↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ8話 「正妃への贈り物」 広平王は父である皇太子に、麒麟令の在りさえつかめればよいのだ。 沈家の幼子の行方が分からぬそうだな。麒麟令に関係しているのでは?と問います。 広平王は、直ちに行方を追わせますと告げます。 林致は皇太子妃に頼まれて脈を診ます。5年ほど前に流産してから 一度も身ごもらないのといわれ、滋養をつければ望みはありますと 診断します。 さらに皇太子の脈を見ると、弱すぎて子をなすことは無理だと分かりますが、そのことは伏せ、滋養のための薬を処方すると告げます。 そんな中、公平王は珍珠に、母の宝物で私と倓に1つずつ分け与えてくれた。息子の正妃に送る品としてと言って腕輪を贈り〝公平王の正妃になるのは君だ〟と告げます。 珍珠は外出し安慶緒に会い、弟の安否を聞きますが捜索中だと伝えられます。 沈珍珠は自分の屋敷で拾った令牌の紋様により、刺客の正体が宮中の貴人に仕える間者だと分かり、尚宮局へ潜入しようとします。 一方、王府の家務の権限を沈珍珠に移し、取り仕切ることを使用人達に通達します。 それを知った崔彩屏は激怒し珍珠に、詫びの印にその腕輪がほしいと言います。 つづく 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ8話(感想) 公平王は珍珠にメロメロだね~😅😅😅 ... 続きを読む Read More | Share it now!

↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ7話 「覚悟の輿入れ」 珍珠のことが好きな安慶緒(あんけいしょ)は後宮に行くことを決めた珍珠を連れて逃げようとします。 それを見た父親の安禄山(あんろくざん)は慶緒を激しく叱責します。 珍珠は慶緒に、必ず黒幕を暴き出し両親の恨みを晴らすわ。全ては 沈家のためよ。止めないで…と言います。 広平王との結婚を決めた沈珍珠は皇宮に向かい、陛下に謁見を求めます。 林致は珍珠の姿を見つけ、いくら捜しても行方が知れず…と涙を流します。 婚儀の準備が着々と進む中、「沈さん」に密かに想いを寄せる李俶は、花嫁に期待が持てないでいました。 珍珠は崔彩屏と共に広平王に輿入れします。 結婚初夜、李俶は自分が娶った沈珍珠こそ「沈さん」だったことを知り、信じられない…君が珍珠だったのか…夢のようだと喜びます。 両親の敵討ちのために輿入れを決めた沈珍珠は、複雑な思いを思いを隠せずいました。 広平王は珍珠に、君は僕に嫁いだ。この出会いは宿命だろう… 望みを捨てていたのに天は私の想いをかなえてくれたのだ…過去は忘れ私と新たな人生を歩んでくれと告げます。 珍珠は広平王の想いを拒んでしまいます。 つづく 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ7話 (感想) 広平王は初夜に珍珠に拒まれて... 続きを読む Read More | Share it now!

↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ5話 「異国での再会」 珍珠は可汗に提案した作戦で伏兵を撃退することに成功します。 可汗を狙ったのは吐蕃の叛徒... 続きを読む Read More | Share it now!

↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ6話 「珍珠の決意」 沈珍珠は女性であることを可汗と広平王・李淑に知られます。 可汗は李俶が珍珠に魅了されているのを知り、仲を取り持ってやろうかと聞きます。 李俶は、あれほど純粋な人を宮中の陰謀に巻き込みたくありません… それに、沈さんが来た理由は想い人を捜すためです。よほど大切な者なのでしょう。私は見守るだけで十分ですと答えます。 珍珠は李俶と唐へ戻ることになります。 帰路の途中、珍珠は沈家の惨事を伝えるため捜しに来た安慶緒と 共に急いでその場を離れます。 李俶は珍珠が何も告げずにいなくなり気落ちします。 実家に戻った珍珠は惨状を目の当たりにし、ショックを受けながらも 手がかりを見つけようと家の中を見て回り、玉で作られた笛が落ちているのを見つけ、刺客の物だと思います。 山賊の仕業ではないと疑いを持つ珍珠は、真相を明らかにすることを心に誓います。 その頃、長安に戻った李俶も沈家の訃報と麒麟令がどこにあるのか分からないと伝えられます。 慶緒の父... 続きを読む Read More | Share it now!

↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ4話 「想い人を探して」 想い人に会うため回紇(かいこつ)に向かった沈珍珠は、馬車の向かう先が違うことに気がつき逃げます。 珍珠に刺客を送ったのは韓国夫人でした。 逃げる途中、広平王・李俶が乗る馬車の前で倒れた珍珠は助けられ、 思いがけない再会2人は旅を共にして親交を深めます。 李俶は珍珠がいつも男装をしているため、男だと思い込んでいましたが、珍珠が女だと気づきます。 李俶と別れたのち、沈珍珠は回紇に向かおうとするが、通行証がないため足止めされます。 諦めきれない沈珍珠は回紇の古着を買い難民に成りすまして旅を続けます。 一方、沈家に楊国忠が放った刺客が押し入り麒麟令を奪おうとします。 沈珍珠は父と母を殺されたことを知らず、妙な胸騒ぎを覚えつつも旅を続けます。 回紇の可汗が暗殺者に命を狙われ、珍珠も疑われますが自分の潔白を 証明しようと可汗と話をします。 つづく 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ4話 (感想) 珍珠は命の恩人が李俶だと知らず、恩人を探す旅をするんだね。 珍珠の両親は楊国忠が放った刺客に殺されたけど、 弟の安はどうなったのかしら? ... 続きを読む Read More | Share it now!

↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫〜花散る永遠の愛〜あらすじ3話 「宮女選びの結末」 珍珠は、〝呉興の才女〟と言われていたが、想い人を探したいため、 選抜されないように試験に手を抜き全科目〝下〟でした。 李淑から珍珠を残すように文を受け取った父親(皇太子)は、珍珠の 成績が良くないことを知って、尚儀局に必ず沈珍珠を最終選考に進ませろと伝えます。 玄宗は皇太子と皇太子妃にも午後の選考に来るように言い、俶(しゅく)と倓(たん)にふさわしい妃選びをするように命じます。 そんな中、倓は宮女選びを覗いていて足を滑らせ気を失い、偶然通りかかった慕容林致(ぼようりんち)に助けられ一目惚れします。 最終選抜で珍珠は崔彩屏(さいさいへい)の衣装が燃え出し、水をかけて消しますが、その原因が玄宗の日よけの材料にあると解明します。 皇太子は玄宗に、俶の妃として迎えたいとお願いしますが、楊貴妃は 姪の崔彩屏を俶の正室にしてくれと玄宗に訴えます。 皇太子妃は、それでは俶に決めさせましょうと提案します。 その振る舞いが玄宗に気に入られた珍珠は、意に反して入選してしまいます。 そして皇太子の進言により、広平王府の宮女として仕えることが決まります。 一方、楊国忠(ようこくちゅう)は水面下でたびたび沈家を訪れていました。 その目的は雲南王の独孤家を従わせることができると言われている令牌「麒麟令」だった。 それを知った李俶は急いで沈家へ向かい、楊国忠は権力を振りかざし綱紀を乱している。〝麒麟令〟を悪用するのは目に見えている。皇太子府のために麒麟令を渡してほしいと沈易直(珍珠の父)を説得します。 しかし、沈易直は、たとえ持っていたとしても誰にも渡す気はありませんと答えます。 李俶は、沈家に麒麟令があると聞きつけ狙う者も増えるはず。楊国忠は特に危険だ…奴はあなたが思う以上に恐ろしいと忠告し、助けが欲しい時... 続きを読む Read More | Share it now!

↓↓見逃した方どうぞ!↓↓ 麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です! 麗王別姫~花散る永遠の愛~あらすじ2話 「運命の出会い」 男装した珍珠は〝酔仙楼〟に向かいます。 その日は、酔仙楼が誇る美酒の酔仙醸の蔵出しで、詩会が開かれ、最も優れていた者に酒を分けてくれると言うのでした。 詩会に参加した珍珠は1番になりますが、そこに広平王... 続きを読む Read More | Share it now!