします。

牢に入れられたヨニの元に、ホンジュに操られたヒョンソが来ますが、ヨニを三昧真火で燃やす能力は消えていたのでした。

ジュンはホンジュの正体を王様とソルゲに見せつけます。

その頃、ホンジュはプンヨンに、悪霊を払えば本来のヨニに戻ると…あなたのものになると惑わしていました。

一方、ジュンは王様に、王様の病の原因は王女様ではありません。

ホンジュの黒呪術です。お見せした通りホンジュは赤い道袍の黒幕です。次は病の原因が黒呪術だと証明してみせますと訴えます。

王様は、お前の望みは 何だ?と問います。

ジュンは、王女様の釈放ですと答えます。

王様は、お前を信じて王女を釈放しろと?と聞きます。

ジュンは、私が王様の病を治しますと宣言します。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ19話

(感想)

ヒョンソもプンヨンも、黒魔術をかけられても、それに打ち勝つ

良心を持っているんだなって感心したわ🤗



魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ18話

「魂の昇天」

ジュンは山中で赤い道袍を待ち伏せし剣で戦い、面を剥ぎ取ります。

やはり思っていた通りソルゲなのでした。

一方、ヨニは世子の魂を弔おうとしていました。

それを見ていたホンジュは、それが偽物だと知ったらどんな顔をするか…と含み笑いをします。

しかし、ヨニはボンジュが壺をすり替えたことを知っていました。

それは、ジュンがそのことをヨニに伝えたからでした。

そんな中、プンヨンはヨニに、男としてお前を守りたいと想いを告げます。

ヨニは、私がここにきたのは あの者たちの企みをこの目で確かめ、

すべてのロウソクに火をともすためです。兄上の気持ちを考える余裕はありません…と拒みます。

プンヨンは立ち去ろうとするヨニの腕をつかみ行かせまいとしますが、そこにジュンが現れ、離してくださいと言います。

ヨニは、兄上 手を離して。私は彼と行きますと告げます。

プンヨンは、手を離したら…この兄には二度と会えぬぞ…と言います。

ヨニはプンヨンの手を払い立ち去ります。

一方、ホンジュはヒョンソを操り、世子の魂が入った壺を奪います。

ジュンは壺がなくなっていると気づきます。

大妃はホンジュに、またお前か!と怒ります。

ホンジュは、もがいても運命は変えられません。世子様か 王女様

どちらかを選ぶのが大妃様の運命です。王女様を選ぶなら世子様は私が頂きます。王座に就かせようが あの世をさまよわせようが 大妃様の子ではないと言い放ちます。

大妃は、世子は私の子だ!と言います。

ホンジュは、見捨てたではありませんか。では なぜ王女を守ろうとしたのですか?なぜ王女を王宮に?と問い詰めます。

大妃は、もし世子が生きていたら…お前が王女を殺していたら免れたことだ!と叫びます。

ホンジュは、聞いたか?とヨニを見ます。これが お前が死なねばならぬ理由だとヨニに言います。

大妃の本音を聞かされたヨニは、魔力で壺を自分の手に取り戻し

大妃に壺を渡します。

ジュンは、大妃様はヨニを捨てました。でもヨニは大妃様を守りました…と告げます。

大妃は世子の魂が入ってる壺を床に叩きつけます。そして魂は天に昇っていきます。

ジュンとヨニは大妃に春夢水を作ります。それは夢の中で会いたい人に会える薬でした。

一方、ヒョンソはヨグァンに、「魔医禁書」の最後の1頁を渡し、

ヨニを愛する者の犠牲で最後の火をともせる…ホンジュに知られたら

ジュンの身も危うい。私が正気を失ったら迷わず私を殺せ…と言います。

ヨグァンは、できません。嫌ですと拒みます。

ヒョンソは、私がヨニの脅威となったら お前は あの子を守ってくれ。正気を失った姿をヨニたちが見る前に どうか殺してくれ!と

懇願します。

その頃、ホンジュは王様を操り大妃を暗殺させようとしていました。

ホンジュは大妃の寝ているそばに行き、世子様のおそばへ行かせて差し上げますと魔術をかけます。

そんな中、プンヨンがホンジュに、お前の呪術で人の心も手に入るか?と問います

ホンジュは、私がヨニを取り戻して差し上げます。邪悪な妖怪を殺せば 優しいヨニに戻りますと言います。

黒魔術をかけられた大妃は明日までの命といわれ、札を見つけなければ助からないとヒョンソに言われます。

そして、すべてのロウソクに火をつけられないヨニも死が近づいていました。

ジュンはヨニが倒れ看病していると、禁医書に〝北神が消える前にロウソクに火をつけ呪いを解く〟と書かれていたことを思い出します。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ18話

