見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ21話

「心の痛み」

李敏徳の行方が分からなくなって、李未央は必ず難を逃れて戻ってくれるはずだと願っていました。

拓跋濬(高陽王)は、配下が李敏徳を捜しているから、じき消息が分かるはずだと李尚書に伝えに行きます。

敏徳に想いを寄せる拓跋迪は病の重い敏徳の母の周雪梅を見舞い、

拓跋濬(高陽王)は李未央を優しく励まし、侍女の白芷にも未央の

世話を頼みます。

その頃、李敏徳は柔然(じゅうぜん)の焦(しょう)統領に助けられて一命を取り留めていました。

李敏徳は焦統領に、私は柔然の王子などではないと言います。

焦統領は、王子は危険な状況にある。私とお戻りください。可汗(遊牧民族の君主の称号)がお待ちですと告げます。

胸騒ぎを覚えた李敏徳は急いで李家へ戻りますが、母の周雪梅はすでに亡くなっていました。

李敏徳は嘆き悲しみます。

戻ってきた李敏徳に、叱雲柔は面白くなさそうな表情をし、

大勢いながら李敏徳1人を殺せぬとは!と怒ります。

侍女の春茗は、李敏徳が周雪梅の死の真相を知れば、李未央と結託して奥様を追い詰めるはず…と心配します。

叱雲柔は、あの2人が何だというの。私の後ろ盾は叱雲家よ。息子と娘を破滅させた者を私は許さないと恨み言を言います。

母の死に意気消沈していた李敏徳は気を失います。

そんな中、拓跋余(南安王)が李未央に会いにきます。

南安王は李未央に、そなたも権勢ある男に頼れば妨げとなる者は いなくなると話したことを忘れたのか?と聞きます。

李未央は、頼るべき男とは殿下のことですか?と聞き返します。

南安王は、私がそなたを妻に望めば、李尚書は拒まぬはず。ただそなたには望んで私に嫁いでほしいと求婚します。

李未央は、考えたこともありませんと答えます。

南安王は、目下 李家の状況は そなたに有利に見える。だが相手は容易に屈しない強敵だ。少ない味方で勝利を得られるか?もし私に嫁げば何の憂いもなくなるぞ。私は辛抱強く待つ。良い返事を聞かせてくれと告げると立ち去ります。

2人の話を物陰から聞いていた李常茹はショックを受け、私は未央よりずっと利用する価値がある女だと南安王に知ってもらうと決意します。

自分の襲撃も周雪梅の死も、叱雲柔が関わっていることを知った李敏徳は、焦統領に協力を命じます。

つづく

王女未央 あらすじ21話(感想)

李敏徳を殺そうと刺客を送ったのは叱雲柔だったんだ~😱

仮面の王イ・ソン あらすじ3話

世子ソンと賎民のソン、そして護衛官チョンウンたちは、辺首会が送った刺客たちに包囲されてしまいます。

チョンウンに逃げるように言われた世子ソンは賎民ソンの手を繋ぎ

走りますが、行く手をテモク(辺首会の首領)の手下コンにふさがれます。

逃げきれないと思った世子はコンに、そなたと一緒に行くと言います。

転んでいた賎民のソンが世子の印を持っているのを見たコンは、あっちが世子様だ。お連れしろと命じます。

一方、ファグンは祖父である辺首会の首領のテモクに、私が世子様の心をつかんだらどうなさいますか?と聞きます。

テモクは、世子を お前にやろうと答えます。

その頃、カウンの父で王の忠臣ハン・ギュホは、世子の命令で水を管理する揚水庁(ヤンスチョン)を調べると、背後の辺首会の存在に気づくのでした。

そのことを知ったウ・ボ先生は、調査は取りやめろ。芽を早く伸ばしたから根を引っ張ったらどうなる?その芽は死ぬ…そしてその芽を引っ張ったお前たちも無事ではいられまい。世子に逆らえばそれで世子は助かる…お前たちもだ…忠告します。

