魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ27話(最終話)

「真実の愛の犠牲」

ヨグァンはヨニもジュンも不憫で見てられない!と酒場でやけ酒を

あおってました。

後ろで静かに飲んでいた謎の男がヨグァンに、命は大事にしてくれないと困る…一方は必ず死ぬ。気の毒な縁だ…〝犠牲水〟だ…あの者に渡せ。苦しまずに死ねる。私にできるのは これだけだ。失望するなと伝えてくれ。その犠牲は数百…いや数千万の命を救うと瓶を託し

立ち去ります。

そんなある日、ヨニのもとへ突然ホンジュが現れ、「魔医禁書」の

最後に記された〝真実の愛の犠牲だけが最後の火をともせる〟ことを明かし、最後の火をともせるのはジュンしかいない。お前のためなら命を差し出すはずだと揺さぶりをかけます。

ヨニは、ウソよ…と驚きます。

ホンジュは、あの者と幸せになりたかったのだな…かわいそうにと

言います。

ヨニは、信じないわとジュンの元に戻り、ジュンに抱きつき涙を流します。

ジュンは心配するな火はともせると励まします。

ヨニは、どうやって?あなたの犠牲で?早く逃げて。ここにいたら死ぬわ。私のせいで死ぬの。どうして逃げないの?私はどうなるの?

私のためを思うなら逃げて。それが私の望みよ…と言います。

ジュンは、俺は逃げないと答えます。

ヨニは、ずっと怖かった…私のせいで あなたを失うんじゃないかと…だから ここから去ってと走り去ります。

一方、プンヨンの元に父のヒョンソが現れ、お前に頼みがあって来た…ヨニの呪いが解けたらホンジュを燃やす三昧真火を行なってくれと告げます。

プンヨンは、ホンジュが死んだら 父上はどうなるのです?と聞きます。

ヒョンソは、私のことはホンジュが死んでから考えろ。私のことは

心配するなと言います。

そんな中、ヨニとジュンはヨグァンに手伝ってもらい結婚式をあげ

夫婦となります。

その夜、ヨグァンはジュンに〝犠牲水〟を渡します。

死が迫り苦しそうに倒れたヨニを見てジュンは、お前を呪いから救うため必死に戦ってきた。愛する者を守れる男になりたかった…俺はお前に死んでほしくない…この思いが真実の愛であることを祈ると

〝犠牲水〟を飲み干します。

流れ星が流れるのを見たヨグァンはロウソクを見に行き、最後の一本のロウソクに火が灯っていないのを見て愕然とします。

ヨグァンは倒れているジュンを見つけ起こします。

ジュンはヨニを森の中で捜し回ります。

ヨニは、少しだけにしてね…あなたと過ごした思い出は私が持っていくわ…と〝犠牲水〟を飲みます。

そして最後のロウソクに火が灯ります。

同じ頃、ホンジュは苦しみ出します。ヒョンソはホンジュを抱きかかえ一緒に三昧真火の中に入っていきます。

月日が流れジュンは科挙の医科試験を受けに王宮に行きます。

合格したジュンは内医院に配属されます。

ー40年後ー

ジュンは〝東医宝鑑〟を完成させると、都に向かいます。

息苦しくなり一休みしていると空に凧が上がっているのを見つけ

行ってみると、一軒の家があり 振り向くとヨニが微笑みながら立っているのでした。

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ27話

(感想)