(感想)

巫女ボンジュが黒魔術を使い、人を思いのままに操るのが

怖いわ~~😱



魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ17話

「新たな隠れ家」

ヨニはジュンとヨグァンと共に新しい隠れ家に移動しようとしていました。

そんな中、プンヨンと部下のソルゲがやってきます。

ジュンはヨニが赤い道袍に襲われるのを追いかけ、揉み合った末に

逃げられてしまいます。

ジュンは手のひらについた血が自分のものではなく、怪我をしていたプンヨンの部下ソルゲではないかと疑います。

ヨニは駕籠に乗り出発します

ホンジュはヨニの乗る駕籠を襲いますが、もぬけの殻なのでした。

実はヨニはヒョンソに、王宮に行きます。敵の懐にいた方が安全では?もう逃げ回りません。私から出向きますと告げていました。

ヒョンソは、私は命を賭して国を守ると誓った身。結界を張って差し上げるのは私の役目です。私の身に何が起きても動揺しないでください。結界が張られたら大妃様を訪ねてください。助けてくれますと答えていました。

王宮に戻ってきたホンジュはヒョンソの衰弱を見て驚き、黒魔術で更に延命させます。

ジュンはある模様が貧民村の烙印で幼い女の子たちの肩に押されていると聞かされ、確かめようとします。

一方、ホンジュは星宿庁にヨニがいるのを見て驚きます。

ヨニはホンジュに、うれしいですか?と問います。

ホンジュは、うれしいとも。ずっと捜していたのだ…兄に会いに?と

ヨニの後ろにある白いツボを見ます。

ヨニは、あれが私の兄?と聞きます。

ホンジュは、冷たい言い方ね。お前が死なせたのに…と答えます。

ヨニは、そのツボを引き寄せ、もうこれ以上…好きにはさせないと

直接対決します。

ホンジュは、結局 お前が兄を殺すのか。大妃様が さぞ悲しむだろう…と言います。

ヨニは、どちらかが死ぬ運命なら 死んだ人を送るべきでは?とツボ傾けます。

ホンジュは、今すぐ返しなさい!誰を生かすかは 2人を作った私が決める!と言います。

ヨニの目の色が変わり、ホンジュを空中に浮かせ、世子様(死んだ兄)を操り私を殺す気でしょ。あなたの悪行のせいで多くの人が死んだ…これが私を殺せる唯一の方法か確かめてみると言うとツボを持ち立ち去ります。

ホンジュは王様に大妃が王女を王宮の中に かくまっています。儀式の生け贄にさせまいと隠しているようです。儀式を邪魔される前に

王女を捕らえましょうとそそのかします。

王様は、会うのが楽しみだ。捕らえてこいと命じます。

ホンジュは、大妃は簡単には差し出さぬはず…狩をします…狩の名分と猟犬をくだされば捕まえてきますと話します。

王様は、いや。狩は自分でしたほうが面白い。私が狩ると言います。

一方、ホンジュから世子の魂が入ったツボを持ってきたヨニは大妃に、できるだけ早く世子様をお見送りしましょう。ヒョンソ様に

死者の追悼式の依頼をと言います。

大妃は、もう少し 待ってほしい…と答えます。

ヨニは、お心の整理がつくまで待ちます…と大妃の気持ちを受け止めます。

大妃は、いや お前の身の安全が優先だと死者の追悼式を行うことを

了承します。

そんなある日、プンヨンはヨニのために仕立てた服を渡したい。連れていきたいと大妃を訪ねます。

大妃は、ヨニは王女である。それにあの子には役目がある。帰りなさいと断ります。

そんな中、大妃殿に王様が兵を伴い乱入してきます。魔女狩りをしていると告げます。

ヨニは王様の前に現れます。

大妃は、王女が生きて戻ったのです。うれしくありませんか?と敵対します。

大妃はホンジュに、万が一 王女に何かあれば お前の仕業とみなす。

肝に命じておけと警告します。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ17話

(感想)

大妃はヨニを王女として守ることを決心したね。

ジュンはソルゲが赤い道袍だと確信したね~