見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ36話

「愛ゆえの決断」

李未央は3日後に死刑が確定します。

その頃、拓跋余(南安王)は凱旋し太武帝より、褒美を約束され、さらに盛大な宴を3日間開き皆で祝うと歓待を受けます。

拓跋余(南安王)は李常茹が自分の留守中に奏状を盗み、一連の陰謀を仕掛けたことに激怒し、彼女の頬を殴りつけます。

そんな中、拓跋濬(高陽王)は拓跋余(南安王)を訪ね、処刑される李未央を助けてほしいと頼みます。

拓跋余(南安王)は私が李未央を救って何の得がある?と聞きます。

拓跋濬(高陽王)は救ってくだされば いかなる仰せにも従いますと約束します。

それを聞いた拓跋余(南安王)は、救ってやろう。ただし お前は一月以内に李長楽を娶れ。李未央にはこの件を永遠に知られたくないと条件をつけます。

翌日、未央が処刑される寸前、拓跋余(南安王)が陛下の詔(みことのり)を持って現れ〝李未央の罪状にはなお疑わしき点がある。宋との戦における功績を考慮し、真相を突き止めるまでは李未央を奴婢とする〟を読み上げます。

李未央は、浣衣局で洗濯係となります。

一方、李敏徳は拓跋廸に、私はすぐに発ちます。機会があれば必ず戻ります。未央は宮中で孤立無援ゆえ どうか守ってくださいと頼みます。

つづく

王女未央 あらすじ36話(感想)

李敏徳は本当に優しい男性だよね~

拓跋廸と李敏徳はお似合いですよね‼

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ35話

「究極の選択」

李未央は脱獄し、証拠を持ち太武帝の前で身の潔白を訴えます。

太武帝は李未央の正体が涼の逆賊の娘の馮心児(ふうしんじ)だと知っていて、狙いは何だ?と問い詰めます。

李未央は、そのとおり。私は河西王の娘で涼王女ですと認め、将軍の叱雲南が涼州の鉄鉱山を掌握するため父が謀反を画策したと王族を皆殺しにしました。馬太守の奏状があり、高陽王が持っていると明かします。

太武帝は未央に、涼の民を奴隷の身分から解放する代わりに敵討ちをあきらめ、拓跋濬(高陽王)とも縁を切るようにと迫られます。

李未央は、涼の民に代わりご恩情に感謝いたしますと受け入れます

そんな中、叱雲南が君桃に暗殺されたという知らせが届き、李未央は死罪を言い渡されてしまいます。

拓跋濬(高陽王)は太武帝に、母の死で気が動転し まだ冷静に考えられませぬが、李未央の所業とは思えないので調べなおしてほしいと懇願します。

太武帝は、そなたの父のように、お前も廃すぞ!と激怒します。

つづく

王女未央 あらすじ35話

(感想)

小舟の上で君桃が叱雲南を敵討ちするの。カッコよかったわ~~👍

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ34話

李未央は〝奏状がほしければ一人で来い〟と書かれた文が届き、地図に書かれた場所に向かいます。

君桃は李未央に指示されたとおり、線香が半分燃えるのを待ち拓跋濬

(高陽王)に李未央からの地図を届けに行きます。

そんな中、太子妃(拓跋濬の母)が宮中で殺され、死ぬ前に李未央を信じないで。何かを得るために あの女は私を襲ったと拓跋濬(高陽王)に言い遺します。

目撃者は一様に〝下手人は李未央だ〟と証言し、彼女の犯行と思わせる状況証拠が次々と発見されます。

李未央は拓跋濬(高陽王)に、誤解だと必死に訴えますが信じてもらえないのでした。

李未央は拓跋濬(高陽王)から奏状を手に入れるため太子妃を殺したのではないかと疑われてしまうのでした。

李未央は投獄されてしまいます。

牢獄で李未央は、拓跋濬(高陽王)は私の話を聞いてくれない…約束したはずよ。何があっても私を信じると…でも仕方ないわ母上を亡くして悲しみ 苦しんでるのだもの…結局 あなたを巻き込んでしまった…と苦悩します。

李未央は、長楽が放った変貌術を使う者の仕業ではないかと考えます。

李未央は脱獄し、李敏徳から潔白の証拠をもらうと太武帝の前に突き出されます。

つづく

王女未央 あらすじ34話

(感想)

拓跋濬(高陽王)は、愛する母親を殺されたからといって

未央を信じられないなんて心の小さい男だわ‼