テモクに世子の顔を確かに見たのか?と聞かれたコンは、ボロをまとっていましたが世子の印を手にし他の者たちに守られておりました…

世子に間違いありませんと答えます。

テモクは、王は我々が世子の顔を知ることを知らぬのだなと言います。

そして、テモクは世子の命を盾に国王を脅します。

世子は王に、ハン・ギュホが真相を明らかにできるように力を貸してください、そして揚水庁を断罪してくださいと頼みます。

王は、生半可な勇気は多くの民を殺しかねぬ。その者1人ではなく

万民を守る力をつけてから申すがよいと言います。

世子は、それまでに多くの民が死んでも良いのですか?力が足りねば

民と共に戦えば良いではありませんか!と言います。

王は、揚水庁はお前の命と引き換えたのだ!と声を荒げます。

王は世子に、仮面をつける真の理由を尋ねたな?お前が生まれてすぐ

危うく死にかけたことを知っておるか?と問います。

の時の病のために仮面をつけたと聞いておりましたと答えます。

王は、病ではなく毒であった…世子を辺首会に入会させる代わりに解毒剤を受け取った…しかし、お前を辺首会に入れ傀儡の王にするわけにはいかぬ。それゆえ 仮面で顔を隠したのだと打ち明け、謝ります。

ハン・ギュホとその部下が王様の命令で牢に入れられます。

そして、王様は、世子を一歩も外へ出られぬようにせよと命じます。

世子は、ハン・ギュホを助けに行かせてください。私の命令に従っただけで、何の罪もありません…ハン・ギュホが死んだら…どうやってカウンと顔を会わせろと…私はこれからどうやって生きていけば良いのですか?と部屋で泣き続けます。

ハン・ギュホを逃がそうとした世子に、ハン・ギュホはカウンに

これを渡してくれと文を渡し、カウンをよろしく頼むと願い出ます

世子はカウンを安全な場所に逃げるように言い、ギュホの文を渡します。

そんな中、世子がハン・ギュホの打ち首をしなければ、、周りの者たちを1人ずつ殺して行くと辺首会が警告してきます。

世子は、いやだ!私が仮面をつけてまで生きたいと言いましたか?

なぜ私のために揚水庁をやったのですか?何故ですか?とショックで気を失います。

父が打ち首になると聞いたカウンは驚愕し、処刑場に向かいます。

つづく

仮面王イ・ソン あらすじ3話(感想)

テモクの孫のファグンが、世子を助けだし馬に一緒に乗って

処刑場に行く時の表情が、とてもうれしそう‼

世子は打ち首を止めようと必死なのにね…ひどいわ😭😭

ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ44話

「草原の再会」

ミーユエは義渠王から贈られた馬に乗りに行った際、孟嬴と偶然鉢合わせになり、話をしようとしますが、孟嬴が何か誤解していると感じます。

大王と共に義渠に向かったミーユエは、義渠王に秦の臣下となることを同意させます。

そして、ミーユエは魏冉と弟の〝狼〟とを引き合わせ、〝狼〟に

〝白起〟と名付け、秦に従軍させることにします。

そんな中、秦王は、体に赤い腫れがあり毒虫に刺され体調を崩します。

そこに、斉が燕に攻め入燕王と子之(しし)を殺害。領土を中山国と分割するつもりのようだとの急報が咸陽から届きます。

秦王は、秦に好機が巡ってきた。趙に使者を送れ。連合して出兵する。孟嬴母子を燕に送るのだ!すぐ帰ると言います。

ミーユエが秦に戻った時には秋になっていて、大王も孟嬴も燕に向かって出発していました。

ミーユエは嬴夫人から、孟嬴が自分を避けた理由を聞かされます。

嬴夫人は、原因は蘇秦のことよ…出会ったものの縁がなかったのね…

あなたのせいじゃないわと話します。

ミーユエは、孟嬴公主が蘇秦のことを想っていたと?と驚きます。

嬴夫人は、今の孟嬴の身分は乱世を生きる女にとっては究極の望みよ

これ以上のことを望むのは贅沢だわ…と話します。

ミーユエは、孟嬴公主は高い身分など望んでいないとしたら?と聞きます。

嬴夫人は、それは 王家の娘には許されない…と遠くを見ます。

ミーユエは、蘇秦のことで私を恨んでいるとしたら…心が痛みますと

言います。

嬴夫人は、娘の恋は小川のようなものよ。大海に向き合えば気持ちも変わるはずと話します。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ44話(感想)

義渠王のミーユエに対する想いが、とてもよく分かる😍😍😍

私だったら義渠王みたいな男性に心ときめくわ💓💓