もう一度ハッピーエンディング あらすじ8話

「ぼたん雪の告白」

ミモはへジュンと前妻ヨンスの親しげな様子を見かけます。

ミモはヘジュンに、男女の仲は同級生よりも別れた夫婦が危険よ!と責めます。

ヘジュンは、前妻とは終わった仲だと答えます。

それでもミモの気持ちは収まらずケンカになってしまいます。

一方、ドンミは学校で突然ウクの女房に汚水をかけられます。

ドンミはウクにだまされていたことを知り、泣き続けます。

ミモは一人で屋台で泥酔し、スヒョクの家の前に座り込んでいました。

翌朝、スヒョクのベッドで目を覚ましたミモは動揺します。

そんな中、エンジェルズのメンバー4人が集まり、4人みんなが暗い顔をしていました。

ドンミは、ウクが既婚者だった…と打ち明けます。

ミモは、ヘジュンが前妻と いい感じなの…と打ち明けます。

ダジョンは、乳がんなのと告白します。

エランもミモもドンミも驚きます。

ダジョンは入院し、出張から戻ったゴナクは息子のテヨンからダジョンが病気だと聞かされる。

一方、ウクが既婚者だと知ったドンミは、エランと共に復讐を決行します。

そんな中、スヒョクとミモは母校のタイムカプセル開封式に向かいます。

夜の学校の理科室でミモは倒れ、スヒョクは医者を呼び看病します。

つづく

もう一度ハッピーエンディング あらすじ8話(感想)

ミモたちの友情って、ベタベタしてなくていいね😊👍

もう一度ハッピーエンディング あらすじ7話

「出遅れた恋」

スヒョクはヘジュンに会いに行き、すまないが 三角関係になる。お前には譲れない。ミモのことが好きだ。たとえ軽蔑されても自分に正直になりたいと告げます。

ヘジュンは、勝手なことを言うな。爆弾を抱えて体当たりする気か?俺たちに…その身勝手に俺とミモが巻き込まれる。お前だけの問題ではなく俺もミモも苦しむんだ。お前が割り込むことで面倒な三角関係ができ他人が苦しむ。向こう見ずなマネはよせ。出遅れたのなら

お前がすべきことは片思いだ…遠くから見守ること。気持ちを伝えて奪うのではなく、自分の好きな人か恋人と幸せになるのを願うことだと忠告します。

2人の会話を偶然聞いてしまったヘジュンの元妻ヨンスはスヒョクに、彼女に必要なのは誰かまだ分からないからと励まします。

一方、ミモはダジョンに、私 母性があるのかな?なぜあの2人を見ると胸が苦しくなるんだろう…苦労しただろな…なぐさめて欲しかったはず…だから私でなくても手を差し出す人がいたら…と話します。

その頃、ドンミはウクと幸せな時間を過ごしていましたが、ウクから

実は子供がいる…息子と娘だ。今の電話は前妻からの養育費の督促なんだ…と生活が苦しくって3ヶ月払ってなかった。本当につらいんだと打ち明けます。

乳がんの手術日が決まったダジョンは夫ゴナクにそのことを隠し

離婚に応じます。

ヘジュンはデート中にスヒョクの話ばかりするミモの口を封じるため、彼女に初めてのキスをします。

一方、ドンミはウクに、力にになりたいと金を貸してしまいます。

スヒョクはミモの再婚相談所で女性を紹介してもらうことを決心します。

スヒョクお見合いの日、ミモはヘジュンと食事をしながら、スヒョクの心配をします。

ヘジュンは、スヒョクと3人で食事をして 映画を見て 見合いの話も聞かされ、今日はデートの服装やマナーの心配まで。スヒョクと会ってる気分だ。ウンザリする!と腹を立てます。

ミモは、当然 スヒョクを心配してるだろうと思って…そんなに嫌だと思わなかったと弁解します。

ヘジュンは、この前 ヒントもあげたのに 鈍いんだねと言います。

ミモは、じゃあ あれはキスじゃなくて 口をふさぐため?と問います。

ヘジュンは、両方だと答えます。

ミモは、バカにしないで!先に告白されたからといって、私を雑に扱わないで!と怒り帰ります。

ヘジュンは目にゴミが入ったというヨンスの目を見てやります。

ヨンスはヘジュンに、やっぱり あなたが好き。やり直したいと告げます。

ミモは、そんな2人の姿を見てしまいます。

つづく

もう一度ハッピーエンディング あらすじ7話(感想)

ヘジュンは素敵な人だけどスヒョクの方が大人だよね~


麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ19話

「告白」

スはソに、皇宮を出たいのです…ここから離れたい…もうこれ以上耐えられませんと訴えます。

ソは、なら私は?手放すと思うか?お前は ここを出られぬと言います。

一方、ペガとの婚姻を控えたウヒは、己の身分と愛の間で苦悩します。

第8皇子ウクは光宗(ソ)を圧迫する機会を狙っていて、ウヒを利用してペガをソから離します。

そんな時、ウクは死んだタカを献上したことで〝皇帝を呪った〟と陥れられ謀反の罪に問われます。

それを知ったスは、誰かの罠に決まってます。ウクを助けてほしいと光宗(ソ)に頼み込み、鷹を殺したのは陛下ですね?そしてウク様に濡れ衣を着せたと問い詰めます。

ソは、なぜだ?してはダメか?ウクは兄弟たちを陥れた張本人だ。私の命を狙い、お前との仲を裂いたと怒ります。

スは、これ以上 人を殺めたら業を背負うことになります。極端な

方法で罪を裁けば、皆を敵に回すことになりましょう。歴史に血の君主として残るのは嫌なのですと訴えます。

ソは、分かった。助けてやろう。ウクも帰郷刑に処す。屋敷に幽閉され外には一歩も出られない。あやつは皇位を欲したが狭い家が奴の天下になるのだ。その中で自由を奪われたまま生きるのだと言います。

スは皇位を守るため次第に残忍になっていく光宗(ソ)に絶望し、

ジョンとの婚姻で皇宮を出ることを決意します。

ジョンは先帝から婚姻の許しを得た命令書を光宗に見せ、スは私との婚姻を望んでいますと告げます。

ウクは光宗に、私とスについて告白いたします。私たちは婚姻を約束していました。陛下の女人になる前からスは…私の人でしたと告白します。

光宗(ソ)はスに、あれほどウクの身を案じた訳が分かった…ひざまずいてまで頼んだ訳がやっと分かった。お前がしていた腕輪。洞窟での密会全て本当か?前に他に好きな人がいると言っていたのはウクだったのか?と尋ねます。

スは、はい…そうです…と答えます。

光宗は、お前は私を愛していなかった…触れるでない!もう二度と

お前に会わぬ…と立ち去ります。

スはジョンと婚姻することになり皇宮を出ます

スはウクに、私を皇宮から出すために陛下に打ち明けて下さったのでしょう。分かっていますと感謝します。

つづく

麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ19話(感想)

スが皇宮を出る時、心の中でつぶやいていた言葉が印象に残った💦

出会っていなければ これほど恋しがることもなかった…

知らなければ こんなに思い出すこともなかった…

一緒に過ごさなければ このように去ることもなかった…

慈しまなければ これほど記憶に残ることもなかった…

愛していなければ 互いに捨てることもなかった…

出くわさなければ 共にいることもなかった…

いっそ…あなたに出会わなければよかった…

スはソを愛していたからこそ離れることを決断したんだって分かって

胸が痛んだわ😭