三国志ー趙雲伝ーあらすじ43話

「天に舞う綿のように」

高則は、子龍に青釭剣を奪われたと聞いて焦ります。

その頃、軽衣は子龍に会って真相を確かめようとしますが、戦の途中だからと逃げられ憎むようになり、宝月利用しようとしていました。

一方、劉備たちは、諸葛亮(しょかつりょう)の手引きで長江(ちょうこう)の川を渡ろうとしていました。

そこに宝月の侍衛の霜児(そうじ)が現れ、軽衣が宝月を剣で脅し

趙子龍が来なければ殺すと言っていると伝えます。

宝月は恩人だと言うと子龍は1 人軽衣のもとへ向かいます。

軽衣は、自分の問いに対する子龍の答から、高則の仕業だったと真相を知ります。

そこに高則(こうそく)が現れ子龍に剣を向けます。

しかし、その剣先は子龍を庇った軽衣に刺さります。

子龍は高則を追いかけ決着をつけ李全、捨妹、軽衣の敵を取ります。

虫の息の軽衣は戻ってきた子龍に、〝人生で1番の幸せは あなたを愛したこと〟〝私が死んでも土の中に埋めないで…天に舞う綿となって あなたを見守りたいの…〟と言い遺し亡くなります。

子龍と宝月は、軽衣の望み通り遺体を焼きます。

その頃、曹操は、当陽で敗戦を喫し劉備を取り逃がしたうえ2本の宝剣まで失ったと激怒し、何としても宝剣を取り戻すのだと曹洪に命じます。

劉備の元に戻った子龍は諸葛亮に、一度 魯粛(ろしゅく)を避けながらここへ呼ぶ訳は?と質問します。

諸葛亮は、避けた訳でわない。魯粛には思惑がある。我々の内情を簡単に把握させれば あやつに見くびられる答えます。

柳慎は、なるほど。我々は手強いと思わせるためですねと言います。

諸葛亮は、じきに魯粛が来る。無論 礼は尽くすが1つ 子龍に頼みがある。魯粛が来たら驚かせてほしい。忘れられないほどなと言います。

諸葛亮は子龍たちに近々 商人に成りすまして桂陽に行ってもらうとはなしていると魯粛が現れます。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ43話

(感想)

高則は夏侯傑や軽衣にとっても悪縁だったようだね‼️

子龍は軽衣が亡くなっても悲しんでいられない立場で可哀想💦

私が男だったら軽衣みたいな女性が好き❤️

仮面の王イ・ソンあらすじ16話

世子イ・ソンは、辺首会の首領テモクに大量の毒を飲まされて動かなくなり、山に捨てられるのでした。

世子イ・ソンは生きていましたが、周りは死体だらけでした。

一方、ウ・ボたちは世子が死んだと思って、悲しんでいました。

「王」イソンは、世子がいなくなり、本物の王として振る舞い始め

母親と妹を王宮に呼び、仮面を取り正体を明かすのでした。

イソンの母親はカウンに、なぜイソンがなぜ王様のフリをしているんですか?と尋ねます。

カウンは、イソンは何にも言わなかったの?と問います。

母親は、何も知らなくていいと言われました。それからなんの心配もせず王宮で暮らせと…私はお金も地位も入りません。今すぐ一緒に家に帰ろうと言いたいんです。いけませんか?もしあの子が偽物の王と知れたら…と不安感を口にします。

カウンはそんなイソンを心配します。

一方、世子の死を悲しんでいたファグンでしたが、再び祖父テモクのもとで仕事を始めます。

ファグンはチムの花畑を全部燃やし、お祖父様が最も大事にしているものを私も奪ってやると密かに大きな決心をしていました。

その頃、世子はチムの花畑に侵入し、子供たちが素手で毒に触っているのを見て驚愕します。

ウ・ボたちは、チムの花畑を探していました。

そこへメチャンが現れ、私もチムの薬を作っていたのです。何かお力になれるかも知れませんの告げます。

毒の材料である大切なチムの花畑への侵入者の報告を受けたテモクは、ファグンに調べに行かせます。

護衛のチョンウンを助けるためにいた世子とファグンが鉢合わせになり、ファグンは世子が生きていることを知り喜びます。

世子はここにいる子供たちを救いたいとファグンに頼みます。

ファグンは世子に協力します。

ファグンは世子と子供たちを逃すと、チムの花畑に火を放ちます。

つづく

仮面の王イ・ソンあらすじ16話

(感想)

ファグンはなんて素敵な女性なの‼️

でも護衛のコンが可哀想…😭


↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ24話

「行方知れずの2人」

皇太子妃の懐妊を知った林致は、皇太子は体が弱り もう子はなせないはず…お腹の子は…と疑問がわきます。

その直後、林致は意識がなくなります。

皇太子妃は史思明との密会を慕容林致に知られ、親友の珍珠もろとも葬り去ろうと企んでいました。

林致は刺客に腕を切られながらも逃げきり うずくまっていると、男に声をかけられ、玉佩を渡し建寧王府に届けるように頼みます。

しかし、運悪く人買いに売られてしまいます。

その頃、李倓は林致を必死に捜していましたが、珍珠も別荘からいなくなっていることが分かります。

一方の珍珠は、阿奇娜(アチナ)と何霊依の策略にはまり、ある茶楼におびき出され眠らされます。

珍珠を守ろうとした紅蕊(こうずい)は何霊依に殺されてしまいます。

その頃、珍珠は薬を飲まされて箱に閉じ込められ、阿奇娜と共に唐の国境を越えて西域に連れ去られようとしていました。

李俶は金城郡に向かいます。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ24話

(感想)

林致も珍珠も、憎まれることなどしてないのに…

無情すぎるわ~😭😭