最後はジュンを助けるためにヨニが犠牲水を飲んだ

ところが泣けた💦

そして、40年後、〝東医宝鑑〟を完成させたジュンは、

都に行く途中息苦しくなり休んでいると、ヨニと初めて出会った時の風景が広がっていて、門をくぐるとジュンは若い頃の姿に戻り、

振り向くとヨニが微笑んでるところで、夫も私も涙が止まらなかった😭

きっとジュンは死んで、ヨニと出会うことができたんだね💕

魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ26話

「最後の火をともす者」

ヒョンソは延命のための黒呪術の力が弱まり瀕死状態になります。

プンヨンに植えつけた黒呪術の力を利用するためヒョンソはプンヨン

を引き寄せ蘇生に成功します。

ヒョンソはホンジュの隠れ家を訪ね、「魔医禁書」の最終頁を取り返します。

ホンジュはヒョンソに、今回だけ見逃してくれと泣いてすがります。

ヒョンソは、何度 私をよみがえらせようとお前を助けないと突き放します。

一方、ジュンとヨニは、呪いを解くためのロウソクの火を灯す期限が残り2日になり、呪いを解いて平凡に一緒に暮らそうと誓い合います。

ジュンは正気にもどったヒョンソと出くわします。

ヒョンソはジュンに、他人の願いを叶えてやっても最後の火はともせぬ。最後の火には主がいる。最後の火は真実の愛の犠牲だけがともせる。そなたが犠牲になること。それがヨニの呪いを解く方法だ。ヨニのために犠牲になれるか?と聞きます。

ジュンは、犠牲とは死ぬという意味ですか?と聞き返します。

ヒョンソは、どんな選択をしても そなたを尊重する。すまない…そなたを最後まで苦しめることになったと言って立ち去ります。

ジュンは魔医禁書の最後の貢を燃やし、眠っているヨニを見つめ、

生まれた理由を見つけたよ。お前のためだったんだ。お前といられて この上なく幸せだった。残りの時間は お前のために生きる…僕の選択を一生知らずにいてほしい…と決心します。

火を灯すロウソクがあと1本となった時、ジュンはヨニを誘い市場に行き買い物をして2人だけで過ごす家に連れて行きます。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ26話

(感想)

ジュンが死ぬことがヨニの呪いを解く方法なんて…

2人の運命は?



魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~第1話無料!

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋あらすじ25話

「処刑台の王女」

ついにヨニの火刑の日が訪れ、ホンジュに操られたプンヨンは三昧真火で刑を執行し始めます。

やがて暗雲がたれこめ、妊娠中の王妃パク氏に異変が起こります。

驚いた王様は、大妃が王女を殺してはなりません。王室に呪いが降りかかりますいう言葉が頭をよぎります。

獄中のジュンを訪ね、巫女のホンジュの狙いが王統の断絶だと気づきます。

白髪になったヨニを見てプンヨンは正気に戻り、釈放されたジュンも刑場に現れる。

人々が驚く中プンヨンは兵と戦います。

ジュンは、はりつけにされたヨニを救おうと火の中に入っていき

助け出します。

ジュンはヨニに、お前のために何もできぬまま失ったらと思うと怖かった…と告白します。

一方、王妃パク氏は流産します。

ヨニはパク氏を心配し王宮へ向かい、ジュンと〝心安水〟を作ります。

王様はジュンとヨニに、疫病が収まらぬ限り王女への民の怒りは続くと話します。

ジュンは、王女様のせいにしていることを考えると、疫病の原因は黒呪術かと…王女様が解呪すれば疫病は収まりますと答えます。

王様は、お前たちにホンジュの処罰を委ねる。必要なものがあれば何なりと申せと言います。

ジュンは、そのお言葉だけで十分 心強いですと答えます。

一方、プンヨンはホンジュに操られヨニを三昧真火で殺そうとした

自分を責め、昭格署を辞めます。

その頃、ホンジュはヒョソンに、〝魔医禁書〟の最後の貢を入手しましたか?重要なことが書かれているのでしょう?私にくださいと

ソヒョンから奪います。

プンヨンはヨニを訪ね、守るどころか傷つけてしまった。お前を守るのは私だと思っていた…
そばにいねばと思い込んでいた…それが前のためであり私たちの運命だと思った。
私の歪んだ責任感がお前を危険にさらした。これからは お前の幸せだけを祈ると告げます。

ヨニは、お願いです…これからは私のためでなく 自分のために生きてくださいと心の中で願います。

そして、ロウソクの火がともります。

ヒョンソは延命に使われた黒呪術が消えつつあり、命が危ない状況になります。

つづく

魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋 あらすじ25話

(感想)

ロウソクに火が灯るたびにホンジュは弱るのね~~